スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

準チョコレートは体に悪い?太るの?危険と言われる理由を解説!

準チョコレート 体に悪い

【執筆者:編集部 松洋子】

準チョコレートと表示のある市販菓子は、カカオ含有量が少なく糖分が多いため食べ過ぎると太る原因になったり、ほかにも体に悪い影響を及ぼしたりする可能性があります。

実は「チョコレート」とは含まれている成分が異なるので、選び方にも注意が必要です。

この記事は、健康に留意しながらチョコレートを楽しむために知っておきたい次の項目を解説します。

この記事を読むとわかる!
準チョコレート のこと

 

  • 太るなど体に悪いとされる原因
  • トランス脂肪酸・植物油脂とは
  • つい食べ過ぎてしまう依存の理由
  • カカオポリフェノールの健康効果

準チョコレートとはどんなチョコレートなのか知りたい人、つい食べ過ぎて肥満が気になる人はぜひ参考にしてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
セサミン 飲み続けた結果

セサミンを飲み続けた結果|効果は嘘・効果なしって本当?真相は

かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは


準チョコレートの食べ過ぎは体に悪い|太る危険も

準チョコレート 太る

準チョコレートを食べ過ぎると体に悪いと言われる原因は、砂糖が多く高カロリーで健康に悪影響を及ぼす可能性があるためです。

またトランス脂肪酸による体への影響も不安視され、依存性に注意しながら少量食べる工夫も必要ですね。

準チョコレートが体に悪いと言われる原因
肥満
生活習慣病
糖分・油脂の過剰摂取
心血管系疾患
アレルギー性疾患
トランス脂肪酸の過剰摂取
(植物油脂・添加物)
中枢神経系の
刺激
子供 カフェインの過剰摂取
妊娠中
授乳中
胎児や赤ちゃんへの影響
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
カフェインの影響が大きい子供や妊娠中・授乳中の人は食べるのを避けましょう。(※1)

商品パッケージ裏に表示している成分表を見ると「準チョコレート」「チョコレート」などと記載がありますが、どう違いがあるのか覚えておく必要がありますね。

スポンサーリンク

糖分が多く太る原因に|チョコレートとの違いも

準チョコレートはチョコレートよりカカオ含有率が少なく糖分が多いため、食べ過ぎは太る原因となり健康に悪影響を及ぼしかねません。(※2)

チョコレートのカカオ含有率の基準
チョコレート カカオ分35%以上
もしくは21%以上+乳固形分の
合計が35%以上のチョコレート
準チョコレート カカオ分15%以上
もしくは7%以上かつ乳固形分
12.5%以上の準チョコレート
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
カカオポリフェノールは健康に良いですが、カカオ分が90%になると苦味が強く薬のようにまずいですね。市販のチョコレートは甘味をつけるために大量の砂糖を使います。
チョコのテンパリングとは?

チョコレートを固める際におこなう温度調整をテンパリングと言います。準チョコレートはカカオが少なくテンパリングをしなくてもコーティングが可能です。

チョコレートよりカカオ成分の少ない準チョコレートは糖分が多く、安価に製造するためココアバターを使わず植物油脂で補っていると言われています。

スポンサーリンク

安価な植物油脂に注意|原材料をチェックしよう

準チョコレートは植物油脂(パーム油)を添加している場合が多く、過剰に摂取すると心筋梗塞のような疾患につながるおそれがあります。

植物油脂はパーム油とも呼ばれ、植物から採れた油に水素を添加したトランス脂肪酸です。

食品添加物とは(※3)

食品を製造するときに使用される甘味料・保存料・香料などを添加物と言います。色鮮やかなM&Mチョコや手作りの際に使われるカラースプレーチョコは着色料を使用しています。

商品パッケージには、原材料に占める容量の多い順に記載されています。ココアバターが先に書かれているものを選ぶと良いですね。

安価なチョコレートでも、ココアバターを使った商品はこちらです♪

▼明治 ミルクチョコレート

明治(菓子)
¥1,280 (2023/02/04 06:12:03時点 Amazon調べ-詳細)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
明治のミルクチョコレートは砂糖の使用量は多いですが、植物油脂ではなくココアバターを使っています。ただ商品ごとに成分は違い、植物油脂の使用も多いので確認しましょう。

植物油脂と表示のあるものには、トランス脂肪酸が含まれている可能性があり、過剰摂取すると健康に悪影響を及ぼすとされています。(※4)

また嗜好品であるチョコレートは依存性があると言われ、食べ過ぎには注意が必要ですね。

スポンサーリンク

太る原因は食べ過ぎと依存性にある

チョコレートは砂糖や油脂が多く、常用癖がつきやすい傾向にあると言われています。

一般的に間食は1日200kcal程度が好ましいですが、板チョコレート1枚のカロリーは約280kcalなのですぐに超えてしまいますね。(※5)

つい食べ過ぎてしまう人には、カロリーを把握しやすい個包装のチョコレートがおすすめです。

チョコレート1個のカロリーとカカオ分
明治の個包装商品 エネルギー カカオ分
ミルクチョコレート
BOX
26kcal(1個/4.65g) 32mg
チョコレート効果
カカオ72%
28kcal(1個/5.0g) 127mg
チョコレート効果
カカオ86%
29kcal(1個/5.0g) 147mg

以下のような個包装の商品なら、個数を調整して食べ過ぎを防止できそうです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
カカオ含有率が高めなチョコレートであっても、食事の代わりにするほど食べてはいけません。

準チョコレートではなくココアバターを使ったチョコレートを選び、少量食べるなら体に悪い影響どころかうれしい効果を期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

準チョコレートより高カカオなら健康効果が望める

準チョコレート 危険

準チョコレートではなく高カカオチョコレートを選び適量食べると、体に悪いどころか健康効果が得られることがわかっています。

チョコレートに含まれる栄養素と効能
カカオポリフェノール 活性酸素の発生
働きを抑える
テオブロミン リラックス効果
犬や猫には猛毒
カフェイン 頭をすっきりさせる
子供・妊娠授乳中はNG
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
カカオポリフェノールには血管を広げ動脈硬化予防の働きもあると考えられていますが、あくまで食品です。医薬品のように確かな効果が得られるわけではないので、注意してくださいね。

チョコレートの苦味成分テオブロミンは、ストレスを和らげ満足感を与えるカフェインに似た働きをします。

しかし動物には猛毒なので、誤ってペットが食べないように気をつけてくださいね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
このように上質なカカオが主役のチョコレートは、少量でも満足感を得られて健康効果を高めます♪

▼有機アガベチョコレート

イデアプロモーション
¥2,200 (2023/02/04 06:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

チョコレートを健康的に美味しく食べる工夫として、次の方法があります。

健康を気遣うなら食べるタイミングにも注意

チョコレートを効果的に食べるには、小分けにして少量つまむ程度が好ましいでしょう。

チョコレートの効果的な食べ方
  • 食前30分前
  • 3時のおやつ

食前30分前に少し食べると空腹感を抑えますし、午後3時頃は脂肪を溜め込みにくいと言われています。

チョコレートを上手に選んで正しい食べ方を実践すると、美味しいうえにメリットも大きいと覚えておきましょう。

チョコレートの扱い方法が気になる人は、続いてこの記事も読んでくださいね。

   
スポンサーリンク
 

結論|準チョコレートの食べ過ぎは避けよう

準チョコレート のまとめ
  • カフェインの影響がある子供・妊娠授乳中は避けよう
  • カカオ含有率が低く糖分が多いので太る原因になる
  • 食べ過ぎるとトランス脂肪酸過剰摂取になり危険
  • カロリーを意識して個包装商品を選ぶのがおすすめ
  • 高カカオチョコレートを適量食べると健康効果UPになる

準チョコレートが体に悪いと言われるのは、チョコレートに比べてカカオ分が少なく糖分が多いため食べ過ぎると太る可能性があるためです。

安価な商品にはココアバターの代わりに植物油脂が使われているので過剰摂取には危険が伴います。

またチョコレートは嗜好品で依存性があるので、美味しいからと一度に食べるのではなく個包装の商品を選びましょう。

高カカオチョコレートは、疲労回復やリラックス効果のうれしいメリットがあります。

美味しいチョコレートを、生活の中に上手に取り入れてみてくださいね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました