スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

豆苗は体に悪い?生食は毒があるから危険って本当?デメリットは

豆苗 体に悪い

【執筆者:編集部 松洋子】

豆苗を食べ過ぎると、便秘や腹痛がひどくなり体に悪い影響を及ぼす可能性があります。

主に体質による不溶性食物繊維の摂りすぎが原因であり、適量であれば健康効果の高い野菜であることは間違いありません。

また豆苗には毒があり危険と言われる根拠はなく、生食でも美味しく食べられます。

この記事では、豆苗を食べる際の注意点や効能について以下の項目に沿って解説します。

この記事を読むとわかる!
豆苗 のこと

 

  • 摂りすぎが体に悪い理由
  • 不溶性食物繊維と便秘の関係
  • 豆毒の危険性は極めて低い
  • 生食より食べやすい方法

豆苗を毎日の健康に取り入れたい人、栄養素に関して詳しく知りたい人はぜひ参考にしてくださいね♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


豆苗の摂りすぎは体に悪い|便秘の人は注意が必要

豆苗 生食 毒

豆苗を食べ続けた結果、ひどい便秘に悩まされるなど、過剰摂取は体に悪い影響を及ぼす可能性があります。

豆苗が体に悪いと言われる理由
不溶性食物繊維 摂りすぎは便秘の原因に
豆毒 明確な根拠はない
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
豆苗に多く含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」と呼ばれ、水に溶けにくい性質があります。

整腸作用に欠かせない食物繊維は、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2つがあります。

スポンサーリンク

不溶性食物繊維の過剰摂取は便秘を悪化させる

豆苗に含まれる不溶性食物繊維は、腸の動きを活発にしますが同時に便の量を増やします

食物繊維による腸内環境の違いと働き(※1)
腸内の働き
水溶性食物繊維 ・善玉菌を増やす
・便を柔らかくする
不溶性食物繊維 ・腸の動きを活発化
・便の量を増やす
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
便秘がちな人は腸のぜんどう運動機能が低下しているので、かえって症状が悪化するようです。
便秘を悪化させる食材とは?

不溶性食物繊維が多い食材はごぼうやレンコンなど繊維質が多いイメージの野菜に加え、きのこ類・豆類などがあげられます。穀物では玄米やオートミールも含まれますので、便秘が気になる人は食べ過ぎに注意してください。

野菜を摂ってバランスの良い食生活をするのが好ましいですが、便秘が気になる人はかかりつけ医に相談しましょう

豆苗は根元部分に豆があり、毒性があるなどと不安視する声もあるようです。

スポンサーリンク

豆毒がある危険性はない|生食や加熱も可能

豆苗はえんどう豆の若葉(スプラウト)の部分を指しますが、豆は食用ではないため食べられません。

根元の豆には毒があるのではないかと言われる原因に、インゲン豆のレクチンという成分による食中毒があります。(※2)

豆には毒があるという知識が混在して、豆苗に危険性があるのではないかと考える人がいるようですがレクチンの影響はほとんどありません。

豆苗は生食でも食べられますし、根や豆の部分を水に浸して栽培し再び収穫する楽しみがありますよ。

食生活に豆苗をプラスするだけで、さまざまな健康の効能があるようです。

   
スポンサーリンク
 

豆苗は適量なら健康や美容にうれしいメリットあり

豆苗 生 危険

豆苗は適量摂ると体に悪いどころかビタミン成分が多く栄養価が高い特徴があり、糖尿病予防やダイエットにもおすすめです。

豆苗の豊富なビタミン類
βカロテン 免疫力を高める
葉酸 正常な細胞の増殖
ビタミンE 生活習慣病の予防
ビタミンC アンチエイジング効果
ビタミンK 骨を丈夫にする
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
豆苗は、消化が良く整腸作用があるほかに血糖値を下げる働きもあります。いろんなお料理に加えやすく、彩りもきれいになりますね♪

▼豆苗

ノーブランド品
¥2,780 (2022/12/07 17:12:50時点 Amazon調べ-詳細)

▼豆苗プランター

豆苗は安価なのに、プランターに入れて水に浸すと再収穫できるのでコスパ最高ですね♪

スポンサーリンク

健康を持続させるため再収穫を楽しもう

豆苗の根元部分を水に浸して、手軽にキッチン菜園を楽しんでみましょう。(※3)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
このように豆苗は、わき芽を2つ残してカットするのがポイントです。夏以外だと3回食べられることもありますよ♪

子どもと一緒に水耕栽培を楽しんでみると、野菜を好きになるきっかけになるかもしれませんね。

生でも食べられるがレンジ加熱も食べやすい

豆苗は生食でも食べられますが、青臭さが気になる場合はレンジで加熱するのがおすすめです。

健康な生活を維持するには、野菜類を1日の摂取量350g以上食べるのが好ましいとされています(※4)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
お好みにもよりますが、600Wで1分半程度加熱するとシャキシャキとした食感で美味しく食べられるそうです。生よりかさが減り、たくさん食べられますね♪

豆苗に含まれる葉酸やビタミンCは水に溶けやすいので、お鍋で食べるのも良いですね。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
スープに溶け出した栄養も余すことなく摂れるので、おすすめの食べ方と言えるでしょう。

その他、豆苗に関する疑問や美味しく食べるコツについては、以下の記事を参考にしてくださいね♪

   
スポンサーリンク
 

結論|豆苗は体に悪いどころか健康や美容に最適

豆苗 のまとめ
  • 過剰摂取は腹痛や便秘の原因になり体に悪い影響がある
  • 不溶性食物繊維が豊富で便秘がちな人は注意が必要
  • 豆毒の危険性は極めて低く生食でも問題なく食べられる
  • 葉酸やビタミンが豊富でカロリーが低く美容効果が高い
  • レンジで加熱したりお鍋にすると青臭さが減り食べやすい

豆苗を食べ過ぎると、便秘の症状がひどくなり体に悪い影響が出る可能性があります。

また豆毒の危険性があると誤解されますが、そのような心配はなく、生食でも美味しく食べられます

再生栽培ができる利点もあり、キッチン菜園で2〜3度育ててお得に楽しめますよ。

豆苗はカロリーが低い上に栄養価が高く、葉酸やビタミンなど女性にメリットが多い食材です。

レンジで加熱したりお鍋にしたりして、体に良い効能を活かしながら美味しく食べてくださいね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました