スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ソイジョイ (soyjoy) は体に悪い説|添加物が危険?デメリットを解説

ソイジョイ(soyjoy) 体に悪い

【執筆者:管理栄養士 上月典子】

ソイジョイ(soyjoy)は高タンパクで食物繊維も豊富な栄養価が高い食品で、食べ過ぎなければ体に悪いわけではありません。

デメリットといわれる添加物やトランス脂肪酸などが、含まれているのかも気になるところですよね。

この記事では、ソイジョイ(soyjoy)の栄養成分やダイエットサポートにもメリットとなる情報も一緒にお届けします。

この記事を読むとわかる!
ソイジョイのこと

 

  • 体に悪いとされる理由
  • 間食にする場合の摂取量目安
  • アレルギー物質や添加物・トランス脂肪酸は含まれるのか
  • 体に良い栄養成分とメリット

ヴィーガン認証を受けている商品もあるので、詳しく解説しますね♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証

三ツ矢サイダー 体に悪い

三ツ矢サイダーは体に悪い?良い?飲み過ぎによる体への影響は

杏仁豆腐 体に悪い

杏仁豆腐は体に悪い?なぜ危険?食べ過ぎによる健康への悪影響は

かぼちゃ 体に悪い

かぼちゃは体に悪い説|毎日食べるとデメリットがあるって本当?

高野豆腐 体に悪い

高野豆腐は体に悪いの?食べ過ぎると危険って本当?注意点を解説

マンゴー 体に悪い

マンゴーは体に悪い説|食べ過ぎは消化不良になる?1日の適量は

油揚げ 体に悪い

油揚げは体に悪い?太るし添加物が危険?食べ過ぎのデメリットは

マックアップルパイ 体に悪い

マックアップルパイは体に悪い?添加物は大丈夫?人体への安全性

ネオバターロール 体に悪い

ネオバターロールは体に悪い?太るの?食べ過ぎの注意点を解説!

ごぼう 体に悪い

ごぼうは体に悪い?栄養がないって本当?注意点とメリットも解説

プロセスチーズ 体に悪い

プロセスチーズは体に悪い?添加物の危険性|安全性を徹底検証

玄米 食べ続けた結果

玄米を食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?悪い点と良い点

爽健美茶 体に悪い

爽健美茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎの注意点やメリットも解説

もずく酢 危険

もずく酢が危険?体に悪い説の理由|健康への影響や注意点を解説

鮭フレーク 体に悪い

鮭フレークは体に悪い?添加物・着色料の危険性や健康への影響

冷凍フルーツ 体に悪い

冷凍フルーツは体に悪い?太るからダイエットに不向き?注意点は

野菜一日これ一本 体に悪い

野菜一日これ一本は体に悪い?意味ないって本当?真相を徹底検証

アイスボックス 体に悪い

アイスボックスは体に悪い?太るからダイエットに不向き?真相は

バニラエッセンス 体に悪い

バニラエッセンスは体に悪い?添加物が有害?過剰摂取の危険性は

エビアン 体に悪い

エビアンは体に悪い?まずいし危険性がある?安全性を徹底検証


ソイジョイ(soyjoy)を食べ過ぎると体に悪い影響がでることも

ソイジョイ 食べ過ぎ

ソイジョイを食べ過ぎるとカロリーや脂質の摂り過ぎで太ることもあり、体に悪いといわれることがあります。

ソイジョイが体に悪いとされる要因
肥満・糖尿病など
生活習慣病
・カロリーや脂質の摂り過ぎ
※トランス脂肪酸の心配はなし
添加物 ほぼ心配なし
アレルギー 体質による

大塚製薬から販売されているソイジョイは、種類も豊富にありますね。

現在販売されているソイジョイの種類
  • フルーツ系
    ストロベリー・ブルーベリー・3種のレーズン・2種のアップル・サツマイモ
  • ナッツ系
    コーヒー&ナッツ・抹茶&マカダミア・アーモンド&チョコレート・ピーナツ
  • プラントベース
    ホワイトチョコ&レモン・バナナ
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
プラントベース食品とは昨今の健康志向や環境問題を考慮し、植物由来の原材料(大豆や小麦など)から肉や魚などの動物性食品に似せて作られたものです。

ソイジョイのプラントベース商品はヴィーガン認証を受けています。

ヴィーガン・ベジタリアン・マクロビの違い

ヴィーガン・ベジタリアンはどちらも菜食主義ですが、ヴィーガンは乳製品・卵・はちみつも制限されます。マクロビオティックは玄米菜食で、肉や魚・卵・乳製品も厳格には制限されていません。

それぞれ独自の思想や哲学がある「ライフスタイル」に対し、プラントベースは「食のスタイル」の提供なので食の選択肢が広がりますね。

ソイジョイは食べ過ぎるとカロリーの過剰摂取になることもあります。

スポンサーリンク

カロリーの摂り過ぎで太る|デメリットとなる量は

ソイジョイは種類によって異なりますが、1本(25~30g)のカロリーは約130~150kcalです。

ソイジョイのおもな栄養成分
(大塚製薬ホームページより抜粋)
フルーツ系 ナッツ系 プラント
ベース
エネルギー
(kcal)
132~135 142~149 117~129
糖質(g) 10.0~11.8 5.4~7.6 5.7~6.6
食物繊維(g) 3.4~4.6 4.0~5.1 2.7~2.9
タンパク質(g) 4~4.5 5.0~5.7 6.0~6.9
脂質(g) 7~7.6 9.5~10.5 6.9~8.7

健康に良いからといって何本も一気に食べてしまうと、カロリーの過剰摂取で太る可能性がありデメリットとなるため、摂取量には注意が必要です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
間食としてなら約200kcalが目安とされてるので、ソイジョイ1本程度が適量だと考えられますね。

ソイジョイには小麦粉が使われていないので、GI値や糖質は低めです。

スポンサーリンク

GI値や糖質量は低め|糖尿病や血糖値への影響は

ソイジョイには大豆由来の食品なので、公式ホームページで低GI食品であると記載があり、糖質もフルーツ系以外は低めです。

GI値とは(※1)

GI値とはグリセミックインデックスの略で、食後血糖値上昇度の度合いを表したものです。ブドウ糖の血糖値上昇指数を100とした場合、指数が55以下が低GI食品とされています。

低GI食品は血糖値への影響も低い傾向にありますが、糖尿病の人は念のため医師に確認のうえ摂取するようにしましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
1本80kcal・糖質4.2gのソイジョイもあり、単位法の食事療法の場合もサポートにもなるので活用してみてくださいね。(※3)

低GI食品は糖質の吸収が穏やかであり太りにくいとされていますが、高GI食品と一緒に摂取すると血糖値に影響するので注意してくださいね。

ソイジョイには食物繊維も含まれています。

スポンサーリンク

食物繊維の摂り過ぎで腹痛や下痢になることも

ソイジョイに含まれる食物繊維はおもに難消化性デキストリンとイヌリンで、どちらも水溶性の食物繊維となります。

水溶性食物繊維は、腸内の細菌を増やし便をやらかくして腸の調子を整えるため、便秘の人には有用ですが、過剰摂取で腹痛や下痢を起こすことがあるため食べ過ぎには注意が必要ですね。
不溶性食物繊維との違い

不溶性は、便のカサを増やして腸を刺激し便通を整えますが、過剰摂取で便秘になる可能性もあります。

難消化性デキストリンのメリットについては、記事後半で解説しますね。

添加物やトランス脂肪酸が含まれるのかも確認してみましょう。

添加物やアレルギーは?トランス脂肪酸ゼロの理由

ソイジョイは保存料は使われておらず、添加物は香料のみとなっています。

香料には化学的に合成されたものと天然物由来のものがあります。

香料の種類(※3)

香料素材を調合した香料ベースから、水溶性・油性・乳化・粉末などの香料が製剤されています。
【化学的に合成された香料】
アセト酢酸エチル・アセトフェノン・アニスアルデヒドなど香りづけの目的で使用され、多数の物質を組み合わせ調合されます。
【天然物由来の香料】
天然香料基原物質リストの植物原料や動物原料から抽出された成分で、複数組み合わせたものが使用されます。

食品添加物は1日の許容摂取量(ADI)が設定され、厚生労働省が使用を認めているので過度な心配は必要ないでしょう。

ソイジョイには、大豆・卵・乳製品やフルーツ・ピーナッツが含まれているので、これらの食材にアレルギーがある人は食べるのは控えましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
またソイジョイはトランス脂肪酸量を低く抑えたマーガリンが使用されており、製品にほとんど含まれていないため0g表示と公式ホームページに記載があります。健康に配慮されていることがわかりますね。
トランス脂肪酸とは(※4)

天然の食品中に含まれているものと、油脂の加工・精製される過程でできるものがあります。常温で液体の植物油や魚油に水素添加し製造する工程で人工的にトランス脂肪酸ができることがありますが、食品から摂る必要がないものと考えられています。

WHO(世界保健機関)はトランス脂肪酸の摂取量を、総エネルギー摂取量の1%に相当する量よりも少なくするように勧告しており、日本人の場合はおよそ2gとなっています。

日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は総エネルギー摂取量の0.3%なので、日常生活で摂り過ぎる可能性は低いと考えられますね。

ソイジョイは適量なら体に良いと期待される栄養成分が含まれています。

   
スポンサーリンク
 

ソイジョイ(soyjoy)の体に良い栄養成分|大豆イソフラボンとは

ソイジョイ 栄養成分

ソイジョイにはさまざまな栄養素が含まれています。

ソイジョイのおもな栄養素とはたらき
糖質 ・血糖としてのエネルギー源
・グリコーゲンとして筋肉に貯蔵
食物繊維 ・腸の調子を整える
・血糖値上昇を抑える
タンパク質 ・皮膚や筋肉・髪の毛などをつくる
・ホルモンや免疫物質の材料
脂質 ・エネルギーの貯蔵
・身体機能や生理機能を一定に保つ
・脂溶性ビタミンの供給源

ソイジョイに含まれる大豆イソフラボンは、大豆や大豆胚芽に多く含まれる成分でフラボノイドの一種です。

女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ているため植物性エストロゲンとも呼ばれます。

エストロゲンは卵巣ホルモンで、子宮や卵巣の健全な発育だけでなく、健康維持や女性としての美しい身体づくり・若々しい肌を生成する助けになる美容にも大切なホルモンです。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
大豆イソフラボンを含む大豆製品は、積極的に摂りたいですね。

ほかにも、ソイジョイにはメリットがありますよ。

難消化性デキストリンとグルテンフリーのメリット

難消化性デキストリンとは「消化しにくいデキストリン(デンプンの仲間)」という意味で、トウモロコシのデンプンを加水分解する過程で難消化性成分を取り出して調製された水溶性食物繊維です。(※5)

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
日本人の食生活が欧米化したことで食物繊維の役わりが注目され、不足しやすい食物繊維を補う目的で作られたものですが、食品添加物ではなく食品に分類されます。

低粘性・低甘味で溶けやすく透明で、耐熱性・耐酸性に優れている特徴があり、医薬品や食品・飲料、トクホの商品など幅広く使われていますね。

難消化デキストリンのはたらき
  • 食後血糖の上昇を抑える
  • 腸の調子を整える
  • 内臓の脂肪量や食後の血中中性脂肪値を抑える
  • ミネラルの吸収を促進

また、ソイジョイは小麦粉ではなく大豆由来なのでグルテンフリー食品です。

グルテンとは

ラテン語で「糊」という意味で、おもに小麦に含まれるタンパク質です。水を加えると糊状になるため、この粘着性を活かしてパンやケーキなどが作られています。グルテン含有量20ppm以下はグルテンフリー食品となっています。

グルテンは消化されにくい粘性のタンパク質なので、体質によっては腸内環境が悪化することもあるといわれています。

医療品にような効果効能を期待できるわけではありませんが、これらの2つは腸の調子を整えるはたらきだけでなく、さまざまなメリットがあるのでダイエットサポートにもなりますね。

健康的なダイエット法|大豆タンパク質の腹持ち効果

食物繊維も豊富で植物性由来の大豆タンパク質・低GI食品のソイジョイは、1本でも食べ応えがあります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
大豆タンパク質は「畑の肉」ともいわれるほど栄養価が高く、腹持ちも良いといわれています。

ダイエット中の間食にもおすすめで、種類も多いので選ぶ楽しみも魅力ですね。

ソイジョイは補助的なサポート食品と考え主食や主菜・副菜のバランス良い食生活を基本として上手にダイエットしてくださいね。

忙しいときは、ミネラルやビタミンが摂れる飲みものと一緒に摂るのも良いですよ。

   
スポンサーリンク
 

結論|ソイジョイ(soyjoy)は適量なら健康に悪いわけではない

ソイジョイのまとめ
  • 糖質もGI値も低めで間食するなら1本程度がおすすめ
  • 原材料にアレルギー症状がある人は確認が必要
  • 添加物やトランス脂肪酸の心配はほとんどない
  • 大豆タンパクや大豆イソフラボンを積極的に摂ろう
  • 難消化性デキストリンやグルテンフリーを活用してダイエット

ソイジョイは低糖質・低GI食品で食物繊維も含まれ、大豆の良質なタンパク質も同時に摂れる栄養価の高い食品ですね。

常温で保管できるので、防災用や備蓄用にストックしておくのも良いででしょう。

ダイエットのお供にもおすすめなので、上手に活用してくださいね♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました