生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

【鏡開きの割り方】鏡餅は叩いて開く!?割れないときは?

      2016/05/05



こんにちは!
前回は、「東西で違う?鏡開きの日にち」

「鏡開きするまではどうするの?鏡餅を飾る期間」して、
鏡開きの日と、飾る期間について紹介させて頂きました。

今回は、豆知識編の最終回
鏡餅の正式な割り方
紹介させて頂きます☆

Sponsored Links

鏡餅の正式な割り方とは?

さて、無事に松の内が過ぎるまで
鏡餅をお供え
したら、

いよいよ鏡開きです。

しかし、鏡餅を開く際には
1つ注意が必要
で、

「鏡餅は包丁や刃物で切っては
いけない」
と、言う事です。


鏡開きは元々武家社会で始まった
行事の為、

包丁や刃物で鏡を開くと言う事は
“切腹”
を連想させます。


常に生と死を意識しなければ
ならなかった武士たちは

戦(いくさ)以外で
死を連想させるものを極力避けて

いました。


つまり、“包丁を使う事は縁起が悪い”
として

鏡餅を開く時は木槌(きづち)
金槌
(かなづち)などを使い


少しずつひびを入れて行き、
ひびがしっかり入ったら

勢い良く叩いて
開くと言う習慣が
正式な割り方
として定着しました。


ただし、武士たちのように
相当鍛えていないと

カチカチの鏡餅を割る事は
出来ませんよね。


オススメは
半日くらい水につける
ことや、
包丁をお湯で温めて切る
こと
ですが、

鏡餅を女性一人で開く事は至難の業。

ぜひ、奥様や彼女がいる男性は、
新年最初の力の強さ

女性に見せてあげるのは
いかがでしょう?


日ごろお世話になっている
お母様の為にも是非、

力をふるって鏡餅を開いて、
家族一丸となって新年の幸せを
家の中に引きよせられる
事を

祈っています。
Sponsored Links