スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おからの食べ過ぎは太る?デメリットや1日の適量・メリットも解説

【監修者:管理栄養士 中山沙折】

おからには食物繊維が豊富に含まれているため、食べ過ぎると腹痛や気持ち悪いなどの悪影響がある可能性があります。

また卯の花やおからを使ったお菓子はカロリーが高いので食べ過ぎると太るので注意が必要です。

おから 食べ過ぎ

おからを美容やダイエット、また健康に役立てるための正しい食べ方について、以下の項目を調べてまとめてみました。

おからは栄養満点で食物繊維が多く含まれているので、適量を正しく食べればダイエットに役立ち、腸内環境改善や美肌など多くの良い効果が期待できます。

この記事を読めば、生おからやおからパウダーの1日の適量や、200gは食べ過ぎなのか、また適量を食べたときに期待できる健康効果が分かりますよ。

おからを使ったレシピもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

記事監修者・管理栄養士・中山沙折先生記事監修・中山沙折先生
管理栄養士・栄養士
管理栄養士/ 一部上場企業にて食品研究に6年間従事。摂食障害を克服した経験から、現在はフリーの栄養士として特定保健指導を軸に栄養指導やダイエット指導をしている。「食は楽しい」の考えのもと食と健康のさまざまな分野に挑戦中。栄養に関する記事執筆や監修(大正製薬様DoctorsMe様)、レシピ開発にも携わっている。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
フルーツ缶詰 体に悪い

フルーツ缶詰は体に悪い説|シロップの危険性や栄養価を徹底検証

スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット


おからの食べ過ぎは太る?ダイエットで失敗しないためには

おからはダイエットや美容に役立つ栄養素が豊富に含まれていますが、食べ方によっては逆に太ることもあります。

おからの栄養成分や、ダイエットに失敗しない食べ方の注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

おからはダイエットに役立つ食材!栄養素とはたらき

おからはカロリーが意外と高めですが、不溶性食物繊維をはじめ多くの栄養素が含まれており、正しく食べれば太りにくい食材といえます。

カロリーはどれくらいか、またどんな栄養素が含まれるのか見てみましょう。

生おから100gあたりの栄養素 (※1)
成分名 数値
エネルギー 111kcal
たんぱく質 6.1g
脂質 3.6g
炭水化物 13.8g
食物繊維
(不溶性食物繊維)
11.5g
(11.1g)
糖質 ※ 2.3g
カルシウム 81mg
カリウム 350mg
鉄分 1.3mg
ビタミンE(αトコフェロール) 0.4mg

※糖質=炭水化物-食物繊維

おからは不溶性食物繊維を豊富に含むので胃の中で長く滞在し満腹感を感じやすく、食事量を抑えられることでダイエットに役立ちます。(※2)

こちらの方はおからの腹持ちの良さを実感しているようですね。

また食物繊維は脂質・糖・ナトリウムなどを吸着し排泄する働きがあるといわれているので、ダイエット中には嬉しいですね。(※3)

おから 太る

おからは糖質と脂質が少なくたんぱく質を豊富に含みます。カルシウムや鉄も豊富に含まれており、ダイエット中に不足しがちな栄養素も補えますよ。

おからに含まれるカリウムはナトリウムを排泄する作用があるため、塩分の摂りすぎによるむくみにも効果が期待できます。(※4)

後ほど解説しますが、おからにはビタミンEや大豆イソフラボンも含まれているため、美肌も期待できますよ。

おからは栄養満点で美容やダイエットに役立ちますが、食べ方によっては太る可能性があるので注意点を見てみましょう。

スポンサーリンク

油や砂糖を使用した卯の花やお菓子はダイエット中にNG

おから料理の定番、卯の花は醤油や砂糖、油をたくさん使用するので、食べ過ぎると体重が増えることがあります。

卯の花 太る

またバターや砂糖をたくさん使用したおからのお菓子もカロリーが高いので、食べ過ぎると痩せない可能性があります。

ヘルシーなおから料理は難しい・・・と思う方はおからパウダーがおすすめですよ。

スポンサーリンク

おからパウダーはヘルシーでダイエット中におすすめ

おからパウダーは乾燥させたおからを粉末状にしたもので、飲み物や汁物、白飯に直接かけるだけで簡単に食べられます。

たんぱくな味なので食事の邪魔になりにくく、簡単におからの栄養を補えます。

さまざまなおからパウダーが販売されていますよ。

キッコーマン飲料(豆乳)
¥1,966 (2022/12/08 16:12:58時点 Amazon調べ-詳細)

ただし、おからパウダーを使うときは注意点もあります。

おからを食べるときは水をたっぷり飲む

おからは体内で水分を吸収するため、水分が足りないと便が硬くなることがあります。元々便が硬めの方や便秘気味の方は気を付けましょう。

おからパウダーは水を加えると4~5倍にカサが増えるため、たっぷりと水を飲むようにしましょう。(※5)

おからパウダー 太る

おからは美容やダイエットの味方ですが、食べ方によっては太ることがあることが分かりましたね。

おからを食べ過ぎると健康面でもデメリットが生じる可能性もあるので詳しく確認しておきましょう。

   
スポンサーリンク
 

おからを食べ過ぎるとどうなる?デメリットを解説

生おからやおからパウダーを食べ過ぎると吐き気で気持ち悪いなどの症状をはじめ、腹痛、便秘の悪化などの症状が起きる可能性があります。

これらの原因はおからに含まれる不溶性物繊維を過剰摂取すると起こる弊害だと考えられます。

下痢・腹痛・胃痛

おからを食べ過ぎると下痢・腹痛・胃痛などの症状を引き起こすことがあります。

卯の花を食べて胃痛が起きたようですね。

おからには食物繊維が豊富に含まれており、そのほとんどが不溶性食物繊維です。

不溶性食物繊維は摂取しすぎると腸への強い刺激によって、下痢や腹痛を起こすことがあるようです。(※6)

おから 腹痛

また胃痛が起きるのは先ほどの解説のとおり、不溶性食物繊維が胃に長くとどまることで胃に負担がかかり、胃痛を起こしてしまうと考えられます。

不溶性食物繊維の摂り過ぎは便秘の悪化などの原因にもなります。

便秘の悪化・吐き気

おからを食べ過ぎたら便秘の悪化や吐き気を引き起こすことがあります。

元々便秘の人は腸をスムーズに排泄する機能が低下しているため、不溶性食物繊維の大量摂取で増えた便が腸内にとどまります。

便は腸内で水分が吸収され固くなることで、便秘が悪化することがあります。(※7)

便秘が続くと吐き気や食欲不振につながることもあるため、元々便秘気味の方は適量を守りましょう。(※8)

不溶性食物繊維の過剰摂取により、貧血が悪化する可能性もあるので注意が必要です。

鉄の栄養の吸収を阻害する

おからのような不溶性食物繊維の多い食材を摂りすぎると、鉄と一緒に排出され鉄の吸収を阻害することがあります。(※9)

もともと貧血気味の方は特に注意が必要です。

おから 食べ過ぎ

おからを食べ過ぎるとトラブルを起こす可能性がありますが、適量を守れば食べ過ぎによる弊害を防げます。

次は1日に食べる適量や適量を適切に食べた場合のメリットをご紹介します。

おからの食べ過ぎはどのくらい?1日の適量やメリット

おからは栄養満点な食材なので適量を正しく食べれば太りにくく、美容や健康効果が期待できるので、1日の適量は50gを目安にしましょう。

食物繊維の摂取目標量は、18~64歳だと男性21g以上、女性18g以上とされています。(※10)

おから50gで食物繊維は5.8gなので、1日の目標量の1/3程度摂取できます。

おから 1日 摂取量

おからだけで1日の食物繊維摂取量を満たすのは好ましくありません。

おからは50g程度を目安にして、さまざまな食材を組み合わせて食物繊維を摂取することをおすすめします。

管理栄養士 中山沙折
管理栄養士
中山沙折

おからは200gで1日の食物繊維目標量を満たせますが、量が多く栄養も偏るため現実的ではありません。

おからパウダーの場合は先ほど紹介したとおり水を吸収してふくらみますので、目安は以下のとおりです。

おからパウダーの適量の目安

1日10~13g程度が目安です。大さじだと2杯、小さじだと6杯程度ですよ。

おからは適量を正しく食べれば多くの健康効果が期待できます。

おからは適量を守れば健康や美容に役立つ

おからは栄養満点で、多くの健康効果が期待できます。どんな良い効果が期待できるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

便秘予防と大腸ガン予防が期待できる

おからに含まれる不溶性食物繊維は、本来なら便の排泄をスムーズにし、腸内をキレイにしてくれます。

適量を守れば便秘解消だけではなく大腸ガン予防も期待できます。(※11)

スポンサーリンク

美肌効果が期待できる

おからにはビタミンを多く含み、特にビタミンEを多く含みます。

ビタミンEは人体の約60兆個の細胞に存在し、細胞を酸化ストレスから守っています。

細胞を健康に保つことは肌の健康につながりますので、健康で若々しくいるためには大切な栄養素です。(※12)

またおからに含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンのような働きをしてくれます。

エストロゲンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す働きがあるため、美肌効果が期待できますよ。(※13)

イライラ解消や骨の健康に役立つ

おからを適量食べるとイライラ解消や骨の健康が期待できます。

おから メリット

おからに含まれるカルシウム精神の安定や骨の健康に必要な栄養素です。(※14)

管理栄養士 中山沙折
管理栄養士
中山沙折
カルシウムとマグネシウムの比率は2:1が理想的だと言われています。おからはちょうど2:1の割合で含まれているので、吸収率がより高くなることが期待できます

最後におからを使ったおすすめレシピをご紹介します。適量を守って、上手に食生活に活用しましょう。

   
スポンサーリンク
 

おからを使ったおすすめレシピ【蒸しパン・クッキー】

おからを使った簡単で美味しいレシピを、こちらで紹介した適量を踏まえ食べ過ぎにならない目安量を含めて紹介しますので参考にしてください。

小麦粉を使わずにおからだけで作る蒸しパンは、ヘルシーなので夜のおやつにもおすすめですよ。

参考レシピ

Cpicon 混ぜるだけ♡おからパウダーおから蒸しパン by cibichaaan

 

このレシピで作った場合は、1日に1個までを目安にするといいですね。

また、クッキーにおからを入れて作るのもおすすめです。材料を混ぜて焼くだけなので簡単に作れますよ。

参考レシピ

Cpicon 訂正版☆おからクッキー(ザクザク)話題✨ by まろん1997

 

このレシピで作った場合は、1日に半量(15~20個)までを目安にすると良いでしょう。

クッキーの保存方法は下記の記事で紹介していますので参考にしてみてくださいね。

結論|おからは食べ過ぎに注意して適量を守ろう

おからは食べ過ぎると吐き気や胃痛、他の栄養素の吸収を阻害するなどの弊害があります。

油や砂糖をたくさん使用して調理する場合は太りやすくなりますので、ダイエット目的のときは食べ方にも注意が必要です。

ですがおからは適量を守れば、美容やダイエット、健康に良い効果が期待できますので、積極的に食べていきたいですね。

不足しがちな食物繊維やカルシウム、鉄など多くの栄養が含まれていますので、適量を正しく食べて、健康の維持にお役立てくださいね。

 

▲目次へ戻る

 

 

タイトルとURLをコピーしました