スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

ステビア アメリカ 禁止
【執筆者:編集部 宍戸恵】

ステビアは過去にアメリカで使用が禁止されていた甘味料ですが、現在は許可されています。

少量でも十分に甘さが感じられ、血糖値上昇へ直接的な関与もない為、ダイエット中の人や血糖値を気にしている人へおすすめです。

外国で禁止されていた経緯や危険性について、また人工甘味料との違いについてまとめ紹介していきます。

この記事を読むとわかる!
ステビアのこと
  • 原材料や血糖値との関係
  • アメリカではなぜ禁止に?
  • 発がん性・安全性について
  • 甘味料以外の楽しみ方

「気になるけど、砂糖以外の甘味料はよく分からないので抵抗がある」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
メントスコーラ 死亡

メントスコーラの死亡事故例は?体内実験はNG!安全なやり方も紹介

ペットボトルの水を飲むのをやめたほうがいい理由|発がん性あり?

クコの実 食べ続けた結果

クコの実を食べ続けた結果|効果は実感なし?メリットと注意点も

セサミン 飲み続けた結果

セサミンを飲み続けた結果|効果は嘘・効果なしって本当?真相は

かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?


過去アメリカで禁止されていた「ステビア」その真相や正体は

ステビア アメリカ 禁止

ステビアとは多年生キク科の植物であり、その抽出物が天然甘味料として知られています。

ステビアについて
原材料 ステビア・レバウディアナ・ベルトニー
(ステビアには154種以上あり
この1種類のみが甘味料となっている)
甘さ 砂糖の200~300倍の甘さを持つ
血糖値を上げにくい
エネルギー量
(kcal)
ほぼ0に近い
(糖と糖以外の化合物が
結合した配糖体という形)

甘味料としてはサラサラと使いやすい粉末タイプが一般的です。

はじまりは、16世紀頃パラグアイの先住民らが甘味料薬草として使用していたことに起因します。

1970年には国際糖尿学会で「ステビアは糖尿病に対して薬効がある」と紹介され、日本でも取り入れられるようになりました。

ですが、かつてはその安全性が不明瞭であったことから、アメリカやヨーロッパなど一部使用に関して禁止国があったことも事実です。

スポンサーリンク

2008年にはアメリカでも安全性が認められる

日本では1972年には商品化されていたステビア甘味料ですが、その頃アメリカをはじめ諸外国では使用している国は少なかったようです。

その後少しずつ研究が進み、2008年にFAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)より安全性が認められたことでアメリカでも使用されるようになりました。

 2008年6月にFAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)はステビオール配糖体を毒性学的に評価し、ステビオールとして一日摂取許容量(ADI)を0~4mg/kg体重/日と設定した。このことにより、個々の食品における添加物としての最大使用量を設定することができる。
欧州食品安全機関(EFSA)は2010年4月、2008年のJECFA評価を確認する報告書を公表した。これにより95%以上の純度のステビオール配糖体は、ADIを基に、安全であるとした。

引用元:スイス連邦保健局(BAG)、ステビア(Stevia rebaudiana)に関する情報を公開 | 食品安全委員会

以前は日本でも「不妊の原因になる」「腎臓に悪いor発がん性があると聞いたけど」という問題視されるような噂が飛び交っていたようですが、この件についても安全性が確認されています。

スポンサーリンク

不妊や発がん性など副作用・危険性の噂について

まず、平成8年に発表された厚生労働省「既存添加物の安全性の見直しに関する調査研究」及び平成13年に開催された「薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会毒性・添加物合同部会」これらの研究により「ステビア甘味料には発ガン性などの毒性が無い」と発表されています。(※1)

また、30年以上にわたり研究が進められているステビアですが、妊娠毒性についても科学的な情報はありません。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
確かな安全性のもと、使用されていますよ。

毒性はありませんが、ダイエットにおいて「食べて痩せる」ものではなく、甘さに脳が慣れてしまい「ついつい」と食欲のコントロールが効きづらくなる落とし穴もあります。

あくまでも砂糖との置き換えとして活用し、食生活は主食・主菜・副菜とバランスの良いものを心掛けましょう。

またステビアは甘味料としてだけでない楽しみ方もありますよ。

   
スポンサーリンク
 

 ステビアは人工甘味料ではなく「天然」|メリットや口コミ

ステビア 甘味料

甘味料のイメージが強いかもしれませんが、天然甘味料であるステビアは育てたりハーブティーとして楽しんだりする人も多いようです♪

ステビアの一般的な用途
楽しみ方 ・甘味料として
・葉を使ってハーブティーに
・家庭菜園にも
注意点 キク科植物に対して
アレルギーの人はNG

ただ、キク科植物に対してアレルギーを持つ人は避けた方が安心です。

ステビアの効能やメリットについて、口コミもチェックしながら押さえていきましょう。

スポンサーリンク

甘味料は血糖値や肥満(太る)を気にしている人に

低カロリーであり血糖値を上げにくい特徴があることから、ダイエット中の人や糖尿病・高血糖を気にしているにおすすめです。

インスリン抵抗性の改善にも

血糖値上昇に直接関与するものは主に「ブドウ糖」であり、直接的にステビアが血糖値上昇へ関与することはありません。また、2006年に行われた「第49回日本糖尿病学会年次学術集会」では千葉大学の報告で「ステビアにはインスリンの抵抗性を細胞レベルで改善する効能がある」とも報告されているようです。
※インスリン=膵臓で作られる血糖値を下げる為のホルモン

カロリーを抑えたい人にとってはうれしい商品ですね!

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 市販のジュースやお菓子類も、成分表示に「甘味料(ステビア)」と表記されたものが増えつつあり、少しずつ馴染みのあるものになってきています。

ただ口コミを見てみるとステビアは「後味がまずい」という人の声もありました。

甘味料には自然由来のものから人工甘味料まで幅広く種類があるので、この点は実際に口にしてみないと分からない部分でしょう。

甘味料のおおまかな分類(※2)
糖質系 砂糖
でんぷん
由来の糖
・ブドウ糖
・果糖
・水飴 等
糖アル
コール
・キシリトール
・エリスリトール
・還元水飴 等
非糖質系 天然
甘味料
ステビア
・甘草 等
人工
甘味料
・アスパルテーム
・アセスルファムK
・サッカリン 等
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 天然の非糖質系甘味料として羅漢果(ラカンカ)という植物由来のものも有名です。
ラカント
¥2,383 (2023/02/07 15:32:31時点 Amazon調べ-詳細)

甘味料についてもっと詳しく知りたい人は、 こちらの記事も役に立つかもしれません。

「ダイエット中だから」「できれば自然由来のものを」「好みの味か」と、選択する際には自身にあったものを使っていきたいですね。

また、用途は甘味料だけに止まらない点もステビアの面白い一面です。

 ハーブティーとして楽しむ方法も

葉そのものは噛むとほんのりと甘さを感じ、ハーブティーへの活用も人気を集めています。

ハーブティーはネット販売もされていますよ♪

菜園にチャレンジしてみるのも、楽しさが倍増です。


シロップ作りは自宅でも手軽にできますよ。

気になる人は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

天然甘味料であることから適う「手作り」もステビアの魅力の1つと言えます♪

   
スポンサーリンク
 

結論 | 現在ステビアは諸外国で使用されている

ステビア のまとめ
  • 安全性が不明瞭であったことからアメリカでは禁止されていた
  • その後の研究により2008年より使用が許可されている
  • ダイエットや血糖値コントロールに有効なメリットも
  • 市販品でも幅広く使用されている
  • 育てる楽しさもある

ステビアはかつてアメリカで禁止されていたことから「体に悪いのでは?」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、長年の研究を経て安全性が約束されています。

味の好みは人それぞれですが、気になる人はぜひ記事を参考にチャレンジしてみてくださいね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました