スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

クリスタルガイザーは体に悪い?やばい・危ないと言われる理由

クリスタルガイザー 体に悪い

【執筆者:編集部 宇野山萌】

クリスタルガイザーが体に悪いと思われるのは、「ヒ素が検出されたからやばいらしい」という噂があるからだと考えられますが、大きな心配は必要ないでしょう。

しかしクリスタルガイザーには正規輸入品と並行輸入品があり、産地と水の硬度が異なるので、水の種類と体質が合わなければ下痢や腹痛を起こしかねません。

水自体が危ないわけではないので、安全に美味しく飲むために次のような情報を知っておきましょう。

この記事を読むとわかる!
クリスタルガイザーのこと

 

  • 体に悪い影響があるのか
  • 正規輸入品と並行輸入品の違い
  • 産地による味や成分の違い
  • 美味しく健康的に飲む方法

キャップの色で正規品かどうかを見分けられるかや、特徴を生かした飲み方も紹介するので、上手に活用してくださいね。

まずは体に悪いといわれる理由や、本当に危険性があるのかを知らなければなりませんね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


クリスタルガイザーが体に悪いのは誤解|やばいと噂される原因

クリスタルガイザー 体に悪い

クリスタルガイザーには体に悪い成分が含まれていると話題になったことがありますが、大きな心配はないと考えられます。

ただしマグネシウム含有量の多いクリスタルガイザーを飲むと、お腹を壊す人はいるかもしれません。

クリスタルガイザーが体に悪いといわれる原因
ヒ素による
健康被害
ヒ素が検出されたという噂があった
※ほぼ心配ない
下痢・腹痛 マグネシウムの量が多い水の場合
可能性がある

クリスタルガイザーには正規代理店以外のルートで輸入されているものもあり、品質を心配する声もありますが基本的には問題ありません。

スポンサーリンク

並行輸入品=危ないは誤解|ヒ素による健康被害の危険性は少ない

クリスタルガイザーには輸入ルートが違う商品がありますが、正規ルートでないものが危険というわけではありません。

正規輸入品と並行輸入品(※1)
  • 正規輸入品:メーカーの日本支社や代理店契約を結んだ会社が輸入したもの
  • 並行輸入品:正規ルート以外の会社が輸入したもので、安価な場合が多い

過去にクリスタルガイザーの並行輸入品から、発がん性物質でもあるヒ素が検出されたと心配されたことがありました。

しかし並行輸入品だからといって危ないものが販売されているわけではなく、食品衛生法に基づいて検疫や審査をおこない安全性が確認されています。(※2)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ミネラルウォーターの検査項目にはヒ素も含まれているので、仮に混入していたとしても体に害のない0.01mg/L以下の量だと考えられますね。(※3)

必要以上に気にする必要はありませんが、正規輸入品は「ND=不検出」という検査結果が得られているので、そちらを選ぶといいでしょう。

▼大塚食品 クリスタルガイザー

Crystal Geyser(クリスタルガイザー)
¥2,636 (2022/12/07 22:28:07時点 Amazon調べ-詳細)

ヒ素中毒の心配は少ないですが、販売ルートが違うと水の成分が異なり、体調に影響を及ぼす危険性があります。

スポンサーリンク

産地によって硬度が違う|一般的に硬水は腹痛や下痢のリスクあり

クリスタルガイザーには産地が2ヶ所あり水の硬度が異なるうえ、一般的な軟水・硬水の考え方に当てはまらない成分があるので、お腹が弱い人は注意する方がいいでしょう。

産地による硬度の違い
シャスタ産 ・正規輸入品
・硬度:38mg/L
・軟水
オランチャ産 並行輸入品はこちらが多い
・硬度:67mg/L
・中硬水

硬度はカルシウムとマグネシウムの含有量によって定められ、硬水の方がたくさん含まれています。

マグネシウムは胃腸を刺激するはたらきがあり便秘解消にも役立つといわれますが、お腹の弱い人は硬水を飲んでお腹が緩くなることがあるので注意が必要です。(※4)

ところがクリスタルガイザーは、軟水であるシャスタ産の方がマグネシウムを多く含んでいます。

産地別クリスタルガイザーの栄養成分(100mlあたり)
シャスタ産 オランチャ産
ナトリウム 1.13mg 1.91mg
カルシウム 0.64mg 2.24mg
マグネシウム 0.54mg 0.27mg
カリウム 0.13mg 0.26mg
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
その分カルシウムが豊富なので、オランチャ産の方が硬度が高くなります。

お腹が弱くて水の硬度に注意している人が「軟水だから」とシャスタ産を選ぶと、刺激が強くてお腹を壊すかもしれませんね。

正規輸入品かどうかや産地を正しく選ぶために、見分けるポイントがあります。

   
スポンサーリンク
 

クリスタルガイザーの見分け方と体に良い使い方

クリスタルガイザー 産地

大塚食品のロゴ・社名記載がある正規品のラベル

クリスタルガイザーの輸入ルートを見極めるには、ラベルの記載内容をよくチェックしてください。

クリスタルガイザーの見分け方
正規輸入品 大塚食品のロゴや社名が記載
・シャスタ産と記載
・ラベルの山がなだらか
並行輸入品 ・大塚食品の記載がない
・オランチャ産と記載
・ラベルがごつごつした山脈

キャップの色で見分けられるとも考えられていましたが、不確かなのでおすすめしません。

スポンサーリンク

産地の表記確認がベスト|キャップの色での見分けは不確実

クリスタルガイザーの国内正規代理店は大塚食品なので、正規輸入品にはロゴや社名が記載されています。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
正規輸入品はすべてシャスタ産なので、産地にこだわりたい人も大塚食品の記載がある商品を選べば確実ですよ。

ほかにも「シャスタ水源」や「オランチャ産」のような産地名を探すか、ラベルの絵も参考にできます。

クリスタルガイザー オランチャ

左:シャスタ産 右:オランチャ産 ラベルデザインの違い

キャップの色で「青はシャスタ産・白はオランチャ産」という見極め情報も見かけますが、大塚食品が通販限定で販売しているエコボトルは白(透明)のキャップを採用しています。

▼大塚食品 クリスタルガイザーエコボトル

Crystal Geyser(クリスタルガイザー)
¥2,420 (2022/12/07 22:28:08時点 Amazon調べ-詳細)

見分けられるかどうか不確実なので、社名や産地を確認してくださいね。

そもそもどちらを選べばいいのかわからない人は、それぞれの特徴も理解しましょう。

美味しいと感じるのは軟水・ミネラルが豊富なのは硬水

日本の水道水のほとんどに流れている軟水は、日本人になじみが深く美味しく感じやすいといわれ、硬水は苦味を感じる場合もありますがミネラル分が豊富です。

目的別に使い分けるといいでしょう。

硬度別 特徴とおすすめの飲み方・使い方
特徴 飲み方・使い方
軟水
(シャスタ)
・飲みやすい
・胃腸に優しい
(クリスタルガイザー
は要注意)
・石鹸が泡立つ
・和食の出汁取り
・コーヒーや紅茶
・ご飯を炊く
・野菜を煮る
・赤ちゃんの
粉ミルク
硬水
(オランチャ)
・ミネラルが豊富
・苦味を感じる
・カレー
・コーヒーの苦味
を楽しみたい
・パエリア

軟水を使うと米や野菜は柔らかくなり、硬水では固くコシがありパラパラした食感に仕上がります。

しかし肉を煮込むときには硬水に含まれるカルシウムの作用で、アクが抜けて美味しく柔らかくなるので、シチューやカレーにおすすめです。

もし水を飲んで味が変だと感じたら、腐敗している場合もあります。

こちらの記事を参考にして見極めてくださいね。

用途に合わせて上手に使い分けてくださいね。

   
スポンサーリンク
 

クリスタルガイザーは体に悪いわけではない

クリスタルガイザーのまとめ
  • 正規品はシャスタ産・並行輸入品はオランチャ産が多い
  • オランチャ産からヒ素検出の噂があるが危険は少ない
  • マグネシウムが多いと胃腸に負担
  • キャップの色での見分けは難しい
  • 軟水と硬水の違いを理解して使い分けるといい

並行輸入品のクリスタルガイザーでも安全性は検査されているので、体に悪い成分の混入の心配はほとんどないと考えられます。

しかし大塚食品が正規輸入するシャスタ産のクリスタルガイザーは、軟水にしては珍しく硬水のオランチャ産製品よりマグネシウム含有量が多いので、お腹が弱い人は注意してください。

いっぽうで並行輸入品は産地が限定されておらず、シャスタ産ではなくオランチャ産の場合もあります。

軟水にしては珍しくマグネシウムの多いシャスタ産か、クセがあるけれどミネラルが豊富な硬水のオランチャ産かで選ぶといいでしょう。

うまく使い分けて、美味しく健康的にクリスタルガイザーを飲んでくださいね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました