マドレーヌの賞味期限|手作りの日持ちは何日?冷凍保存できる?

マドレーヌ 賞味期限

【執筆者:編集部 新山あさひ】

マドレーヌは常温で保存できますが、賞味期限は商品によってばらつきがあり、短いものは3日程度、長いもので数ヶ月日持ちするものまでさまざまです。

賞味期限が短くて一度に食べきれない場合は、冷凍保存すると良いでしょう。

マドレーヌの正しい保存方法やおいしく食べられる解凍方法など、以下の項目についてご紹介します。

この記事を読むとわかる!
マドレーヌのこと

 

  • 賞味期限と手作りの日持ち
  • 食べられない状態の見分け方
  • 日持ちさせる冷凍保存方法
  • おいしく食べる解凍方法

贈り物としてマドレーヌを考えているけど、どれくらい日持ちするのか気になっている方や、たくさん手作りして保存方法に困っている方は参考にしてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも

牛乳寒天 賞味期限

牛乳寒天の賞味期限|手作り・市販品の日持ちは?冷凍保存方法も

プレスバターサンド 常温

プレスバターサンドの常温での日持ち|賞味期限は短い?冷凍では

卵 賞味期限切れ 2週間

卵の賞味期限切れ2週間後は食べられる?何日過ぎると危険なのか

パウンドケーキ 常温

パウンドケーキの常温保存の日持ちは?冷蔵庫での保存期間も解説

酢飯 日持ち

酢飯の日持ち|残りは翌日までOK?常温・冷蔵庫・冷凍保存期間も

しめじ 常温

しめじは常温保存でOK?冷蔵庫では何日?日持ちと保存の注意点は

うなぎ 日持ち

うなぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍で何日?正しい保存方法も!

あんこ 常温

あんこの常温保存は腐る?冷蔵庫・冷凍の日持ちとカビを防ぐ裏技

卵焼き 常温

卵焼きの常温放置は腐るの?冷蔵庫では何日?作り置きの日持ちは

マウントレーニア 常温

マウントレーニアの常温保存はNG?カフェオレの賞味期限と保存方法

わさび 常温

わさびの常温放置は腐る?チューブ・小袋などの日持ちと保存方法

ジャム 常温

ジャムの常温保存は腐るの?糖度に注目?手作りジャムの注意点は

ミニトマト カビ

ミニトマトにカビ?ヘタや実が白・黒・緑に変色したときの見分け方

ちくわの常温保存は何時間まで大丈夫?開封後の常温放置は危険?

おでん 常温保存

おでんの常温保存は何時間まで?夏に次の日まで常温放置は危険?

煮物 常温

煮物の常温放置は何時間まで?一晩は危険?日持ちと火入れのコツ

ポテトサラダ 常温

ポテトサラダの常温放置はOK?腐るとどうなる?保存期間の目安

オイスターソース 常温

オイスターソースは常温保存でOK?開封後は腐る?カビの対処法も

チーズケーキ 常温

チーズケーキは常温保存で何時間まで大丈夫?半日放置は腐るの?

飲むヨーグルト 常温

飲むヨーグルトの常温放置は数時間なら大丈夫?保存期間を解説

肉じゃが 常温

肉じゃがの常温放置は腐るの?翌日まではOK?冷蔵庫での日持ちも

こんにゃく 常温

こんにゃくは常温保存でOK?開封後は?日持ち目安と保存のコツ!

ハヤシライス 常温

ハヤシライスの常温放置は腐る?常温・冷蔵庫・冷凍で何日もつ?

トマトソース

トマトソースの日持ちは?作り置きの冷蔵・冷凍保存期間を解説!

ソース 常温

ソースは常温保存が可能?開封後は冷蔵庫?保存方法を徹底解説!


マドレーヌの賞味期限|市販品と手作りの日持ち

マドレーヌ 賞味期限切れ

マドレーヌは商品によって設定されている賞味期限の日数に違いがあり、短いものだと製造から3日、長いもので30日前後のものが多いです。

マドレーヌの賞味期限・日持ち目安
市販品
(未開封)
エシレ 製造から3日
ラウンドテーブル 7日
シャトレーゼ 20日程度
コージーコーナー 25日程度
ダロワイヨ 30日程度
手作り 早めに食べきる
(2~3日程度)
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
そのほかコストコのマドレーヌは3日程の消費期限、ケーキ屋で売られているものは5~14日程度の日持ちという口コミがありました。

マドレーヌはスイーツの中では比較的日持ちする方だと言われていますが、手作りの場合は材料や調理時の衛生状況によって日持ちが変わるため、なるべく早めに食べましょう。

腐敗の原因になる水分を多く含んでいるほど、日持ちが悪くなります。たとえばゼリーやプリンは傷みやすく、クッキーやスコーンなどは傷みにくいと言われています。

また市販品の賞味期限に大きな違いがあるのは、製造や保存の方法が違うからだと考えられます。

賞味期限の違いはなぜ?手作りが日持ちしない理由

長期保存が可能なマドレーヌは、酸素が透過しない袋にひとつずつ入れて密閉する、酸素を吸収する脱酸素剤を入れるなどの工夫がされています。

個包装されていないと空気中の細菌に触れやすくなるため、賞味期限は常温で3日程度ですが、個包装されているものは1か月程度保存できるものもあるようです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
賞味期限が短い商品はできたてのおいしさを、長期間日持ちする商品は贈り物に活用するといったように、用途によって使い分けてみてください。

また「おいしく食べられる期間」である賞味期限ではなく、「安全に食べられる期間」を示す消費期限が設定されている商品は日持ちしないので注意しましょう。(※1)

賞味期限はおいしさなどの品質を保証する期間であり、ある程度余裕をもって設定されているので食べられる可能性はあります。未開封で正しい方法で保存されていれば、風味は落ちていても安全性には問題なく食べられることがあります。

手作りした場合は、空気に触れやすいのはもちろん、調理の過程で菌が付着するリスクが高まるため、長くは保存できません。

特に常温だとカビが生える可能性もあるため、注意が必要です。

食べられない状態は?カビに要注意

手作りや個包装されていないマドレーヌを常温で長期間保存すると、カビが生えたり異臭がしたりして、食べられなくなることもあります。

食べられないマドレーヌの特徴
見た目
変色
カビが生えている
臭い
匂い
におい
異臭

食感
触感など
・酸味がある
・ネバネバしている

カビや細菌は、水分・温度・空気(酸素)・養分の条件が揃うと増殖します。

マドレーヌは基本的に常温でも保存できますが、カビのエサとなる砂糖がたっぷりと含まれているため、少し暑いと感じる季節(20~30℃程度)に常温で置くと、カビが生える危険もあります。

このようにカビが生えてしまったら、残念ながら食べずに処分しましょう。

カビが生えたところだけ取り除けば食べられそうな気がしますが、内部にカビの胞子が残っていたり、人体に悪影響を及ぼすカビ毒が発生したりしている可能性があるため、食べない方が無難です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
カビそのものは熱を加えると死滅しますが、カビ毒は熱に強いため、加熱などの加工を加えても取り除くのが困難です。(※2)

せっかくのマドレーヌが食べられなくなってしまった……とならないように、冷凍保存の方法を知って上手に保存しておきましょう。

 
スポンサーリンク
 

マドレーヌの保存期間を延ばす方法|冷凍保存はできる?

マドレーヌ 保存方法

マドレーヌは常温保存が基本ですが、食べきれない場合は冷蔵や冷凍をすると長持ちさせられます。

保存方法ごとの保存期間目安
常温 記載されている賞味期限まで
冷蔵 4~5日程度
冷凍 2週間~1ヶ月程度

手作りのマドレーヌでも、2~3日程度なら常温で日持ちすると言われています。

常温保存する場合は、直射日光・高温多湿を避けて冷暗所に置いてくださいね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ただし、カビが発生しやすい高温多湿な時期は冷蔵庫で保存した方が安心です。

マドレーヌを冷蔵保存すると長持ちはしますが、硬くなりやすく食感が変わってしまうので、長期間の保存には向いていません。

食べきるのに3日以上かかりそうな場合は、冷凍保存がおすすめです。

劣化させずに冷蔵・冷凍する保存方法

マドレーヌを保存する場合は、なるべく空気中の雑菌に触れないよう、しっかり密閉して冷蔵・冷凍しましょう。

マドレーヌを冷蔵・冷凍するコツ
  • ひとつずつラップで包む
  • 包んだものをさらにフリーザーバックに入れる

マドレーヌとラップの間になるべく空気が入らないようにすると、風味が落ちる・食感が悪くなるといった劣化を防げるので、解凍後もおいしく食べられますよ。

手作りのマドレーヌを保存するときは、焼きあがってすぐにラップに包むのではなく少し時間をおいて粗熱が取れてから作業しましょう。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
焼き上がり直後に密閉すると、蒸気がこもって水滴となりカビの発生や傷む原因となってしまうので注意が必要です。

焼き菓子の保存方法についてはこちらの記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

冷凍保存しておくと食べたいときに解凍して食べられるので、普段のおやつや急な来客時にすぐに出せるのでとっても便利ですよ。

おいしく仕上げる解凍のポイント

冷凍保存したマドレーヌは室温で1時間くらい置けば解凍できますが、もう一工夫加えると焼きたてに近い仕上がりになり、さらに美味しく食べられます。

マドレーヌの温め方法

電子レンジで15秒温めてから、オーブントースターで数秒焼く

温めすぎるとマドレーヌが硬くなってしまうので、様子を見ながら温め時間を調節してみてくださいね。

解凍後は時間とともに鮮度が落ちていくので、解凍したマドレーヌはなるべく早く食べましょう。

ちょっと手をかけるだけで外はサクッ、中はふんわりとした焼きたてのようなマドレーヌになるので、ぜひ試してみてください!

 
スポンサーリンク
 

結論|マドレーヌは賞味期限切れ前に冷凍保存しよう!

マドレーヌのまとめ
  • 市販品の賞味期限はさまざま
  • 手作り品は早めに食べきる
  • カビが生えたら食べずに処分
  • 日持ちさせるなら冷凍保存
  • 解凍後は少し温めると良い

マドレーヌの賞味期限は、常温保存できるという条件が同じであったとしても商品によって設定されている期限は違います。

また、手作り品の日持ち日数は明確にどれくらいとは言えないので早めに消費した方が安心です。

日持ちしにくい手作り品や、賞味期限までに食べきることができない市販のマドレーヌは、早めに冷凍すると長持ちしますよ。

冷凍保存を上手に活用して、長くおいしくマドレーヌを楽しんでくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました