スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

氷砂糖は体に悪い?そのまま食べると太る?注意点とメリットも

氷砂糖 体に悪い

【執筆者:栄養士 今冨るみ子】

氷砂糖をそのまま食べるのは、虫歯や太る原因になるなど体に悪いと思われがちですが、食べ過ぎなければ大きな問題はないでしょう。

適度なら体に良いメリットがたくさんあるので上手に利用したいですね。

そこでこの記事では、氷砂糖を安心して食べるために知っておきたいことを紹介します。

この記事を読むとわかる!
氷砂糖のこと

 

  • 体に悪いとされる原因
  • 虫歯や太る可能性
  • うれしいメリット
  • 果実酒に使われる理由

ダイエットや勉強をがんばりたい人もぜひ参考にしてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


氷砂糖は体に悪いのは誤解 | そのまま食べても危険性は少ない

氷砂糖 太る

氷砂糖はグラニュー糖の結晶なので、虫歯や太る原因になるなど体に悪いと思われることがあります。

しかし、氷砂糖だけが原因ではなく、ほかの要因が合わさっていることがほとんどです。

氷砂糖が体に悪いとされる原因
太る 糖質も原因の一つだが
ほかの要因もある
虫歯

氷砂糖は砂糖のかたまりなので、そのまま食べると太るイメージが大きいかもしれませんね。

スポンサーリンク

 食べ過ぎると太るおそれも | 1個分のカロリー

氷砂糖を飴のようにそのまま食べた場合、ほかのキャンディ菓子に比べても、カロリーが高すぎるわけではありません。

大量に食べない限りは太る心配は少ないと言えます。

キャンディ菓子100gのカロリー
氷砂糖 394kcal
あめ玉 385kcal
キャラメル 426kcal

氷砂糖1個の重さは約4gなのでカロリーは約16kcalです。

氷砂糖 カロリー

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
1日の間食の摂取目安量がおよそ200kcalなので、少量なら氷砂糖をそのまま食べても太る原因になるとは言えないようです。

また、肥満は氷砂糖の食べ過ぎだけでなく、1日の食事全体の摂取カロリーや運動量なども合わせて気をつける必要がありますね。

氷砂糖をそのまま食べると、歯に糖が付いている時間が長くなることから虫歯への影響も心配されます。

スポンサーリンク

虫歯の原因の一つだがほかの要因もある

糖質は虫歯の原因のひとつではありますが、歯に付着し続けることのほうが問題です。(※1)

氷砂糖をそのまま食べると、次のようなことが原因で虫歯になることが考えられます。

氷砂糖が虫歯の原因となる理由
  • 口の中に糖が長時間ある
  • 食べた後、すぐに歯を磨かない・口をすすがない
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
「ダラダラ食べ続けない」「食べたら歯を磨くか口をすすぐ」などして、虫歯のエサである糖を残さないようにすることが大切ですね。

食べ過ぎるのはよくないですが、氷砂糖に含まれるブドウ糖は脳や体にとって必要なものです。

   
スポンサーリンク
 

氷砂糖のうれしいメリット | 成分はほぼ糖質で添加物なし

氷砂糖 メリット

氷砂糖に含まれるブドウ糖や、砂糖の結晶の溶けにくい性質によって、さまざまなメリットがあります。

氷砂糖は純度が高くほぼ100%糖質で、添加物は含まれていません。

氷砂糖のメリット
ブドウ糖 ・脳の疲労回復
・精神安定
・エネルギー補給
・口や喉の渇きをいやす
溶けにくい性質 果実の味を引き出す

氷砂糖に含まれるブドウ糖は脳にとって必要不可欠なものです。

スポンサーリンク

ブドウ糖は脳にとって必要不可欠な栄養

氷砂糖は、すばやい脳の疲労回復とエネルギー補給がメリットの一つです。

糖質に含まれるブドウ糖は、脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質で、主に「デンプン」と「砂糖」が分解されてできます。(※2)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ブドウ糖として吸収される時間が早いのはデンプンよりも砂糖なので、試験や勉強前など脳を使う前にはおすすめですよ。

すぐに脳のエネルギー補給をしたい時は、ご飯やパンより氷砂糖のほうが早いです。

甘い氷砂糖は脳の栄養になるだけでなく、心もリラックスさせてくれます。

 精神を健康に保つ効果も | 糖質依存に注意

氷砂糖は、不安やイライラを和らげると言われているので、ダイエット中のおやつにもぴったりです。

甘い砂糖やブドウ糖がセロトニンという脳内物質を分泌しやすくする作用があるからです。

セロトニンとは(※3)

脳内の神経伝達物質で、精神を安定させる働きをします。
セロトニンが低下すると、攻撃性が高くなったり、不安・うつなどの精神症状を引き起こすと言われています。

また、甘いものや糖質は、脳内報酬系といわれる「ドーパミン」と脳内麻薬といわれる「エンドルフィン」を増やすことで、強い快感を得るようになるとされています。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
これらの脳内物質が増えるため、甘いものは少しなら精神の安定につながりますが、糖質依存になりやすい面もあるので適度に摂ることが大事ですね。

氷砂糖は精神を安定させることから備蓄食料品のカンパンにも入っていますが、別の目的もあるようです。

 口や喉の渇きを潤し備蓄食料品としても重宝

氷砂糖は口の中でゆっくり溶けていくため唾液の分泌を促すと言われており、カンパンと一緒に入っているのもそのためです。

氷砂糖で唾液を分泌させ、水がない時でも水分の少ないカンパンが食べやすくなります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
糖質は摂取してからすぐにエネルギーに変わるので、カンパンと氷砂糖のセットは備蓄食料品としても重宝しますね。

氷砂糖やカンパンの賞味期限についてはこちらの記事を参考にしてください。

また、氷砂糖は果実酒には最適な砂糖です。

 成分をじっくり引き出す | 果実酒やシロップに

氷砂糖は浸透圧で果実のエキスを引き出すことができるので、果実酒作りによく使われます。

氷砂糖は溶けにくいので、果実酒の作り始めはアルコールの液体より果実の方が糖分濃度が高いです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
そのため、浸透圧でまずは液体が果実にしみ込んでいきます。

時間がたってくると氷砂糖が溶けだすため、今度は果実より液体の糖の濃度のほうが高くなります。

すると浸透圧により、徐々に果実からエキスを含んだ水分とアルコールが出ていき、おいしくなるということです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 果実の風味や効能をたっぷり引き出すことができるのですね。

体に優しいビネガーやシロップ作りにも重宝しますよ。


ゆっくり溶ける氷砂糖の特徴を活かして、さまざまな料理に活用してください。

   
スポンサーリンク
 

結論|氷砂糖は適度に摂れば体に悪いわけではない

氷砂糖のまとめ
  • 体に悪いわけではない
  • 虫歯や太る原因はほかにもある
  • ブドウ糖は脳のエネルギー元
  • 備蓄食料品としても優秀
  • 浸透圧で果実のエキスを引き出す

氷砂糖は食べ過ぎなければ体に悪いわけではありません。

虫歯や太る原因の一つではありますが、糖質の摂り過ぎだけではなく他の要因もあります。

脳のエネルギーはブドウ糖のみなので、氷砂糖を勉強前に食べて栄養補給をするのはおすすめです。

また、糖質は気持ちを安定させる脳内物質を分泌させやすいため、ダイエット中のイライラの緩和にも役立ちます。

口や喉の渇きをうるおす効能があることから、カンパンと一緒に入っていることが多いです。

果実のエキスをじっくり引き出すので、果実酒作りに最適な砂糖です。

氷砂糖は体に良いメリットがたくさんあるので、ぜひ適度に食べて活用しましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました