生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

三輪そうめん山本の白龍とは?白髪との違いや実際の評判は?

      2018/10/15



夏の食べ物と言えば素麺。お中元でも、よくいただきますよね。

大好きなのでとても嬉しいのですが、今年届いたのは、なんと木箱入りの高級な三輪素麺

そこには「三輪山本 白龍」と書かれてありました。



箱を開けると、一束ずつ箱に入っていて、「これはただものではない」と直感!

丁寧なパッケージを開けて、取り出すとえーっ!」と思うほど細い!いつもスーパーで買うものと大違い、こんなに細くて大丈夫?

説明書通りに茹でて食べたら、おつゆとの絡みがよく、コシもあってツルツル!

美味しくてあっという間に食べ尽くし、「お代わり欲しい!もっと茹でればよかった」と後悔しました…。


そこで、三輪そうめん山本の白龍のスゴさや、食べられる場所に購入方法、どうしてこんなに美味しいのかを探ってみました。

すると、ウェブサイトでもっとすごい三輪素麺を発見!「三輪山本 白髪」とありました。これはもう調べずにはいられません。

白龍と白髪の違いもすごく気になりますし、食べた人の評判もぜひ知りたいです。

というわけで、三輪そうめん山本の白龍について、徹底調査してみました!

 

  • 三輪山本(旧・三輪そうめん山本)の白龍とは?
  • 白龍白髪は何が違うの?実際の評判はどうなの?
  • 三輪山本の白龍はどこで食べられるの?通販でも買える?
  • こだわりが違う!三輪山本の白龍が美味しい理由とは?
  • そうめんの正しい保存方法は?湿気には要注意!
 

さらに、食欲のない真夏にありがたい素麺の正しい保存方法も一緒に紹介しますね。

これで、季節を超えて残ってしまった素麺が、最後までおいしくいただけますよ!

ちなみに、三輪そうめん山本は、会社名が変更されていました2017年の創業300年を機に、「株式会社三輪山本」となったようです。

それではまず、三輪山本の白龍がどれだけすごい素麺か、さっそく見ていきましょう。

Sponsored Links

三輪山本(旧・三輪そうめん山本)の白龍とは?調べてみたらこれがスゴかった!

三輪山本の白龍を実際に食べてみて、そのおいしさに驚きました!

スーパーなどで買える素麺に比べてずっと細いのに、茹で上がるとしっかりコシがあります。

「今までにない食感とのど越しのよい麺は、どうやって作られているのか?」

まずは、三輪山本のことがとっても気になったので、そこから調べてみました。

では、三輪そうめんの歴史、そして三輪山本の誕生から今に至るまでを見ていきましょう。


 

三輪そうめんの歴史

およそ1700年前ほど前の、中国・魏の時代に、麺の原型が生まれました。

その後、遣隋使や遣唐使によって、日本に他の文化と共に持ち帰られたようです。

麺という形になったのは鎌倉時代で、やはり中国から素麺の祖型の製法が伝わったとされています。


やがて、製法や道具に改良が加えられます。

あるとき、日本最古の神社と言われる「三輪山の大和國一之宮・大神神社」にて、飢餓と疫病に苦しむ民の救済を祈願したときに、神の啓示を受けました。

仰せのまま、三輪の地に小麦を撒き、その実りを水車お石臼で粉に引き、湧き水で捏ね伸ばして糸状の麺にしました。

これが素麺の起源とされているので、「三輪は素麺の発祥の地」と言われているのです。

 
三輪山の大和國一之宮・大神神社の神秘についてはこちらに詳しく
↓ ↓ ↓

大神神社・三輪山の不思議体験談「登拝前と登拝後で何が変わるのか?」
 

素麺は、三輪以外にもさまざまな地域で作られています。全国各地の素麺の産地を、以下にまとめてみました。

 

全国各地の素麺の産地

 
名称  地区  産地  特徴  代表素麺
卵麺 東北 岩手県奥州市 機械式干し麺 卵入り黄色麺
白石うー麺 宮城県 機械式一部手延べ麺 太目の素麺・温麺
和泉そうめん 中部 愛知県 手延べ 半生素麺
大矢知そうめん 三重県 手延べ 太目の素麺
大門そうめん 北陸 富山県 手延べ 丸まげ素麺
三輪そうめん 近畿 奈良県桜井市三輪地方 手延べ 三輪素麺
播州そうめん 兵庫県たつの市 手延べ 揖保の糸
備中そうめん 中国 岡山県 手延べ 鴨方・かも川素麺
菊川そうめん 山口県下関地区 手延べ 長州手延べ素麺
小豆島そうめん 四国 香川県小豆島 手延べ ごま油使用素麺(三輪由来)
半田そうめん 徳島県 手延べ 冷や麦の太さの麺
五色そうめん 愛媛県 手延べ 五色彩り素麺
神崎そうめん 九州 佐賀県 手延べから機械式に 神崎素麺
島原そうめん 長崎県島原市 手延べ 島原素麺(三輪素麺由来)
南関そうめん 熊本県 手延べ 8の字折りたたみ麺
 

その中でも日本の三大そうめんと言われているものがあります。

  • 奈良県の三輪素麺
  • 兵庫県の揖保乃糸
  • 香川県の小豆島そうめん
三輪素麺は発祥の地でもありますし、知名度も高いので当然入っています!

 

三輪山本と素麺白龍へのこだわり

2017年に創業300年を迎えた三輪山本の誕生は享保2年(1717年)

その頃の三輪では、素麺の製造が盛んになっていて、近在の庄屋「山本家」は、農民に素麺製造を奨励します。

1800年以降には販路を畿内に広め、さらにお伊勢参りの途中で訪れた人々から評判となり、素麺は全国に広まっていきます。


1900年以降は東京にも進出し、1928年には「宮内省御用」の栄誉を賜ります。

戦中戦後を経て、さらに大きく事業を拡大し、地元でもそうめん資料館などを開設して、麺の研究に邁進します。

その成果が、白龍・白髪などの高級素麺であり、主に贈答用素麺として知名度をあげてきました。

では、ここで白龍へのこだわりを紹介しましょう!

 

三輪山本の”白龍”はここがすごい!

お中元やご贈答にも喜ばれる白龍ですが、実は粉にもこだわっています。

なんと、白龍は独自にブレンドした小麦粉を使っているんです!

通常の素麺よりずっと細い0.6mmの極細麺ができるのは、そのためなんですね。

だから茹で時間はなんと60秒!通常は90秒ですから、かなり早いです。

ちょっと目を離すと茹ですぎてしまい、せっかくの風味が損なわれますから注意してくださいね。


 

また、白龍がおいしい理由のひとつに、古物(ひねもの)”ということがあげられます。

古物とは、風味を増すためにじっくり熟成させる製法です。

素麺は冬から春にかけて製造され、梅雨の時期を1回経たものが”新物”で、2回経たものを”古物”といいます。

さらに、3回経たものは”古古物(こひねもの)”に分けられます。

古物は、新物に比べてコシが強く、茹で伸びしにくいという特徴があります。

【筆者撮影:茹でた白龍の写真。直径は爪楊枝の半分以下】

それなら、古ければ古いほどいいのかというと、必ずしもそうではなく、最高の食べ頃は2~3年と言われているのです。

三輪山本の白龍を簡単に紹介してみましたが、三輪素麺の中でも、三輪山本の「白龍」と「白髪」が特に有名ですよね。

三輪山本独自の製法で実現した、この二つの極細素麺ですが…。

なんと、2010年から2017年まで、8年連続でモンドセレクション最高金賞を受賞しているのです

【筆者撮影:三輪山本 本店の販売所にて】

 

実は、佐藤可士和氏が、三輪山本のロゴデザイン白龍のパッケージデザインをしています。
佐藤氏は「そうめんにはとらわれない商品開発を見据え、社名を三輪山本へ変更するにあたり、歴史ある豊かな奈良の地を共に、深く丁寧に時を刻んできた歩みを落款のモチーフで表現しました。白龍は白を基調としたシンプルでシャープなデザインで、独自の極細麺をイメージさせる仕上がりになっています」とコメントしています。

 

この注目の白龍と白髪はどう違うのか?さらに、実際の評判はどうなのか、見てみましょう。

白龍と白髪は何が違うの?実際の評判はどうなの?

三輪山本のウェブサイトをみると、「白龍」と「白髪」が個別で紹介されています。

どちらも金賞受賞の注目素麺ですが、いったい何が違うのか、具体的に知りたいですよね。


それに、そこまですごいなら、実際の評価も見てみたいです。それでは、この二つの違いと評価を見ていきましょう。

 

白龍と白髪と家庭用の違い

白龍と白髪がいかにすごいかわかり易くするため、家庭用素麺の白瀧乃糸も載せてみました。

【筆者撮影:パッケージから出した白龍と白髪】

 
白龍   白髪 家庭用素麺 白瀧乃糸
麺の細さ 直径0.6mm 極細麺 直径0.3mm 超極細麺 直径0.8~0.9mm 細麺
10g中の本数 約130本 茹で時間60秒 約300本 茹で時間30秒 約80本 茹で時間90秒
原材料 小麦粉・食塩・食用植物油・加工澱粉 小麦粉・食塩・食用植物油・加工澱粉(打ち粉) 小麦粉・食塩・食用植物油・加工澱粉
容器 全体容器・木箱
個別容器・紙箱(50g)
全体容器・木箱
個別容器・紙箱(45g)
全体容器 袋
個別分け 紙帯(50g)
年代 古物 古物
特徴 独自にブレンドした小麦粉 腕のよい職人しか作れない 独自の小麦粉で36時間
違い 電子レンジで簡単本格麺の”白龍にゅうめん”もある 高級料亭の椀物に入っている、一口でわかるおいしさ 手軽においしい素麺をご家庭で
 

麺の細さや茹で時間、パッケージの量や価格、技では白髪の方が上回っていました。

ですが、独自のブランド粉や古物という点で、白龍にはこだわりがありました!

また通販では、白龍と白髪の食べ比べパックも販売されています。

 

食べ比べ (三輪山本 楽天オンラインショップ)
  • おためし白龍50g×4本+白髪45g×2本+めんつゆ:2,000円(送料無料)
  • 白龍50g×16本+白髪45g×4本:5,400円(送料無料)
  • 白龍50g×30本+白髪45g×12本:10,800円(送料無料)
 

次に、評価の違いを見ていきます。

 

白龍と白髪の評価

パッと見ただけでは違いがわかりにくい、「白龍」と「白髪」。

実際に食べた人は、それぞれどう評価しているのでしょう?ネットで購入者さんの声を拾ってみました。


白龍

・市販の素麺と違い、一口食べただけでお気に入り
・のど越しもよく、これを食べたら他の素麺は遠慮したいくらい
・茹で時間が1分なのに、細くてコシがあり、喉越し最高
凄い!この素麺!と感動
・お世話になっている人に贈ったらとても喜ばれた!
・私は白髪より白龍!

白髪

喉で本数がわかるくらい喉越しがよかった
・あんなに細いのにコシが凄い
・素晴らしい、芸術品としかいいようがない
・贈ったら今までで一番極細で美味しかったと言われた
・記録的なこの細麺を体験しないと後悔します
・初めて見る細さで、温かい汁で食べても美味しい

 
 
 

白龍も白髪も、お中元などの贈答でいただいて、そのおいしさに驚いた方が多かったようです。

白龍は、”細いのにコシがあり、のど越しがいい”、”他の素麺に戻れない”という意見が多かったです。

白髪はさらに、”今までにない細さで高級感があり、温かい汁でもおいしい”という意見がありました。

どちらも、一度食べたらやみつきになる味わいということがわかりました!


その三輪山本の白龍を、おいしく食べられるところがあるといいなと、思いませんか?

実は、三輪山本の本店内に”三輪茶屋”というお食事処があるみたいなんです。それに、通販でも手軽に購入できます。

では、そのおいしく食べられる場所と、通販での購入方法を紹介していきましょう。

Sponsored Links