スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

めかぶ・もずくの食べ過ぎは体に悪い?適量を食べたときの健康効果も解説

【監修者:管理栄養士 中山沙折】

めかぶやもずくを食べ過ぎると、豊富に含まれる食物繊維やヨウ素の影響で下痢や腹痛、甲状腺機能の低下などの症状が起こる可能性があります。

しかし、本来は体に悪い食べ物ではなく、健康へのメリットが多いので毎日の食生活に活かしたい食材の一つです。

めかぶ もずく 食べ過ぎ

めかぶやもずくを毎日の食生活に取り入れるには、適量を守ることが大切です。

そこで、今回は以下のことを調べました。

めかぶやもずくは腸内環境の改善、免疫力の向上などの効果も期待されており、とろみがあって美味しいので、好んで食べている方も多いでしょう。

体にいいイメージもありますが、食べ過ぎた場合に悪影響を心配している人も多いのではないのではないでしょうか。

この記事を読むと、もずくやめかぶの食べ過ぎによる悪影響をチェックできます。

また、安心して食べられるように適量も把握しておきましょう。

さらに、おすすめの食べ方も紹介しますので、参考にしていただけると嬉しいです!
 

記事監修者・管理栄養士・中山沙折先生記事監修・中山沙折先生
管理栄養士・栄養士
管理栄養士/ 一部上場企業にて食品研究に6年間従事。摂食障害を克服した経験から、現在はフリーの栄養士として特定保健指導を軸に栄養指導やダイエット指導をしている。「食は楽しい」の考えのもと食と健康のさまざまな分野に挑戦中。栄養に関する記事執筆や監修(大正製薬様DoctorsMe様)、レシピ開発にも携わっている。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
フルーツ缶詰 体に悪い

フルーツ缶詰は体に悪い説|シロップの危険性や栄養価を徹底検証

スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット


めかぶやもずくの食べ過ぎは体に悪い?栄養成分は?

めかぶやもずくを食べ過ぎると、以下のような症状が起こる可能性があるのは、食物繊維などの栄養成分が関係しています。

それでは早速、各症状と成分との関係を見てみましょう。

スポンサーリンク

食物繊維の影響で下痢や腹痛に

めかぶやもずくを食べ過ぎると下痢や腹痛が起こることがあるのは、食物繊維の影響です。

めかぶ もずく 下痢

食物繊維には水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維があります。

海藻に多く含まれるフコイダンやアルギン酸は、水溶性食物繊維に該当し、めかぶやもずくには特にフコイダンが多く含まれているようです。(※1)

水溶性食物繊維は、水に溶けてゼリー状になり便に水分を与えるので、多量に摂れば必然的に便の水分量が増え下痢をしやすくなると考えられます。(※2)

調査してみると、めかぶやもずくを食べて下痢になった人はわりといるようです。

どのくらい食べたら体に影響が出るのかは個人差があるかもしれませんが、下痢になったということは、2パックでは多いと考えたほうが良さそうですね。

食物繊維は下痢以外にも他の消化器症状を起こす場合もあります。

スポンサーリンク

胃痛や吐き気の原因になることも!

めかぶやもずくを食べ過ぎると、食物繊維の作用により胃痛や吐き気が起こる危険性があります。

めかぶ もずく 吐き気

水溶性食物繊維はネバネバしているため、胃腸内をゆっくりと移動します。(※3)

そのため、一気に食べると胃の内容物が短時間のうちに急増して、胃痛や吐き気が起こり得ます。

調べてみると、めかぶやもずくの食べ過ぎで吐き気をもよおす人もいました。

めかぶが好きな方は数パック食べてしまう人もいるかもしれませんが、このように吐き気が生じる可能性があります。

このような胃腸の不調だけでなく、甲状腺機能についても注意が必要です。

スポンサーリンク

甲状腺の機能が低下する?ヨウ素が原因?

めかぶやもずくを食べ過ぎると甲状腺の機能低下が起こる可能性があるのは、ヨウ素が関係しています。

めかぶ もずく 甲状腺機能低下

甲状腺はのどの前側にある器官で、体のエネルギー産生を高める、体温や脈拍を上げるなどのはたらきがある甲状腺ホルモンを作っています。

めかぶやもずくに含まれるヨウ素は甲状腺ホルモンの主成分で、摂り過ぎると甲状腺ホルモンが作られなくなって甲状腺機能が低下することがあります。(※4)

甲状腺ホルモンが減少すると、脈が遅くなる、寒気がする、体重増加、意欲低下などの全身症状が現れます。(※5)

めかぶやもずくは食べ過ぎるとデメリットもありますが、適切に食べれば体によい食品であると言われています。

ではその適量と、体へのメリットについて解説しますね!

   
スポンサーリンク
 

めかぶやもずくを食べ過ぎず、適量食べたときの健康効果は

1日あたりの適量は、ヨウ素の摂取量を考慮するとめかぶでは約30g、もずくでは約90gです。

また、適量を食べた場合に期待される効果もいくつか挙げられています。

これらの点について、具体的にチェックしていきましょう。

めかぶやもずくの適量はどのくらい?

めかぶやもずくの1日あたりの適量は、以下のようになります。

めかぶやもずくの適量
めかぶ もずく
食材の場合 約30g 約90g
パック詰めの場合 1パック弱
(1パックあたり40g)
1パック強
(1パックあたり70g)

これは、ヨウ素の摂取量を考慮したものです。

18歳以上の男女における、ヨウ素の1日あたりの推奨量は130μgです。(※6)

一方、めかぶやもずくに含まれるヨウ素量は以下のとおりで、推奨量を超える含有量となっています。

めかぶやもずく100gに含まれるヨウ素の量
めかぶ もずく
ヨウ素含有量(μg) 390 140

そのため、ヨウ素量が推奨量を超えないようにすると、めかぶは約30g、もずくは約90gが1日の適量となります。

管理栄養士 中山沙折
管理栄養士
中山沙折
ヨウ素は成長ホルモンとともに子供の成長を促す作用があります。日本では昔から海産物を食べる習慣があるので、不足の心配はあまり無いようです。サプリメントを使用している方は過剰摂取に注意して下さい。

めかぶ もずく パック

ところで、このような適量で食べればめかぶやもずくは体にいいと言われますが、どんなメリットがあるのかこれから解説していきますね。

適量を食べた場合の体へのメリットは?

めかぶやもずくを適量食べた場合は、以下のような効果が期待されています。

では、この3点について具体的にチェックしていきましょう。

スポンサーリンク

便通の改善が期待できる

めかぶやもずくを適量食べると、便秘の改善が期待できます。

デメリットのところでお話したように、フコイダン・アルギン酸が腸内で便に水分を与え柔らかくするからです。

食べ過ぎると下痢になりますが、適量なら便通の改善が期待できます。

めかぶ もずく 便秘解消

便通の改善だけでなく、健康維持にも役立つメリットがあります。

スポンサーリンク

生活習慣病の予防も!

めかぶやもずくに含まれる食物繊維の作用により、生活習慣病の予防にも役立つ可能性があります。

水溶性食物繊維は、糖の吸収を抑えて血糖値の上昇を抑える作用があるほか、コレステロールを吸着して便として排出することで抑える作用があると言われています。(※7)

また、動物実験レベルですが血中の中性脂肪も低下したという報告もあります。(※8)

このように食物繊維のおかげで糖尿病などの予防に役立つ可能性があるのです。

めかぶ もずく 生活習慣病の予防

さらに、以下の表で分かる通り、めかぶやもずくは低カロリー、低脂肪で糖質ゼロです。

めかぶやもずく100gのエネルギー、脂質と糖質の量
めかぶ もずく
エネルギー(kcal) 11 6
脂質(g) 0.6 0.2
糖質(g) 0 0

このため、めかぶやもずくは肥満防止のうえで強い味方となり得ますよ。

管理栄養士 中山沙折
管理栄養士
中山沙折
めかぶやもずくは大豆製品と合わせるのもおすすめです。整腸作用や免疫力アップの効果が期待でき、満腹感も得られるダイエット中には最適な組み合わせです

他にも免疫力への影響について解説します。

免疫力が上がる効果も期待されている

水溶性食物繊維の摂取による免疫力の向上も期待されています。

フコイダンやアルギン酸は腸内の善玉菌のエサになり、善玉菌はこれらを食べることで「短鎖脂肪酸」という物質を作ります。

この短鎖脂肪酸は免疫細胞を活性化すると考えられています。(※9)

めかぶ もずく 免疫力

さらに免疫力の向上のためには食べ合わせも重要だと言われていますよ。

納豆とセットで食べてみては?

めかぶやもずくは、納豆と一緒に摂ることによっても免疫力向上の可能性はあります。

フコイダンなどが納豆に含まれる善玉菌(納豆菌)のエサとなるので、腸内環境が改善し、免疫力の向上が期待できると言われていますよ。(※10)

めかぶ もずく 納豆

以上、めかぶやもずくの体にいい点を紹介してきました。

食べ過ぎるとデメリットはありますが、本来はこのように健康へのメリットが期待されているものですよね!

さらに、このようなメリットをしっかり受け取れるよう、効果的な食べ方を紹介しますよ。

食事の最初に食べるのもおススメ!

めかぶやもずくは食事の始めに食べるといいですよ。

最初に食べておけば、そのあと他の食品を食べた際の糖の吸収が抑えられ、血糖値の上昇が緩やかになる可能性があるからです。(※11)

もずく めかぶ タイミング

また、食物繊維で先にお腹を少しでも満たしておくと、他のおかずの食べ過ぎを防ぎやすいので、ダイエットにも役立ちますよ。

このように、食事の最初に食べるのをおすすめしますが、味付けが必要となると少し面倒だったりします。

そんな時にやはり便利なのが、もずく酢などの味付き商品ですね。

ただ、味付き商品は味なしと比べてデメリットもあるので、注意点も合わせて解説します。

もずく酢・味付きめかぶは塩分に注意

もずく酢や味付きのめかぶは、味なしの商品と比べスーパーなどで入手しやすく、賞味期限もやや長めですが、塩分には注意した方がいいですよ。

それは、もずく酢や味付きめかぶは合わせ調味料で味付けがされているからです。

こちらの方は味付きのめかぶにハマっているようですが、やっぱり塩分が気になりますよね。

この方は、茶こしを使って塩分を除いてから食べるそうです。なるほど、いいアイデアですね!

味付きにしても味なしにしても、お好みや条件に合わせて選ぶといいでしょう。

↓こちらは、伊勢志摩の離島で水揚げされたたたきめかぶがチューブ容器に入っています。

下処理済みで味なしタイプなので、すぐに料理に使えて便利ですね。

↓こちらは、沖縄もずくを黒酢でまろやかに味付けした商品もあります。

めかぶやもずくは適量で食べて、健康へのメリットを受け取っていきたいですね。

 

   
スポンサーリンク
 

結論|めかぶやもずくは食べ過ぎずに適量を守ろう

めかぶやもずくは食べ過ぎると下痢や胃痛、甲状腺機能低下などが起こる場合があります。

でも本来は、腸内環境が整う生活習慣病の予防に繋がるなどの効果も期待されているので、適量で食べるようにすれば体にいいものですよ。

私の場合、めかぶやもずくはたまに食べる程度でしたが、健康のために今後は時々適量で食べてみようと思います。

めかぶやもずくは適量で取り入れて、美味しく食べながら健康へのメリットもしっかり受け取っていきましょう!

 

▲目次へ戻る

 

 

タイトルとURLをコピーしました