スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

らっきょう 体に悪い

【執筆者:ヨセミテ編集部】

らっきょうを食べ過ぎると、匂いの主成分である硫化アリルの刺激で、胃痛や下痢といった体に悪い影響が出るおそれがあります。

しかし小粒ながらも栄養素が豊富に含まれているので、適量なら健康増進が期待できる野菜ですよ。

この記事では美味しく安全にらっきょうを食べるために、知っておきたい以下の情報をまとめました。

この記事を読むとわかる!
らっきょうのこと

 

  • 体に悪いと言われる原因
  • 硫化アリルの作用
  • 生と甘酢漬けの違い
  • 注目したい栄養素と効果

甘酢漬け以外の食べ方もご紹介しているので、最後までぜひ読んでくださいね♪

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット

春雨 体に悪い

春雨は体に悪い?食べ過ぎによるデメリットや注意点を徹底検証

三ツ矢サイダー 体に悪い

三ツ矢サイダーは体に悪い?良い?飲み過ぎによる体への影響は


らっきょうの食べ過ぎが体に悪い理由│胃痛・下痢

らっきょう 食べ過ぎ

らっきょうを食べ過ぎると、硫化アリルの作用で消化器官に負担がかかり、胃痛や胸やけを引き起こしたり、おならが臭くなったりする可能性があります。

また糖質・塩分が多い甘酢漬けは肥満の原因になるなど、体に悪いといわれる理由がいくつかあります。

らっきょうが体に悪いと言われる原因
消化不良
胃痛・胸やけ
硫化アリルによる刺激
下痢 ・硫化アリルによる刺激
・食物繊維の摂り過ぎ
肥満・むくみ 糖質や塩分の摂り過ぎ

らっきょうはガイハク(薤白)という名前の生薬で、漢方では免疫力を高める効能があるとされていますが、摂り過ぎはかえって体の負担になるおそれがあります。

スポンサーリンク

硫化アリルによる消化不良│胸やけやおならに注意

硫化アリルは殺菌作用が強いため、摂取量や体調によっては胃粘膜を刺激して消化不良(腹痛・胸焼け)や下痢になる可能性があります。

加熱するとその性質は低減しますが、生の状態で漬ける甘酢漬けは食べ過ぎに注意しましょう。

また硫化アリルの一種であるアリインが化学変化を起こして体内にとどまることで、口臭やおならの匂いがきつくなる場合があります。

らっきょうやにんにくなどのネギ属の植物に含まれるアリインは、そのままだと無臭ですが、切る・擦るなどで組織が破壊されると、アリイナーゼ(酵素)の作用によってアリシンという物質を生成します。アリシンはその後さらに化学反応をおこし、最終的には強烈な臭いの原因となる「ジアリルジスルファイド」という物質に変化します。
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
 らっきょうを食べる前後に、牛乳やりんごを食べると臭いに効果があると言われていますよ♪

硫化アリル(アリイン)については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

らっきょう自体は低カロリーですが、砂糖や塩をふんだんに使う甘酢漬けは食べ過ぎに注意が必要です。

スポンサーリンク

糖質・塩分が多い甘酢漬け│適量は1日3~4粒

らっきょうの甘酢漬けは砂糖や塩が多く使用されているため、食べ過ぎるとむくみ・肥満に繋がる可能性があります。

生と甘酢漬けの栄養成分の比較(100g)
エネルギー(kcal) 糖質総量
(g)
食塩相当量
(g)
らっきょう
83 8.6 0.0
らっきょう
甘酢漬け
117 26.5 1.9

ただこれは100gあたりの数値なので、箸休め程度に食べるのであればそれほど心配ないでしょう。

大きさにもよりますが、摂取の目安量は1日3~4粒(10~40g)とされています。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
硫化アリルや酢には食欲増進の効果があります。夏バテで食欲がないときに良いですね♪

適量を意識して摂ることで、体に良い効果が期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

らっきょうを毎日食べるメリット│便秘解消には生

らっきょう 効能 高血圧

らっきょうは食物繊維やカリウム、水溶性ビタミンが豊富な野菜です。

また硫化アリルによって血行を促進し、体を元気に保つ効果が期待できますよ。

らっきょうに含まれるおもな栄養素
食物繊維 ・腸の調子を整える
・血糖値の上昇を抑える
カリウム ナトリウム(塩分)を排出する
ビタミンC
ナイアシン
体の機能を正常に保つ
硫化アリル ・体の抵抗力を高める
・血液の凝固を防止する
・ビタミンB1の吸収を助ける

らっきょうに含まれる食物繊維はフルクタンとよばれ、その量はごぼうの約4倍です。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
食物繊維が血糖値の上昇をゆるやかにすることで、糖尿病の予防効果が期待できるという研究もありますよ。

注意が必要なのは、フルクタンは水溶性食物繊維のため、甘酢漬けにすると成分が溶け出して食物繊維量が大幅に減ってしまいます

甘酢漬け
食物繊維総量 20.7 2.9

食物繊維を最大限に摂取するには、生のまま食べましょう。

さわやかな風味と辛味が特徴の島らっきょうは、味噌をつけて食べるのがおすすめですよ。

沖縄の八百屋さん
¥2,980 (2022/12/07 23:14:20時点 Amazon調べ-詳細)

加熱する場合は炒める・揚げるなどの方法で調理してくださいね。

らっきょうには普段の食生活で塩分を摂り過ぎてしまう人にも嬉しい効果があります。

スポンサーリンク

カリウムで高血圧やむくみ予防│腎臓病の人は注意

らっきょうに含まれるカリウムは、細胞内のナトリウムを排出するはたらきがあるため、塩分の摂り過ぎで血圧が高めの人におすすめです。

 【カリウムの働き】(※2)
・ナトリウム(塩分)を排出し細胞内液の浸透圧を一定に保つ
・利尿作用があり、体内の余分な水分を排出しむくみを予防、解消する
むくみが原因となって水太りする場合もあるので、カリウムはダイエット中の人にも積極的に摂取して欲しい成分です。
ただし腎臓に障害がある場合は、カリウムを十分に排出できずに高カリウム血症になる危険性があるため注意してください。
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
水溶性食物繊維と同様に、カリウムやビタミンCなども水に溶け出すため、甘酢漬けにして適量食べる場合は、過剰摂取の心配はほとんどいりません。

らっきょうのもつ栄養素は水に溶け出すものが多いので、体質や目的に合わせて調理方法を変えてくださいね。

   
スポンサーリンク
 

結論|適量のらっきょうは健康効果大で体に悪い食べ物ではない

らっきょうのまとめ
  • 硫化アリルは消化不良や下痢の原因になる場合も
  • 甘酢漬けは糖質・塩分の過剰摂取になるおそれ
  • 1日の摂取量目安は3~4粒程度
  • 生のらっきょうに含まれる食物繊維はごぼうの4倍多い
  • カリウムやビタミンC、食物繊維量は甘酢漬けにすると減る

らっきょうは一度に食べ過ぎると、硫化アリルや食物繊維の作用によって、消化不良や下痢といった症状が出る場合があります。

またらっきょう自体が消化されたあとも匂いの成分はしばらく体内にとどまるので、気になる人は食べる時間帯にも注意してくださいね。

とはいえ数粒摂取するだけで、便通の改善効果や血圧の調整など、さまざまな健康効果が期待できるので、毎日の食卓に追加してみてはいかがでしょうか♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました