スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

チョコレート効果 食べ続けた結果

【執筆者:管理栄養士 上月典子】

カカオの含有量が高い「meiji チョコレート効果」を毎日食べ続けた結果、「痩せた」「肌がきれいになった」「頭がすっきりする」などのメリットを実感する人も多いようですね。

反対に痩せないという人は、食べ過ぎでカロリーや脂質を多く摂り過ぎているからかもしれません。

この記事では、高カカオチョコレートを毎日食べた結果のメリット・デメリット、カカオの健康効果や適量目安は1日何個かなどの情報をお届けします。

この記事を読むとわかる!
チョコレート効果 のこと

 

  • メリットを実感した体験談やカカオポリフェノールの特性
  • GI値やカカオの含有量・栄養成分や健康効果も
  • 高カカオチョコの注意点やデメリットを防ぐ1日の適量目安
  • ダイエット中の気分転換におすすめなアレンジ例

チョコレート効果を食べるタイミングや量、食生活に上手に取り入れるコツも紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
メントスコーラ 死亡

メントスコーラの死亡事故例は?体内実験はNG!安全なやり方も紹介

ペットボトルの水を飲むのをやめたほうがいい理由|発がん性あり?

クコの実 食べ続けた結果

クコの実を食べ続けた結果|効果は実感なし?メリットと注意点も

セサミン 飲み続けた結果

セサミンを飲み続けた結果|効果は嘘・効果なしって本当?真相は

かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?


チョコレート効果を毎日食べ続けた結果「痩せた」という体験談

毎日チョコレートを食べた結果

チョコレート効果を食べ続けてみた結果、健康効果やメリットを実感した人も多いようです。

チョコレート効果を食べ続けた結果の体験談
  • 痩せた・ダイエット効果を感じた
  • 便通が良くなった
  • ニキビができにくくなった
  • 頭がすっきりする  など
チョコレート効果 カカオ72%
1個あたりの栄養成分
(明治 公式ホームぺージより抜粋)
エネルギー 28kcal 脂質 2.0g
炭水化物 2.2g 食物繊維 0.6g
糖質 1.6g 食塩相当量 0g
タンパク質 0.5g カカオ
ポリフェノール
127mg
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
カカオポリフェノールが豊富というのが特徴ですね。ほかにもカカオには苦み成分テオブロミンやカフェインなどの成分も含まれています。

体験談でとくに多かったのは「痩せた」というものでした。


お菓子をチョコレート効果に置き換えただけで、運動せずに痩せた人もいますね。


健康効果やメリット、そのほかの体験談や口コミもみてみましょう。

スポンサーリンク

カカオの健康効果とメリット|ダイエットサポートに

チョコレート効果に含まれるカカオにはさまざまな健康効果やメリットがあり、糖質も少ないのでダイエットサポートにもなります。

カカオの健康効果やメリット
カカオ
ポリフェノール
・活性酸素の活動を抑える
・LDLコレステロールの酸化を防ぐ
・血行を良くする
・血糖値の維持
食物繊維 ・腸の調子を整える
・糖の吸収を穏やかにする
テオブロミン ・血行を良くして緊張を和らげる
・脂肪の分解を助ける
カフェイン 頭をすっきりさせる
ミネラル 体の調子を整える

1日の適量目安や食べ方・食べるタイミングなどは、記事後半で解説しますね。

そのほかに肌に良い影響をもたらしたり、頭がすっきりするなどの体験談や口コミがありました。


カカオポリフェノールは強い抗酸化作用があるといわれています。

スポンサーリンク

カカオポリフェノールに期待される作用|肝臓も守る

カカオの成分で一番注目されるのはカカオポリフェノールですが、活性酸素の活動を抑える抗酸化作用がありファイトケミカルともいわれています。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、「抗酸化作用」があり健康に良いとされています。・・(中略)・・活性酸素は、体内で細菌やウイルスの除去にも役立ちますが、過剰に発生すると正常な細胞を傷つけてしまい、老化やガン、さまざまな病気に繋がります。ポリフェノールはこの活性酸素の除去をしてくれるといわれているのです。
引用元:Vol.40 カカオポリフェノールのちから|筑後市立病院

ファイトケミカルとは(※1)

植物が紫外線・虫などの外的要因から防御するための色素・香り・粘りなどの成分です。ポリフェノール・カロテノイド・含流化物などはファイトケミカルとして注目されています。代表的なポリフェノールは、カカオポリフェノールのほかにアントシアニン・カテキン・ルチン・クロロゲン酸・クルクミン・ショウガオールなどがあります。

活性酸素は年齢とともに増えストレス・食品添加物・タバコ・多量の飲酒・紫外線・激しい運動なども原因といわれています。
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
抗酸化作用で酸化を抑え体をサビつかせないようにすることは、健康維持や美肌づくりにも大切ですね。

またカカオポリフェノールは、代謝が盛んで活性酸素のダメージを受けやすい肝臓も抗酸化の力で守ると期待されています。

食品であるチョコレート効果が、医薬品のような効果効能を期待できるわけでありませんが上手に取り入れてみてくださいね。

チョコレート効果は、72%・86%・95%とカカオ含有量により違いがあります。

スポンサーリンク

高カカオチョコレートのカカオ含有量|72と86の違い

チョコレート効果は種類によってカカオの含有量が異なり、含有量が高いほど苦みが強くなります。

チョコレート効果(定番の箱タイプ)
カカオ含有量
(明治 公式ホームページより抜粋)
1個(5g)あたり 1箱あたり
チョコレート効果
カカオ72%
127mg 1905mg
(15個入り)
チョコレート効果
カカオ86%
147mg 2058mg
(14個入り)
チョコレート効果
カカオ95%
174mg 2088mg
(12個入り)

定番の箱タイプ以外にも1箱26枚入りや大袋などがあり、種類も豊富なので好みのものを選んでくださいね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
苦みが得意でない人は、アーモンドやマカダミアナッツタイプもありますよ。

チョコレート効果を食べ過ぎたり、体質が合わないとデメリットになることもあります。

   
スポンサーリンク
 

チョコレート効果を食べた結果のデメリットとされる理由

高カカオチョコレート 食べ過ぎ

チョコレートを食べた結果デメリットを感じた人もいるようですが、食生活が乱れているとなかなか痩せられませんね。


チョコレートでアレルギー症状がでた場合、金属アレルギーということもあります。


高カカオチョコレートはカカオ含有量が高いほど、成分量も多くなるので摂り過ぎには注意が必要です。

買ってはいけないという噂|高カカオチョコの注意点

高カカオチョコレートを買ってはいけないという噂もありますが、適量を楽しむ程度に摂取するなら過度な心配はいりませんよ。

ただし、高カカオチョコレートはカカオ含有量が高いほど成分量も多くなるため、体に良いからといって食べ過ぎると体に悪い影響をおよぼすこともあるので注意が必要です。

高カカオチョコのデメリット
痩せない
太る
・カロリーや脂質の過剰摂取
・食生活の乱れ
アレルギー ・チラミンやヒスタミン類似物質
金属によるアレルギー
薬との併用 ・医師に確認
・妊娠・授乳中・子どもは
カフェインの摂取量に注意

チョコレート効果を食べれば痩せるというわけではなく、食べる量や日ごろの食生活は大切です。

痩せない理由は食べ過ぎや日ごろの食生活の乱れなど

チョコレート効果を食べて痩せないという人は、食べ過ぎが原因の可能性があります。

高カカオチョコレートはカカオを多く使用しているので、カカオ含有量が高い分カロリーも脂質も高い傾向にあるため食べる量には注意が必要です。

またカカオ含有量が高くなると苦みが強くなるため、甘いものと一緒に飲んだり食べたり食生活が乱れていると高カカオチョコのメリットを活かせず、なかなか痩せられないので日ごろからバランス良い食事を心がけましょう。(※2)

金属アレルギーやテオブロミン・カフェインの危険性

チョコレートにはチラミンやヒスタミン類似物質が含まれ、アレルギーがない人でもまれにかゆみが起きたり、アトピー性皮膚炎やアレルギー症状が悪化することがあるようです。

また、ニッケル・クロム・亜鉛・銅・マンガンなどの金属が含まれ金属アレルギーの症状がある人は注意が必要です。

金属を含む食品例

ナッツ類・貝類・香辛料・チョコレート・ココアなどの嗜好飲料

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
カカオポリフェノールの抗酸化作用によりアレルギー症状を和らげるという利点もあるため、心配な人やアレルギー症状がある人はメリット・デメリットをよく理解したうえで摂取するか医師に相談しましょう。

テオブロミンやカフェインは気管支拡張作用があるともいわれ、高カカオチョコは通常より倍以上の量が含まれているので、薬と併用する場合は医師に確認してくださいね。

テオブロミンで犬や猫が中毒を起こす可能性もあるので、間違って与えないようにしましょう。

またカフェインは利尿作用や覚醒作用がありますが、過剰摂取でめまい・気持ち悪い・吐き気・不眠・心拍数の増加・高血圧のリスクなどがあり、胎児への影響がでる妊娠中や授乳中・子どもは過剰摂取にならないよう注意が必要です。(※3)

デメリットを防ぐためにも、1日の摂取目安量を知っておくと安心ですね。

   
スポンサーリンク
 

チョコレート効果を毎日食べるなら適量目安は1日何個まで

チョコレート効果 1日何個

間食の目安は1日約200kcalが適量とされ、チョコレート効果の摂取目安量は1日3~5個(約84~141kcal)とメーカーも推奨しています。(※4)

間食とは、朝食・昼食・夕食以外に摂取するエネルギー源となる食べ物と飲み物のことで、栄養補給の他に気分転換や生活にうるおいを与えるなどの役割もあります。・・(中略)・・一般的には1日に200kcal(キロカロリー)程度の間食が適量だと言われていますが、ダイエットを考えている場合は、1日に摂取するエネルギーが消費するエネルギーを超えないように、食事だけではなく間食も含めて調節しましょう。

引用元:間食のエネルギー(カロリー)|e-ヘルスネット 厚生労働省

糖質制限をしている場合は「1食の糖質量20~40g・デザート10g」が適量目安と推奨され、チョコレート効果72%の場合、1日3~5個の摂取で糖質量は約4.8~8gとなり許容範囲内ですね。

ポリフェノールは水溶性の成分なので体に留まることはないため、一気に食べずに少量ずつ何回かに分けて食べることがポイントです。

ダイエットに効果的な食べ方|タイミングは食前

食べるタイミングは、1日分を分けて食前に食べると満腹中枢を刺激し食べ過ぎを防げるのでおすすめです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
チョコレート効果は糖質の吸収度合いが穏やかな低GI食品で、血糖値の上昇も緩やかにしてくれるのでダイエットサポートにもなりますね。
チョコレート効果のGI値
  • カカオ72%:GI値29
  • カカオ86%:GI値18
    (明治 公式ホームページより抜粋)
GI値とは(※5)

食後の血糖値上昇度を示す指標で、グルコース(ブドウ糖)の吸収度合いを100とした場合に【高GI食品】GI値70以上・【中GI食品】GI値56~69・【低GI食品】GI値55以下と分類されています。

インスリンは飲食後に上昇した血糖値を抑えるために分泌されますが、脂肪をためる特性があり高GI食品を摂り過ぎると肥満や生活習慣病になることもあるので、高GI食品との食べ合わせには注意しましょう。

インスリンのはたらきについては、こちらでも解説しています。

上手にアレンジできるとダイエットも長続きしますよ。

気分転換におすすめアレンジと低糖質チョコプリン

ダイエット中にカロリーや糖質量などが気になる場合は、バターや小麦粉などを多く使わないアレンジが良いでしょう。

チョコレート効果のアレンジ例
  • ホットチョコレート
  • ホットコーヒーやアイスコーヒーに
  • ティラミスやチョコプリンやムース

気分転換にホットチョコレートも良いですね。(個数は好みで調整してくださいね。)


アーモンドミルクと作るチョコプリンは、グルテンフリーで低糖質なのでダイエット中の強い味方になるスイーツですね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
アイスもありますよ。1パック141kcalでチョコレート効果5個分(635mg)のカカオポリフェノールがとれるのもうれしいですね♪

チョコレート効果は種類も豊富なのでいろいろ試して、ダイエットや健康維持に役立ててくださいね。

準チョコレートについてはこちらの記事を参考にしてください。

   
 

結論|チョコレート効果は毎日適量の摂取でメリットが期待できる

チョコレート効果 のまとめ
  • カカオポリフェノールの抗酸化力で活性酸素から体を守る
  • テオブロミンやカフェインはリラックス効果や頭をすっきりさせる
  • 妊娠・授乳中や子どもはカフェインの摂取量に注意する
  • 食べ過ぎるとカロリーや脂質の過剰摂取になりやすい
  • 低GI食品でダイエット向き・1日3~5個を分けて食前に

ダイエット中に我慢し過ぎるとストレスになることもあるので、低GI食品のチョコレート効果は罪悪感なく食べられるのが魅力ですね。

テオブロミンやカフェインの作用でリラックスできたり頭がすっきりしたりするので、勉強や仕事中のおともにおすすめです。

筆者も試してみましたが食べ続けて2週間ほど経ったころから、変化を感じるようになりました。

適量を守ればカカオの健康効果やメリットを実感できる高カカオチョコレートを、楽しみながら日ごろの食生活に取り入れてみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました