生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

御朱印帳サイズは一般的にどのくらい?全国の事例も調べてみた!

      2018/07/14



遠方へ旅行しようという時、観光スポットを調べながら「神社仏閣を巡ってこようかな」とお考えになる方は多いと思います。神社が好きで日頃から訪れることの多い方はもちろんですが、普段はそれほど関心を寄せていなくても、「有名な神社なら、一度くらい訪れておきたい」と思ったりしますものね。

”神社やお寺を巡る旅”というのは一昔前なら年配の方の趣味というイメージが強かったですが、最近では若い人も増えていますね。パワースポットを巡ることを目的とした旅行というのも定番化していて、神社やお寺を巡る人は増えているように感じます。そして、そういう旅をする人達にとって定番化しているアイテムといえば、

御朱印帳(ごしゅいんちょう)です。


歴女(レキジョ:歴史が大好きな女子のこと)という言葉が注目されていた頃に、可愛いデザインの御朱印帳がたくさん販売されましたよね。御朱印を集める女子のことを特に”御朱印ガール”なんて呼んでいましたっけ。私もつい先日、本屋の文房具コーナーで凝ったデザインの御朱印帳を見つけて気に入ってしまい、全然買うつもりがなかったのに購入を迷ってしまったほどです。まだ買ってはいないんですけれどね(笑)

そうやって本屋さんなどで好きなデザインを選んで買うのも楽しそうなんですが、神社やお寺で売っている御朱印帳も”そこでしか買えない一冊”という感じが嬉しいもの。どこで買うかを考えるだけでもワクワクしますよね。

そこで今回は初めて御朱印帳を購入するという方に向けて、「御朱印帳サイズは一般的にどのくらい?全国の事例も調べてみた!」というテーマで調べてみました。

  • 御朱印帳の一般的サイズは?
  • どこで買える?値段やオススメの種類は?
  • 御朱印帳を記入してもらう時のマナーってある?
 

といった内容で、「定年退職を機に夫婦で旅行を楽しみたい」という方や「婚活を頑張るので縁結びの神様を巡ろう」と考えている方など、これから”御朱印帳デビュー”をするという方が初めの一歩を踏み出しやすいよう、わかりやすく解説していきます。

それでは早速、御朱印帳の一般的なサイズについてからお話しましょう。
Sponsored Links