スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

さつまいも カビ

【監修者:野菜ソムリエプロ みつはしさなこ】
【執筆者:同上】

さつまいもにカビが生えたかな?と思ったら、カビの色全体の様子で食べられるかを確認しましょう。

腐った様子があれば食べるのはおすすめしませんが、実はカビではなくさつまいも成分が原因なこともあります。

この記事を読むとわかる!
さつまいものこと

 

  • カビが生えるとどうなる?
  • 先端のカビは取り除けば大丈夫?
  • 食べられるかの見分け方は?
  • 腐りにくい保存場所は?

この記事では、さつまいものカビが気になったときの見分け方や、意外と知らないさつまいもの最適な保存場所を解説しています。

「買ったばかりなのにもう傷んでる…」というときは、保存場所の温度が関係している可能性があるので、ぜひチェックしてくださいね。
 

野菜ソムリエプロ・みつはしさなこ先生記事監修
みつはしさなこ先生
野菜ソムリエプロ
野菜ソムリエプロ冷凍生活アドバイザーつくりおきマイスター離乳食アドバイザー/ 八百屋業や訪問料理で延べ50件以上のキッチンで料理を経験し、野菜の特徴を活かした、手軽に作れる料理を身につける。ワーキングマザー×子育て×食をテーマに、「食卓時間を幸せにするための、料理をラクにするコツ」を発信中。
みつはし先生の公式ブログTwitterInstagram

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証

三ツ矢サイダー 体に悪い

三ツ矢サイダーは体に悪い?良い?飲み過ぎによる体への影響は

杏仁豆腐 体に悪い

杏仁豆腐は体に悪い?なぜ危険?食べ過ぎによる健康への悪影響は

かぼちゃ 体に悪い

かぼちゃは体に悪い説|毎日食べるとデメリットがあるって本当?

高野豆腐 体に悪い

高野豆腐は体に悪いの?食べ過ぎると危険って本当?注意点を解説

マンゴー 体に悪い

マンゴーは体に悪い説|食べ過ぎは消化不良になる?1日の適量は

油揚げ 体に悪い

油揚げは体に悪い?太るし添加物が危険?食べ過ぎのデメリットは

マックアップルパイ 体に悪い

マックアップルパイは体に悪い?添加物は大丈夫?人体への安全性

ネオバターロール 体に悪い

ネオバターロールは体に悪い?太るの?食べ過ぎの注意点を解説!

ごぼう 体に悪い

ごぼうは体に悪い?栄養がないって本当?注意点とメリットも解説

プロセスチーズ 体に悪い

プロセスチーズは体に悪い?添加物の危険性|安全性を徹底検証

玄米 食べ続けた結果

玄米を食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?悪い点と良い点

爽健美茶 体に悪い

爽健美茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎの注意点やメリットも解説

もずく酢 危険

もずく酢が危険?体に悪い説の理由|健康への影響や注意点を解説

鮭フレーク 体に悪い

鮭フレークは体に悪い?添加物・着色料の危険性や健康への影響

冷凍フルーツ 体に悪い

冷凍フルーツは体に悪い?太るからダイエットに不向き?注意点は

野菜一日これ一本 体に悪い

野菜一日これ一本は体に悪い?意味ないって本当?真相を徹底検証

アイスボックス 体に悪い

アイスボックスは体に悪い?太るからダイエットに不向き?真相は

バニラエッセンス 体に悪い

バニラエッセンスは体に悪い?添加物が有害?過剰摂取の危険性は

ソイジョイ(soyjoy) 体に悪い

ソイジョイ (soyjoy) は体に悪い説|添加物が危険?デメリットを解説


このさつまいもは大丈夫?カビなのかを色別に解説

さつまいも 白い カビ
手持ちのさつまいもに生えているのがカビなのかを知るには、異変が起きている場所や色を確認しましょう。

カビの場合は要注意ですが、カビでなければ食べても問題ありません。

カビかどうかの見分け方
状態や色 原因
カビ ・表面の白いふわふわ
・表面の青い色のもの
腐敗
カビではない ・表面の黒いベトベト
・断面のピンク色
さつまいも成分

状態によって、カビによる腐敗が原因のものとさつまいも成分によるものがあるので、上の表を参考に食べられるかを見分けてくださいね。

スポンサーリンク

白いふわふわや青いものはカビなので要注意

さつまいもの表面に白くふわふわしたものが付着している、もしくは表面に青カビがついたものは、注意が必要です。

カビの中には有害なカビ毒を発生させるものがあり、長期間食べ続けると人体に影響を及ぼす恐れがあります。

野菜ソムリエプロ みつはしさなこ
野菜ソムリエプロ
みつはし

カビ毒は、カビと違って見た目では分かりにくく、さらに加熱で分解できないため、除去するのが困難です。(※1)

カビが付着しているのが端っこだけでも、カビ毒に汚染されている可能性があるので注意しましょう。

ダンボールにたくさん入ったさつまいもが全てカビだらけ…という場合は、食べるのは控えたほうが良さそうですね。

スポンサーリンク

 表面の黒いベトベトはさつまいもの成分

さつまいも表面についた黒いベトベト状のものは、黒カビではなくさつまいもの成分なので、食べても問題ありません。

このさつまいも成分は「ヤラピン」と呼ばれ、さつまいも同士がぶつかるなどして切り口や傷口から出て黒く変色したものです。

野菜ソムリエプロ みつはしさなこ
野菜ソムリエプロ
みつはし
ヤラピンとは、さつまいもを切ったときに断面からでる白い液体で、整腸作用があるとも言われています。
スポンサーリンク

断面のピンク色は問題なし

切ったさつまいもの切り口がピンク色のものは、さつまいもに含まれるカロテンが原因です。

これは安納芋に見られやすい現象なので、気になる方はこちらの記事もチェックしてくださいね。

カビが生えたさつまいもには、そのほかにも食べられない特徴が現れていることがあります。

そこで次章では、さつまいもが食べられるかの見分け方を解説しているので、参考にしてください。

   
スポンサーリンク
 

こんなさつまいもはNG!食べられるかの見分け方

さつまいも カビ 見分け方

さつまいもが腐ると、カビ以外にも食感や見た目が大きく変化します。

次のような特徴が見られたら、食べるのはやめておきましょう。

腐ったさつまいもの特徴
見た目
変色
・汁が出ている
・黒く変色している
臭い
匂い
におい
酸っぱい、カビ臭いなどのにおいがする

食感
触感など
全体的に柔らかい

この記事を読んでいる方の中には、さつまいもが調理で変色してしまい、食べても大丈夫なのか心配になっている方もいるかもしれません。

後半で調理中のさつまいも変色原因についても触れているので、参考にしてくださいね。

食べられないさつまいもの特徴

さつまいも全体が柔らかいものは腐っている可能性が高いので、食べるのはおすすめできません。

皮が黒く変色したものも、中が傷んで苦味が出ていることがあるので、切って断面を確認しましょう。

また、さつまいもはほかの野菜と同じように保存するとかえって腐りやすいため、保存の温度や場所に注意が必要です。

詳しくは、次章の保存方法を参考にしてください。

緑に変色したものは食べても大丈夫

さつまいもが調理中に緑に変色した場合は、さつまいものポリフェノール成分が原因なので食べても問題ありません。

変色する詳しい理由はこちらで解説しているので、手作りのさつまいもスイーツが変色してしまった方は、ぜひチェックしてくださいね。

   
スポンサーリンク
 

さつまいもの保存|意外と知らないNGな保存場所

さつまいも 冷蔵庫 カビ

さつまいもを美味しく保存するには、基本的に常温で保存しましょう。

さつまいもは低温障害を起こしやすいため、ほかの野菜と同じように冷蔵庫に保存するのはおすすめできません。

さつまいもの正しい保存方法
常温 新聞紙などに包み、13〜15℃を目安に保存
冷蔵 NG
※ただし夏の野菜室利用はOK

またさつまいもを買うときは、傷みにくいものを選ぶのも長持ちのコツです。

最後にさつまいもの選び方を紹介しているので、参考にしてくださいね。

冷蔵庫保存は腐りやすいのでNG

さつまいもは冷蔵庫の温度では腐りやすいため、保存場所には向きません。

さつまいもは10℃を下回ると低温障害を起こしてしまい、変色や腐敗で日持ちが悪くなってしまうので避けましょう。(※2)

野菜ソムリエプロ みつはしさなこ
野菜ソムリエプロ
みつはし
芽が出ると使いづらくなってしまうので、季節や室温によって上手に使い分けるといいですよ!

さつまいもは、基本的に常温保存がもっとも長持ちするので、このような袋でおしゃれに保存するのもいいですね。

傷みにくいさつまいもの見分け方

傷みにくいさつまいもを見極めるには、次のポイントをみるといいでしょう。

傷みにくいさつまいもの特徴
  • 全体的に紫色が均一である
  • 表面に傷が少ない
  • 虫食いがない
野菜ソムリエプロ みつはしさなこ
野菜ソムリエプロ
みつはし

さつまいもはどうしても収穫時に一定の傷が付いてしまいますが、虫食いが多いさつまいもは、長持ちしにくいものが多いです。

また水に濡れると、傷口から腐りやすいので気をつけましょう。

 
スポンサーリンク
 
 

結論|カビが生えたさつまいもを見つけたら注意

さつまいものまとめ
  • 白いふわふわしたものや青いものはカビなので要注意
  • カビにはカビ毒を出すものあり
  • カビ毒の長期摂取は健康被害の恐れあり
  • 全体的に柔らかいものはNG
  • 13℃程度での常温保存がベスト

さつまいもに生えた綿のような白カビ青カビは、目に見えないカビ毒を産生している場合があるので注意しましょう。

有毒なカビ毒は、長期間にわたって摂り続けると健康被害の恐れがあります。

カビ以外にも柔らかい、汁が出ているなど、腐った部分があるものは食べるのはおすすめできません。

記事を参考に、さつまいもを長持ちさせて美味しく楽しんでくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました