生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

【おせち料理の意味、由来】4. 紅白なます、ちょろぎ編

      2017/10/15



前回の記事 【おせち料理の意味、由来】2. 黒豆、数の子(かずのこ)編 
そして 【おせち料理の意味、由来】3. 田作り、ごまめ、たたきごぼう編 では、

「黒豆」「数の子」「ごまめ・田作り」そして「たたきごぼう」と言う
おせち料理に最も重要な「祝い肴(ざかな)」または「三つ肴(みつざかな)
と呼ばれる「一の重」についてお伝えしました。

 一の重だけでもおせち料理として成り立ちますが、しょっぱいものが多く
少し甘いものが欲しくなってしまいませんか?

そんな訳で(?)今回は、甘いものが入る「二の重」のおせち料理の意味
前半、後半に分けてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

おせち料理の意味、由来!二の重編(前半)

二の重には、おせちの重箱の中で、唯一「酢の物」「口取り(くちどり)」
といった2種のお料理が入ります。

 どうやら、2種類入る事から二の重と呼ばれているという説もあるみたいです。

酢の物は名前の通り「お酢」を使ったお料理ですが、
「口取り」はなんだと思いますか?

weblio辞書には

「正式の日本料理で、食事が済んで酒のとき、三度目の酒とともに出す最後の料理。珍品などを盛り、主人が取って進める。」

 と、説明されているように、「口取り」はその名の通り「口代わり」となるお料理
珍品などを盛り最後のお酒と共に出す「取り肴(とりざかな)」の略語です。

まずは、酢の物料理である「紅白なます」「ちょろぎ」の意味からご紹介します。

<紅白なます>

日本のお祝い事に必ずと言っていいほど使用される赤色と白色の組み合わせ。


そのときによく登場する 紅白の水引 を、細く切った人参と大根で
表現したものが「紅白なます」です。

平安時代から続く、平和を願う縁起物のお料理 なのです。

元々、生の魚介類や野菜、果物を切り、酢をベースにした調味料に漬けた料理で
あった事から
「なます」と呼ばれるようになりました。 

「なます」は酢と糖分が一緒にとれる為、

年末の大掃除などの 疲労回復を期待出来る一品 なので我が家では
少し多く「なます」が重箱に詰められている気がします(笑 

Sponsored Links