スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミョウバンは体に悪いの?肌につけると危険?毒性や体への影響は

ミョウバン 体に悪い
【執筆者:編集部 山上由利子】

ミョウバンが体に悪いとされるのは、アルミニウムが含まれており多量に摂取すると体への影響が心配されるからです。

アルミニウムは動物実験では多量投与すると毒性があることが確認されています。

アルミニウム自体は土壌・水・空気中に多く存在し、農作物や水産物などを食べることで毎日摂取している物質ですが、摂取量としてはミョウバンからのものが大半を占めます。

そこでこの記事ではミョウバンを安全に使用するために押さえておきたい事柄を紹介します。

この記事を読むとわかる!
ミョウバンのこと

 

  • ミョウバンのメリット・デメリット
  • アルミニウムの毒性はどの程度か
  • アルミニウムとアルツハイマーとの関連性はあるか
  • 適切な使い方

ミョウバンは制汗剤など化粧品にも使われているため、肌にとって危険はないか気になりますね。

後半ではアルミフリーの商品も紹介していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね ♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


ミョウバンが体に悪いわけではない|アルミニウムの摂取量が問題

ミョウバン 毒性

ミョウバンが体に悪いとされるのは、アルミニウム化合物であるためアルミニウムの過剰摂取による毒性が懸念されるからです。

アルミニウムの毒性
毒性
(動物実験で)
腎臓への影響
握力の低下
関連の疑い アルツハイマー病
乳がん

ミョウバンにはおもに硫酸アルミニウムアンモニウムや硫酸アンモニウムカリウムがありますが、一般的にミョウバンといえば硫酸アルミニウムカリウムのことを指します。

ミョウバンを加熱脱水したものは焼きミョウバンと呼ばれ、スーパーなどで塩の近くに陳列されています。

昭和23年に食品添加物に指定されているほか、口腔粘膜の収れんや止汗・防臭として医薬品にも使用されており、適切に使用すれば毒性はありません

しかし、動物実験でアルミニウム化合物を多量に投与した場合に毒性が出たため、総量としてのアルミニウムの摂取量に注意が喚起されるようになりました。(※1)

スポンサーリンク

ミョウバンの用途と使用基準が改正された理由

ミョウバンは古くから知られており、さまざまな用途に使われています。

ミョウバンの用途
食品添加物 膨張剤 炭酸ガスを発生させる
色止め剤 漬物の色落ち防止
形状安定剤 煮崩れ防止
品質安定剤 歯ごたえをよくする
化粧品 制汗剤 止汗、防臭
医薬品 止血剤、うがい薬 収れん作用

炭酸ガスの発生量・風味・風合いなどの点で膨張剤として有用な添加物であり、特にパン・菓子類に多く使われています。

日本ではミョウバンは健康に悪影響はないとの認識でADI(許容1日摂取量)は設定されていませんが、JECFA(食品の安全評価をする国際機関)ではアルミニウムとしてPTWI(暫定耐容週間摂量)2mg/kg体重/週を設定しています。(※2)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
2011~2012年に厚生労働省がアルミニウムの総摂取量を推計したところ、1~6歳の小児の5%がPTWIの基準値を超える疑いがあることがわかりました。

アルミニウム摂取の由来を調べると大半はミョウバンからであり、パン・菓子類からの摂取が多いことからミョウバンの使用基準が改正されました。

ミョウバンの使用基準の改正(※3)

ミョウバンの使用量は、パン・菓子類1kgにつきアルミニウムとして0.1g以下に制限

改正後は基準値を超えていた小児のアルミニウム摂取量の推計値が1.598mg/kg体重/週であることが確認されました。(※4)

厚生労働省は、改正後の食品などに由来するアルミニウムの摂取量のほか、アルミニウム製器具・容器からの溶出や水道水に含まれるアルミニウムの影響も考慮して、総摂取量の平均を推計しています。

アルミニウム摂取量(mg/kg体重/週)
  • 小児(1~6歳):1.2
  • 国民全体:0.69

いまのところミョウバンを含めアルミニウムの経口摂取量については基準値の2mg/kg体重/週以下なので安全が確認されていますが、経口以外の摂取では安全性が気になります。

スポンサーリンク

ミョウバンは皮膚からも吸収される|肌に傷があると要注意

ドイツ連邦リスクアセスメント研究所(BfR)によると、アルミニウムを含む制汗剤を使用した場合、肌からの吸収量は食品などから吸収される量に近い可能性があるそうです。

カミソリで剃った直後は皮膚に小さなキズが付いている場合があり、成分が血液中に直接入る可能性があるので注意が必要です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ミョウバンの副作用として発疹がでることもあるので、症状が出た場合は使用を中止しましょう。

ミョウバンは安価なため多くの食品・製品に使われているので、アルミニウムの毒性について正しく理解しておく必要があります。

スポンサーリンク

アルミニウムの体への影響|危険性の程度

アルミニウムはどこにでも存在し、あらゆる食べ物にも含まれているため、総摂取量には注意する必要があります。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
アルミニウムは口から摂取した場合、約99%は吸収されずにそのまま排泄され、吸収されたものは腎臓から尿として排泄されます。

健康な人では基準値を超えるアルミニウムを摂っても健康に影響はないとされています。

しかし吸収後、骨などに分布した場合は蓄積する可能性があるので、長期的な影響を見ることも重要です。

とくに腎臓機能に障害がある人はアルミニウムを尿としてうまく排泄できないため、アルミニウムが蓄積しやすいので注意が必要です。

一時期、アルミニウムとアルツハイマーに関連があるような情報がありましたが、JECFA(食品の安全評価をする国際機構)や食品安全委員会が検討した結果、関連性を証明する情報は認められないと結論付けました。(※4)

また、乳がん女性の切除した組織からアルミニウムが検出されたことで、制汗剤のアルミニウムと乳がんの関連が話題になりましたが、NCI(アメリカ国立がん研究所)は関連を裏付ける証拠はないとしています。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
現段階では、健康な人にアルミニウムの過剰摂取で明らかな健康被害は確認されていませんが、吸収後は蓄積される可能性があることから長期間にわたる健康への影響も考える必要があります。

ミョウバン自体に毒性はありませんが、アルミニウム摂取量の大半を占めるため、過剰摂取には気を付けるようこころがけましょう。

   
スポンサーリンク
 

ミョウバンの体への影響を考えた適切な使い方

ミョウバン 体への影響

ミョウバンは食品の風味・色合いをよくしたり、止汗・防臭のメリットがありますが、アルミニウムの摂取量を増やしてしまうというデメリットがあります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
自分にとって不必要な使用は抑えるよう見極めが大事です。

アルミニウムはどんなものから摂取されているのか、使用基準改正後の厚生労働省が推計したデータがあります。

アルミニウムの経口摂取量(mg/人/週)
由来 小児(1~6歳) 国民全体
パン・菓子類に使われる
ミョウバン
11.096 10.249
パン・菓子類以外に
使われるミョウバン
2.873 14.531
着色料 0.077 0.077
未加工品 1.176 2.590
アルミニウム製器具・容器 1.939 43.990
水道水 1.4 2.8
合計 20.500 38.227
mg/kg体重/週に換算
(小児体重16.5kg
国民全体55.1kgとして)
(1.2) (0.69)

           引用元:食品安全委員会 添加物評価書 硫酸アルミニウムアンモニウム、硫酸アルミニウムカリウム

アルミニウム摂取のうち、ミョウバンが大半を占めることがわかります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
アルミニウムの摂取量を減らすために、ミョウバンの摂取量を抑える工夫をしてみましょう。

ミョウバンの摂取量を減らす方法

市販品は見た目などの商品価値を上げるためにミョウバンを使用していることが多いです。

普段食べる分で見た目にこだわる必要がない物は、アルミフリーの材料で手作りすればかなり摂取を抑えられます。

ミョウバンを多く含む食品としてはパン・菓子類・漬物が挙げられます。

小児の食べる頻度・量を考慮してアルミニウム摂取量(推定)が多かった食品は以下の通りです。

アルミニウム摂取量の多い食品(小児1~6歳)
  • ケーキドーナッツ
  • ソフトビスケット
  • ショートケーキ
  • ホットケーキ
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
アルミニウムフリーのベーキングパウダーやホットケーキミックスを使って作れば安心ですね。

昭和産業・日清製粉ウェルナ・森永製菓のケーキミックスはアルミフリーと謳っていませんが、膨張剤にミョウバンを使用していないので安心して使えます。

市販の漬物では塩漬けよりぬか漬けのほうがアルミニウムの摂取量は少なくなります。

できれば漬物も、多少色合いが悪くてもミョウバンなしで作ることをおすすめします。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
摂取量を減らすには、化粧品や制汗剤を替えることも検討してみましょう。

ミョウバンは多くの化粧品に使用されていますが、ミョウバン以外のアルミニウム化合物も発色や制汗目的で使用されていることが多いです。

その点、オーガニック製品ならアルミフリーです。

ミョウバンはアンモニア臭に有効なため、デオドラントスプレーとして手作りしている人もいます。

くれぐれも使い過ぎには気を付けましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
スプレーした所をペットが舐めないよう注意してくださいね。

ミョウバンは添加物としてのメリットもありますが、摂取量を抑え上手に活用したいものです。

食品添加物についてもっと知りたい人はこちらの記事も参考にしてくださいね ♪

   
スポンサーリンク
 

結論|ミョウバンは体に悪いわけではないが摂取量は抑えよう

ミョウバンのまとめ
  • 適量であれば毒性はない
  • 食品添加物・医薬品として使われている
  • 動物実験でアルミニウムの毒性が確認されている
  • アルミニウムとアルツハイマーの関連は証明されていない
  • 不必要は使用はなるべく抑える

ミョウバンは添加物としてメリットがある一方で、使い過ぎるとアルミニウムの摂取量が増えるというデメリットがあります。

アルミニウムの摂取量は今のところ許容量を下回っているので、過度に心配する必要はありませんが、ミョウバンを含んだパン・菓子類・漬物の多ベ過ぎや制汗剤の使い過ぎには注意しましょうね ♪

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました