生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

もやしを生で食べると危険なの?こんなときは食中毒に要注意!

   



ダイエットに、野菜の値段が高くて困る時に、あともう一品を簡単に作り足したい特に…。

もやしはダイエッターや日々の献立に悩む主婦、月末の食費に悩む人にとっては欠かせない食材ですよね。

そんなもやしはシャキシャキとした食感が楽しい食材ではありますが、”さっと火を通す”という調理方法が多いような気がします。いっそのこと、サラダなど生で食べちゃえば、もっと簡単なのでは…?


私はズボラな性分なので”生”という手軽さが頭をよぎりますが、もやしって早く火が通る割には生で食べるレシピは見かけないですよね。

そんなわけで今回は「もやしを生で食べると危険なの?こんなときは食中毒に要注意!」というテーマで調べてみました。

 

  • ”生のままのもやし”は食べると危険なものなのか?
  • 腐ったもやしってどんな感じなの?
  • もやしってスグに腐っちゃう…上手な保存方法は?
  • もやしを最大限に生かしたい!料理のコツは何?
 

などなど、「この頃野菜が高いから、もやしの登場回数が増えたなぁ」という方にも「うちの食卓はもやしがベストパートナーだ」いう方にも知っておいてほしい、

美味しく安全にもやしを食べるために知っておきたいことをまとめていきます。
Sponsored Links

もやしを生で食べると危険なの?生食できない理由はコレだ!

「もやしは足の早い食材」とよく言いますが、腐りやすいというだけでは生で食べられないことにはならないですよね。

実は、もやしは日光が当たらない所で育てられているため、大腸菌などの最近が繁殖しやすい野菜なんです。サルモネラ菌などの危険な菌が付着している場合もあうので、生では食べられません。


一見してもやしは袋詰めされているから菌が繁殖しにくい状態のように思えますが、収穫から袋詰め、スーパーでの陳列や調理の際の開封後までの間に多くの人が触ったり温度などの環境が変化しているため、意外と劣化も激しいんですよ。

そのため生産者側も”加熱調理を前提とした野菜”としてもやしを育てていますし、「買ってきてスグ!なら新鮮だし大丈夫~」という油断は禁物です。

加えてもやしは加熱調理をした方が青臭さも取れて美味しく食べられますので、必ず火を通すようにしましょう。

外国にはもやしを生で食べる食文化もありますが、そちらは生食用として生産されているもので、日本のもやしとは別物です。ちなみにイギリスでは2010年に、もやしによるサルモネラ食中毒事件が起きています。

 

食中毒に要注意!腐った生もやしの見分け方とは?

もやしの日持ちはおよそ3日程度と短く、保管状況によっては2日程度で痛み始めることもあります。腐った生もやしの特徴が出ていたら、袋ごと捨ててしまいましょう。

 

<生もやしが腐っている時の特徴>
  • 強烈な酸っぱい臭いがする
  • もやしの白い部分が黒くなっていく
  • ぬめりが出ている
  • 芽の部分は茶色っぽくなる
  • 茎の部分が水っぽくなったり、全体にかさが減る
  • もやしの水分(腐った汁)が出てくる
 

パッケージの袋が未開封のまま冷蔵庫に入れて置き、水がたっぷり溜まっていたら怪しい合図!私の経験上、もやしは腐り始めると水分が出てくることが多いですので、私は水が溜まっていたら未開封のまま捨ててしまっています。

芽の部分が薄い茶色になっていることは多いですが、これが”いかにも腐って良そうな茶色”になった時が危ないです。もし不安なようでしたら、しっかり加熱しておきましょう。

中心部分が75℃以上の状態で1分間加熱すると、ほとんどの細菌などは死滅します。


しっかり加熱しても、毒素が残ったままになってしまうこともあります。そういうもやしを食べて食中毒になってしまう危険性もあるので、なるべく調理前の状態をよく観察してから調理する習慣をつけておくと良いですね。

食中毒になると下痢や激しい腹痛、嘔吐などの辛い症状が出ます。万が一もやしを食べて症状が出てしまったら、しばらく様子を見て、症状がひどい場合は病院へ行ってくださいね。

Sponsored Links