夏目漱石 「それから」のあらすじ解説 ~漱石と、花たち~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

夏目漱石(なつめそうせき)

その名はあまりにも偉大で、難しい とつい考えてしまいます。

ところが、夏目漱石の作品は、小説としての筋は凝ったところなく、登場人物も個性的ながら、私たちの周囲に「居そうな人」で、いわゆる、あるある話です。

とくに 

小説「それから」

 

は、タイトルが示す通りどんどん話が展開して「それから」どうなったの? と好奇心が止められません。

百年以上も前の小説とは、思えない。

ここで私が注目したいのは、
漱石の花好き、というところ。

そして、展開の描写として、花が上手に活用されていることです。

今回は、そこに注目して、
「それから」の世界を一緒にのぞいていましょう。

 

~本記事の構成~
あらすじ
~夏目漱石「それから」が語るもの~
解説
~花たちが先導する「それから」の展開~

 

小説「それから」では、花と小説の展開が密着しています。

まずは、だいたいの「あらすじ」を押さえておきましょう。

 
スポンサーリンク


あらすじ編 ~夏目漱石「それから」が語るもの~

主人公、代助は30才。大学を出てどこにも就職せず、親の金で暮らしている。

しかも一軒家に、住み込みの婆やと書生までつけている独身貴族。父からは「遊民」と言われ、働くように説教されるが馬耳東風。

 

ある日、学生時代の友人、平岡が勤めていた関西の銀行を辞めて戻ってくる。

その妻の三千代は、友人の菅沼の妹で、平岡との結婚には代助が関わっている。

家を世話する代助のもとに、三千代が一人でやってきて借金を申し込む。

 

そのとき代助は、自分は一銭の金も自由にできない人間だと知る。

父や兄に借金を断られ、縁ある令嬢との結婚まで迫られる。

兄嫁の梅子だけが、心配してこっそり金を送ってくれる。

 

1401752ce81dd0bd9d14fa2ade6621ee_s

 

自分の結婚話が進行すると、代助は三千代を意識するようになる。

そしてとうとう、三千代に、生涯の伴侶にしたいと申し出る

当惑した三千代は、平岡にすべてを話し、病に倒れる。

代助に「三千代を渡す」と約束したものの、平岡は代助の父に暴露する。

怒った父と兄から、今後の一切の援助を断ち切られる

 

梅子だけは生活費を送ってくれるが、三千代との結婚には同意しない。

代助は困り果てて、夏の真昼間、町へ飛び出す。

いわく「仕事をさがしに」

 

物語は以上です。

あなたはどのような感想をもたれたでしょうか?

 

では、

「花」という視点から作品を楽しんでみましょう。

解説編 ~花たちが先導する「それから」の展開~

前章で解説したとおり、「それから」の話は急展開で、代助の気持もどんどん変化していきます。

そして、

そこをうまく表現しているのが、「花」なんですね。

冒頭は「赤い八重椿」。それが、起きてみると枕元に落ちている。赤ん坊の頭ほどもある、というのですから、ちょっとすごい。

8a851074daf8227858f52e35531c5b9c_s

 

で、代助は健康なくせに、自分の心臓を心配するのです。それは、これから起きることのプロローグでしょう。

友人の平岡が銀行を不祥事で辞めて、代助のところへやってくる。

そのとき、平岡は代助の庭の桜に気付く。つまり、季節は初春です。

そして代助は「上野の夜桜」の話をする。「人気のない夜桜は好いもんだよ」と

bae7abcb1aac4df0967587dfdc6d42a9_s

 

この辺りまでは、まだ平穏ですね。

義理のお姉さんが「梅子」。快活で賢く、代助とも気が合う。

そして、代助が大切にしているのが鉢植えのアマランス「アマリリス」でしょう。

赤い花びらをもつ大きな花。ひょろ長い雄蕊、という描写は、たぶんそうです。

d484f1616d33e906de4eef0871e26fb4_s

 

すると、平岡がやってくる。もう初夏の装い。やっぱり赤は鬼門ですね

平岡を見ると、三千代を思い出す代助。「古風な浮世絵のような」三千代。

その三千代に借金を申し込まれ、困る代助。でも働く気はない。

兄嫁の梅子は、断りつつも代助にお金を用立てる。

 

三千代に金を渡して数日後、平岡がやってくる。代助が鉢植の「君子蘭(クンシラン)」の葉を切っているとき。

「君子蘭」は高貴な花です。それが枯れるのは「天人五衰」を思わせます。

757bd05d60904debaed241d3dc64b9bf_s

 

天人も、いつかまた俗世にまみれる日がくる。それが頭上の花が枯れるとき、という話。

つまり浮世とは無縁だった代助が、そうもいかなくなる前兆て、わけ、かしら。

父に結婚を迫られた代助は、梅子に「理想の人がいる」と言ってしまう。それが三千代。

 

気分を変えるために代助の飾った花が「スズラン」。もう夏ですね。

ebf438ff622222c83d3f1446cfc96ff8_s

 

ただし、旧字本では「リリー、オフ、ゼ、ワ゛レー」つまり「谷間の百合」となっています。

「谷間の百合」は、フランスの大文豪バルザックの小説で、「高潔な不倫小説」とも言われます。

漱石は、「不倫小説を書くぞ」と宣言しているのですよ

なんという暗号。

そして庭の「赤い薔薇」「ザクロの赤い花」目障りだ、というのです。

5fe46fe758247134c37d7749c1f97fc9_s

ザクロの花は、控えめな小さな赤です。なのに「薔薇より派手で重苦しい」て、八つ当たり。

1

 

これは「働け、結婚しろ」という周囲の目のことでしょうか。

「擬宝珠の白い斑入り」だけが好い。でも、ときにはそれも鬱陶しいて、わがままな。

hosta-837182_640

 

そこへ三千代が「白百合」を抱えてやってきます。

白百合は、三千代が兄の菅沼と暮らしていた時、代助が持っていった花です。

しかも、三千代は、スズランの活けてある鉢の水を飲んでしまうのです。ああ決定的。

代助は三千代に告白します。といっても、まだプラトニック。

60220b4e71bb5229893158de7ded0a18_s

 

父からの援助を断ち切られた代助は、三千代にも会えぬまま、町へ飛び出します。

そこで目にするものは、赤い郵便筒(ポスト)。大きな真っ赤な風船。赤いこうもり傘。煙草屋の赤いのれん。売り出しの旗。

a1bc4aafb31d2b538b9e0038626dbb05_s

 

電柱すら赤。赤の洪水。それでエンディング。すごい終わりかた。

代助のこれから先が思いやられます。

そういえば山口百恵の「赤いシリーズ」って、ありましたね。て、年がバレる。

漱石にとって、赤は「不安・不穏」なのですね

夏目漱石と、花  ~あなたはどのような感想をもたれましたか~

漱石は、とても審美眼の高い人です。

花についても、そう。

なにしろ、漱石の最初の新聞小説が「虞美人草」(ひなげし)ですから。

その直前に執筆したが「草枕」。山桜、菜の花、タンポポ、木蓮など、いろいろな花を取り上げています

「花」をモチーフにしたいという思いは、いつもあったことでしょう。

 

88818f3793a4ad35777e6ed0bfc43e27_s

 

漱石、というと、固い話、と思っているとしたら大間違い。

なにせ不倫を決行する男の話です。その心のひだは、今も昔も変わりません。

この話は「門」へと続きます。

自由なようで人はすこしも自由ではないし、自分を取り巻く世界はいつも不安定、

ということを、考えさせられます。仕事も恋愛も、ままならない。

つげ義春さんに漫画にしてほしい、と、なぜか思うのです。

と、話が飛んだところで、今日はこれまでにしましょう。

あなたは、なんの花が好きですか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク
スポンサーリンク (C)
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク (R)
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今あなたにおすすめの記事

文学特集
ヨセミテは『食を明るく、美味しく、暮らし良く』をコンセプトに、信頼できる文献・資料に基づいたオリジナル記事の制作を行い、皆さまの暮らしに役立つ情報をお届けいたします。
生活の知恵袋 ヨセミテ

  1. より:

    あなたの文の書き方が好きです。

    • yosemite より:

      コメントをありがとうございます。
      お言葉、大変うれしく思います。
      今後も良い記事を配信していきますので
      どうぞよろしくお願いいたします。

  2. かず より:

    本当に優しく素晴らしい文章ですね。

    • yosemite より:

      コメントをありがとうございます。
      お言葉、大変うれしく思います。
      今後も良い記事を配信していきますので
      どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

    タイトルとURLをコピーしました