生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

算命学で『天中殺』を調べる方法!無料占いサイト3選

   



この記事を読んでいるあなたは、きっと占いに興味ありますよね?

もし興味がなくても「天中殺」という言葉を聞いたことはあるでしょう。
特に40代後半以上の方には、懐かしい言葉だと思います。

若い人は知らないでしょうが、私が高校2年生の1979(昭和54)年のこと。

「11PM」という番組がきっかけで、天中殺ブームが日本中に広がりました。
少しでも悪いことがあると、何でも「天中殺だ!」と騒ぎ立てたものです(笑)。


あの大ブームから40年。今でも、占い好きの間では広く知られています。
でも、「天中殺って、何?」とあらためて聞かれると、本当の意味を知っている人は、いったいどれくらいいるでしょう?

漢字の印象から、何となく「縁起が悪い時期」と答える人は多いと思います。
でも、天中殺って本当の本当に「縁起が悪いこと」なのでしょうか?


かくいう私も本当のところは、よく知りませんでしたけどね・・・(汗)。

調べてみると、どうも、単に「縁起が悪い」というだけではなさそうです。

それどころか、なんと、「開運」にも関係ありそうなのです!
少しでも興味をもったあなた!ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

Sponsored Links

算命学で『天中殺』を調べる方法  ~まずは占ってみよう!~

早速ですが、「天中殺」という言葉がどんな占いで使われるかをご存知ですか?

調べてみると、算命学という占術の用語として使われているようです。


(※写真の人物は算命学とは関係ありません)

四柱推命は聞いたことがありますが、算命学は私も知りませんでした。
古代中国に起源を持つ算命学が日本に伝わったのは第二次世界大戦後。高尾義政という人が体系化し、昭和40年代に公開されたそうです。

基本的には、生まれた年、月、日、それぞれの十二支などから占います。


さらに「学」が付くのは日本だけ。単なる占いでもなさそうです。
調べた結果については、後でもう少し詳しく説明しますね。


早速、「算命学でいう天中殺とは、いったい何なのか?」について調べてみると…

誰でも12年間に一度やってくる特定の期間とのこと。

天中殺の時期は「誰でもエネルギーがなくなる」そうです。
この「誰でも」というキーワードを覚えておいてくださいね!


天中殺は、12年間ごとに2年間、1年間(12カ月)ごとに2カ月間、12日ごとに2日間あります。
自分の天中殺を調べられるサイトをご紹介しますので、ぜひ、調べてみてくださいね。

あなたの天中殺をお調べします

参考までに私の生年月日を入力すると…
あなたの天中殺は、寅卯天中殺。
天中殺の時期は寅年(2022年)、卯年(2023年)。
天中殺の月は、2月、3月になります。
 

と表示されました。

え? 寅卯天中殺って、何???
というわけで、早速調べてみると・・・

天中殺は誕生日から割り出されるもので、6種類あることが判明。
子丑天中殺 (ねうしてんちゅうさつ)
寅卯天中殺 (うしとらてんちゅうさつ)
辰巳天中殺 (たつみてんちゅうさつ)
午未天中殺 (うまひつじてんちゅうさつ)
申酉天中殺 (さるとりてんちゅうさつ)
戌亥天中殺 (いぬゐ【いぬい】てんちゅうさつ)
 

これらを詳しく説明したサイトは後ほど紹介しますね。


私の前回の天中殺は寅年(2010年)、卯年(2011年)でした。

50歳になる直前でしたが、ちょうど仕事を失ったり、東日本大震災の時期と人生の変化が重なったりと、大変な混迷期を過ごしたことを思い出します。振り返ると、かなりきつい過渡期でした・・・。

もし、あれが算命学の天中殺に当たっていると知っていたなら、それがバランスを整えるための準備期間とわかっていたなら、もっと要領よく乗り越えられた気がします。

その12年前の時も大きな過渡期を経験しました。この記事を書かせてもらったことで、何より私自身が、天中殺の意味を噛みしめることができたのかもしれません。

では、天中殺の時期は何に注意して過ごせばいいのでしょうか?
算命学の天中殺について、その過ごし方を見てみましょう。


『天中殺』の時期はどう過ごせばいいの?



天中殺の時期を一言で表すなら、『天が味方してくれない』ということ。
「天中殺」という漢字から何となくイメージできる気がしますよね?


算命学の天中殺は、四柱推命の「空亡(くうぼう)」、六星占術の大殺界です。
もちろん微妙に違いますが、ざっくりとしたイメージはできると思います。

天中殺の時期は、いつもと違うことが起きやすくなるそうです。そのため、まったく思ったように物事が運ばず、なにごとも『受け身』で乗り越えるしかない時期なんですね。

他方で、内面の充実を図れば、運命を好転させるきっかけにもできる時期です。

でも、ここに大きな落とし穴が待ち構えているんですよねぇ。

普段ではあり得ないチャンスをつかんだ!と思っても・・・
決して、安易にそれに乗ってはいけません!そういう時期なのです。

避けたい具体的行動としては、転職や転居、結婚、友達から恋人への進展など。

つまり、新しい環境に飛び込んだり、新たな活動を始めたりするのはNGなんですね。

算命学の天中殺は、自然体で無理のない過ごし方を最優先しよう!

この時期は、無理に飛躍しようという考えは、頭から持たないようにすることが肝心です。

勉強して必要な資格を取ったり、今の仕事に真摯に取り組んで内面の充実を図ったり。そのような充電の時期だと心得ましょう。

理由は次の章で!

Sponsored Links