ハンバーグのタネを寝かせる時間と理由|1日2日寝かすのは大丈夫?

ハンバーグのタネを寝かせる理由は、ふっくらと型崩れを防いで、肉汁を閉じ込めジューシー美味しく焼き上げるためです。

手作りのハンバーグが型崩れしたり、ジューシーではなかったという人は、タネを寝かせる時間が足りなかったり長すぎた可能性があります。

ハンバーグ タネ 寝かせる

でも、タネを寝かせてから焼くタイミングさえ間違えなければ、ふっくらジューシーな美味しいハンバーグを自分でも作れるようになりますよ。

そこで今回の記事では、以下の項目についてまとめています。

成形前のハンバーグのタネは、冷蔵庫で1時間以上長くても一晩くらい寝かせるのが美味しく仕上げるポイントです。

半日、1日程度寝かす場合は消費期限に注意し、常温保存ではなく冷蔵庫保存して、2日寝かせるのは控えた方が良いでしょう。

手作りハンバーグがパサパサして美味しくなかった…という方も、この記事を読むとお店のような味わいをご家庭で再現できるようになるのでぜひ参考にしてください。

 
スポンサーリンク
 
こんな記事もおすすめ!
豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも

牛乳寒天 賞味期限

牛乳寒天の賞味期限|手作り・市販品の日持ちは?冷凍保存方法も

プレスバターサンド 常温

プレスバターサンドの常温での日持ち|賞味期限は短い?冷凍では

卵 賞味期限切れ 2週間

卵の賞味期限切れ2週間後は食べられる?何日過ぎると危険なのか

パウンドケーキ 常温

パウンドケーキの常温保存の日持ちは?冷蔵庫での保存期間も解説

酢飯 日持ち

酢飯の日持ち|残りは翌日までOK?常温・冷蔵庫・冷凍保存期間も

しめじ 常温

しめじは常温保存でOK?冷蔵庫では何日?日持ちと保存の注意点は

うなぎ 日持ち

うなぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍で何日?正しい保存方法も!

あんこ 常温

あんこの常温保存は腐る?冷蔵庫・冷凍の日持ちとカビを防ぐ裏技

卵焼き 常温

卵焼きの常温放置は腐るの?冷蔵庫では何日?作り置きの日持ちは

マウントレーニア 常温

マウントレーニアの常温保存はNG?カフェオレの賞味期限と保存方法

わさび 常温

わさびの常温放置は腐る?チューブ・小袋などの日持ちと保存方法

ジャム 常温

ジャムの常温保存は腐るの?糖度に注目?手作りジャムの注意点は

ミニトマト カビ

ミニトマトにカビ?ヘタや実が白・黒・緑に変色したときの見分け方

ちくわの常温保存は何時間まで大丈夫?開封後の常温放置は危険?


ハンバーグのタネを寝かせる時間はどれくらいが最適?寝かす理由は

ハンバーグのタネを寝かせる時間は冷蔵庫で1時間以上とし、長くても一晩くらい、6~8時間程度までが最適です。

ハンバーグ タネ 寝かせる時間

ハンバーグのタネを寝かせる意味は、

  • 全体に味がなじむ
  • 油分や水分が全体になじんで型崩れを防げる

これらの効果が期待でき、焼いたときにハンバーグから美味しい肉汁が出るのを防ぎ、ふっくらと焼き上げるためなのです!(※1)

ハンバーグ タネ 寝かせる理由

また、ハンバーグを寝かせる場所は常温ではなく、冷蔵庫保存にしましょう。

冷蔵庫でハンバーグのタネを寝かせる理由は、焼くときにフライパンとの温度差がでるため、肉汁が外に逃げにくくなるからです。(※2)

タネを寝かせると材料の油・水分が落ち着いて肉汁が流出や型崩れを防げるので、ハンバーグを焼き始める1時間以上前から準備をしましょう。

お弁当にハンバーグを入れる場合は、前日の夜にタネを寝かせておいて、翌朝焼くと美味しいハンバーグ弁当が食べられますよ。

この方も一晩タネを寝かせて美味しいハンバーグができあがったようですね♪

でも前日から準備をしていると、うっかり忘れて1日~2日経ってしまった!ということもありますよね。

そこで、ハンバーグのタネを長時間寝かせても良いのか見ていきましょう。

 
スポンサーリンク
 

ハンバーグのタネを前日にこねる場合|1日2日寝かせるのは大丈夫?

ハンバーグのタネを前日にこねる場合、一晩くらい寝かせるのがベストな時間です。

しかし長時間タネを寝かせる場合は、ひき肉の消費期限内だとしても1日以内とし、冷蔵庫で保存しましょう。

ハンバーグ タネ 寝かせる 1日

タネを寝かせる時間別の注意点を詳しく見ていきますね。

タネを一晩寝かせる場合の注意点

ハンバーグのタネを一晩寝かせるときは、必ず冷蔵庫に入れましょう。

一晩だけだから、室内が涼しいからと言って常温保存は絶対にしてはいけません

ハンバーグ タネ 寝かせる 一晩

ハンバーグに使用されるひき肉は、酸素に触れる面が多く劣化が早いため、雑菌が増えて食中毒を起こす危険性があるため、冷蔵庫で冷やすことで劣化を防ぐ必要があります。

また、煮込みハンバーグを作って一晩寝かせる場合も鍋のまま常温保存せずに、蓋つきの容器に入れ替えたり、皿に入れてしっかりラップをかけるなどしてから冷蔵庫で保存しましょう。(※3)

それでは、一晩以上、半日や1日~2日タネを寝かせる場合はどのような保存方法が適しているのか見ていきますね。

ハンバーグのタネを半日、1日、2日寝かせる場合

ハンバーグのタネに使用した材料の消費期限を確認して、半日、1日と寝かせる期間を設定しましょう。

ただ、2日も寝かせることはおすすめできません

ハンバーグ タネ 寝かせる 2日

ハンバーグのタネに使用されるひき肉は消費期限が非常に短く、劣化が早い食材なので注意が必要ですよ。

購入時にひき肉の消費期限を確認すると、おそらく購入日の翌日または翌々日ほどで、消費期限が短く設定されています。

ひき肉の消費期限で判断するタネを寝かせる期間

消費期限が翌日 → 一晩~半日以内

消費期限が翌々日 → 1日以内

消費期限を確認して保存期間を設定すると良いですね。

ひき肉は、酸素に触れる面が多いため水分が外に出やすく、雑菌も増えやすいことから消費期限が短く設定されているので、日付に関わらず早めに消費しましょう。

次に、タネをボウルに入れたまま寝かせるのか、それとも成形してから寝かせるのかどちらがいいのかについても確認してみましょう!

ハンバーグのタネを寝かせるタイミング|成形する前か後か?

ハンバーグのタネを寝かせる最適なタイミングは、成形した後よりも成形前の方が良いです。

ハンバーグ タネ 寝かせる 1日

成形後に寝かせてしまうと酸素が触れる面が増えるため、変色や鮮度が落ちる可能性があります。 (※4)

寝かせた後に成形したらすぐに焼かないのもポイントです。10分くらい落ち着かせると変形やヒビを防げますよ。(※5)

美味しいハンバーグを作るコツがわかっても、タネを寝かせすぎて鮮度が落ちて味が落ちるのは避けたいですよね。

ハンバーグのタネをなるべく日持ちさせて美味しさをキープするには、どのような保存方法があるのか、保存期間の目安もチェックしていきますね。

 
スポンサーリンク
 

ハンバーグのタネを日持ちさせる方法|冷凍や解凍のコツ

ハンバーグのタネを日持ちさせる上で重要なのは、冷蔵庫か冷凍庫で保存することです。

冷蔵保存についてはこちらで紹介したように1日以内に消費しなければいけないため、食べきれないようなら冷凍保存して日持ちさせましょう。

ハンバーグ タネ 冷凍 日持ち

ハンバーグのタネを冷凍した場合は、レンジ解凍か前日に冷蔵庫に入れて自然解凍すると良いですよ。

冷凍するならタネのままより焼いてからがベスト

ハンバーグのタネを冷凍する場合は、焼く前の生のタネではなく、焼いた後のハンバーグの方がふっくらジューシーに仕上がりますよ。

ハンバーグ タネ 冷凍

生のタネを冷凍した場合、しっかりと火を通す必要があるので、加熱によって肉汁が流れ出てしまったり、加熱しすぎでパサパサになって美味しさが損なわれてしまうことも…。

どうしても焼かずに保存をしたい場合は

  • タネを成形して1つずつラップでぴったりと包む
  • ラップで包んだタネを密閉袋に入れて冷凍庫へ入れる

このような方法が良いでしょう。

このとき、ハンバーグは冷凍庫に入れたままの形で凍ってしまうので、なるべく形が崩れないようにアルミのバットにのせるなど工夫をするといいですね。

成形したタネを1つずつラップで包むと、冷凍保存で2週間ほど日持ちしますよ。

一方で、加熱したハンバーグを冷凍して保存すると、1ヶ月ほど保存が可能で、解凍後も生焼けの心配がなく美味しく食べられます。(※6)

加熱したハンバーグは粗熱をとって冷ましてから、ラップで包んで密閉袋に入れて保存しましょう。

焼いた状態でストックしておけば、さまざまなレシピに活用できますよ。

煮込みハンバーグは子供から大人まで大好きな味ですよね!

ケチャップとソース、砂糖とコンソメ顆粒を入れるだけで本格的な味わいになります。

大根おろしとポン酢でさっぱりといただくのもいいですね。

冷凍ハンバーグは、ネットで購入するのもおすすめです!

それでは、次に冷凍したハンバーグを美味しく解凍する方法を見ていきますね。

冷凍したハンバーグをふっくらと解凍する方法

冷凍したハンバーグの解凍は、

  • レンジで加熱して解凍する
  • 前日に冷蔵庫に入れて6時間以上かけて解凍する

これらの方法が良いでしょう。

時間をかけて自然解凍をすると、冷凍前の風味を残したまま美味しく解凍できますよ!

凍ったまま、フライパンに少量の水を加えて蓋をし、蒸し焼きにもできますが、弱火でじっくりと解凍する必要があるため、自然解凍かレンジでの解凍がおすすめです。

 
スポンサーリンク
 

結論|ハンバーグのタネを寝かせるとメリットあり

ハンバーグのタネを寝かせると、肉汁が流れ出て水分を失いパサパサとなることや型崩れを防ぎ、ふっくら美味しいハンバーグを作れるようになります。

成形前のタネを常温ではなく冷蔵庫で、1時間以上で長くても一晩くらい寝かせるのがベストです。

冷蔵庫保存なら1日、冷凍庫保存の場合は焼く前のタネで2週間、焼いた後のタネで1ヶ月程度日持ちしますよ。

解凍するときはレンジか6時間以上かけて自然解凍すると美味しいハンバーグが出来上がります!

タネを寝かせるという少しの手間で美味しいハンバーグができますので、ぜひ極上のハンバーグを食べてみてくださいね。

 

▲目次へ戻る

 

 

タイトルとURLをコピーしました