生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

南海トラフの範囲は?危険地域の津波シミュレーション!

      2018/07/16



先月ヒマラヤ付近の国ネパールでマグニチュード7.9の大規模地震が発生し、7,000人を超える死者がでました。

最近世界各地で地震が多いと思いませんか?

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生以来、日本周辺でも活発に地殻変動が起こっていると考えるのは筆者だけでしょうか?

その中で最も警戒すべき地震の1つ、南海トラフ巨大地震について解説します。

Sponsored Links

南海トラフの範囲は?どうして巨大地震が起こるのか?

南海トラフの範囲は、静岡県・愛知県から紀伊半島、四国にかけての南方の沖合約100Kmの海底にある長さ700Kmに及ぶ水深0.4Km溝状の地形を言います。

南海トラフでは下の図のように陸側のプレート(*)ユーラシアプレートにフィリピン海プレートが沈み込んで海の中に深い溝ができています。

ここではプレート同士がせめぎ合い、溝のどこかで地震が起こっても不思議でない程、余分な力が貯まり大きなエネルギーを持っています。

そして、これらのプレートが元の位置に戻ろうとする時、貯まっていたエネルギーが一気に解放され、このとき発生する非常に大きな揺れが『巨大地震』になるのです。
(下記動画の47秒のところで、この現象が丁寧に解説されています。)

南海トラフ巨大地震は年内に起こる? 出典:内閣府ホームページ、2005年 2月24日

(*)プレート:地球の表面は厚さ100Km、10数枚のプレートで構成されています。

プレートは太古の時代から移動しており、南米大陸東側とアフリカ大陸西側がジグソーパズルのようにぴったりくっつくことからも、一つの大陸が2つの異なるプレートにのっていたため、プレートの移動で分割されたと考えられています。

この場所は過去にも大地震が大体70~100年の間隔で起こっているのです。

つい最近では1944年、1946年に起こっており、それから70年を経過し
今年大地震が発生してもおかしくないのです。

危険地域の津波シミュレーション!被害予想は?

4年前に起った2万人近い犠牲者を出した、東北地方太平洋沖地震の規模は、マグニチュード(*)9.0と最大級規模の地震でしたが、それと同じ規模(M8~9)の地震も想定されるのです。

(*):マグニチュードとは発生地震の規模・大きさをいい、揺れの大きさを表すのが震度です

南海トラフで地震が起った時一番恐ろしいのは津波です。

最悪のケースだと32万人余りの死者が出ると予想され、その7割が津波で亡くなると推定されています。

地震が起きた時、周辺地域がどうなるかを、コンピューター上で予測する(シミュレーションと言います)と驚くべき悲惨な状況になることが分ったのです。

以下の動画をご覧ください。
マグニチュード9クラスの地震が起きると最悪の場合、死者32万人強、その内70%が津波による犠牲者です。

しかし迅速な避難・事前に対策をとっておけば、80%は削減できると言われています。

南海トラフ各地域の津波シミュレーション!

津波は高い所では30mを超え、しかも第1波が1分で到達することがあるのです。

ここでコンピューターによる津波の予測動画を見つけましたので、地域別にご紹介します。

*駿河湾(静岡県)~紀伊半島沖で地震が発生した時の津波の状況:

動画解説:人口が密集している地域なので被害が最も大きくなり、駿河湾(静岡県)、三河湾(愛知県)、熊野灘沿岸(三重県)には巨大津波が襲い、しかも地震発生から1~5分で到達します。

*紀伊半島沖~四国沖で地震が発生した時の津波の状況:

動画解説:20分で紀伊水道(和歌山県・徳島県)に、30分で土佐湾(高知県)に巨大津波が到達します。

*四国沖~九州沖で地震が発生した時の津波の状況:

動画解説:20分で土佐湾(高知県)に30mと最も大きな津波が到達し、30分後日向灘(宮崎県)、豊後水道(大分県・愛媛県)にも津波が襲います。

この様に東海沖・東南海沖・南海沖と様々なケースでシミュレーションがなされています。

しかも恐ろしいことに、この地震は1箇所で起こったら短期間に南海トラフ各地域に、連鎖・連動することも考えられているのです。

驚くべき経済損失220兆円強、国家予算の2年分!

内閣府中央防災会議の作業部会がまとめた報告書では、マグニチュード9クラスの巨大地震が発生すると、950万人が避難し、建物、橋・道路・水道・ガス等のインフラ設備の被害や経済活動への影響で、国家予算の2年を超える220兆円の経済損失と想定しています。

4年前の東日本大震災の被害額が17~25兆円推計されているので、如何にその規模が大きいかが分かります。

むしろ日本が立ち直れるかどうかの瀬戸際に追い込まれると言っても言い過ぎではありません。
Sponsored Links