スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

麩は体に悪い?原料のグルテンは危険なの?健康への影響を解説!

麩 体に悪い

【執筆者:管理栄養士 朝戸尚子】

麩は小麦を原料としたグルテンから作られるので体に悪いイメージを持つ人もいるかもしれませんが、グルテンが体質的に合わないという人以外には危険な食べ物ではありません

むしろタンパク質やミネラルを豊富に含む上にヘルシーで、健康にいいメリットもあります。

この記事では安心して麩を食べるために、知っておきたいことについて紹介します。

この記事を読むとわかる!
麩 のこと

 

  • 原料と健康への影響
  • 体に合わない人の例
  • 栄養成分と嬉しい効果
  • ダイエットにおすすめの理由

麩を日々の食事に取り入れたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
セサミン 飲み続けた結果

セサミンを飲み続けた結果|効果は嘘・効果なしって本当?真相は

かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは


麩は体に悪いものではない|原料と健康への影響

麩 危険

あまり知らない人もいるかもしれませんが、麩の原料は小麦から取り出されたグルテンです。

グルテンそのものは体に悪いものではありませんが、小麦(グルテン)が体質的に合わない人は注意が必要です。

麩の摂取を原因とする疾患
小麦アレルギー ・小麦自体にアレルギー反応を示す
グルテン不耐症 ・グルテンを消化できない疾患
・グルテンを食べ過ぎた後は
胃の痛みや吐き気などを引き起こす
セリアック病 ・グルテンにより小腸に炎症が起こる
・栄養素の吸収不良や体重減少など
さまざまな症状を引き起こす

グルテンが体質的に合わない人の疾患としては小麦アレルギー、グルテン不耐症、セリアック病があります。

スポンサーリンク

麩の主成分は小麦を原料としたグルテン|アレルギーに注意

麩は大きく分けると焼麩と生麩があり、それぞれ原料と製法が異なりますが、どちらも主成分は小麦から取り出した植物性タンパク質のグルテンなので、小麦アレルギーの人は注意しましょう。

麩の種類
原料 製法
焼麩 グルテン+強力小麦粉 釜で焼き乾燥させる
生麩 グルテン+もち粉 蒸す/茹でる
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
焼麩と生麩は見た目も食感も全く違いますが、小麦から取り出したグルテンを原料としています。

小麦アレルギーは即時型食物アレルギーの原因食物として第4位となっており、一般的な食物アレルギーの一つです。(※1)

即時型食物アレルギーの原因食物(令和3年度)
  • 1位:鶏卵
  • 2位:牛乳
  • 3位:木の実類
  • 4位:小麦

小麦によるアレルギーは小麦に含まれるタンパク質が原因で起こりますが、グルテンは小麦の主要なタンパク質なので、小麦アレルギーで完全除去が必要な人は麩を食べられません

有名な小麦アレルギー以外にも、グルテンの摂取に注意すべき疾患があります。

スポンサーリンク

グルテンが体に合わない人には危険

グルテン不耐症やセリアック病もグルテンを摂取することで不調を引き起こすので、麩の摂取には注意が必要です。

ただしセリアック病は欧州や米国ではよく見られますが、日本ではあまり見られない疾患です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
あまり神経質になる必要はないかもしれませんが、グルテンを摂取した後に体調が悪くなる人は注意が必要です。

またグルテンフリーといえば健康的なイメージがありますが、グルテンフリーは元々セリアック病の人のために生まれた食事です。

グルテンは大切なタンパク源であり、グルテンが体に合わないという疾患を抱えている人以外は極端に除去する必要はありません

グルテンフリーの食事がダイエットに効果的だという科学的根拠はまだありませんが、麩は小麦由来なので、GI値が気になる場合は食べるときに工夫をするといいでしょう。

GI値とは

GI値とは食後の血糖値の上昇度合いを示す指数のことで、GI値の高い食材を食べると血糖値が急上昇し、低い食材を食べると血糖値は緩やかな上昇をすることを意味します。

食後血糖値の上昇は食物繊維が豊富なものと一緒に食べたり、食物繊維が豊富なものから食べ始めたり、調理にお酢を利用することで緩やかにできます。(※2)

これらの疾患に当てはまらない人は体に悪い影響どころか、うれしいメリットも期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

お麩の栄養成分と効果|ダイエットにもおすすめ

麩 原料

麩にはタンパク質が豊富に含まれるほか、カルシウムや鉄、亜鉛といったミネラルも含みます

麩に含まれるおもな栄養素と役割
タンパク質 筋肉などの体の組織を作る
カルシウム 丈夫な骨や歯を作るために必要
赤血球の材料となり全身に酸素を運ぶ
亜鉛 味覚を正常に保ち、
皮膚や粘膜の健康維持を助ける

フワフワ軽くて栄養なんて含まれていなさそう、というイメージがあるかもしれませんが、実は麩はヘルシーである一方で栄養素が豊富に含まれています

ただしひとくくりに麩と言っても、焼麩と生麩では栄養成分が大きく異なります。

麩の主な栄養成分とカロリー(100g当たり)
焼麩(※3) 生麩(※4)
エネルギー 357kcal 161kcal
たんぱく質 28.5g 12.7g
脂質 2.7g 0.8g
炭水化物 56.9g 26.2g
カルシウム 33mg 13mg
3.3mg 1.3mg
亜鉛 2.2mg 1.8mg

一見すると焼麩の方が栄養成分もカロリーも多く見えますが、比べる場合は1回に食べられる量についても考える必要があります。

一般向けの生麩は1本100~200g前後のことが多いですが、焼麩(一般的なおつゆ麩の場合)は1個あたり0.5g程度と非常に軽いです。

焼麩の場合は10個食べても5g程度、カロリーは18kcalほどと非常にヘルシーです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
一方タンパク質やミネラルを積極的に摂りたい場合は、生麩の方が効率がいいですね。

タンパク質を豊富に含む麩はお肉の代わりとして活用できます。

スポンサーリンク

タンパク質が豊富なのでお肉のかわりにも

仏教で知られる精進料理では、肉・魚・卵の代わりにタンパク質を豊富に含む植物由来の食材を使いますが、麩もその一つです。

麩はタンパク質を豊富に含みますが脂質は少ないためカロリーが低く、また保水性が高いことから少量でも満腹感を得られます

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
必要なタンパク質は摂取しつつカロリーは抑えたい、というダイエット中の人にもおすすめの食材です。

炒め物やどんぶり、煮物など、さまざまな料理においしく活用してくださいね。

宮城県の油麩や東海地方のもち麩など、近所のスーパーでは手に入らないこともあるご当地のお麩もぜひ一度お試しください。

麩以外の炭水化物を含む食材とダイエットとの関係については、こちらの記事も参考にしてみてください。

   
スポンサーリンク
 

結論|麩はグルテンが合わない人以外は体に悪い訳ではない

麩 のまとめ
  • 主成分はグルテン
  • グルテンが体に合わない疾患を持つ人は食べられない
  • タンパク質だけではなくミネラルも豊富に含む
  • お肉の代わりにもなる
  • ダイエット中におすすめ

麩の主成分は小麦を原料としたグルテンで、体質的にグルテンが合わない人は食べられない場合があります。

ただし小麦アレルギー、グルテン不耐症、セリアック病などに当てはまらない場合は、極端にグルテンを避ける必要はないと言われています。

低カロリーかつタンパク質やミネラルが豊富という麩のメリットを活かして、毎日の食事に取り入れてみてください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました