生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

志賀直哉の代表作「暗夜行路」あらすじ、女性が読むべき理由

      2017/09/10



志賀直哉の唯一の長編「暗夜行路」は、自伝的小説である、と言われてきました。なぜなら、この小説を書く前、私小説「時任謙作」を書いていたからです。

「暗夜行路」と主人公の名前が同じなので、内容も私小説か、と思いたくなるのです。自伝としては、「城崎にて」「和解」が知られています。

志賀直哉も「私情を超越するための困難」と言っていますから、創作であることは確かです。

ではなぜ、自伝と同じ名前を使ったのか?

まず、あらすじをおさらいしましょう。

暗夜行路は「前編」と「後編」に分かれています。

Sponsored Links