スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

煮干しは体に悪い?塩分に注意|食べ過ぎによる健康への影響は

煮干し 体に悪い

【執筆者:編集部 松洋子】

煮干しは食べ過ぎると、塩分の摂取量が多くなり体に悪い影響があります。

子どものおやつやダイエットに煮干しを取り入れたい場合は、添加物についても知っておくべきですね。

この記事では、煮干しを健康的に食べるために理解しておきたい次の項目について解説します。

この記事を読むとわかる!
煮干し のこと

 

  • 食べ過ぎは体に悪い理由
  • 1日の塩分摂取量から見る適量
  • 気になる添加物の種類
  • 優れた栄養と健康効果

体に良いとされる煮干しですが、食べ方の注意点や栄養素について詳しく知りたい人は必見です。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証


煮干しの食べ過ぎは体に悪い|塩分摂取量を守ろう

煮干し 食べ過ぎ

煮干しが体に悪いと言われる原因は、塩分を多く含むことや製造過程で酸化防止剤が添加されることが挙げられます。

煮干しが体に悪いと言われる原因
塩分過多 ・塩水で煮て作られる
添加物 ・酸化防止剤を添加する
プリン体
過剰摂取
・尿酸値が高い人は
注意が必要
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
塩分の摂りすぎが気になる人は、真水で加工している無塩煮干しがおすすめです。賞味期限が短めなので、開封後は早めに食べてくださいね♪

▼無塩 健康にぼし

食塩の含有量が多いとされる煮干しですが、1日どれくらいを目安にするべきか覚えておくといいですね。

スポンサーリンク

1日の推奨摂取量は15g|粉末なら大さじ1程度

煮干しの食べ過ぎを防ぐには、1日の摂取量15g程度(小20匹)を目安にしましょう。

日本人の塩分摂取量の目標値(※1)
目標相当量
成人男性 7.5g未満
成人女性 6.5g未満
高血圧及び
慢性腎臓病
6.0g未満
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
煮干し15gの塩分はおよそ0.6gに相当します。しかし、メーカーによって塩分含有量には差があるので、成分表を確認してくださいね。
煮干しをおやつに食べるには?

煮干しをおやつとして食べるために、塩分控えめの「食べる煮干し」が売られています。牛乳も一緒に摂ることで、さらにカルシウムの吸収が良くなります。

煮干しは、塩分の次に気になるのは添加物ですね。どうして添加物が使用されているのか、その理由について解説します。

スポンサーリンク

酸化を防止するために添加物を使用することも

煮干しに使用される添加物は、主に酸化防止剤(ビタミンE・BHA)が多いと言われています。

煮干しに含まれる添加物の種類と作用
酸化防止剤 ビタミンE 酸化による
異臭の発生を防ぐ
BHA 酸化による
油焼けを防ぐ
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
煮干しは脂が多く、酸化すると黄・茶に変色し過酸化物による品質劣化や栄養価の低下につながるのが難点です。酸化防止剤は品質劣化を防止するために使われています。(※2)

酸化防止剤のビタミンE・BHAは、国から使用を認められている添加物です。

着色料が使われている?

煮干しによっては、見た目をよくするために着色料が使われている場合があります。通常は魚の目が白いですが、青い場合は着色料が使用されているサインといえます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
煮干しの添加物は品質管理のためですが、どうしても気になる人は無添加の煮干しを選んでみましょう。

その他、煮干しにはプリン体が多く含まれるため尿酸値が高い人は食べ過ぎに注意が必要です。

高尿酸血症や痛風のリスクがある人は、この記事も参考にしてくださいね。

   
スポンサーリンク
 

煮干しはおやつにもぴったり|健康づくりに最適

煮干し 健康 悪い

煮干しは体に悪いどころかカルシウムDHAの含有率が高く、健康づくりに大きなメリットが期待できます。

煮干しに含まれるおもな栄養素
タンパク質 良質な血液や筋肉をつくる
カルシウム 骨や歯を丈夫にする
ビタミンD カルシウムの吸収を促進
DHA 生活習慣病の予防
EPA 悪玉コレステロールを減少
鉄分 貧血予防・活性酸素を分解
タウリン 疲労回復や肝機能改善
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
煮干しはそのまま食べるとオメガ3系脂肪酸も摂取できますよ。青魚の生臭さが苦手な人でも、手軽に食べられておすすめです♪

煮干しはカルシウムが豊富なことで知られていますが、吸収を促進するビタミンDも多く尿中への流出を減らす働きをしています。

スポンサーリンク

カルシウム・DHAが豊富|ダイエットや健康効果も

煮干しは健康に欠かせないカルシウムやタンパク質が豊富で、子どものおやつやダイエットにおすすめです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
このように出汁をとった後の煮干しでも、捨てるところがないほど栄養価が高いのが特徴です。適量であれば低カロリーで太る可能性もなく、理想的な食事ができますね♪

煮干しに含まれるカルシウムは、なんと牛乳の20倍と言われています。

毎日15g程度食べて煮干しのおやつを習慣にすれば、1日に約330mgのカルシウムが摂れますよ

1日あたりのカルシウム推奨摂取量(※3)
  • 成人男性:700〜800mg
  • 成人女性:650mg
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
1日あたりのカルシウム推奨摂取量に近づけていきましょう。お子さんで、煮干しが固い場合はちりめんじゃこを代用しても良いですね♪

煮干しは「カタクチイワシ」や「マイワシ」が原料ですが、それより小さい稚魚は「しらす」になります。

▼天日干し ちりめんじゃこ

天日干しの煮干しやじゃこは旨味成分が多く含まれ、さらに栄養価が高く美味しいと言われています。

そのまま食べる以外の栄養を活かす調理法

煮干しは砕いてふりかけにしても美味しいですが、伝統料理の田作りにしても楽しめますよ。

おせちにはもちろん、普段の日の常備菜として人気の一品です。

煮干しで簡単くるみ入り田作り

Cpicon 常備菜にも♪田作り(くるみ入りごまめ) by 簡単手抜きママ

甘くて子どもも喜ぶ美味しさですね♪

煮干しは苦手で食べられない人は、イワシの缶詰オイルサーディンを使ってみるのも手です。

オイルサーディン缶のアヒージョ

Cpicon オイルサーディンで缶ごとアヒージョ♪ by indiansun

手軽に作れてバーベキューでも人気です♪

▼イワシのオイルサーディン

煮干しはそのまま食べるおやつから、さまざまな料理まで幅広く楽しめる健康効果の高い食材です。

   
スポンサーリンク
 

結論|煮干しは体に悪いどころかおやつに最適

煮干し のまとめ
  • 塩分が含まれる水で煮る工程のため食べ過ぎは体に悪い
  • 1日の推奨摂取量は15g(小20匹)程度が好ましい
  • 品質劣化を防ぐために添加物の酸化防止剤が使われる
  • カルシウムが豊富でおやつとしてそのまま食べるのも健康的
  • 固くて食べにくい人はちりめんじゃこを代用しても良い

煮干しは塩分が多く含まれるため、食べ過ぎると体に悪い影響があるおそれがあります。

毎日何匹を目安に食べると良いかは煮干しの大きさにもよりますが、およそ15gが推奨摂取量と言われています。

イワシは脂が多く酸化しやすいので添加物を使用していますが、気になる場合は無添加の煮干しを選ぶと良いでしょう。

カルシウムやDHAが豊富で栄養価が高く、健康的な食生活に欠かせない煮干しを積極的に食べましょう♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました