ドライイーストは代用できる?ベーキングパウダーとの違い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドライイーストベーキングパウダー

どちらも、パンやお菓子を作る際に、生地を膨らませるという、とても大切な役目をしてくれるものです。

でも、ドライイーストって、発酵させるまでに時間と手間がかかるし……

ベーキングパウダーで代用出来ないのかな?

それがね…出来ないんですよ〜(汗)

ドライイーストベーキングパウダーは、全くの別物なんです。

でも、その違いをきちんと理解して、両方を上手く使い分けることが出来れば、美味しいお菓子やパン作りのレパートリーも増えるはずですよ!

スポンサーリンク

こんな記事もおすすめ!

ドレンチェリーとは|緑や青の販売場所からおいしい作り方まで解説!

チーズの常温保存はどれくらいまで大丈夫?腐るとこうなります!

冷凍食品を冷蔵庫で保存すると何日後から危ない?腐るとこうなります!

たまり醤油とは|醤油との違いや使い方・こだわり品まで徹底解説

お茶のカビを飲んだときの対処法|カビる原因や予防策も教えます!

マグロは変色しても食べられる?茶色や黒い部分ができる原因や防止法

メロンにカビが生えた!黒や白など色別に食べられるのかを徹底調査

ブラウンシュガーとは|三温糖・黒糖・きび砂糖との違いや代用品を解説

カレーの具が固い!お肉や野菜を簡単に柔らかくする方法を教えます!

冷凍ミックスベジタブルの栄養価を計算!生野菜と比較した結果は

水分を早く飛ばす方法!炒め物や煮込みなど料理別に徹底解説

クッキーが柔らかいままの原因は?焼き直しレシピも教えます!

みかんを食べ過ぎると何が起こる?下痢や腹痛、黄色化リスクとは

トマトジュースを飲み過ぎると体に悪い?1日に飲む量の目安を解説!

しいたけが酸っぱいときは食中毒にご用心!腐るとこうなります

お好み焼きの生焼けを判断するには|見分け方や対処法を解説するよ!

干し芋の栄養素や効果・効能を大解剖!妊婦や子供が食べても大丈夫?

チーズケーキの生焼けの対処法|判断基準や焼き直し方法を教えます!

サラダチキンを美味しく温める方法|栄養素を減らさないレシピも紹介!

キャッサバとは|味、毒抜き方法、タピオカの作り方まで解説するよ!

餃子の生焼けは危ない!見分け方と食べちゃったときの対処法

牡蠣の加熱時間は何分なら安全?ノロウイルスや食あたりを防ぐ方法

タルトの賞味期限を大解剖!市販品や手作り品の日持ちを全て解説

じゃがいもが固いときの対処法|柔らかくするコツを徹底解説!

ジャムの危険なカビの見分け方|その対処法と防止策も教えます!

三つ葉は生で食べられる!おすすめ生食レシピ&おいしい食べ方のコツ

焼き芋の栄養素や成分、すごい効果を大解剖!冷やすといいって本当?

豆苗は生で食べられる?生食の注意点と美味しい食べ方のコツ

かぼちゃは生でも食べられる!生食できる種類とおすすめの食べ方

ざらめ糖とは|砂糖との違いや人気の使い方を徹底解説するよ!

ドライイーストはベーキングパウダーで代用可能?

先程も言いましたが、ドライイーストベーキングパウダー全くの別物です。

なので、互いに代用は不可です。

大きな違いは、

ドライイースト→酵母菌の発酵によって膨らむ

ベーキングパウダー→科学的に炭酸ガスで膨らませる

というところです。
仕上がりにも

ドライイースト→モチモチしている

ベーキングパウダー→サクサクしている

という違いがあります。

もともと「ベーキングパウダーで作る」と表記されているレシピなら、それ用の材料と製法が書いてあるので問題はありません。

ドライイーストとは?

ドライイーストに含まれるイースト菌というものは、自然界に存在する天然酵母の1種で、パンの生地を発酵させるのに使われます。そのイースト菌を乾燥させ、活動を一旦停止させたものがドライイーストです。ドライイーストは単体で力を発揮させる事はなく、常に他の菌や酵母に働きかけることで、生地の仕上がりをよりマイルドにします。

ドライイーストで作るのはパン類、ベーキングパウダーで作るのはケーキ類

ドライイーストはパン類やピザなどを作る際に使う酵母菌を発酵させたものです。

パン類のフンワリ感はドライイーストでしか出せないものです。

それとは違い、

ベーキングパウダーで膨らました蒸しパンやホットケーキはしっとりとした感じに思えます。

先程も言いましたが、食感も全く違い、

ドライイーストは「モチモチ」、ベーキングパウダーは「サクサク」とした食感になります。

ちなみに!

ケーキのスポンジは、あんなにもフンワリしっとりしているのに、ドライイーストもベーキングパウダーも使わないんです!

卵白を泡立ててメレンゲにし、その力でフンワリとさせているんです。

ドライイーストやベーキングパウダーと違うフンワリ感が出て、それもまた美味しい〜ですよね!

スポンサーリンク
   
こんな記事もよく読まれています

ドレンチェリーとは|緑や青の販売場所からおいしい作り方まで解説!

チーズの常温保存はどれくらいまで大丈夫?腐るとこうなります!

冷凍食品を冷蔵庫で保存すると何日後から危ない?腐るとこうなります!

たまり醤油とは|醤油との違いや使い方・こだわり品まで徹底解説

お茶のカビを飲んだときの対処法|カビる原因や予防策も教えます!

マグロは変色しても食べられる?茶色や黒い部分ができる原因や防止法

メロンにカビが生えた!黒や白など色別に食べられるのかを徹底調査

ブラウンシュガーとは|三温糖・黒糖・きび砂糖との違いや代用品を解説

カレーの具が固い!お肉や野菜を簡単に柔らかくする方法を教えます!

冷凍ミックスベジタブルの栄養価を計算!生野菜と比較した結果は

水分を早く飛ばす方法!炒め物や煮込みなど料理別に徹底解説

クッキーが柔らかいままの原因は?焼き直しレシピも教えます!

みかんを食べ過ぎると何が起こる?下痢や腹痛、黄色化リスクとは

トマトジュースを飲み過ぎると体に悪い?1日に飲む量の目安を解説!

しいたけが酸っぱいときは食中毒にご用心!腐るとこうなります

お好み焼きの生焼けを判断するには|見分け方や対処法を解説するよ!

干し芋の栄養素や効果・効能を大解剖!妊婦や子供が食べても大丈夫?

チーズケーキの生焼けの対処法|判断基準や焼き直し方法を教えます!

サラダチキンを美味しく温める方法|栄養素を減らさないレシピも紹介!

キャッサバとは|味、毒抜き方法、タピオカの作り方まで解説するよ!

餃子の生焼けは危ない!見分け方と食べちゃったときの対処法

牡蠣の加熱時間は何分なら安全?ノロウイルスや食あたりを防ぐ方法

タルトの賞味期限を大解剖!市販品や手作り品の日持ちを全て解説

じゃがいもが固いときの対処法|柔らかくするコツを徹底解説!

ジャムの危険なカビの見分け方|その対処法と防止策も教えます!

三つ葉は生で食べられる!おすすめ生食レシピ&おいしい食べ方のコツ

焼き芋の栄養素や成分、すごい効果を大解剖!冷やすといいって本当?

豆苗は生で食べられる?生食の注意点と美味しい食べ方のコツ

かぼちゃは生でも食べられる!生食できる種類とおすすめの食べ方

ざらめ糖とは|砂糖との違いや人気の使い方を徹底解説するよ!

ドライイーストの代用ではなく、ベーキングパウダーで作るパンもある

クックパッドなどには、ベーキングパウダーで作るパンのレシピが「発酵なし、こねるだけの簡単パン」というカテゴリーで、豊富に紹介されています。

正確には、ベーキングパウダーで作るパンは、パンではなく、クイックブレッドと呼ばれる「パンに似たもの」になるのですが……

それはそれで、とっても美味しいんですよ!

発酵なし!簡単!フライパンで10分!

なんて書かれていたので、サボリ魔な筆者にはもってこい!ってことで、実際作ってみたことがあります。

確かに簡単!時間もかからない!

しかも、美味しいー!!ドライイーストで発酵させて作ったパンに比べて、フンワリ感は劣りますが、サクサク、しっとりしていて、子供達が大喜びで食べていました!

すぐに出来るので、朝の急いでいる時間にもピッタリです。

是非、お試しあれ〜♡

下にクイックブレッドの動画を貼りました。
ぜひ参考にしてみてください♪

ボウルひとつで混ぜるだけ!基本のちぎりパンのつくり方 | クイックブレッドレシピ

ベーキングパウダーが代用出来るのは、ドライイーストよりも重曹

ベーキングパウダーは、ドライイーストの代わりにはなりませんが、ベーキングパウダーの代わりに、なんとっ!「重曹」が使えるんです!

重曹といえば、ガスレンジのお掃除や、黒豆の膨張を助けたりと、色んなことに使えるので、常備しておいても良いかもしれませんね!

ただ、ベーキングパウダーの代わりに使用する際、その使用法によっては、重曹の苦味が残ってしまったり色が変食してしまったりするので、使用法には充分気を付けて下さいね

ドライイーストにベーキングパウダーを代用して、アレルギー除去パンが作れる

ドライイーストの代わりに、ベーキングパウダーを代用するレシピとして、アレルゲン(小麦、卵、乳)除去の米粉パン豆腐パンなどが、クックパッドで沢山紹介されています。

ベーキングパウダー代用のパンは、卵や乳製品を使わないものもあるので、アレルギーを持つ人には、とても嬉しいですよね!

小麦粉を米粉に変えてた、米粉パンは小麦粉アレルギーの人でも安心して食べることが出来ます。多種多様なレシピが沢山あるので、一度見てみて下さい!

まとめ

どうでしたか?

ドライイーストベーキングパウダーの違いを理解して頂けたでしょうか。

簡単にまとめてみましょう。

●ドライイースト

1.パン類ピザなどを作る際に使う酵母菌を乾燥させたもの
2.酵母菌の発酵によって膨らむ
3.本格的なパンを作るためには必須
4.モチモチした食感仕上がる

●ベーキングパウダー

1.科学的に炭酸ガスで膨らませる
2.蒸しパン系、クイックブレッドのレシピが沢山ある
3.小麦アレルギー対策や、米粉上新粉を使ったパン系のオヤツを作るのに、活躍してくれる
4.発酵のための放置時間が要らないので、家庭で使いやすい
5.重曹で代用することが出来る
6.サクサクした食感に仕上がる

双方とも、パンやお菓子作りには欠かせないものなのですが、全くの別物で、その違い、使用法をきちんと理解していれば、お料理のレパートリーがもっともっと増えるはずです。

覚えておいてほしいのは、ドライイーストの代わりにベーキングパウダーを使うのはNGだということ。ただ、ベーキングパウダーの代わりに重曹を使うことはOKです。

重曹は、お掃除にも重宝するので常備しておくと良いですね!重曹でフライパンを磨くとピッカピカになりますよ!

 

最後に……

ベーキングパウダーの使用法裏ワザを、ひとつ紹介します!

たこ焼きを家庭で作る際、ネタの中にベーキングパウダーを少しだけ入れるんです。

中はフックラ、外はカリカリの美味しい〜たこ焼きになりますよ!

是非、試してみて下さいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

今あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

料理・食材
スポンサーリンク
生活の知恵袋 YOSEMITE

 

こんな記事もよく読まれています

ドレンチェリーとは|緑や青の販売場所からおいしい作り方まで解説!

チーズの常温保存はどれくらいまで大丈夫?腐るとこうなります!

冷凍食品を冷蔵庫で保存すると何日後から危ない?腐るとこうなります!

たまり醤油とは|醤油との違いや使い方・こだわり品まで徹底解説

お茶のカビを飲んだときの対処法|カビる原因や予防策も教えます!

マグロは変色しても食べられる?茶色や黒い部分ができる原因や防止法

メロンにカビが生えた!黒や白など色別に食べられるのかを徹底調査

ブラウンシュガーとは|三温糖・黒糖・きび砂糖との違いや代用品を解説

カレーの具が固い!お肉や野菜を簡単に柔らかくする方法を教えます!

冷凍ミックスベジタブルの栄養価を計算!生野菜と比較した結果は

水分を早く飛ばす方法!炒め物や煮込みなど料理別に徹底解説

クッキーが柔らかいままの原因は?焼き直しレシピも教えます!

みかんを食べ過ぎると何が起こる?下痢や腹痛、黄色化リスクとは

トマトジュースを飲み過ぎると体に悪い?1日に飲む量の目安を解説!

しいたけが酸っぱいときは食中毒にご用心!腐るとこうなります

お好み焼きの生焼けを判断するには|見分け方や対処法を解説するよ!

干し芋の栄養素や効果・効能を大解剖!妊婦や子供が食べても大丈夫?

チーズケーキの生焼けの対処法|判断基準や焼き直し方法を教えます!

サラダチキンを美味しく温める方法|栄養素を減らさないレシピも紹介!

キャッサバとは|味、毒抜き方法、タピオカの作り方まで解説するよ!

餃子の生焼けは危ない!見分け方と食べちゃったときの対処法

牡蠣の加熱時間は何分なら安全?ノロウイルスや食あたりを防ぐ方法

タルトの賞味期限を大解剖!市販品や手作り品の日持ちを全て解説

じゃがいもが固いときの対処法|柔らかくするコツを徹底解説!

ジャムの危険なカビの見分け方|その対処法と防止策も教えます!

三つ葉は生で食べられる!おすすめ生食レシピ&おいしい食べ方のコツ

焼き芋の栄養素や成分、すごい効果を大解剖!冷やすといいって本当?

豆苗は生で食べられる?生食の注意点と美味しい食べ方のコツ

かぼちゃは生でも食べられる!生食できる種類とおすすめの食べ方

ざらめ糖とは|砂糖との違いや人気の使い方を徹底解説するよ!

 

    タイトルとURLをコピーしました