エリンギに白いカビ?ふわふわ・黒・緑など食べられるかの見分け方

エリンギの表面には、白カビに見える白い綿のようなふわふわしたものが付着することがありますが、問題なく食べられるケースがほとんどです。

その白いふわふわは、エリンギなどのキノコ類に付く気中菌糸と呼ばれるもので、体に害はありません。

エリンギ カビ

ただし、黒・緑などに変色し本当にカビが生えている場合や傷んでいる場合もあるので、食べられるかどうかの見分け方を知っておくといいでしょう。

この記事では、エリンギのカビについて知っておきたい以下の項目について紹介します。

この記事を読むと、エリンギを長持ちさせる保存方法が知れるので、たくさん買っても安心ですよ。

エリンギにカビのようなものが生えても大丈夫な場合と、腐って食べられない状態を見極められるよう、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 
こんな記事もおすすめ!
豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも

牛乳寒天 賞味期限

牛乳寒天の賞味期限|手作り・市販品の日持ちは?冷凍保存方法も

プレスバターサンド 常温

プレスバターサンドの常温での日持ち|賞味期限は短い?冷凍では

卵 賞味期限切れ 2週間

卵の賞味期限切れ2週間後は食べられる?何日過ぎると危険なのか

パウンドケーキ 常温

パウンドケーキの常温保存の日持ちは?冷蔵庫での保存期間も解説

酢飯 日持ち

酢飯の日持ち|残りは翌日までOK?常温・冷蔵庫・冷凍保存期間も

しめじ 常温

しめじは常温保存でOK?冷蔵庫では何日?日持ちと保存の注意点は

うなぎ 日持ち

うなぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍で何日?正しい保存方法も!

あんこ 常温

あんこの常温保存は腐る?冷蔵庫・冷凍の日持ちとカビを防ぐ裏技

卵焼き 常温

卵焼きの常温放置は腐るの?冷蔵庫では何日?作り置きの日持ちは

マウントレーニア 常温

マウントレーニアの常温保存はNG?カフェオレの賞味期限と保存方法

わさび 常温

わさびの常温放置は腐る?チューブ・小袋などの日持ちと保存方法

ジャム 常温

ジャムの常温保存は腐るの?糖度に注目?手作りジャムの注意点は

ミニトマト カビ

ミニトマトにカビ?ヘタや実が白・黒・緑に変色したときの見分け方

ちくわの常温保存は何時間まで大丈夫?開封後の常温放置は危険?


エリンギにカビが生えた?食べられるか見分け方のポイント

エリンギにカビのような白いふわふわなものがあったとしても、それはキノコ特有菌糸なので食べられる場合がほとんどです。

しかしあまりに白くなりすぎている、形が変わっている、食べられないカビ菌がいる場合は食べるのはやめましょう。

エリンギの カビ

食べられないカビかどうかを見分けるポイントはです。

まずは、食べても大丈夫な白色について見ていきましょう!

白いフワフワしたものは食べても大丈夫

エリンギに発生する白いカビのようなものは気中菌糸と呼ばれるものがほとんどなので、その場合は食べても大丈夫です。

エリンギ カビ 見分け方

そもそもキノコとはカビと同じく菌糸からできており、胞子を作るときに目に見えるまで大きくなったものです。

気中菌糸とは、キノコが菌糸や胞子の状態に戻ってしまう呼び方で、時間や温度の変化などで起こります。(※1)

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
キノコにまで成長したのに、ちょっと菌糸に戻ってしまうイメージですね。

気中菌糸の見た目

白い綿のようだったり、白くふさふさした状態のものが、エリンギの菌糸や胞子です。

エリンギ表面のカサの部分に白いフワフワしたものがありますね。

これが気中菌糸と呼ばれるものですが、食べても問題ありません。

根元が菌糸化する場合もあるようですが、こちらも食べられるので安心してくださいね。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
そのまま食べられますが、見た目はカビっぽいので、気になる方はキッチンペーパーなどで取り除いてから調理しましょう。(※2)

