スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ささみの消費期限|冷蔵・冷凍保存期間は?茹でた場合の日持ちも

ささみ 消費期限

【執筆者:管理栄養士 宍戸恵】

鶏ささみをスーパーで購入すると、冷蔵保存で2~3日が消費期限として設定されていることが多いです。

冷凍すると日持ちしますが、長く置くと冷凍焼けによるダメージを受けやすいので、工夫して保存しましょう。

茹でた後の冷凍保存も可能ですよ。

冷凍後の保存期間や冷凍焼けを防ぐコツ等を以下の項目に沿って紹介していきます。

この記事を読むとわかる!
ささみ のこと

 

  • 冷蔵・冷凍・茹でたときの日持ち
  • 腐るとどうなるか
  • 日持ちさせる為の保存方法
  • 冷凍保存のメリットや解凍方法

パサつきを抑える調理法も紹介しているので、気になる人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
麦茶 カビ

麦茶にカビが?白い浮遊物・黒い・濁るとNG?ポットのカビ対策も

ミスタードーナツ 常温保存

ミスドは常温保存で3日はNG?翌日は?日持ち目安と保存の注意点

卵 賞味期限切れ 1日

卵の賞味期限切れ1日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

ナッツ カビ

ナッツのカビを食べたら危ない?アフラトキシンとは?見分け方も

ぬか床 カビ

ぬか床に白カビや黒カビ?ふわふわの正体は?見分け方と対処法

ココナッツオイル カビ

ココナッツオイルのカビの見分け方|白い塊はOK?酸化の対処法も

フランスパン カビ

フランスパンにカビが生えた?白カビ・黒カビ・白い粉の見分け方

冷凍ブルーベリー 体に悪い

冷凍ブルーベリーは体に悪い?毎日食べると危険?適切な摂取量は

鮭フレーク カビ

鮭フレークにカビ?冷蔵庫の入れ忘れで腐る?開封後の保存方法は

ひらたけ カビ

ひらたけにカビ?白いふわふわ・粉は白カビ?見分け方と対処法も

ごぼうにカビ?中身が白い・ピンクに変色やスカスカでも大丈夫?

ぶなしめじ カビ

ぶなしめじにカビが?白いふわふわの正体や危険なカビの見分け方

ミックスチーズ カビ

ミックスチーズにカビ?青カビの見分け方や食べた場合の対処法は

オリーブオイル カビ

オリーブオイルにカビは生えるの?白い沈殿物・塊・濁りの正体は

豆腐 賞味期限切れ

豆腐の賞味期限切れ5日後は食べられる?何日後まで大丈夫か解説

赤福 常温

赤福は常温で何日もつ?冷蔵・冷凍保存できる?適切な保存方法は

こんにゃく カビ

こんにゃくにカビ?表面の白い膜や斑点の正体や見分け方を解説

砂糖 カビ

砂糖にカビは生えない?三温糖・黒砂糖・きび砂糖にカビは生えるか

ピクルス 常温

ピクルスは常温で長期保存OK?開封後は?日持ちと保存の注意点!

手作り スイートポテト 日持ち

手作りスイートポテトの日持ち|常温・冷蔵庫・冷凍の保存方法も

フリスク 賞味期限

フリスクの賞味期限切れは腐るの?カビに要注意?日持ちの目安は

コンビニおにぎり 常温

コンビニおにぎりは常温保存で何時間もつ?翌日の昼までは危険?

油揚げ カビ

油揚げにカビ?黒い点や赤い・ピンクの変色は?腐るとどうなるか

青梅 カビ

青梅にカビ?追熟中の白カビ・しわしわ・腐る原因から対処法まで

レモン果汁 カビ

レモン果汁にカビ?白い浮遊物・沈殿物はNG?見分け方と保存方法

あさり 常温

あさりの常温保存は何日?冷蔵庫での日持ちは?砂抜きの注意点も

明太子 常温

明太子は常温で何時間OK?冷蔵庫での日持ちや持ち歩きの注意点も

おはぎ 日持ち

おはぎの日持ちは常温・冷蔵庫・冷凍でいつまで?手作りの場合は

人参 常温保存

人参は常温保存で何日まで?冷蔵庫の日持ちは?長持ちするコツも

温泉卵 常温

温泉卵は常温保存でOK?冷蔵庫での日持ちは?手作り・市販の違いも


ささみの消費期限(冷蔵・冷凍)|茹でた場合の保存期間目安

ささみ 消費期限

生肉は傷みやすく、冷蔵保存で置くなら茹でてからの方が日持ちします。

ささみの日持ち
茹でる
冷蔵 約2~3日
(記載の
消費期限まで)
約3~4日
冷凍 2~3週間程度 1ヶ月程度

冷凍保存では、どちらが使い勝手が良いか、筋はどのタイミングで取り除くか等ポイントがあります。

気になる人は記事の後半を参考にしてください。

生のまま冷蔵保存する際は、消費期限を守りましょう。

消費期限切れは1日でも避けて

鶏肉に限らず消費期限は安全に食べられる期限を指す為、1日でも2日でも切れたものは処分するのが基本です。

消費期限と賞味期限(※1)
  • 消費期限:安全に食べられる期限
  • 賞味期限:品質が変わらず美味しく食べられる期限

また鶏肉は他の肉類と比べて水分が多く、傷みやすいことが特徴です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
微生物は栄養分・水分・温度が発育に適している条件になると爆発的に増殖するからです。(※2)

安全性の面では記載の消費期限まで持ちますが、より美味しく味わう為には早めに食べ切るか、工夫して保存するのが得策です。

購入した後に常温で放置したり、いつまでも冷蔵保存で保存しておくと、最終的には腐って食べられなくなります。

腐るとどうなる?ぬめりや変色は

消費期限内でも「ついうっかり…」と常温で保存すると菌は猛スピードで増殖します。

鼻を刺激するようなきつい臭いであれば食べずに処分してくださいね。

時間の経過による変化
腐っている
可能性が高い
傷みはじめ
のサイン
見た目
変色
・ドリップが出て切る
・鮮やかなピンク色
から灰色に変色
臭い
匂い
におい
鼻を刺激するような
アンモニア臭

食感
触感など
ぬめりや
粘りがひどい

臭いに問題が無く、多少のぬめり程度であればまだ食べられるかもしれません。

表面のぬめりが気になるときは水で洗うのではなく、キッチンペーパーで拭きとる方が食中毒予防の観点で安心です。

鶏肉はカンピロバクター菌による食中毒の発生件数が多い肉類です。新鮮な鶏肉でも汚染されている可能性がある為、シンクや調理器具を介する二次汚染に注意しましょう。(※3)

カンピロバクター菌による食中毒についてはこちらの記事で詳しく紹介されています。

食品の腐敗を進める原因となる菌は、冷凍保存(-18℃以下)では活動が止まり、加熱調理ではほとんどが死滅します。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 多くの微生物は75℃以上1分間以上の加熱で死滅すると考えられています。(※4)

「すぐには食べないな」と判断したら、早めに冷凍するか調理をして対策しましょう。

冷凍保存中も、ちょっとした工夫が鮮度のキープに役立ちますよ♪

 
スポンサーリンク
 

ささみを日持ちさせる為の保存方法|冷凍・解凍方法のポイント

ささみ 日持ち

まずドリップがでていたら臭みの原因になる為、キッチンペーパーで拭きとりましょう。

筋は冷凍する前に取っておいた方が解凍後に取るより楽です。

サラダやスープなど、ほぐして使う場合には筋をつけたまま冷凍して、加熱調理後にほぐしながら取り除いても良いでしょう。

ささみの保存方法
茹でた後
常温 NG
冷蔵 ・チルド室が理想
・ドリップをふき取る
・タッパーのような
蓋つきの保存容器に
・茹で汁と保存すると
パサつき防止に
冷凍 ・1つずつサランラップ
に包みチャック付きの
保存袋に
・酒や調味料に漬けて
1回分をまとめて
保存袋に入れても可
・1つずつサランラップ
に包みチャック付きの
保存袋に

冷凍保存では空気に触れる面積が大きいほど冷凍焼けを起こしやすいので、サランラップで丁寧に包んだり生であれば調味料に漬けたりして保存します。

冷凍保存中に起きる食品の乾燥や、酸素による化学反応(酸化)です。いずれも色・食感・風味が悪くなり、美味しさを損なう原因となります。

冷凍保存は生か茹でてからか、それぞれのメリットを確認しておきましょう。

生活スタイルに合わせて冷凍

生の状態で冷凍保存すると、揚げ物や炒めものとその都度応用がききます。

料理が決まっていてしっかり下味を漬けると、冷凍焼け予防と時短で1品仕上がるのも嬉しいですね。

余計に火が入ると水分が抜けてパサパサとした食感になりやすいので、凍ったままではなく冷蔵庫で自然解凍、あるいは流水解凍をしてから使いましょう。

一方で加熱して冷凍すると、解凍するだけでサッとトッピングに使えたり、そのまま食べたりできます。

電子レンジを使うなら
  • フォークや串で数ヶ所穴をあける
  • ささみ4本に対して
    【酒小さじ1】【砂糖小さじ1/2】【塩少々】を加える
  • 耐熱容器に入れて軽くサランラップをかけ500Wで3分30秒程加熱
    (途中でひっくり返すとムラ軽減に)
    ※使用器具に合わせて調整してください

砂糖は水分が抜けるのを防ぐ効果があるので、パサつき軽減に一役買ってくれます。

また粗熱が取れるまでサランラップはかけたままにします。これもしっとり感をだすコツです。

冷めたら1本ずつ丁寧に包んで冷凍するか、ほぐして冷凍するのも良いでしょう。

ちょっとしたトッピングや棒棒鶏に活躍してくれそうですね!

ほぐしたときは小分けにしてサランラップで包みます。

解凍時は電子レンジで軽く温めるか、冷蔵庫の自然解凍がおすすめです。

冷凍する手間が面倒…。という人は常温でストックがきく商品もありますよ。

冷凍のストックを切らしたときも重宝します。

 
スポンサーリンク
 

結論|ささみの消費期限は短いので早めの調理か冷凍が得策

ささみ のまとめ
  • 生・冷蔵なら消費期限を守って
  • 鶏肉は肉類の中でも傷みやすい
  • 多少のドリップならまだ食べられる可能性あり
  • 生でも加熱後でも冷凍すれば2週間以上日持ちする
  • 冷凍は双方メリットが異なるので生活スタイルに合わせて

比較的安価で、ヘルシーなたんぱく質源なので、トレーニングやダイエット中の人には人気な食材です。

しかし肉類の中でも特に傷みやすいので、早めに工夫して保存しましょう。

茹でて冷蔵保存しても1週間の日持ちは期待できない為、加熱調理後も冷凍保存を候補に入れつつ、普段の食べ方や生活スタイルに合わせて保存してください♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました