スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

爽健美茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎの注意点やメリットも解説

爽健美茶 体に悪い

【執筆者:編集部 柴崎マリ】

爽健美茶が体に悪いと言われるのは、お茶に含まれるカフェイン、カテキンによる悪影響や食物アレルギーの症状によるものです。

しかし、実際にはカフェインやカテキンは含まれておらずアレルギー症状を起こす可能性も低いため過度な心配は不要で、むしろ飲み過ぎによる不調に気をつけたほうが良いでしょう。

この記事では、爽健美茶を安全に楽しむため、以下の内容を詳しく解説しています。

この記事を読むとわかる!
爽健美茶のこと

 

  • 健康に悪影響があるのか
  • 飲む上での注意点や1日の適量
  • 含まれる栄養素
  • 期待できる働き

爽健美茶は医薬品ではないため、病気への効能や体に良い効果があるわけではありません。

しかし、製品によっては体脂肪を減らすメリットを期待できるので、ぜひ最後まで記事を読んで生活の中に上手に取り入れてみてください♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


爽健美茶が体に悪いとされるのはカフェインやアレルギーのため

爽健美茶 体に良い

爽健美茶が体に悪いと言われるのは、主にカフェインやカテキンなどの成分による悪影響を心配されるためです。

実際のところ爽健美茶にはカフェインとカテキンは含まれておらず、体への悪影響はほとんどないと言えます。

爽健美茶が体に悪いと言われる原因
胃痛
下痢
大量に飲むことで胃腸が冷える場合も
アレルギー 体質によるがほぼ心配なし

爽健美茶は名前にお茶とついていますが、緑茶や紅茶とは原材料が大きく異なり、含まれる成分も違います。

最も大きな違いはカフェインとカテキンが含まれていないことで、爽健美茶にはこの2つの成分によるデメリットもありません。

スポンサーリンク

カフェイン・カテキンが含まれておらず胃痛が起こりにくいお茶

緑茶や紅茶などの原材料であるチャノキにはカフェインやカテキンが含まれていますが、爽健美茶はチャノキを使用していないカフェインゼロのお茶です。

カフェインとカテキン(タンニン)は、摂り過ぎると胃の粘膜を荒らして胃痛や消化不良を起こす可能性があります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
これらの成分を含まない爽健美茶は、胃腸への負担も少なく子供や妊婦でも飲める飲料です。

同じくカフェインやカテキンを含まないお茶には、麦茶や十六茶があります。

ただし、飲み過ぎたり冷えた爽健美茶を飲んだりすることで胃腸を刺激し体調不良になる場合もあります。

爽健美茶はアレルギーにも配慮した原材料を使用しており、爽健美茶そのものが体調不良を引き起こすことは稀です。

しかし、飲む度に胃痛や吐き気などの不調が出るようであれば珍しいアレルギー体質の可能性も考えられます。

スポンサーリンク

アレルギーが発生しにくい原材料を使用

爽健美茶は、食物アレルギーが起きやすいと言われる原材料28品目が不使用の飲料で、アレルギー持ちの人でも飲める可能性が高い飲料です。

ですが、すべての人にアレルギー症状が出ないとは限りません。

思いもよらない食材でのアレルギーがあり、検査するまで気付かないこともあります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
アレルギー症状は咳や喉のかゆみ、肌荒れや下痢などさまざま。爽健美茶を飲んで毎回具合が悪くなる場合は医療機関の受診をおすすめします。(※1)

爽健美茶は10種類以上の原材料がブレンドされているため、特にアレルギー体質の方は飲む前に成分表をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

体に良い飲み方|飲み過ぎにならない適量は約1.2リットル

爽健美茶を健康に楽しむためには、以下のポイントに気をつけましょう。

爽健美茶を安全に楽しむポイント
下痢
胃痛
・一度に飲みすぎない
・適量を守る
アレルギー ・アレルギー体質の場合は医師に相談
・体調不良が頻繁の場合は検査も検討

体質的に問題なければ、カフェインが含まれない爽健美茶は水の代わりに常用しても問題ありません。

1日の水分摂取量は1.2リットルほどが目安なので、適量をこまめに飲むようにしましょう。(※2)

ただし、「爽健美茶 健康素材の麦茶」は機能性表示食品のため1日1本(600ml)が適量です。

こちらの機能性表示食品は、適量であればうれしい効果も期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

爽健美茶に含まれる栄養素|期待できるメリットは

爽健美茶 メリット

爽健美茶の栄養成分表示には、ほとんど表示がありません。

爽健美茶に含まれるおもな栄養素(※3)
ナトリウム 体に必要なミネラルの1種
体内の水分量を調節する
ローズヒップ由来
ティリロサイド
(一部商品のみ)
体脂肪を減らす

カロリーも0でほとんど栄養がないように感じますが、実は食品の栄養成分表示ではビタミンやほとんどのミネラルなどは表示義務がありません。(※4)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
実際に爽健美茶の原材料にはビタミンCが使われているものの、成分表には記載がないので他にも原材料由来の成分が含まれている可能性があります。

爽健美茶の成分で特に目立つのが、「爽健美茶 健康素材の麦茶」に含まれるローズヒップ由来のティリロサイドです。

製品によっては体脂肪を減らす働きも期待できる

機能性表示食品である「爽健美茶 健康素材の麦茶」にはローズヒップ由来のティリロサイドが含まれています。

この成分は体内の新陳代謝を促し、体脂肪を減らす働きが期待できるという研究結果があるものです。

おいしく体脂肪を減らしたい方にはうれしい商品となっています。

機能性表示食品とは、科学的な根拠がある効果を事業者の責任で国に届け出し、パッケージに記載したものです。調査をしたのは国ではなく、病気の改善や予防などを目的にした商品ではない点に留意しましょう。(※5)

先述したとおり、「爽健美茶 健康素材の麦茶」の適量は1日1本です。

体質改善や痩せることが目的の方は、食品はあくまでも手助けと考えて健康的な食事と運動を心がけましょう。

   
スポンサーリンク
 

結論|爽健美茶は体に悪いことはないがアレルギーに注意

爽健美茶のまとめ
  • カフェインが含まれないので妊婦や子供も飲める
  • アレルギーが発生しにくい原材料で作られている
  • 体質によってはアレルギー症状が出ることもあるので注意
  • 1日の適量は製品により異なり0.6~1.2リットルほど
  • 成分表示はほとんど記載がない

爽健美茶はカフェインやカテキンが含まれておらず、多くの場面で水のように飲める飲料です。

ただし、体質によってはアレルギー反応が出ることもあるので、子供が初めて口にする場合やアレルギー体質の方は注意してください。

爽健美茶の中にはうれしいメリットがある機能性表示食品の製品もあるので、健康的な食生活や適度な運動とともに取り入れるのがおすすめです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました