スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

釜揚げしらすは体に悪い?塩分量が心配?毎日の摂取量や注意点は

釜揚げしらす 体に悪い

【執筆者:編集部 佐々木なるみ】

釜揚げしらすには、塩分・コレステロール・プリン体が豊富に含まれているため、食べ過ぎると体に悪い影響をおよぼす危険性があります。

これらの成分は適量摂取であれば体に良い働きをするため、毎日の必要摂取量をオーバーしないように気をつけることが重要です。

具体的にどういった影響が出るのか詳しく紹介します。

この記事を読むとわかる!
釜揚げしらすのこと

 

  • 体に悪いといわれる理由
  • 過剰摂取するとどうなる
  • しらすと釜揚げしらすとちりめんじゃこの違い
  • しらすの栄養の違い

釜揚げしらすは、しらすやちりめんじゃこと同じような働きを期待できますが、多少成分が異なります。

この記事では、釜揚げしらすの成分に着目して調べた内容をまとめています。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証

三ツ矢サイダー 体に悪い

三ツ矢サイダーは体に悪い?良い?飲み過ぎによる体への影響は

杏仁豆腐 体に悪い

杏仁豆腐は体に悪い?なぜ危険?食べ過ぎによる健康への悪影響は

かぼちゃ 体に悪い

かぼちゃは体に悪い説|毎日食べるとデメリットがあるって本当?

高野豆腐 体に悪い

高野豆腐は体に悪いの?食べ過ぎると危険って本当?注意点を解説

マンゴー 体に悪い

マンゴーは体に悪い説|食べ過ぎは消化不良になる?1日の適量は

油揚げ 体に悪い

油揚げは体に悪い?太るし添加物が危険?食べ過ぎのデメリットは

マックアップルパイ 体に悪い

マックアップルパイは体に悪い?添加物は大丈夫?人体への安全性

ネオバターロール 体に悪い

ネオバターロールは体に悪い?太るの?食べ過ぎの注意点を解説!

ごぼう 体に悪い

ごぼうは体に悪い?栄養がないって本当?注意点とメリットも解説

プロセスチーズ 体に悪い

プロセスチーズは体に悪い?添加物の危険性|安全性を徹底検証

玄米 食べ続けた結果

玄米を食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?悪い点と良い点

爽健美茶 体に悪い

爽健美茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎの注意点やメリットも解説

もずく酢 危険

もずく酢が危険?体に悪い説の理由|健康への影響や注意点を解説

鮭フレーク 体に悪い

鮭フレークは体に悪い?添加物・着色料の危険性や健康への影響

冷凍フルーツ 体に悪い

冷凍フルーツは体に悪い?太るからダイエットに不向き?注意点は

野菜一日これ一本 体に悪い

野菜一日これ一本は体に悪い?意味ないって本当?真相を徹底検証

アイスボックス 体に悪い

アイスボックスは体に悪い?太るからダイエットに不向き?真相は

バニラエッセンス 体に悪い

バニラエッセンスは体に悪い?添加物が有害?過剰摂取の危険性は

ソイジョイ(soyjoy) 体に悪い

ソイジョイ (soyjoy) は体に悪い説|添加物が危険?デメリットを解説


釜揚げしらすを毎日食べると体に悪い?摂取量に注意

釜揚げしらす 塩分

釜揚げしらすを食べ過ぎると体に悪いとされているのは、塩分の摂り過ぎで体に悪影響を与える可能性があるからです。

釜揚げしらすが体に悪いと言われる原因
高血圧 塩分の摂り過ぎ
むくみ
動脈硬化 コレステロールの摂り過ぎ
痛風 プリン体の摂り過ぎ
高尿酸血症

コレステロールやプリン体はさまざな食材に含まれていますが、釜揚げしらすには比較的多く含有されています。

動脈硬化・痛風・高尿酸血症を引き起こす可能性も考えられるため、詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

食べ過ぎをおすすめしないのは塩分量が多いから

釜揚げしらすを食べる際、最も気をつけたいのが塩分量です。

釜揚げしらすとしらすを比較すると、圧倒的に釜揚げしらすのほうが塩分量が多く、100g当たり840mgの食塩が含まれています。(※1)

これは、釜揚げしらすを作る時に大量の塩を使用するからです。

そもそもしらすとは、カタクチイワシのような魚の稚魚のことを指し、作り方や水分量の違いによって呼び名が変わります。

呼び名の違い
生しらす 水揚げしたままの状態のもの
釜揚げしらす 塩茹でしたもの
ちりめんじゃこ 釜揚げしらすを乾燥させたもの

釜揚げしらすは大根おろしや醤油を垂らして食べることが多く、お酒のつまみにもなるため過剰摂取しがちです。

特に和食は塩分が多い傾向にあるため、世界保健機関(WHO)が設定している1日の目標塩分摂取量5gを簡単にオーバーしてしまうでしょう。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部

少量では物足りないと感じることもあるので、立て続けに食べないことを意識するといいですよ。

摂取量に気をつけたいのは塩分だけではありません。

スポンサーリンク

コレステロールが高い!ダイエット中は食べない方がいいの?

塩分と同様、釜揚げしらす含有のコレステロールは生のしらすより多いため、コレステロール値が高いと医師から指摘されている人は、摂取量に気をつけたほうがいいでしょう。

また、「コレステロールが高いなら太りやすいのでは」と心配する人もいますが、あくまでもカロリー消費量が摂取量が上回った時に太る・肥満のような状態に陥るのです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
コレステロール摂取が太る要因になるとは考えにくいため、ダイエット中だからといって制限する必要はないでしょう。

どんな食材でも、食べ過ぎないことがポイントですよ。

スポンサーリンク

プリン体の過剰摂取で痛風になる危険性あり

釜揚げしらすは魚をまるごと食べるため、痛風や高尿酸血症の原因となるプリン体が多く含まれています。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 尿酸値が高い人は、釜揚げしらすをどのくらい食べても大丈夫なのか、医師に相談してみるといいですよ。

そもそもプリン体とは、細胞の代謝や増殖に利用される体にとって必要な成分で、食事から摂取するだけでなく体内でも作られている成分なのです。

体内産生量と合わせると過剰になりやすいため、1日のプリン体摂取量を400mg以下に抑えることが推奨されています。

プリン体を多く含む食べ物をチェックして、一緒に摂取しないように心がけましょう。

プリン体を多く含む食べ物

ビール・レバー・丸干しの魚・あん肝・モツ・白子・えび・かにみそ・牛肉ヒレ・ロースなど

塩分やコレステロール、プリン体の体への影響は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

ただ、釜揚げしらすには多くの栄養素も含まれているので、うれしいメリットも期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

釜揚げしらすを食べると体に良い効果が得られる

釜揚げしらす 栄養

釜揚げしらすには、体の機能を正常に保つ多種多様な栄養が、豊富に含まれています。

釜揚げしらすに含まれるおもな栄養素
カルシウム 骨や歯を形成する
ビタミンD 体の機能を正常に保つ
たんぱく質 筋肉や皮膚などの体を構成する
EPA・DHA ・血液サラサラ
・コレステロール値の正常に保つ

過剰摂取によって起きる悪い影響をカバーする栄養素も含まれているので、上手に取り入れれば健康効果も期待できますよ。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
しかし、医薬品のように、病気に対する効果・効能が期待できるものではないので注意してください。

釜揚げしらすの栄養素|カルシウムやビタミンDやタンパク質など

釜揚げしらすに含まれるカルシウムやビタミンD、タンパク質は、生きていく上で欠かせない栄養素です。

ビタミンDには、カルシウムの吸収をサポートする効果があるため、相乗効果も期待できます。

また、魚に多く含まれる脂質の1つ、n-3系脂肪酸のEPAとDHAには、体内の悪玉コレステロールに働きかけ、コレステロール下げることも期待されています。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
もともと釜揚げしらすに含まれるコレステロール量は多いですが、あまり敏感になる必要はないでしょう。

ただ、魚の赤身部分に多く含まれている鉄分はそれほど多くありません

ちりめんじゃこのほうが多いので、摂りたい栄養素や気分に合わせてしらすの食べ方を変えるのも楽しいかもしれませんね。

ネット通販なら冷凍釜揚げしらすも販売されています。

小分けになっているので便利ですね。

   
スポンサーリンク
 

結論|釜揚げしらすはデメリットよりもメリットのほうが多い

釜揚げしらすのまとめ
  • 塩分とコレステロールとプリン体が多く含まれている
  • 過剰摂取で高血圧や痛風や高尿酸血症になる危険性がある
  • ダイエット中に食べても大丈夫
  • カルシウム量が多い
  • 鉄分はそれほど多くない

釜揚げしらすは塩分がたくさん含まれているため、高血圧のような体に悪い影響が出る可能性があります。

それだけでなく、コレステロールやプリン体の含有量も多いため、コレステロール値を指摘されている人や尿酸値が高い人は摂取量に注意してください。

ただ、釜揚げしらすに含まれる栄養素は体に良い効果をもたらすことも期待されているため、過剰摂取に気をつければ大丈夫でしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました