スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

牛脂は体に悪い?食べ過ぎは危険?健康への影響や注意点を解説

牛脂 体に悪い

【執筆者:管理栄養士 宍戸恵】

牛脂の食べ過ぎは肥満脂質異常症の原因に、また腸内環境の悪化など体に悪い影響をもたらすおそれがあります。

ダイエット中や健康志向が高い人の多量な摂取はおすすめしません。

ですが、成分のすべてが悪いものではなく、体に良い影響を与える成分も含まれていますよ!

牛脂に含まれる栄養素や過剰摂取の危険性、調理時の注意点などを以下の項目に沿って紹介していきます。

この記事を読むとわかる!
牛脂 のこと

 

  • 食べ過ぎで起こる健康被害
  • 含まれる栄養素
  • 飽和脂肪酸や不飽和脂肪酸とは
  • 牛脂を使う際のポイント

すき焼きやステーキで使うことが多いのではないでしょうか。

旨味が豊富なので、牛肉料理を堪能する為にも改めて「牛脂」について正しく知っておきましょう♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
セサミン 飲み続けた結果

セサミンを飲み続けた結果|効果は嘘・効果なしって本当?真相は

かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは


牛脂の食べ過ぎは肥満や脂質異常症の原因に|体に良い成分も

牛脂 体に悪い

牛肉の脂である牛脂は動物性油脂に分類され、脂質が主成分です。

その為、食べ過ぎは肥満や脂質異常症などの原因になります。(※1)

牛脂が体に悪いと言われる原因
肥満 脂質の過剰摂取
脂質異常症 飽和脂肪酸の過剰摂取
腸内環境の悪化

中性脂肪やコレステロール値など脂質の値が基準値から外れた状態を、脂質異常症と呼びます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
脂質異常症の状態では、血液がドロドロになったり血管が詰まりやすくなったり(動脈硬化)と、循環器疾患のリスクが高まります。

自覚症状はほとんどありませんが、脳の血管障害は頭痛やめまいを起こすとも言われています。

また飽和脂肪酸の摂り過ぎは脂質異常症の原因となるほか、腸内環境にもダメージを与えると言われていますよ。

脂質は本来、体のエネルギー源となる・細胞膜を構成する成分となるなど、体に必要な栄養素ではありますが、摂り過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

カロリーが高く太る原因に

食用油脂にはサラダ油やオリーブオイルのような液状のもの、牛脂やバターなど常温で固形のものがあります。

形状や種類に関わらず1グラム当たり9キロカロリーと、三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)の中でも最も高カロリーです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
肥満をまねく要因は、ホルモンバランスや食べ方なども影響しますが「消費カロリー<摂取カロリー」が原則であり、暴飲暴食や油っこいものを食べると太りやすいと言われる所以です。

また油脂は高カロリーであるだけでなく、「質」も健康づくりを左右します。

スポンサーリンク

飽和脂肪酸の過剰摂取に潜む危険性

脂質を構成している成分に脂肪酸があり、化学式の構造上「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分かれます。(※2)

牛脂をはじめ動物性油脂に多く含まれる飽和脂肪酸の過剰摂取は、血中総コレステロール上昇に関与し脂質異常症のリスクを高めると言われていますよ。

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸
特徴
飽和
脂肪酸
動物性油脂に
多く含まれる
牛脂
・バター
・ラード など
ステアリン酸
パルミチン酸
など
不飽和
脂肪酸
一価不飽和
脂肪酸
オリーブオイル
の主成分
オレイン酸
多価不飽和
脂肪酸
植物性油脂や
魚の脂に
多く含まれる
・リノール酸
・アラキドン酸
・DHE
・EPA
など
一価不飽和と多価不飽和の違い

脂肪酸は炭素・水素・酸素から成り立ちます。
炭素と炭素の二重結合が
ない(0個):飽和脂肪酸
1つある:一価不飽和脂肪酸
2つ以上ある:多価不飽和脂肪酸
と呼びます。

基本的に油脂の分類上、液状のものは不飽和脂肪酸が、固体のものは飽和脂肪酸が多く含まれます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
不飽和脂肪酸は血液をサラサラにする効果があり、生活習慣病の改善に有効と言われていますよ。

また厄介なのは、飽和脂肪酸は腸内で悪玉菌のエサとなることです。

悪玉菌が優勢となった腸内環境は、動きが鈍くなり便秘免疫力低下などの原因になると示唆されています。(※3)

上記の理由から食べ過ぎには注意したいものですが、牛脂に含まれる脂質は全て悪ではなく、体に良い影響をもたらす成分も含まれていますよ。

スポンサーリンク

健康づくりを後押しするオレイン酸

動物性油脂の中でも牛脂や豚油(ラード)にはオレイン酸という一価不飽和脂肪酸が多く含まれます。

分類の表の通りオリーブオイルの主成分である脂肪酸で、LDL(悪玉)コレステロールを下げる働きがあると言われていますよ。

牛肉と豚肉に含まれる主な脂肪酸
名称 牛肉 豚肉
飽和脂肪酸 パルミチン酸 24.5% 26.3%
ステアリン酸 12.0% 15.4%
一価不飽和脂肪酸 オレイン酸 49.9% 42.2%
多価不飽和脂肪酸 リノール酸 3.1% 8.2%
また、一部の飽和脂肪酸(パルミチン酸やステアリン酸)にもLDLコレステロールを下げる効果があることが分かっています。(※4)

しかし体に良い成分が含まれているとは言え、脂質は高カロリーであり、脂肪酸はバランス良く摂ることが大切です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸の割合は「3:4:3」が望ましいと言われています。

基本はバランス良く食事を摂り、ダイエット中の人であれば使い過ぎは避けて上手にカロリーコントロールして楽しみましょう。

   
スポンサーリンク
 

脂質は1日にどれくらい食べてもいいか|牛脂を使う際の注意点

牛脂 体に悪い

普段から油っぽいものを多く食べている人は、まず一旦「脂質を摂り過ぎていないか」を振り返りましょう。

摂り過ぎの人であれば、牛脂の使用量は「控えめにor無し」が安心ですね。

摂取量の目安は、その人の性別・年齢・活動量などによって差はありますが、例えば「1日を通して座位で過ごすことが多い30代・40代の人」であれば目標量は下記の通りです。

1日当たりの摂取基準量
男性 女性
推定エネルギー必要量 2300kcal 1750kcal
脂質目標量
エネルギー比率
20~30%
約50~75g 約35~55g
飽和脂肪酸目標量
エネルギー比率
7%以下
17.8g以下 13.6g以下
日本人の食事摂取基準2020年版より(※5)

肉食に偏りがちな人、揚げ物を多く食べている人は基準値を超えやすいですよ。

脂質・飽和脂肪酸を多く含むもの

油脂のほか、脂身が多い肉類は気を付けたいですね。

脂質や飽和脂肪酸を多く含む食品
重さ 脂質量 飽和脂肪酸
牛脂 1つ(約10g) 約10g 約4.1g
豚脂
(ラード)
大さじ1(約12g) 約12g 約4.7g
牛バラ肉 100g 50.0g 15.5g
豚バラ肉 100g 35.4g 14.6g
鶏もも肉
(皮つき)
100g 19.1g 5.6g
生クリーム 1パック(200ml) 86.0g 52.5g
有塩バター 大さじ1(約12g) 約9g 約6.0g
飽和脂肪酸は小数点第二位以下切り捨て

また牛脂であれば、ハンバーグや加工食品に使われることもあるので、知らず知らずの内に摂取しているケースもあります。

成分表示も確認してみてください。

すき焼きであれば、牛脂を無しにしてあっさりと仕上げる人もいるので「絶対使わなきゃ」と考えず調節しても良いですね。

また「スーパーでたくさん手に入った!」と言っても、無理に全て使わず冷凍保存するのも手です。

サラダ油の感覚で使えるタイプもあるので、使用量を調節したい人はこちらもチェックしてみてください。

普段の食生活を振り返り脂質の過剰な摂り過ぎに陥らないよう、上手に付き合っていけるといいですね。

   
スポンサーリンク
 

結論|牛脂には体に良い成分も含まれるがほどほどに

牛脂 のまとめ
  • 牛脂は脂質が主成分であり高カロリー
  • 肥満や脂質異常症の原因に
  • 飽和脂肪酸は腸内環境を悪化させる原因にもなる
  • しかしオレイン酸も多く含まれる
  • 悪い成分ばかりではないが、基本は栄養バランス良く

体への影響は肥満や脂質異常症などが懸念されますが、良い成分も含まれます。

良い成分とはいえ、ダイエット効果や健康面に明らかな効果・効能が期待できるものではありません。

使用頻度や量に気を付けながら、基本は主食・主菜・副菜と栄養のバランスが取れた食事を心掛けてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました