生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

中島敦「山月記」あらすじと考察。人と虎、どちらが醜悪か。

      2016/12/11



中島敦の「山月記」は、高校の教科書に掲載されています。ほとんどの人が、なんらかの記憶があることでしょう。

しかし教科書に載っている、というだけで、拒否反応が起きてしまうのも確かです。それではもったいない。

大人になって読み返してみると、自分の経験とすり合わせたり、読み落としていた一文に胸を衝かれることもあります。

いい文章というのは、常に新しい発見があるものだと思います。それは自分の変化による化学反応であって、文章そのものは、なにも変わっていません。それが「古典」の価値ではないでしょうか。

「山月記」は、そんな一冊です。

Sponsored Links