スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アーモンドミルクは体に悪い?副作用や飲み過ぎの危険性を徹底解説

アーモンドミルク 体に悪い

【執筆者:編集部 柴崎マリ】

アーモンドミルクは糖質や脂質の多さ、食品添加物を含むことから体に悪いと心配されることがあります。

水代わりに飲むと栄養の過剰摂取や太る可能性があるものの、適量を守れば体に害をなすことはありません。

この記事では、アーモンドミルクが体に与える影響が気になる方に向けて、以下の内容をご紹介しています。

この記事を読むとわかる!
アーモンドミルクのこと

 

  • 体に悪いとされる理由
  • 飲み過ぎによる危険性やデメリットはあるのか
  • 含まれる栄養素
  • 足りない栄養素を補うおすすめの飲み方やレシピ

アーモンドミルクは医薬品では無いので副作用はありません。

それどころか適量飲めば体に必要な栄養素を補えるので、ぜひ最後まで読んでアーモンドミルクを活用してください♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


アーモンドミルクが体に悪いとされるのは砂糖や添加物の影響

アーモンドミルク 飲み過ぎ

アーモンドミルクは製品によっては砂糖や添加物が使われているものがあるため、体に悪いといわれることがあります。

しかし、飲み過ぎなければ悪影響を及ぼすことはありません。

アーモンドミルクが体に悪いと言われる原因
肥満 砂糖と脂質の多さから
(飲み過ぎなければ問題なし)
健康被害 食品添加物による風評
栄養の過剰摂取 特にビタミンEが豊富
(飲み過ぎなければ問題なし)

アーモンドミルクの原材料はアーモンドと水のみで、乳糖不耐症の人でも飲める上に栄養も豊富というメリットがあります。

ただし、飲み過ぎると肥満や糖質の摂り過ぎが問題になるので注意しましょう。

スポンサーリンク

砂糖や脂質の影響で太る危険性

味をよくするために砂糖やフレーバーを加えているアーモンドミルクは、砂糖不使用のものと比べ糖質や脂質の量が多く、太りやすくなります。

アーモンド効果の成分(200mlあたり)
オリジナル(加糖) 砂糖不使用
熱量 80kca 39kca
脂質 3.2g 2.9g
糖質 9.8g 0.9g
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
加糖タイプは水代わりに飲むとあっという間に糖質オーバーに。適量を守ったり、無糖タイプを飲んだりしましょう。

アーモンドミルクは製品ごとに熱量や栄養成分が大きく異なりますが、それは食品添加物の影響もあります。

スポンサーリンク

食品添加物はそれほど問題ない

市販のアーモンドミルクには食品添加物が含まれるものも多いですが、それほど心配する必要はありません。

食品添加物は国が安全性を厳しく調査し、問題がないもののみ使用できるためです。(※1)

また、食品添加物を使ったアーモンドミルクには、以下のようなメリットもあります。

添加物使用によるメリット
  • 炭酸カルシウムのように栄養補給目的で使用される場合も
  • 添加物使用商品は無添加商品に比べて値段が安くなりやすい

栄養補給目的でアーモンドミルクを飲む場合は、各製品の成分表を見て無添加でも自分が望む栄養が摂れるか確認してみましょう。

ただし栄養補給目的だとしても、アーモンドミルクの飲み過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

飲み過ぎによる栄養の過剰摂取に注意|1日200mlほどが適量

アーモンドミルクの適量は、1日およそ200ml(コップ1杯分)です。

アーモンドミルクはビタミンEが多く含まれています。

ビタミンEの1日の摂取量目安は成人男性6.5g、女性で6.0gで、アーモンドミルク200mlで十分に摂取できる量です。(※2)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 ビタミンEは必要な栄養素ですが、摂り過ぎは骨粗鬆症のリスクを高める可能性が。

糖質やその他の栄養素の過剰摂取を防ぐためにも、1日コップ1杯分程度に留めておきましょう。

アーモンドミルクは適量であれば、うれしいメリットを期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

アーモンドミルクに含まれる栄養|期待できるメリット

アーモンドミルク 太る

アーモンドミルクには体に必要な栄養素が複数含まれており、特にビタミンEと食物繊維が豊富です。

アーモンドミルクに含まれるおもな栄養素(※3)
ビタミンE 体の機能を正常に保つ
食物繊維 腸の調子を整える
カルシウム 骨や歯を作る
マグネシウム 骨や歯を作り体の代謝を助ける

メーカーごとに異なるもののカルシウムやマグネシウムなどミネラルを豊富に含む製品も販売されています。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
アーモンドミルクは、体内で合成できないミネラルの補給にも適した飲み物ですね。

食物繊維が豊富なアーモンドミルクはダイエットにも活用したいですが、実は類似製品の牛乳や豆乳と比べてたんぱく質が少ないという欠点があります。

たんぱく質を含む食品と一緒に食べることで、足りない栄養素を補えると良いですよ。

足りない成分を補う!おすすめの飲み方

ダイエット中の方に特におすすめなのが、アーモンドミルクとプロテインを一緒に飲む方法です。

アーモンドミルクに足りないたんぱく質を簡単に補いながらプロテインもおいしく飲めて一石二鳥ですよ。

好きな果物を混ぜることでより多くの栄養素をおいしく摂れますね。

また、お菓子のレシピに使われがちなアーモンドミルクですが、料理としても活用できます。

アーモンドミルクがめんつゆに

Cpicon アーモンドミルクでうまだれ肉味噌そうめん by 江崎グリコ
さまざまな料理に合う万能ダレのできあがり!

お肉を使っているので、たんぱく質補給に効果的です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ダイエット中の方には砂糖不使用タイプのアーモンドミルクがおすすめですよ!
   
スポンサーリンク
 

結論|アーモンドミルクは飲み過ぎなければ体に悪いということはない

アーモンドミルクのまとめ
  • 脂質や食品添加物が含まれるが飲み過ぎなければ問題はない
  • 加糖タイプは糖質が多く頻繁に飲むと太る可能性も
  • 無添加品は値段が高く栄養が少なくなりやすい
  • 1日の適量は200mlでコップ1杯分
  • ビタミンEと食物繊維が豊富

アーモンドミルクはビタミンEや食物繊維、ミネラルなどの栄養素が含まれた食品です。

加工の過程で添加物や砂糖が含まれているものもありますが、飲み過ぎなければ悪影響はありません。

たんぱく質が豊富な食品と相性が良いので、適量を守りつつぜひ生活に取り入れてみてください♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました