ビーツの栄養素と食べ過ぎによる副作用|1日の適量はどれくらい?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビーツは食べる血液と呼ばれるほど栄養価が高い野菜ですが、食べ過ぎると下痢や腹痛を起こすことがあります。

これはビーツに豊富に含まれている食物繊維は、過剰摂取すると胃腸の調子をくずすことがあるからです。

ビーツ 食べ過ぎ

また、ビーツを食べると血尿や血便が出ることがありますが、これは赤い色素の要因であるポリフェノールの影響なので、体に害はありません。

とは言え、知らないと不安になることもあるかと思うので、今回は下記について詳しく調べてみました。

ビーツの栄養素は健康や美容に良い効果を期待できるものが多いですが、食べ過ぎると逆にデメリットになることもあるので、注意しなければなりません。

どれくらいなら食べても問題ないのか、適量や栄養素を上手に摂取できるレシピもご紹介していくので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 
スポンサーリンク
こんな記事もおすすめ!
モンスターエナジー 飲み過ぎ

モンスターエナジーの飲み過ぎは体に悪い!死亡事例や1日何本までOKか

シチュー 酸っぱい

シチューが酸っぱい原因とは?腐るとどうなるか見分け方も解説!

バナナ 赤い

バナナの赤い斑点は食べられる?真ん中や皮が変色した理由と保存のコツ

えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は


ビーツは栄養豊富!メリットと食べ過ぎ注意の成分

赤紫色が特徴のビーツは、『食べる輸血』や『奇跡の野菜』と呼ばれるほど豊富な栄養素を含んでいますが、食べ過ぎると腹痛を招くなど悪影響のある成分もあります。

ビーツ 食べ過ぎ どんな野菜

あまりなじみがあるとは言えないビーツがどんな野菜か、まずは簡単にご説明しますね。

ビーツの特徴
  • 赤かぶのような見た目で表面や中身が赤い
  • カットの断面は年輪のような模様
  • ビート、レッドビート、かえんさいなどの別名がある
  • 砂糖の原料となるてんさい(甜菜)と同じヒユ科(アカザ科)の野菜
  • ロシア料理の『ボルシチ』に使われることで有名

まずはその赤い見た目が特徴的で、てんさいと同じくショ糖が含まれているため甘みがあります。

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

日本では海外からの輸入品が多いですが、北海道や長野でも生産されているようですよ。

ビーツはヨーロッパ方面では昔から栄養豊富な野菜として知られていましたが、近年日本でも注目を浴びつつある野菜です。

健康や美容に良い栄養素が豊富に含まれているので、どのようなメリットがあるのか詳しくご紹介していきますね!

ビーツに含まれている主な栄養素とは

ビーツには、ビタミン類やミネラル類が豊富に含まれています。(※1)

成分主な効能(※2)
カリウム血圧を調整
体内の水分量を調整
全身に酸素を運搬
ビタミンB6たんぱく質の分解を促進
成長を促進
葉酸細胞の成長を促進
パントテン酸エネルギー代謝・
ホルモンバランスを調整
ビタミンCコラーゲンの生成

これらのミネラルやビタミンだけでも十分栄養価が高いと言えますが、ビーツにはこのほかにも食物繊維や注目すべき栄養素が含まれています。

ビーツ 栄養素 食べ過ぎ

まずは「NO(一酸化窒素)」という、健康や美容を気にかけている人達の間で特に話題になっている成分を詳しくご紹介していきますね。

血行を改善する働きがあるNO(一酸化窒素)を生成できる

ビーツを食べると、血管を広げて血流の改善をよくする効果があるNO(一酸化窒素)の効能を得られます。

硝酸塩という野菜に含まれている成分は、体内で『NO(一酸化窒素)』に変化するのですが、ビーツにはこの硝酸塩が豊富に含まれているためです。(※3)

血管が広がり血流が良くなると血栓の発生を防ぐので、動脈硬化や狭心症などの予防に繋がります。

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

また、血行がよくなると疲労回復や基礎代謝のアップにもつながるため、トレーニング後やダイエット中などにも良い効果を期待できますね。(※4)

ビーツにはNOのほかにも、健康や美容に良い成分「ポリフェノール」が豊富に含まれています。

抗酸化作用をもつ赤い色素のポリフェノール・ベタシアニン

ビーツにはポリフェノールの一種であるベタシアニンが含まれており、この成分が赤紫色の元になっています。

ベタシアニンには強い抗酸化作用があり、体を衰えさせる原因となる活性酸素を減少させると言われています。

ビーツ 食べ過ぎ 効能

アンチエイジングやがんの予防にも効果的だと考えられているため、健康や美容が気になる人には嬉しい効果ですね。(※5)

ベタシアニンは赤いドラゴンフルーツにも含まれているので、気になる方はこちらの記事もチェックしてみてください。

このほか、腸内の健康を保つのに効果的な食物繊維やオリゴ糖などもビーツから摂取できます。

食物繊維とオリゴ糖で腸内環境を改善

食物繊維はビフィズス菌など善玉菌のエサになるため、腸内環境を整え、便通を良くする効果が期待できます。(※6)

また、オリゴ糖も同じく善玉菌を増やす作用があり、同じように腸内環境の改善に役立ちます。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
オリゴ糖は、味噌やチーズ、納豆などの発酵食品と相性が良く、ビーツと組み合わせて摂取するのもおすすめですよ!

ビーツ 食べ過ぎ メリット

ビーツには天然オリゴ糖である「ラフィノース」が含まれており、難消化性糖質であることからカロリーも低く、ダイエット中でも安心です。(※7)

こちらの投稿のように、「ビーツを食べると痩せる!」 という口コミを多いですよ。

ただし、食物繊維を摂りすぎると、逆に便秘や下痢を引き起こすこともあるので、注意してくださいね。

このほか、ビーツには肝機能を高めたり血糖値の急上昇を防いだりするベタインという成分が含まれており、糖尿病予防にも期待できます。(※8)

このように、ビーツには豊富な栄養素が含まれていますが、食べ過ぎると下痢などの副作用を起こすこともあるので、詳しくご紹介していきますね。

 
スポンサーリンク
こんな記事もよく読まれています
モンスターエナジー 飲み過ぎ

モンスターエナジーの飲み過ぎは体に悪い!死亡事例や1日何本までOKか

シチュー 酸っぱい

シチューが酸っぱい原因とは?腐るとどうなるか見分け方も解説!

バナナ 赤い

バナナの赤い斑点は食べられる?真ん中や皮が変色した理由と保存のコツ

えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

ビーツの食べ過ぎで副作用につながる栄養成分の影響

ビーツを食べ過ぎると、食物繊維の過剰摂取で下痢や腹痛などを起こすことがあります。

ビーツ 食べ過ぎ 副作用

また、尿や便が赤くなるということもあるので、原因を詳しくご紹介していきますね。

食物繊維やオリゴ糖を摂りすぎると便秘や下痢になることも

食物繊維は腸内環境を整えてくれる成分ですが、摂りすぎると逆効果になる場合もあるので注意が必要です。

食物繊維は、以下の二つに分かれます。

食物繊維の種類・特徴・副作用について
種類特徴(※9)摂りすぎた場合の副作用
水溶性食物繊維便を柔らかくする
糖質の吸収を緩やかにする
善玉菌のエサになる
下痢
不溶性食物繊維便のカサを増す
腸のぜん動運動を活発にする
便秘
下痢

食物繊維を過剰に摂ると、ほかの栄養素が吸収されにくくなる副作用が考えられるほか、下痢を引き起こす可能性があります。(※10)

ビーツ 下痢

また、不溶性食物繊維を過剰に摂取すると、便秘になることもあるので注意しましょう。(※11)

ビーツには不溶性食物繊維が多く含まれていますが、水溶性食物繊維も含まれています。

このように、ビーツを食べ過ぎると下痢や便秘を起こすことがあるため、気を付ける必要がありますね。

また、オリゴ糖を一気に摂取すると下痢や腹痛を起こすこともあるので、やはり摂りすぎには注意しましょう。(※12)

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

特に下痢を起こす人が多いようです。体に良い食材でも摂りすぎると良いことはないので、他の食材とバランス良く食べるようにしましょう。

このほか、ビーツを食べると血尿や血便が出ることもあるため、その原因を解説していきます。

ベタシアニンの色素で尿が赤くなる!

ビーツを食べると尿や便が赤くなるのは、赤い色素の元であるベタシアニンの影響です。

このように、ビーツを食べた翌日に尿や便が赤くて驚く人は多いみたいですね。

確かに知らないと驚いてしまいますが、ベタシアニンの赤い色素が影響しているだけなので、体に悪いわけではありません。

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

いわゆる『ビーツ尿』と言われる現象で、血ではありません。1~2日ほどで赤みは収まるので、安心してくださいね。

このほか、ほうれん草と同じアカザ科(ヒユ科)のビーツにはシュウ酸が含まれています。シュウ酸は摂りすぎると尿路結石症を引き起こす可能性があるため、尿酸値が高い人は食べ過ぎに注意しましょう。(※13)

ビーツの食べ過ぎによる注意点がわかったところで、どれくらいの量であれば問題ないか気になりますよね。

そこで、ビーツの適量や栄養を効果的に摂取できる食べ方も調べてみましたよ。

 
スポンサーリンク
こんな記事もよく読まれています
モンスターエナジー 飲み過ぎ

モンスターエナジーの飲み過ぎは体に悪い!死亡事例や1日何本までOKか

シチュー 酸っぱい

シチューが酸っぱい原因とは?腐るとどうなるか見分け方も解説!

バナナ 赤い

バナナの赤い斑点は食べられる?真ん中や皮が変色した理由と保存のコツ

えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

ビーツの食べ過ぎにならない1日の適量や効果的な食べ方

ビーツを食べ過ぎて体調を崩さない摂取量は、だいたい1個程度だと考えられます。

ビーツ 食べ過ぎ 適量

ビーツ1個(約200g)を食べると、不足しがちな食物繊維をちょうど補うことができますよ。

ビーツの摂取量は1日1個程度を目安に

ビーツの摂取量は厳密に定められているわけではなく、週に5個程度などの情報もありますが、食物繊維の摂取量から考えて、1日1個程度をおすすめします。

食物繊維は摂りすぎると下痢や腹痛を起こすことがありますが、普段の生活では不足しがちで、摂取すべき量に対して、1日約6g不足していると言われています。(※14)

ビーツ100gには約2.7gの食物繊維が含まれているため、200g(1個)だと6g弱の食物繊維を摂ることができますね。

通常であればこの程度の量でお腹を壊すことは考えにくいので、安心してください。

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

ただしお腹が弱い人や子供、妊娠中など胃腸の調子が悪い場合は、食べ過ぎないよう半分くらいの量から試してみましょう。

ビーツはあまり食べなれないという方もいると思うので、栄養素を摂取しやすい効果的な食べ方を紹介していきますね!

ビーツの栄養素を摂取しやすい食べ方を紹介

ビーツは皮にも多く栄養が含まれているため、皮ごと調理すると上手に栄養を摂取できます。

ビーツ 食べ過ぎ 適量

茹でて食べるのが一般的ですが、生でも食べられますよ。

ヨセミテ編集部
ヨセミテ編集部

ちなみにビーツをカットするときは、まな板が赤くなるのを防ぐため、キッチンペーパーなどを敷くといいですよ。他の調理法では、ビーツをオーブンでホイル焼きにして皮ごと食べると風味がアップするのでおすすめすよ。

まずは、簡単にまるごと栄養を摂取できるジュースの作り方をご紹介します。

ビーツのスムージー

ダイエットや美容効果を期待できる、ビーツのスムージーです。

ミキサーにかけるだけで、とても手軽にできますよ!

ビーツ 食べ過ぎ 食べ方

参考レシピ

Cpicon ダイエット美容効果抜群ビーツのスムージー by ユカリロめんめん

レシピに記載されている以外にも、お好きなフルーツで作ってみてくださいね。

ただし子供に食べさせるときは、必ず加熱してくださいね。

栄養をまるごと摂取できて加熱調理といえば、やはりスープはかかせません!

ビーツのポタージュ

ビーツに多く含まれるビタミンなどは水に溶けてしまうので、栄養を丸ごと摂取するにはボルシチなどのスープがおすすめです。

中でも簡単にできるレシピをご紹介します。

ビーツ 食べ過ぎ 効果的な食べ方

参考レシピ

Cpicon ミラクルスープ☆赤ビーツのポタージュ by 城西大学医療栄養学科

 

赤い色が目を惹きますが、飲みやすい仕上がりになります。じゃがいもスープのビシソワーズに似ていますよ。

たっぷり栄養素を摂取できるのはもちろん、見た目にも鮮やかなので、食卓も華やぎますね。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
スープ以外の調理法では、蒸し野菜は水溶性ビタミンの損失を防ぐことができます。蒸しビーツもおすすめですよ。

もっと手軽に調理したい場合は、炒め物にするのもおすすめです。

手軽に炒め物

ビーツは加熱すると甘くなるので、子供にもおすすめのメニューですよ。

ビーツ 食べ過ぎ 効果的な食べ方

参考レシピ

Cpicon あまーい❤ビーツと玉ねぎのツナマヨ炒め by もりあん農園

 

ビーツの根だけでなく葉も一緒に炒めると、より栄養を摂取できます。

なかなか馴染みがないビーツですが、意外といろいろな料理に使えるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

近くのスーパーなどでは売っていないという場合は、通販などで購入できますよ!

栄養豊富なビーツを、この機会にぜひ食べてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
こんな記事もよく読まれています
モンスターエナジー 飲み過ぎ

モンスターエナジーの飲み過ぎは体に悪い!死亡事例や1日何本までOKか

シチュー 酸っぱい

シチューが酸っぱい原因とは?腐るとどうなるか見分け方も解説!

バナナ 赤い

バナナの赤い斑点は食べられる?真ん中や皮が変色した理由と保存のコツ

えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

結論|ビーツは食べ過ぎに注意しよう

ビーツにはミネラルやビタミン、食物繊維、ポリフェノールなど豊富な栄養素が含まれています。

しかし食物繊維は摂りすぎると腹痛や下痢などを起こすことがあるため、ビーツは適量を食べることが大切です。

また、ポリフェノールの赤い色素が尿に出ることもあるので注意しましょう。

ビーツは1日1個程度であれば、デメリットを考えることなく食べられますので、レシピなども工夫して美味しく食べてみてくださいね。

 

▲目次へ戻る

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク (C)
料理・食材
ヨセミテは『食を明るく、美味しく、暮らし良く』をコンセプトに、信頼できる文献・資料に基づいたオリジナルコンテンツの制作を行い、生活を豊かにする情報をお届けいたします。
生活の知恵袋 ヨセミテ

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク (R)

 

 

こんな記事もよく読まれています
モンスターエナジー 飲み過ぎ

モンスターエナジーの飲み過ぎは体に悪い!死亡事例や1日何本までOKか

シチュー 酸っぱい

シチューが酸っぱい原因とは?腐るとどうなるか見分け方も解説!

バナナ 赤い

バナナの赤い斑点は食べられる?真ん中や皮が変色した理由と保存のコツ

えのき カビ

えのきにカビが生えた?白い・黒っぽい・緑など見分け方のポイント

チョコ 腐る

チョコレートが腐るとどうなる?味や色などの見分け方と賞味期限の目安

舞茸 カビ

舞茸の白いカビは食べられる?表面・根元など見分け方のポイント

キムチ カビ

キムチにカビが生えた?白い粒・黒カビなど見分け方のポイント

ブロッコリー 茶色

ブロッコリーが茶色く変色した!原因は?黄色っぽいのは大丈夫か

さつまいも 緑

さつまいもが緑色に変色したけど食べられる?原因や変色防止の方法は

ごぼう 腐る

ごぼうが腐るとどうなる?色・臭い・味など見分け方のポイント

パン粉 カビ

パン粉にカビが生えたら危険?食べられるかの見分け方と保存方法

鶏ハム ピンク

ピンクの鶏ハムは大丈夫?汁や中心がピンク色になる理由や判断基準

マッシュルーム カビ

マッシュルームのカビが生えた?白い綿や黒い部分の見分け方とは

カルピス 飲み過ぎ

カルピスを飲み過ぎると体に悪い?下痢・腹痛などのデメリットに注意

ピーマン カビ

ピーマンのカビは大丈夫?ヘタの白いもの・黒い斑点などの見分け方

れんこん 腐る

れんこんが腐るとどうなる?色・見た目・臭いなど見分け方のポイント

バター 腐る

バターが腐るとどうなる?色・味・臭いなどの見分け方と日持ち期間

白菜 腐る

白菜が腐るとどうなる?芯・根元などの見分け方や傷みやすい原因

さつまいもの中身から白い汁が出ても食べられる?見分け方のポイント

長芋 カビ

長芋・山芋にカビが生えた?切り口・外側など見分け方のポイント

きのこ 腐る

きのこは腐るとどうなる?味・水分・臭いなどの見分け方と日持ち期間

スイカ 腐る

スイカが腐るとどうなる?酸っぱい臭いなど腐敗の見分け方や原因

里芋 食べ過ぎ

里芋の栄養価と食べ過ぎの注意点|妊婦や赤ちゃんには大丈夫?適量と効果的な食べ方は

カリフラワーの栄養と食べ過ぎ

カリフラワーの栄養と食べ過ぎの注意点|適量と効果的な食べ方

水菜 食べ過ぎ

水菜の栄養と食べ過ぎの注意点|下痢・腹痛の原因や1日の適量は

サーモン 糖質

サーモンの糖質とカロリー一覧|脂質は高い?ダイエット向きの食べ方とは

海苔 食べ過ぎ

海苔の栄養と食べ過ぎによる症状|腹痛などの原因や1日の適量は何枚?

おかひじき 食べ過ぎ

おかひじきの栄養素と食べ過ぎによる注意点|人気の食べ方も紹介!

豚肉 消費期限

豚肉の消費期限切れは危険?1日2日以上過ぎたときの見分け方!

レーズン 食べ過ぎ

レーズンの栄養|食べ過ぎると体に悪い?1日の適量や効果的な食べ方は

 

    タイトルとURLをコピーしました