菌糸を取り除けない場合

取り除けないくらい菌糸化が進んでいる場合は思い切って捨ててしまいましょう。

なぜなら、その分キノコの劣化も進んでいるからです。

全体で菌糸化が進んでいますね。

このような場合は、食べずに廃棄してしまいましょう。

奇形化した場合

菌糸の状態に戻っても、またキノコ化したという口コミもありました。

いびつな形に変化していますね。

買ってきたときと違う形に変形していたら、それは品質が劣化している証拠なので、食べずに捨てることをおすすめします。

また、もしも白以外の色がついている場合は食べられないカビである可能性があります。

その場合も、迷わず廃棄しましょう。

黒と緑のカビは危険!食べられないカビの特徴は色を見る

エリンギに青や緑や黒い色が見えたら、人体に悪影響を与えるカビの可能性があるため、食べるのはやめましょう。

なぜなら、カビはガンなどの病気やアレルギー疾患、中毒の原因になると言われているためです。(※3)

エリンギ カビ 緑

ときどき、「キノコもカビの一種なので、カビても大丈夫!」という内容をSNSでも見かけますが、カビと同じく菌糸からできているというだけで、人体に悪影響を及ぼすカビとはわけが違います。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
実際、エリンギを栽培中に、アオカビ・クロカビ等が発見されることもあるようです。(※4)

病気をもたらすカビを食べないためにも、青や緑や黒といった変色が見られた場合はすぐに捨ててしまった方が安全ですよ。

またカビ以外にも、腐っているサインがある場合も食べない方がいいため、鮮度の良いエリンギの見分け方も知っておきましょう。

 
スポンサーリンク
 

エリンギが腐るとどうなる?カビ以外に食べたら危険な状態の見分け方

エリンギが腐ると、異臭がする、食べた時にすっぱい、という異変が出てきます。

逆に、新鮮で美味しいエリンギの特徴は以下の通りです。

エリンギ カビ 食べられる

新鮮なエリンギの特徴(※5)
  • カサがあまり開いていない
  • カサのふちが内側に巻き込む
  • 軸が真っ白
  • 太くて弾力がある
ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
新鮮なエリンギは切り口も真っ白ですよ。

腐っているかどうかを見分けるには、この新鮮な状態と比べて見た目や、臭いなどがどう違うかで判断できます。

腐ったエリンギの見分け方

新鮮な状態とは逆に、腐ったエリンギはこのような特徴があります。

腐ったエリンギの特徴(※6)

腐った特徴の1つである変色についてはカビのところで説明したので、そのほかの腐っている状態を具体的に見てみましょう!

異臭がする・味に異変がある

何か違和感を感じる臭いや、食べた時に舌がピリッとする、または苦い感じがしたら食べられないと判断しましょう。

酸っぱい臭いといった通常の腐敗臭のほかにも、香水や石鹸のような異臭がすることもあるんですね。

また、味に異変がある場合も食べられません。

エリンギを食べて強い苦みを感じたようです。

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
少しの苦みでは腐っているとは思わずにそのまま食べてしまう人もいましたが、あたる可能性もあるので、食べない方が安全ですよ。

明らかにおかしいと思われる異臭がしたり、食べた時に舌に刺激を感じたら、食べられないと判断しましょう。

ねばりに関しては、多少であれば食べられる可能性もあります。

ねばりがある

ネバネバとネトつく場合は即廃棄をおすすめしますが、洗ってぬめりが落ちる程度なら食べられることもあります。

エリンギ カビ すっぱい

ただし、ほかの腐敗現象がある場合は、食べられないと判断しましょう。

溶けている

一部が溶けていたり、水分が出て軟化している場合も、傷みが進んでいる特徴です。

軟化が進むと溶けることもあるようです。

そのような状態は傷んでいるため食べない事をおすすめしますが、少し水っぽい程度なら食べている人も複数見られました。

古いと水っぽくなるようです。

この程度なら食べられるかな…?というような、捨てるかどうかの判断が難しい場合もありますよね。

ですが、ほかの腐敗現象が出ていたり、不安を覚えたりする場合は食べない方が無難ですよ。

このように、腐っているとまではいかないけれど、鮮度が落ちているエリンギを見た目で判別できるポイントも参考に見てみましょう。

鮮度の悪いエリンギの特徴

全体的にハリがなく、しなびていて、変色しているものは日数が経っている時の特徴です。

例えば、このようなカビとは違う変色も、古くなったエリンギの特徴の1つです。

こちらはしなびていて、さらに断面も茶色く変色しています。

このように鮮度が落ちている状態でも、傷んだ部分を除けば食べられる場合もあります。

食べられるか食べられないかは、腐敗の症状である、見た目・匂い・味を意識しましょう!

鮮度が落ちても食べられるかもしれませんが、出来るだけ新鮮な状態で美味しくいただくためにも、正しい保存方法を知っておきましょう!

 
スポンサーリンク
 

エリンギのカビや変色を防ぐ正しい保存方法のポイント

エリンギの鮮度を保つ保存のポイントは、水分をつけないことです。

湿気を防ぐことで、傷みやカビ発生防止にもなります。

エリンギ カビ 保存方法

また、常温で放置すると短期間で品質を悪化させるため、すぐに使わない場合は必ず冷蔵か冷凍保存しましょう!

できるだけ新鮮な状態を保てるような、冷蔵・冷凍それぞれの保存方法をご紹介します。

冷蔵保存の方法

エリンギの風味を損なわずに冷蔵するには、買ったときの保存パックや袋のままではなく、湿気を防ぎながら保存するようにしましょう。

冷蔵保存のポイント(※7)
  • 洗わない
  • 汚れを取りたい場合はキッチンペーパーなどでふき取る
  • キッチンペーパーで包んで保存袋にしまう

洗うと風味が落ちるうえ、きのこ類が苦手な水気も含んでしまいます。

汚れは洗わずに拭き取り、キッチンペーパーで包んでから保存することでより湿気を防げますよ。

エリンギ カビ 発生防止

この方法で野菜室で保存した場合の賞味期限は、約1週間です。

また冷凍保存は冷蔵よりもさらに長期間保存でき、エリンギの旨味を引き出すメリットもあります。

冷凍保存の方法

エリンギを冷凍する場合は、水分をつけないようにして、使いやすくカットするのがポイントです。

冷凍保存のポイント
  • 水で洗わない
  • 使いやすい大きさに切る
  • 保存袋に入れる

一度冷凍したキノコを解凍するときに細胞が壊れることで、うま味成分であるグアニル酸が生成され、キノコの美味しさもアップします。(※8)

新鮮なエリンギをすぐに使わない場合は、冷蔵保存よりもおすすめですよ!

 エリンギ カビ 断面

ヨセミテ 編集部
ヨセミテ
編集部
生のままでも、茹でてから冷凍してもどちらでもOKです。

冷凍保存の賞味期限は、約1ヵ月を目安にしましょう。

さらに、日光に当てることでビタミンDが増える、天日干し保存もおすすめです!

自然乾燥での保存方法

水分をつけず、使いやすい大きさにカットしたらザルなどに重ならないように並べましょう。

乾燥保存のポイント
  • 好みの大きさに切る
  • 重ならないように並べて天日乾燥
  • 保存袋に入れる

エリンギがカラカラになるまでしっかり干してから、保存袋に乾燥材を入れることで長期保存が出来ます。

少しだけ日光に当てて干したセミドライの状態なら、保存袋に入れて冷凍保存がおすすめです。

エリンギ カビ 賞味期限

エリンギがたくさん手に入ったら、長期間保存できて栄養価も高まる天日干しにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

いずれも、湿気には注意して、良い天気が続く時に試してくださいね♪

 
スポンサーリンク
 

結論|エリンギはカビやすいので鮮度を保つように保存しよう

エリンギに生じた白いフワフワは気中菌糸のため、ほとんどの場合問題なく食べられます。

ただし、取り除けないほど付着している場合や、白く変形している時は品質が劣化しているため食べるのはやめましょう。

また、黒や緑や青に変色している場合や、エリンギが腐敗している場合も食べられないので、見た目・匂い・味などに少しでも違和感を感じたら迷わず捨ててください。

生エリンギを当日中に食べない場合は、傷みを防ぐためにも冷蔵庫や冷凍室に入れて保存しましょう。

栄養素がアップして長期保存も出来る天日干しもお勧めなので、この機会にぜひ試してみてください♪

▲目次へ戻る

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました