梅崎春生の終戦、坊津のダチュラ「幻化」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梅崎春生の「幻化」が描く、坊津

人はなぜ、旅をするのだろう。

日常からのエスケープ、見知らぬものへのあこがれ、

はたま懐かしいものとの再会。

戦争作家、梅崎春生にとって、坊津(ぼうのつ)への旅の目的は、なんだったのでしょうか。

次の一文は、「幻化」で主人公の五郎が、耳取峠を登り切ったときの描写です。

「忽然として視界がぱっと開けた。左側の下に海が見える。すさまじい青さで広がっている。右側はそそり立つ急坂となり、雑木雑草が茂っている。その間を白い道が、曲りながら一筋通っている。」

いまも、坊津への道は、こうです。

「耳取峠」から、まるで海へ落ちていくような下り坂。それが坊津への入り口です。

「甘美な衝動と感動が、一瞬五郎の全身をつらぬいた。

「あ!」

彼は思わず立ちすくんだ。

「これだ、これだったんだな。」」

そして、主人公五郎は、ここで終戦を迎え、解放されて初めて見た風景であることを、思い出します。

私たちも、初めて見る光景なのに、こう思うことがありますよね

土地の霊との交信、とでもいいますか、そんな瞬間が、旅にはありますよね。

 

「海が一面にひらけ、真昼の陽にきらきらと光り、遠くに竹島、硫黄島、黒島がかすんで見えた。」

梅崎春生の描写力には、一部の狂いもありません。いまでも、この通りの光景が待っています。

「海」とは、日本海です。しかし、坊津の海は、陽気です。あの北国の海ではなく、明るくのびやかで開放的です

 

坊津で、梅崎はなにを見たのか

 

「幻下」の作者、梅崎春生は、昭和20年に海軍に召集され、坊津に赴任します。

そこから梅崎はすぐ桜島に転勤し、終戦を迎えます。名作「桜島」は、その顛末を描いたもの。

最初の赴任地、坊津は、海の特攻隊「震洋」の秘密基地でした。

そもそも坊津というところは、小さな集落に過ぎないのに、一筋縄ではいかない歴史的宿命を帯びています

日本に仏教を定着させた唐の高僧「鑑真和上」の上陸地です。

鎖国時代には密貿易の拠点でもありました。

それは大陸に向かって開かれていながらも、海岸線が50キロにも及ぶ複雑なリアス式海岸のせいです。

来ることも隠れることも、密かにできる隠れ港です。

街並みも当然、密貿易にふさわしく作られています。

町を「冥府」と、梅崎は形容していますが、いまでも、その雰囲気は残っています。

倉浜荘は、その典型。

二階の障子を開けると、そこに部屋はなく、一階の土間に飛び降りられます。壁を開くと、隠し部屋が出現します

これらは「ここから逃げて、ここへ隠れる」ための仕掛けです。

実は、梅崎が坊津を訪れたのは、戦後20年たってからです

そして、ここを舞台に小説「幻化」が誕生し、最後の作品となりました。

「どうしてもこの土地を見たい。ずっと前から考えていたんだ。今は失ったもの。二十年前には確かにあったもの。それを確かめたかったんだ。」

主人公の叫びは、梅崎の叫びです。梅崎春生は、何を確かめたかったのでしょう。

短い坊津の赴任中に、失った何があったのでしょうか。

 

 

 

さて、

物語は、「幻化」で重要な役割を担った「ダチュラ」の話に進みます。

その前に、坊津の海や集落の光景をお楽しみください。

BOUNOTSU / JAPAN 2011[坊津/鹿児島]
 
スポンサーリンク

幻想の花、ダチュラ

 

「幻化」には、ひとつの花が象徴的に出現します。

「白い大きな花をぶら下げた、南国風の木がある。その花の名は忘れたが、色や形には、たしかに見覚えがあった。」

その花の下で、主人公は不思議な女と出会います。

その女との会話で、坊津で水死した戦友「福」を、さらに棺に、その花を詰めたことを思い出します。

それが熱帯植物、ダチュラなのです。

3

高さ2mほどの灌木に、百合の花を逆さにしたような姿から、エンジェル・トランペットともいわれます。

鹿児島では、珍しくもない路傍の花です。

古いお屋敷には、必ず1本、植えてあったものです。

今年は暖冬ですので、真冬でも咲き誇っています。

実はこの花、幻覚症状を引き起こす怖い植物です。

花岡青洲が、麻酔薬として使ったのも、この種の植物で、

曼荼羅華、とも呼ばれるそうです。

ありふれていながら魅力的で、しかも人を幻覚で惑わす花。

これを知ってか知らずか、主人公は幻覚症状に悩まされている、という設定なのですから、

この小説の構図のすごさを感じます。

あの戦争とは、「幻化」だったのか

 

坊津の風にふかれて、女と出会って、

水死した「福」を思い出しても、気分は晴れません。

「おれは福に友情を感じていたのか。いや。感じていなかった。あるとすれば、奴隷としての連帯感だけだ。それ以外には何もない。」

たしかに生きるか死ぬかの戦場で、亡くなった人に心を奪われていては、自らも危うくなるでしょう。

しかも、自分の意志にかかわらず強制的に集められた「行きずりの人」です。

では坊津に、何があったのか。

その答えが「人生、幻化に似たり」という梅崎の言葉です。

つらい戦争体験から、梅崎春生が導きだしたのは、その言葉でした。

「行きずりの人」同士なのに、運命共同体なのです。

一庶民が否応なく戦争に巻き込まれ、消滅していく。

それを間近にした梅崎春生にとって「人生、幻化に似たり」は、心の叫びでした。

それを確かめる場所は、坊津以外にありませんでした

この言葉はいま、石碑となって、海を見下ろしています

戦後70年たち、戦争を知らない世代ばかりになりました。

しかし、世界から戦争が消滅する日は、まだ遠そうです。

壮絶な戦争体験を表現した小説は、大岡昇平の「野火」、野間宏の「真空地帯」と傑作ぞろいです。

ただ、その体験から抜けるのに20年もの月日を要し、結論を表明したのは、梅崎春生のみ、といっていいでしょう。

前年には東京オリンピックも開催され、高度経済成長にまい進していた日本で、

ただ梅崎のみは「人生幻化に似たり」と言い放ったのです。

坊津は、それにふさわしい舞台です。

今日も坊津は、千年ひと昔のごとくひっそりと、確かに息づいています。

ダチュラの花も、ゆったりと揺れています。

 

5

梅崎 春生(うめざき はるお)

1915年、福岡県生まれ。
東京帝国大学(現・東京大学)
日本文学科卒業。

1945年、29歳で海軍召集。
坊津基地を経て桜島通信基地へ。
そこで終戦。

「桜島」「日の果て」「幻化」
で戦争の悲惨さを小説に残す。

1965年、急逝。
「幻化」が遺作となる。享年50歳。

※本文中の引用文は、講談社文芸文庫「幻化」より

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク
スポンサーリンク (C)
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク (R)
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今あなたにおすすめの記事

文学特集
ヨセミテは『食を明るく、美味しく、暮らし良く』をコンセプトに、信頼できる文献・資料に基づいたオリジナルコンテンツの制作を行い、生活を豊かにする情報をお届けいたします。
生活の知恵袋 ヨセミテ

  1. H.E.様(イニシャル表記に変更しました) より:

    人生幻化に似たり。私は洋書¨林檎の木¨のあとがきにこの文が、書いてあったのを、思い出します。とても意味の深い文で、今から50年前の事をはっきり覚えています。とても好きな文です。

    • yosemite より:

      コメントをありがとうございます。
      お言葉、大変うれしく思います。
      今後も印象に残る記事を配信していきますので
      どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

    タイトルとURLをコピーしました