スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マンゴーは体に悪い説|食べ過ぎは消化不良になる?1日の適量は

マンゴー 体に悪い

【執筆者:編集部 新山あさひ】

マンゴーが体に悪いと言われる原因は、食べ過ぎによる消化不良で下痢や腹痛を起こす可能性があるためです。

ほかにも食べ過ぎはさまざまな健康への影響がありますが、適量なら太る心配もなく豊富な栄養素を取り入れられる果物なので上手に付き合いたいですね。

そこでこの記事では、マンゴーについて知っておきたい以下の項目を紹介します。

この記事を読むとわかる!
マンゴーのこと

 

  • 食べ過ぎはどんな悪影響があるか
  • アレルギーの危険性
  • 太る心配はあるのか
  • 体に良いはたらきのある栄養素

1日にどれくらいまでなら食べても大丈夫か知りたい人や、冷凍マンゴーと生マンゴーは同じ栄養が摂れるのか気になっている人は参考にしてみてください!

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
フルーツ缶詰 体に悪い

フルーツ缶詰は体に悪い説|シロップの危険性や栄養価を徹底検証

スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット


マンゴーの食べ過ぎは体に悪い影響がある

マンゴー 食べ過ぎ

マンゴーが体に悪いと言われる原因は、食べ過ぎによって消化不良を起こすと胃腸に悪い影響を与える可能性があるからです。

マンゴーが体に悪いと言われる原因
消化不良 不溶性食物繊維の摂り過ぎ
アレルギー 体質による
太る
糖尿病
果糖の摂り過ぎ
(ほぼ心配なし)
ニキビ 腸内環境の悪化による肌荒れ
(ほぼ心配なし)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
アレルギー体質の人は注意が必要ですが、そのほかの理由については量に気を付けて食べれば体への悪い影響を避けられますね。

マンゴーの過剰摂取は健康にどんな悪影響があるのか確認してみましょう。

スポンサーリンク

消化不良の原因は食物繊維の摂り過ぎ|下痢や便秘になることも

マンゴーの食べ過ぎは、豊富な食物繊維によって消化不良を起こすおそれがあります。

 食物繊維には2種類あり、不溶性食物繊維は便通を促し、水溶性食物繊維は腸内環境を整えるはたらきがあります。(※1)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
2種類の食物繊維がバランスよく含まれているのがマンゴーの特徴です。

水分を吸収して大腸の動きを活発にする不溶性食物繊維は、適量なら便通を良くしますが摂り過ぎは下痢や腹痛を起こす可能性があります。

また、便の量を増やすはたらきがあるので、増えすぎると逆に詰まって便秘になるので注意しましょう。

少量食べただけでも、体質によってはアレルギー反応を引き起こす場合があります。

スポンサーリンク

少量でもアレルギーをおこす可能性

マンゴーは食べると口がピリピリしたり、喉がイガイガするといったアレルギー症状や、皮を剥いただけで手がかぶれるリスクがあります。

アレルギーの原因と症状
口腔アレルギー症候群・
ラテックスアレルギー
・口内のピリピリ・イガイガ
・15分以内に発症
マンゴー皮膚炎 ・皮や実のマンゴールが原因
・皮膚が赤くなる、かゆみ
・数分~2時間以内に発症

この方のように、今まで大丈夫だった人でもアレルギー症状は起こります。


また寝不足や疲れ、女性は生理の前後などの要因が重なると症状が出やすくなるので注意が必要です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
息苦しさや呼びかけても反応しないなど、少しでもおかしいと思ったら迷わず医療機関を受診してください。(※2)

また子供はまだ消化吸収能力が低く、アレルギーを起こしやすいので食べさせるなら2歳を過ぎてからにしましょう。

体に悪いと言われる理由の中でも、太るやニキビができるといった説は心配いりません。

スポンサーリンク

 ニキビや太る心配はほとんどない

マンゴーを食べると太る・ニキビができるなどの説は、気にしすぎなくても大丈夫です。

マンゴーの甘い果汁は食べると太りそうな気がしますが、カロリーは高くないので他の栄養とバランスよく摂ればダイエット中でも太る心配はありません。(※3)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
厚生労働省では1日に摂取したいフルーツの量を200gとしています。糖質や食物繊維の摂り過ぎを考慮すると、1日に食べる量は100g程度が適量です。

またニキビができる原因について、「腸内環境の乱れによって肌が荒れてニキビの発生に繋がる」と心配されているようです。

食べ過ぎなければ肌荒れの心配はなく、むしろ美容にいい成分がたくさん含まれています。

   
スポンサーリンク
 

健康にいいマンゴーの栄養素|冷凍マンゴーの美容効果は?

マンゴー 栄養素
マンゴーには、抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミンCが豊富に含まれています。(※4)

ただし、医薬品のように効果や効能を確実に期待できるものではありません。

マンゴーに含まれるおもな栄養素
ポリフェノール
ビタミンA・C
不要な活性酸素を取り除く
食物繊維 腸の調子を整える
カリウム 不要なナトリウムの排出
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
カリウムはナトリウムとともに不要な水分を排出するので、むくみ対策になって美容効果が期待できるかもしれませんね。

カリウムのはたらきについては、こちらの記事でも詳しく紹介しています。

生マンゴーが手に入りにくいときは、冷凍マンゴーがおすすめですよ。

急速冷凍したマンゴーは栄養価が損なわれにくいので、生マンゴーと比べても栄養は劣りません。

マンゴーの栄養を効果的に取り入れるために、上手に保存する方法を知っておきましょう。

ビタミンを効果的に摂れる!体に良い食べ方と保存方法

生マンゴーをすぐに食べきれないときは、冷蔵ではなく冷凍庫で保存しましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 冷蔵保存しているだけでも、水溶性のビタミンCは減っていきます。

食べるときは半解凍にして食べるほか、スムージーにして飲むのもおすすめです。

体にいいマンゴーの栄養を取り入れて、健康な体作りにぜひ生かしてくださいね!

   
スポンサーリンク
 

結論|マンゴーは食べ過ぎなければ体に悪い食べ物ではない

マンゴーのまとめ
  • 食べる量は1日100g程度が適量
  • 食べ過ぎると下痢や便秘を起こすおそれがある
  • アレルギーの可能性があるので子供は2歳以上から
  • 美容や健康に嬉しい成分が豊富
  • 冷凍するとビタミンが減りにくい

マンゴーの食べ過ぎは下痢を起こしたり、ニキビができたりして体に悪い影響を与える場合があります。

しかし適量であれば美容や健康を助ける栄養成分が豊富に含まれている、体に嬉しい果物です。

食べる量は過剰摂取の悪影響を考慮して、1日100g程度にしましょう。

冷凍マンゴーなら栄養が落ちにくくいつでも手軽に使えるので、半解凍やスムージーにして毎日の食事に気軽に取り入れてみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました