スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ふきのとうは体に悪い?毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点

ふきのとう 体に悪い

【執筆:ヨセミテ編集部】

ふきのとうには天然毒が含まれる為、下処理や食べる量に注意しなければ、毒性により体に悪い影響を及ぼすおそれがあります。

また、一部花粉症やアレルギー体質の人も注意が必要です。

安全にふきのとうを楽しむ為のポイントや、栄養成分などを以下の項目で紹介していきます。

この記事を読むとわかる!
ふきのとう のこと

 

  • 毒性や下処理について
  • 天ぷらはあく抜きが必要か
  • アレルギーや他注意点
  • 栄養成分や日持ちさせる方法

近頃ではスーパーでも購入できます。

身近な食材になりつつあるので、口にする機会が多い人はぜひ最後まで読んで安全性について理解を深めてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


ふきのとうが体に悪いと言われる原因の1つ「毒性」とは

ふきのとう 体に悪い

毒性の正体は、ピロリジジンアルカロイド類という天然毒です。

ふきのとうの摂食で注意すべき点
毒の摂取 ペタシテニンやネオペタシテニン
(ピロリジジンアルカロイド類)
肝毒性があり動物実験では
発がん性も報告されている(※1)
アレルギー 体質による
(キク科の植物に
アレルギーのある人は注意)
ハシリドコロとの
混合に注意
ふきのとうと見た目が良く似ている
⇒中毒症状

また、ふきのとうはキク科(ブタクサ・ヨモギなど)に分類される為、アレルギー体質の人は注意が必要です。

毒性については、おひたしや味噌汁で楽しむ人は特に「あく抜き」が大切な工程になります。

スポンサーリンク

あく抜きで毒抜き|天ぷらでは

ピロリジジンアルカロイド類は根や苦味の中にあり、水に溶けやすい特徴があります。

おひたしや味噌汁は「あく抜き」をした方が、えぐみや苦味が薄れるだけでなく、安全性も高まります。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
葉があまり開いていない状態や、新鮮なものほど「あく」は少ないことが多いようです。
ふきのとうのあく抜き
  • お湯に塩を加え数分茹でる
  • 流水で冷やし そのまま水に浸ける
  • 水が黄色くなったら適宜交換する
    (2時間で50%以上抜けるようです)

ちなみに天然毒は含まれているものの、日本において今まで健康被害はないと報告されています。(※2)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
考えられる理由(農林水産省より)の中に「苦味やえぐみで一度に多量摂取することはあまりない」「食べられる時期が限られている」などが挙げられています。

天ぷらのような調理法は、独特の風味も薄れやすいので「あく抜き」がされないケースも多いですが、この場合も「大量に食べないよう気を付ける」ことを重視すれば大きな問題はないとされていますよ。

妊婦や乳幼児は注意

乳幼児や胎児は「ピロリジジンアルカロイド類」の影響を受けやすいと報告されています。(※3)
摂取はなるべく控えることが望ましいでしょう。

また、大量に食べない場合であっても、キク科の植物にアレルギー症状を起こす人も気を付けてください。

スポンサーリンク

 雄花がアレルギー症状の引き金に

ふきのとうには雌花(やや白い)雄花(やや黄色い)があり原因になるのは、花粉を持つ「雄花」の方だと言われます。

アナフィラキシーを起こすこともあるようです。

蕾の状態では雌花か雄花か判断が難しく、該当する人はいずれも食べない方が賢明でしょう。

また、山菜取りでは他の植物と混合しやすい点にも気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

ハシリドコロとの混合に注意

ハシリドコロは本州や四国、九州でよく見られます。

新芽がふきのとうに類似しており味も悪くないようですが、中毒症状(嘔吐やめまいなど)を起こす有毒植物です。

スーパーで購入する人は問題ないですが、山菜取り初心者の人は特に気を付けたいポイントです。

ちなみに、加工品であれば最近はインターネットからでも、ふきのとうの味が楽しめます。

ふきのとうより「ふき」の方が手に入りやすい人はこちらの記事も役に立ちます。

毒性のあるふきのとうですが、下処理や量に注意すれば大きな心配は不要です。

栄養豊富でもあり、うれしいメリットもありますよ♪

   
スポンサーリンク
 

ふきのとうの栄養や健康面のメリット|長持ちさせる保存方法

ふきのとう 効能

ビタミン・ミネラル食物繊維などが豊富に含まれています。

ふきのとうに含まれる主な栄養素・効能
カリウム 体内の余分な塩分の排出を助ける
ビタミンE 体の酸化を予防する
ビタミンK 骨の形成に役立つ
血液凝固の際に必要
葉酸 赤血球の生成
食物繊維 腸内環境を整える

季節を丸ごと、栄養もおいしく味わってくださいね♪

また、大量に手元にあるときは冷凍保存が便利です。

冷凍保存の方法や人気レシピ

生のままでは酵素による変色が起こりやすいので、「あく抜き」をした状態で冷凍します。

冷凍保存の方法
  • あく抜きをする
  • 十分に水気を切る
  • チャック付きの保存袋やラップで
    空気に触れないよう保存

天ぷらにしたり、ふきのとう味噌やお味噌汁にもサッと使えて便利です。

ふきのとうを使った人気レシピ

Cpiconふきのとう味噌♪ by けゆあ
ふきのとうの定番♪しっかりあく抜きをして
Cpiconふきのとうの天ぷら by 猫ごころ
衣の薄さで食感も変わります♪

「たくさん取ってきた」「大量にもらった」という人は冷凍保存もぜひ候補に入れてみてくださいね。

   
スポンサーリンク
 

結論|ふきのとうの毒性はあく抜きで減らせる

ふきのとう のまとめ
  • 天然毒は水にさらすと抜ける
  • あく抜きしなくても量に注意すれば大きな心配はいらない
  • キク科の植物にアレルギーがある人も注意(雄花)
  • 山菜取り初心者の人はほかの植物との混合に気を付けて
  • 栄養豊富&冷凍保存も可能

苦味成分の中に含まれる毒性は水に溶けやすい特徴から、あく抜きも比較的簡単です。

省く場合でも量に注意すれば問題は無く、健康被害もなかったと報告されていることから、過度に心配する必要はないでしょう。

さまざまな調理で楽しんでくださいね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました