スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

濃縮還元は体に悪い?添加物が危険?デメリットや注意点を解説

濃縮還元 体に悪い

【執筆:ヨセミテ編集部】

濃縮還元ジュースは「ストレートジュースと比較して栄養がないのでは」「食品添加物が含まれている」など体に悪いイメージを持つ人もいるようですが、深く心配する必要はありません。

小さいお子さんがいる家庭では、特に添加物の危険性について慎重になる人もいるかもしれませんね。

この記事では食品添加物が持つ役割や安全性、製法によるデメリットはあるのか、などを以下の項目で紹介していきます。

この記事を読むとわかる!
濃縮還元 のこと

 

  • ストレートジュースとの違い
  • 含まれる添加物や安全性
  • 加工段階で栄養素は減るのか
  • 飲み過ぎによる注意点

りんごジュース・オレンジジュースのほか、トマトジュースや野菜ジュースでも使われる製法です。

日頃の水分補給や野菜不足解消を意識して「よく飲んでいるかも」という人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


濃縮還元が体に悪いと言われる原因や「栄養がない」の真偽

濃縮還元 体に悪い

濃縮還元とは、野菜・果実から搾汁した液体から水分を取り除き、その濃縮果汁に再度水分を加え、元の100%濃度に戻す方法です。

濃縮した後は長期保存が可能となりますが、香りが飛びやすいので「香料」が添加されるものが多く、ほかにも酸化防止剤(ビタミンC)が加えられるのもあります。

濃縮還元が体に悪いと言われる原因
食品添加物
の不安
通常量であれば問題ない
栄養成分
の損失
ストレートジュースとほぼ変わらない
アレルギー 体質による
ストレートジュースは?

原料の果実や野菜を搾汁して、殺菌や冷却をしたものです。香りも飛びにくく、果物そのもののフレッシュな風味が堪能できます。

濃縮還元の成分表示でよく見かける「香料」も、分類上は食品添加物になります。

スポンサーリンク

香料や食品添加物の危険性

香料は大きく分けて合成香料と天然香料に分けられますが、成分表示では一括して「香料」と表記され、使用した物質名も省略して良いというルールがあります。(※1)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
食品添加物の表記は物質名を記載することが原則ですが、香料のように一括で表記されるものや、反対に用途も併記しなければならないものなど、こまかなルールがあります。

現在許可されている合成香料は2500品目、天然香料は612品目あり、微妙な組み合わせで香りを作り出しています。

複数の組み合わせが必要であり、全ての物質名を記載する必要性が低いと考えられていることが一括表記の理由です。

合成、天然いずれも食品添加物として使われていますが、添加物の種類や使用量は食品衛生法によって厳しく規制されており、性別や年齢問わず確かな安全性が約束されています。(※2)

安定した味を通年で楽しめる技術として優れている点が「濃縮還元」の最大のメリットと言えますね。

一方で、ストレートジュースはその都度取れたもので味わいが微妙に変わる点が魅力でもあります。

ストレートジュースは贈答品としても人気ですよ♪

濃縮し保管する工程が入る分「濃縮還元は栄養が少ないのでは?」と心配する人も多いかもしれません。

特に野菜ジュースのように健康づくりで活用している人は気になるポイントでしょう。

スポンサーリンク

 ストレートと栄養成分を比較すると

濃縮還元の方が工程は多く保存の段階で香りが飛びやすいことは事実ですが、加熱殺菌搾汁の工程はストレートにおいても共通であり、栄養成分に関してはほぼ同等と考えられています。

濃縮還元の製造方法

真空蒸発濃縮法:減圧した機械で水分を飛ばす
(最も一般的であり芳香成分が飛びやすい)
凍結濃縮法:液体中の水分を凍らせて分離
逆浸透濃縮法:水分子しか通らない特殊な膜を用いて果汁を分離

ただどちらも生の野菜・果物より栄養素の含有量が落ちることは事実です。

ジュースの製造工程で失われやすい
栄養素の代表例
・ビタミンC:加熱に弱い
・食物繊維:搾汁により壊れやすい
(特に不溶性食物繊維)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
野菜ジュースは「完全に野菜の代わり」とはならないわけですね。

野菜ジュースを健康づくりで取り入れている人は、あくまでも栄養補助の役割と捉えましょう。

また、飲み過ぎは糖質の過剰摂取による肥満や生活習慣病などの原因となるおそれがあります。

選び方や1日の摂取量なども把握しておくと安心ですね。

   
スポンサーリンク
 

体に優しい濃縮還元ジュースの選び方|飲み過ぎによるデメリット

濃縮還元 ストレート

成分表示を見て、砂糖や塩分など無添加のものを選びましょう。

また、砂糖無添加でも果物や素材そのものに含まれる糖質で高カロリーになりやすいので飲み過ぎには注意が必要です。

濃縮還元ジュース(200ml1パック)
市販例(カロリー・糖質)
カロリー
(kcal)
糖質(g)
雪印
メグミルク
Dole
アップル100
92 22.8
Dole
オレンジ100
90 20.3
カゴメ 野菜生活100
オリジナル
68 15.7
野菜一日
これ一本
66 13.2
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
上記の例は、すべて砂糖や塩分無添加ですよ♪

糖質は体のエネルギー源となる大切な栄養素ですが、摂り過ぎると中性脂肪に作り変えられ肥満や生活習慣病のリスクを高める原因になります。(※3)

また、炭酸飲料であれば知らず知らずの内に糖質の過剰摂取に陥りやすいものです。

スポンサーリンク

飲みやすいが糖質の摂り過ぎに注意

200mlパックの果汁100%飲料は砂糖不使用であっても、平均的に約20gの糖質(角砂糖5個分)が含まれます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 ちなみに、白米100g(茶碗に軽く1杯)で約37gの糖質が含まれるので、200mlパックジュースを2本飲むと、ほぼ同等になります。

糖質の摂り過ぎを予防する為にも、果汁100%は1日1本(200ml)までとし、野菜ジュースでもなるべく「栄養補助」として頼り過ぎず同量で活用しましょう。(コップであれば1杯程度)

また、気を付けたいのはジュースは炭酸飲料になると、飲みやすさが考慮され砂糖が多く使われる傾向にあります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
商品によってもさまざまですが、500mlサイズの果汁入り炭酸飲料では1本に約40~65g程度もの糖質が含まれていますよ。

添加物や栄養成分もさながら、糖質量にも注意しながら取り入れていきたいですね。

   
スポンサーリンク
 

結論|濃縮還元は栄養がないわけではないが適量で

濃縮還元 のまとめ
  • 安定した品質と生産がメリット
  • ただ香りが飛びやすく香料や添加物が使われることが一般的
  • 食品添加物は確かな安全性をもとに使用される
  • ストレートとほぼ栄養成分は同じ
  • 糖質の摂り過ぎには注意

濃縮還元は香料や一部の添加物が使われますが、添加物=体に悪いわけではなく品質の維持向上に役立っています。

1年を通してほぼ同じ価格で購入できるのも、この技術のおかげといえますね。

気分を変えてストレートジュースを試してみたい人は、ネットやスーパーでチェックしてみてください♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました