スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あさりの砂抜きで口が開かない!ときの7つのポイント

あさりを砂抜きしたのに、なかなか口が開かないものがいくつかありました。

口が開かない理由はもしかしたら死んでるからなのかもしれないので、口が開かないあさりは食べられるのかなど以下の項目について調べてみました。

 

  • あさりの砂抜きをしても口が開かない理由
  • あさりの砂抜きに失敗したらどうする?
  • 口が開かないあさりを食べても大丈夫
  • あさりの砂抜きが短時間でできる!50度のお湯を使う裏技

 

スーパーで売っているあさりは砂抜きがされている場合もありますが、潮干狩りでとってきたあさりなどは自分で砂抜きが必要な場合もありますよね。

上手にあさりの砂抜きをするコツを知っておけば、あさりを食べたら口の中で砂がジャリジャリすることも無くなるのでぜひこの記事で紹介しているあさりの砂抜きを成功させる簡単な方法をマスターしてください!

 

 
スポンサーリンク
 
こんな記事もおすすめ!
きな粉 体に悪い

きな粉は体に悪い?危険性は?食べ過ぎによるデメリットを解説

ミロ 体に悪い

ミロは体に悪いって本当?飲み過ぎは太る?デメリットや注意点

麦茶 体に悪い

麦茶は体に悪い?飲み過ぎによるデメリットは?メリットも解説!

納豆 賞味期限切れ 1ヶ月

納豆の賞味期限切れ1ヶ月後は食べられる?何日過ぎると危ないか

ブラックコーヒー 体に悪い

ブラックコーヒーは体に悪い?飲み過ぎによる健康への影響を解説

ハリボーグミ 体に悪い

ハリボーグミは体に悪い?成分・添加物は危険?食べ過ぎの影響は

ジョア 体に悪い

ジョアは体に悪い?飲み過ぎは太る?栄養成分や効果的な飲み方も

オクラ 体に悪い

オクラは体に悪い?食べ過ぎると下痢・腹痛に?原因と摂取量目安

三温糖 体に悪い

三温糖は体に悪い?危険って本当?他の砂糖との違いやメリットも

納豆 賞味期限切れ 3日

納豆の賞味期限切れ3日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

牛乳 賞味期限切れ 1週間

牛乳の賞味期限切れ1週間後は加熱してもNG?何日過ぎると危険か

カマンベールチーズ 白カビ

カマンベールチーズにカビが生えた?外側の白カビは食べられる?

ネギ カビ

ネギにカビが生えた?白い・黒い・茶色やピンクの正体と見分け方

さつまいも カビ

さつまいもにカビ?黒い・白い・緑などに色が変わると危険なの?

コーヒーフレッシュ 体に悪い

コーヒーフレッシュは体に悪い?トランス脂肪酸が危険?原材料は

タコ 体に悪い

タコは体に悪い?食べ過ぎはプリン体に注意?栄養成分も解説

コンビニおにぎり 体に悪い

コンビニおにぎりは体に悪いの?添加物だらけって本当?危険性は

野菜ジュース 体に悪い

野菜ジュースが体に悪いって嘘?本当?危険性やデメリットを解説

ポテトチップス 体に悪い

ポテトチップスが体に悪いは嘘?脂質・添加物など健康への影響は

甘栗 体に悪い

甘栗は体に悪い?食べ過ぎによる健康への影響は?1日の適量も

ニンニクの芽 体に悪い

ニンニクの芽は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点も

水菜 体に悪い

水菜は体に悪い?食べ過ぎは下痢に?栄養がないのは本当かも検証

調製豆乳 体に悪い

調製豆乳は体に悪い?飲み過ぎは太る?デメリットや摂取量を解説

カシューナッツ カビ

カシューナッツにカビ?ピンク・黒い点はNG?黒カビの見分け方も

大根おろし 体に悪い

大根おろしは体に悪い?食べ過ぎは下痢・腹痛に?体に良い成分も

キッコーマン 豆乳 体に悪い

キッコーマン豆乳は体に悪いの?太ることもある?毎日の適量とは

ココナッツミルク 体に悪い

ココナッツミルクは体に悪いの?デメリットとメリットを解説

シャインマスカット 体に悪い

シャインマスカットは体に悪い?太る?食べ過ぎのデメリットは

柿の種 賞味期限

柿の種の賞味期限切れは食べられる?日持ち目安と保存のポイント

納豆 賞味期限切れ 5日

納豆の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説


あさりの口が開かない!砂抜きに失敗したら7つのポイントをチェックしよう

あさりの砂抜きをしても口が開かないのは理由はいろいろありますが、砂抜きの仕方がよくわからないときや失敗したら、以下の項目をチェックして一つずつ改善してみましょう。

 

スポンサーリンク

最初が肝心!新鮮なあさりの選び方

より美味しいあさり料理を食べるためには、元気なあさりを見分けられるようになることも大切です。

まずスーパーでパック売りしているものは、軽く揺すってみて貝の水管がすばやく動くかをチェックします。

がたくさん出ていれば元気な証拠!

刺激を与えても半開きの口で様子が変わらないものは、おそらく死んでいます。

鮮魚店で買う時は店主の方にお任せして選んでもらえば確実です。

とはいえお店の方に相談しながら自分で選ぶのも楽しいですよね。

自分で選びたい方は、もし触れるのであればいくつか手に取ってみてください。

他の貝と比べて軽く感じるものは死んでる可能性が高いので、避けましょう。

 

スポンサーリンク

大事なのは塩加減と室温

新鮮なあさりを買ってきたら、最初にあさりの貝同士をこすり合わせて流水で洗いましょう。

洗うときは塩水ではなく真水でも大丈夫です。

網付きのバット(なければ水切りかごでもOKです!)に貝が重ならないように並べ、貝の頭が少し出るくらいまで塩水を入れます。

まず、塩加減は海水に近い濃度の塩水(目安は濃度3%ぐらい)にしてください。

ベテラン主婦のように「長年の経験」を生かして感覚で塩と温度を…なんてできませんから、ここは確実に計量して作るべし!

ここで量って作った塩水を味見しておくと、慣れれば感覚で作ることもできるかもしれませんね。

 

塩分濃度がよく分からない方へ

数学の問題ではないので、厳密に計算しようとしなくて構いません。

濃度約3%の塩水といっても、だいたい3%ぐらいであればいいので100mlの水に対して3g程度の塩を加えればOKです。

300mlの水なら大体小さじ1と1/2杯の塩1000ml(1リットル)の水なら大さじ2杯強の塩を入れれば濃度約3%の塩水になります。

 

そして温度も大切です。

理想は冷暗所で、なるべく一定の温度で砂抜きをすること。

冷蔵庫にそのまま入れると冬眠状態になるので、あまり砂を吐いてくれません。

目安は15~20度ぐらいですので、冬は室温ぐらいが丁度いいかと思います。

かといって温度が高すぎると死んでしまうので、夏には室温が高すぎないか注意が必要です。

あさりが死んでしまうのは、だいたい25度以上が目安。

夏にそんな室温、女性にとっては耐えがたい極寒ですよね。

エアコンの真下に置いて直風で涼しくするなど、工夫をしましょう。

冷暗所がない場合は冷蔵庫でもかまいませんが、冷え過ぎないように注意しましょう。

あまり砂を吐かないようなら冷蔵庫から出して様子を見てください。

エアコンの効いた室内なら、日当たりの良いところに置かない限りは問題ないかと思います。

 

スポンサーリンク

あさりは暗いところが好き

あさりは夜行性なので、薄暗いところの方が砂をよく吐きます

貝の恥ずかしがり屋さんなイメージにピッタリの習性ですね(笑)

新聞紙などで蓋をして6時間放置します。

この時、密閉しないように注意!

あさりはまだ生きていますので、酸素がなくなるほど密閉するのは避けてくださいね。

また新聞紙をかけておくと、元気なあさりが勢いよく吐き出した塩水が飛び散ることも防いでくれます。

あさりから出る塩水が気になる場合は、お風呂場で砂抜きをするのもおすすめです。

えぇぇ…6時間も~!?と思うかもしれませんが、午前中に買ってきたあさりをお昼ご飯の前に洗って水に漬けておけば、晩御飯に間に合います。

3時間程度でも砂は抜けますが、より確実に!しっかりと!という場合は6時間かけてゆっくり行いましょう。

2~3時間経った頃(お昼ご飯前に水に浸けたなら、おやつを食べる頃ですな)に、チラリとのぞき見してみてください。

にょきっと水管を出してリラックスしている姿が見られるはずです。

もしも水管を出していない貝が多いようでしたら、それは塩が少ないということ。

小さじ1杯ほどの塩を足して様子をみてくださいね。

砂を吐かせた後は網を持ち上げて水切りし、また流水で洗います。

殻ごと調理するので、しっかり洗っておきましょうね!

 

死んでるあさりに要注意!

砂抜きだけでなく、熱処理もしたのにあさりが開かないという場合、そのあさりは死んでいます

最初っから開きっぱなしのあさりも死んでるので要注意!

貝毒は当たると激しいです。

「もったいない~」なんて言わず、死んでる貝は迷わず処分の一択ですよ。

 

砂抜きの時間とコツ

ちゃんと砂抜きができているかどうかは、砂抜きをした塩水の底に砂が落ちているのですぐに分かります。

砂抜きは1~2時間程度でもできるそうですが、時間が短すぎて不十分な可能性があるのであまりおすすめはしません。

ベテラン主婦や貝の販売業者さんなど、多くの方が3時間を推奨しています。

スーパーで購入したあさりなら、最低でも2~3時間は必要だと思ってください。

なお、潮干狩りでとってきたあさりの砂抜きに関しては、ちょっとしたコツがあるので後ほどしっかりご説明しますね。

上手に砂抜きをするコツとして覚えておきたいのは、塩水はあさりが半分浸るぐらいの量で良いことです。

私は何となく海の中に戻す気分でボウルにたっぷり水を入れていましたが、そんなに必要なかったんですね。

あさりが重ならないように並べ、網やざるなどを使って底から少し浮かせるようにしておくことがコツです。

こうしておくことで、一度吐いた砂を再び吸い込むことを防いでいます。

重ならないようにするにはボウルなどの丸い形状ではなく、バットなどの平らな形の容れ物の方が簡単です。だから水切りかごを使う方が多いんですね。

 

短時間で砂抜きできる簡単な裏技

今!すぐ!調理したいのよ~という方には、お湯で開かせる方法がおすすめです。

夕方の特売で買ってきたあさりを今夜のおかずにしようと思うと、3時間も待っていられな~い!ってなりますよね。

スーパーで特売のあさりとにらめっこして、結局は諦めて帰ってきたっていう経験はありませんか?

これを知ったあなたも、今日からは迷わず買って帰ることができますね!

 

5分で砂抜きをする方法

あさりを流水で洗った後、平たいバットに塩を入れていない40~50度のお湯(50度推奨)を入れ、あさりを重ならないように並べます。

お湯の量はあさりの上側がお湯から少し出る程度です。

5分ほどで管が出てきて砂を吐きだすようになります。

 

「噂の50度洗いがあさりにも使える~!」「50度で砂抜きしたら、プリプリっと美味しくできた!」と話題になっているので、お湯の温度は50度を推奨します。

ですが、あまり温度が高いと旨みが逃げてしまうので、50度を越えないように注意してくださいね。

 

全部開かないのは普通です!

あさりの砂抜きをする時に、ぱっか~んと貝殻を開き、あさりが身を乗り出すようにして砂を吐くというのは誤解です。

あさりは恥ずかしり屋さんのイメージそのままに、少しだけフタを開いて砂を吐く程度です。

たま~に身を乗り出している子もいますが、暗いところに置いておくとたまに見られる程度だそうですよ。

なので、砂抜き中に「貝が開かない!」と焦る必要はありません。

 

参考:あさりの保存方法

あさりを買って来たら、すぐに砂抜き → 調理が理想的ですが、当日に調理できない場合や余ってしまった場合は、冷凍保存がおすすめです。

砂抜きしたあさりの(死んでいるものは取り除いてから)水を切り、ジップロックなどの密閉できる袋に入れて冷凍保存しましょう。

調理の際は解凍せず、そのまま沸騰したお湯へ。

急激に加熱しないと口が開きにくいそうです。

 

ここまではスーパーなどで買ってきたあさりの砂抜き方法について紹介しましたが、自分で潮干狩りをしてとってきたあさりについてはもう少し工夫が必要なので、次章で詳しく紹介します。

   
スポンサーリンク
 

注意!潮干狩りで採ったあさりは別の方法で

潮干狩りで採ってきたあさりも砂抜きの方法は基本的に同じですが、砂抜きに時間がかかることが多いです。

2時間ぐらいで吐き出してしまう時もありますが、6時間程かけてゆっくり砂抜きするようにしましょう。

あまりうまくいかない場合、(予備の海水が残っていれば水を入れ替えるなどして)一晩置いておくとしっかり砂が抜けると思います。

あんまり長すぎると水が汚れてしまうので、12時間以上放置しないようにしてくださいね。

砂が気になる場合は水を取り替えて何回か行うのもおすすめですが、あさりの鮮度が落ちないように気をつけましょう。

 

潮干狩りで採ったあさりは「塩抜き」が必要

スーパーで買ってきたあさりには必要ありませんが、潮干狩りで採ってきたあさりは砂抜きの後に「塩抜き」という作業が必要です。

海水の塩辛さが料理にも移ってしょっぱくなるため、必ず塩抜きを行いましょう。

塩抜きの方法は、1時間ほど網(水切りかごやざるなど、砂抜きに使った物)にあげて放置するだけでOKです。

え、そんなに水から出してて大丈夫!?傷まない!?と不安になっちゃいそうですが、最初に申し上げたように室温に気をつけていれば大丈夫です。

あさりは水から出して数時間程度では死んだりしないそうですよ。

新聞紙をかけてガードしておくか、涼しいお風呂場においておくのもおすすめです。

また潮干狩りで採ってきたあさりは、死んでいるものの他に「中身が入ってない!」という場合もあるでしょう。

いくつか手に持ってみて「うわ、軽いっ!」と思ったものは、開けてみたら空っぽ…という疑いが濃厚です。

塩抜きはきっちり1時間じゃなきゃダメってわけでもないので、私の母のように、うっかり3時間ぐらい放置しちゃったとしても大丈夫ですよ(笑)

 

潮干狩りの帰りに海水を持ち帰るのがおすすめ

潮干狩りであさりを持ち帰る場合、その場所の海水も持って帰るという方がいます。

なぜなら、あさりが生息していた環境を再現してやるのが一番元気になるから。

あさりを採った場所の海水を使って砂抜きをするのが、潮干狩りで採ってきたあさりの砂抜きのコツです。

ただし、持ち帰る時にあさりを海水に浸しておくのはやめましょう。

あさりとは別に海水のみをペットボトルなどに入れて持ち帰ります。

持ち帰った後の砂抜きで慣れ親しんだ海水を使ってあげると、3時間程でもしっかり砂抜きできるそうですよ。

 

お子さんと潮干狩りを楽しむ場合はこちらの記事も参考にしてください
↓ ↓ ↓
子供といっしょに潮干狩り!服装や持ち物はコレだ!
   
スポンサーリンク
 

まとめ

失敗しない「あさりの砂抜き」のポイントをまとめますと、こんな感じです。

 

これであなたも失敗しらず!あさりの砂抜き方法

  • あさりを買うときには新鮮なものを選ぶ
  • 塩加減は濃度3%15~20度の室温で砂抜きする
  • 暗い場所で最低でも3時間、できれば6時間おく
  • 40~50度のお湯な5分くらいで砂抜きできる
  • 砂抜き後も口が開かないあさりは死んでるので食べられない
  • 塩水の量はあさりが半分浸かるぐらいでOK
  • 潮干狩りでとったあさりは塩抜きも必要
  • 塩抜きは1時間くらいざるにあげておくだけでOK

 

ちゃんと砂抜きが出来たら、あとは調理をするだけ!

酒蒸し、あさりバター、パスタに鍋…美味しく食べる方法はいくらでも思い付きますよね♪

筆者はこれまで「砂抜き=時間がかかるもの」と思っていましたが、5分でできる方法があるなんて驚きでした。

ですが、ここで注意したいのはあさりはストレスを与えるとダシが抜けてしまうということ。

せっかくの旨みですから、できれば最初にご紹介したように「ゆっくりと」砂を吐かせるようにしてくださいね。

デリケートなあさり達がリラックスしてのびのびと砂を吐き出す姿が見られるまで、ゆっくりじっくり待ってあげてください。

砂抜きは生きたままの状態で行うので色々と気を遣うことも多いですが、すべては美味しく食べるため!

コツをおさえて砂抜きをしたら、今度こそ「ジャリッ!」といわない美味しいあさり料理ができるはずです。

お味噌汁にしようかな~、酒蒸しにして晩酌もいいなぁ…なんて、ウキウキしてきちゃいました。

ここまで読んでくれたあなたも、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

あさりの賞味期限についてはこちらを参考にしてください。
↓ ↓ ↓
あさりの賞味期限切れを徹底調査!1日でも過ぎたら捨てるべき?

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました