ヤーコンの栄養と食べ過ぎの注意点|1日の適量や効果的な食べ方

【監修者:管理栄養士 佐藤久美】
【執筆者:野菜ソムリエプロ みつはしさなこ】

ヤーコンには、他の芋類には含まれていないダイエットにも役立つ栄養素が含まれています。

しかし、食べ過ぎるとヤーコンに含まれるフラクトオリゴ糖の過剰摂取で、胃痛下痢などを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

ヤーコン 食べ過ぎ

しかしヤーコンにはほかにもポリフェノール成分クロロゲン酸が含まれており、脂肪肝や糖尿病の予防効果が期待できます。

この記事では、適量を守りつつ食べるとどんなメリットがあるかについて紹介しています。

栄養成分効能を知っておくと、目的に合わせて食べやすいですよね。

また芋類は太るのでは…と気になる方のために、カロリーも比較調査しています。

食べ過ぎにならない適量も紹介しているので、この記事を読めば美味しく健康的にヤーコンを食べられるようになりますよ。

まずは体へのメリットから詳しく解説します。

 

記事監修者・管理栄養士・佐藤久美先生記事監修・佐藤久美先生
管理栄養士・栄養士
管理栄養士/ 2児の母。自身が長距離選手だった時に栄養の大切さを実感し、栄養学を志す。管理栄養士、登録販売者健康運動指導士としてドラッグストアに10年以上勤務し、健康相談や個別ダイエット指導、フレイル予防の運動指導を実施。栄養講座の講師などを経て、現在はフリーランスの管理栄養士として、特定保健指導を軸に記事執筆、監修やレシピ作成に携わっている。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも

牛乳寒天 賞味期限

牛乳寒天の賞味期限|手作り・市販品の日持ちは?冷凍保存方法も

プレスバターサンド 常温

プレスバターサンドの常温での日持ち|賞味期限は短い?冷凍では

卵 賞味期限切れ 2週間

卵の賞味期限切れ2週間後は食べられる?何日過ぎると危険なのか

パウンドケーキ 常温

パウンドケーキの常温保存の日持ちは?冷蔵庫での保存期間も解説

酢飯 日持ち

酢飯の日持ち|残りは翌日までOK?常温・冷蔵庫・冷凍保存期間も

しめじ 常温

しめじは常温保存でOK?冷蔵庫では何日?日持ちと保存の注意点は

うなぎ 日持ち

うなぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍で何日?正しい保存方法も!

あんこ 常温

あんこの常温保存は腐る?冷蔵庫・冷凍の日持ちとカビを防ぐ裏技

卵焼き 常温

卵焼きの常温放置は腐るの?冷蔵庫では何日?作り置きの日持ちは

マウントレーニア 常温

マウントレーニアの常温保存はNG?カフェオレの賞味期限と保存方法

わさび 常温

わさびの常温放置は腐る?チューブ・小袋などの日持ちと保存方法

ジャム 常温

ジャムの常温保存は腐るの?糖度に注目?手作りジャムの注意点は

ミニトマト カビ

ミニトマトにカビ?ヘタや実が白・黒・緑に変色したときの見分け方

ちくわの常温保存は何時間まで大丈夫?開封後の常温放置は危険?


ヤーコンは栄養豊富!メリットと食べ過ぎ注意の成分

ヤーコンは、ほかの芋類と比べて特徴的な栄養素を持っています。

ヤーコンの主な栄養素(※1)
  • フラクトオリゴ糖
  • ポリフェノール(クロロゲン酸他)

ヤーコンの効能について知るために、これらの栄養素がどのような働きをするかを見ていきましょう。

栄養成分フラクトオリゴ糖の特徴

フラクトオリゴ糖とはオリゴ糖の一種で、砂糖に似た甘みがあります。

ヤーコン 糖質

特徴的なのは、難消化性のため胃や小腸で分解・吸収されず、そのまま大腸まで届くことです。

そのため、フラクトオリゴ糖には次のような効能があります。

フラクトオリゴ糖の効能(※2)

  • 血糖値の上昇を抑える(糖として吸収されないため)
  • 腸内環境を改善する(善玉菌のエサになるため)
  • ミネラルの吸収を助ける(善玉菌が増殖し吸収しやすくなるため)

通常、食後30分ほどで血糖値とインスリン分泌量は上がりますが、フラクトオリゴ糖は吸収されずに大腸に到達するため、血糖値もインスリン分泌量も大きく変わらないのです。

また、インスリンは血糖値の急上昇を抑える働きがあることで知られていますが、ほかにも糖を脂肪に変える役割があります。(※3)

管理栄養士 佐藤久美
管理栄養士
佐藤久美
インスリン分泌量が増えないので脂肪の蓄積も抑えられて、ダイエット効果も期待できそうですね!

そして、大腸に到達したフラクトオリゴ糖は善玉菌のエサになるので、腸内環境の改善につながります。

腸内環境が改善すると、カルシウムマグネシウムなどのミネラルが体内に吸収されやすくなります。

ヤーコン 効能

このように、フラクトオリゴ糖は体に良い影響をもたらしてくれるのです。

ただし、食べ過ぎはデメリットもあります。後半で詳しく解説しているので、合わせてチェックしましょう。

ヤーコンのもう一つの特徴的な栄養成分である、ポリフェノールについても見ていきます。

ポリフェノール成分クロロゲン酸の特徴

ヤーコンにはクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールが豊富です。

ポリフェノールとは植物が持つ色や苦味のもとになる成分であり、生育環境でのストレスから身を守るために生成された抗酸化物質です。(※4)

管理栄養士 佐藤久美
管理栄養士
佐藤久美
クロロゲン酸はコーヒーにも多く含まれており、独特の香りや苦みのもとになっています。体に良い成分が含まれるとはいえ、加糖の缶コーヒーなどには砂糖が多く入っているため、飲み過ぎに注意しましょう。

ヤーコン 効能

クロロゲン酸には、次のような働きがあるとされています。

クロロゲン酸に期待できる働き(※5)

  • 脂肪肝を予防する(肝臓に中性脂肪が蓄積するのを予防)
  • 糖尿病を予防する(体内で糖が生成されるのを抑える)

クロロゲン酸も体に良い働きをもたらしてくれそうですね。

またクロロゲン酸はヤーコンの葉にも豊富に含まれているので、ヤーコンの葉を使った焙煎茶を取り入れるのも良いでしょう。

ORIHIRO(オリヒロ)
¥1,000 (2022/08/12 01:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

ヤーコンの栄養価や食べるメリットについて分かったところで、ほかの芋類とカロリーがどのくらい違うのかも見てみましょう。

ヤーコンのカロリーは?ほかの芋類と比較

ヤーコンのでんぷん量とカロリーに着目し、ほかの芋類との違いを比べてみましょう。

管理栄養士 佐藤久美
管理栄養士
佐藤久美
でんぷんは芋類の主成分である糖質の一種です
主な芋類のでんぷん量とカロリー(100gあたり)
野菜名 でんぷん カロリー(※10)
さつまいも 24.1g(※6) 134kcal
里芋 14.5g(※7) 58kcal
じゃがいも 13.4g(※8) 76kcal
ヤーコン (※9) 52kcal(※11)

このように、ヤーコンには体内で糖として吸収されるでんぷんは含まれていません。

そして芋類の中でも、比較的低カロリーです。

血糖にほとんど影響を与えないので、特に血糖値が気になる方にとってはおすすめですね。

体に良い働きがあって低カロリーとなると、ついたくさん食べたくなってしまいますが、食べ過ぎによるデメリットもあります。

続いては、ヤーコンを食べ過ぎた場合のデメリットについても見ていきましょう。

 
スポンサーリンク
 

ヤーコンの食べ過ぎでデメリットになる栄養成分と症状

体に良いとされるヤーコンですが、食べ過ぎには注意が必要です。

特に、フラクトオリゴ糖は食べ過ぎると体調不良を起こす場合があります。

具体的にどのような症状があるか見ていきましょう。

フラクトオリゴ糖の大量摂取が下痢を引き起こす可能性

フラクトオリゴ糖は摂りすぎるとおなかがゆるくなり、腹痛下痢になることがあります。(※12)

そのため、食べ過ぎには注意が必要です。

ヤーコン 下痢

もしもダイエットなどを目的に継続的にヤーコンを食べるときは、体調の変化に気をつけながら少しずつ食べる量を適量へ増やしていくといいでしょう。(※13)

管理栄養士 佐藤久美
管理栄養士
佐藤久美
腸内細菌をオリゴ糖に慣れさせるのが大切です

どのくらいが適量かについては、次章で解説しているので参考にしてください。

そして普段から腸に不調を抱えている場合は、ヤーコンを控えたほうがいいでしょう。

過敏性腸症候群は胃痛や便通が悪化する可能性

過敏性腸症候群(IBS)の方は、オリゴ糖類で腹痛や便通が悪化する恐れがあります。

過敏性腸症候群の症状と治療法を簡単にまとめて紹介しますね。

過敏性腸症候群の主な症状と治療法例(※14)
症状 治療法の一例
硬い便やコロコロの便が出る
(便秘)
・脂っこいものを避ける
・適度な運動をする
・睡眠をとる
・飲酒を控える
・適宜薬を服用する
軟便や水様便が出る
(下痢)
便秘と下痢を繰り返す
おならが頻繁に出る 発酵性のある糖質を避ける

おならが頻繁に出るガス型の治療の一つに、発酵性のある糖質やガスを誘発しやすい食品を避ける食事療法があり、オリゴ糖は避けるべきとされています。

ヤーコン 下痢

管理栄養士 佐藤久美
管理栄養士
佐藤久美
ガス型の過敏性腸症候群に心当たりがある人は、ヤーコンの食べる量に注意しましょう。

そのほか気になる点もチェックしましょう。

やっぱり食べ過ぎると太る?

どんなものでも食べ過ぎは禁物ですが、ヤーコンは比較的カロリーが低いので、おそらく食べ過ぎで太る可能性は極めて低いでしょう。

ヤーコン ダイエット

しかし、太らなくても腹痛下痢を起こす可能性があるので、適量にとどめることをおすすめします。

最後にアレルギーの有無についても見ておきましょう。

ヤーコンでアレルギーを起こす可能性はある?

ヤーコンはアレルギー特定品目ではありませんが、過去にアナフィラキシーショックの症例があります。(※15)

ヤーコン 食べ過ぎ アレルギー

命に関わる重篤な症状を引き起こすおそれもあるため、もしもヤーコンを食べたあとに蕁麻疹やまぶたのむくみ、息苦しさを感じたら、ただちに医療機関を受診しましょう。

ヤーコンの食べ過ぎによるデメリットが分かったら、一日何グラムが適量なのかについて、次章で見ていきます。

 
スポンサーリンク
 

ヤーコンの食べ過ぎにならない適量と栄養摂取に効果的な食べ方

ヤーコンの食べ過ぎによる体調不良を避けるには、フラクトオリゴ糖の目安量を知っておきましょう。

フラクトオリゴ糖の目安量は、1日3gとされています。(※16)

これを基準に、ヤーコンの適量を見てみましょう。

ヤーコンの1日の適量はどのくらい?

ヤーコンは1日30g程度が適量と考えられます。

ヤーコン 適量

ヤーコンに含まれるフラクトオリゴ糖は収穫直後が最も多く、その後時間とともに減少しますが、最も多い場合で重量の10%程度とされています。(※17)

フラクトオリゴ糖は1日3gが目安ですから、最大10%含まれていると考えてもヤーコンは1日30gが適量でしょう。

さらに長時間の加熱もフラクトオリゴ糖を減少させます。(※18)

適量以上のヤーコンを食べる場合は、収穫から食べるまでの期間を確認したり、調理法を工夫することで食べられる可能性はあります。

管理栄養士 佐藤久美
管理栄養士
佐藤久美
ヤーコンの旬は10月~12月です。フラクトオリゴ糖の働きを期待するなら、新鮮なヤーコンがおすすめですよ!

適量が分かったら、おすすめの食べ方を見ていきましょう。

またすぐに食べない場合の保存方法も紹介します。

ヤーコンのおすすめの食べ方と保存方法

フラクトオリゴ糖は長時間加熱すると減少するため、効率的に栄養成分を摂るなら生で食べるか軽く火を通す程度がいいでしょう。

煮物料理よりも、サラダで食べたりさっと炒めたきんぴらがおすすめです。

こちらはヤーコンと柿の組み合わせが新鮮で美味しそうなレシピですよ!

柿の季節に試してみてくださいね。

きんぴらならシャキシャキした食感が楽しめるようですよ♪

ヤーコンは常温保存だとフラクトオリゴ糖の減少が早まるので、すぐに食べない場合は、新聞紙などに包んで冷暗所や冷蔵庫に保存しましょう。

また切ったヤーコンは、ラップに包んで乾燥を防ぎましょう。

 
スポンサーリンク
 

結論|ヤーコンの食べ過ぎに注意しよう

ヤーコンはほかの芋類と比べても低カロリーなうえ、フラクトオリゴ糖クロロゲン酸ポリフェノールなどの体に良い働きをもたらす成分が豊富に含まれています。

ヤーコンの特徴を知って料理すれば、効率的に栄養を取り入れて血糖値の急上昇を抑えたり、腸内環境改善や、ミネラル類の摂取量アップにつなげることができるでしょう。

ただし、食べ過ぎは腹痛下痢の原因になるので、体調や食べる量には注意が必要です。

記事を参考に、ヤーコンを上手に食事に取り入れて楽しんでくださいね。

参考資料
※をクリックすると元の位置へ戻ります。

※1 未利用野菜ヤーコンの成分と特徴|日本調理学会
※2 フラクトオリゴ糖8つの機能性|株式会社明治フードマテリア
※3 インスリン|厚生労働省
※4 ポリフェノールとは?体への効果と摂取できる食品・飲み物を解説!|株式会社ロッテ
※5 クロロゲン酸|株式会社わかさ生活
※6 食品成分データベース「さつまいも」炭水化物|文部科学省
※7 食品成分データベース「さといも」炭水化物|文部科学省
※8 食品成分データベース「じゃがいも」炭水化物|文部科学省
※9 食品成分データベース「ヤーコン」炭水化物|文部科学省
※10 栄養価目安一覧表(芋類)|バイエル薬品株式会社
※11 食品成分データベース「ヤーコン」|文部科学省
※12 特定保健用食品の表示許可について|厚生労働省
※13 腸内細菌と健康|厚生労働省
※14 食後の腹痛|はしもと内科消化器内科クリニック
※15 2011年1月更新の素材情報データベース「ヤーコン」|国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
※16 フラクトオリゴ糖 知ってすっきりQ&A|株式会社明治
※17 ヤーコン|株式会社北海道バイオインダストリー
※18 ヤーコンの収穫時期、貯蔵条件及び加熱処理による機能性成分の変動|国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構

▲目次へ戻る

 

 

タイトルとURLをコピーしました