スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

ジンジャーエール 体に悪い

【執筆者:管理栄養士 上月典子】

ジンジャーエールは飲み過ぎると体の冷えや糖質の摂り過ぎが体に悪いといわれることがあります。

爽快な刺激が魅力の炭酸飲料は糖分も多く含まれますが、飲む量や飲み方に気をつければ嗜好品として楽しめますよ。

この記事では、ジンジャーエールの成分や飲み方の工夫、生姜の体に良い栄養素や健康効果などの情報をお届けします。

この記事を読むとわかる!
ジンジャーエール のこと

 

  • 体に悪いとされる理由
  • カロリーや成分比較・生姜やカフェインの含有量
  • 糖分を含む炭酸飲料の飲み過ぎによる健康への影響
  • 生姜の体に良い栄養成分

生姜シロップや炭酸水の作り方も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは

麦ごはん 体に悪い

麦ご飯は体に悪い?太るの?デメリットとメリットを徹底検証!


ジンジャーエールの飲み過ぎは体に悪い|冷えと糖分の摂り過ぎ

ジンジャーエール 飲み過ぎ

ジンジャーエールのような糖分を含む炭酸飲料を飲み過ぎると、体に悪い影響を与えることがあります。

ジンジャーエールが体に悪いとされる要因
消化不良 胃腸が冷えて下痢する可能性
肥満
生活習慣病
カロリーや糖質の摂り過ぎ
血糖値への影響 ・血糖の乱高下
・ペットボトル症候群や
血糖値スパイクのリスク
歯への影響 ・口内環境の悪化
・酸が強く虫歯や酸蝕症のリスク

冷たいものを飲み過ぎると胃腸が冷えて消化不良を起こす可能性があるので、過剰摂取には注意が必要ですね。

またジンジャーエールのような炭酸飲料は糖分を含みます。

スポンサーリンク

人気商品のカロリーや成分は|辛口でも砂糖を含む?

ジンジャーエールはさまざまな種類がありますが、辛口のものでも無糖ではなく糖分は含まれています。

ジンジャーエールのおもな成分
(1本500mlの場合)
エネルギー 糖質
カナダドライ
コカ・コーラ
180kcal 45g
ウィルキンソン
アサヒ飲料
185kcal 46.5g
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ほかに含まれる成分は果糖ぶとう糖液糖・炭酸・酸味料・カラメル色素などで、生姜はフレーバーやエキス・香料として加えられていることが多いようです。

アレルギー特定原材料は含まれないと公式ホームページに記載があります。

こちらでも詳しく解説しています。

カナダドライはすっきりとした飲み味ですね。

ウィルキンソンジンジャーエールは本格ジンジャーの力強い味わいです。

ウィルキンドライソンジンジャーエールは爽やかでさっぱりした少し甘口の商品です。


ジンジャーエールのような炭酸飲料には、砂糖の代わりに異性化糖の一種である「果糖ぶどう糖液糖」が使われることがあります。

異性化糖とはでんぷんを酵素で分解させたブドウ糖と果糖の混合液で、酵素によってブドウ糖を果糖に変えることを異性化といい、日本農林規格(JAS)で規定があります。

異性化糖の分類
  • 果糖含有率50%未満
    ぶどう糖果糖液糖
  • 果糖含有量50%以上90%未満
    果糖ぶとう糖液糖
  • 果糖含有量90%以上
    高果糖液糖
    ※液状の糖なので液糖といいます。
果糖ぶどう糖液糖の甘みは砂糖と同等といわれますが、砂糖より価格が安くキレのある爽やかな甘みが特徴です。また果糖は低温で砂糖より甘みが強くなるため、冷たい炭酸飲料や清涼飲料水に使われていますね。(※1)

異性化糖の果糖はブドウ糖より中性脂肪を貯めやすいともいわれるため、過剰摂取は肥満のリスクを高める可能性があります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
1本(500ml)で間食として推奨される約200kcal近くを摂取してしまうため、小さめサイズを選んだり飲む頻度に気をつけたり工夫してみましょう。

炭酸飲料の飲み過ぎは、ほかにも健康へ影響を与えることがあります。

スポンサーリンク

ペットボトル症候群や血糖値スパイクのリスク

糖分の過剰摂取は、肥満や生活習慣病だけでなくペットボトル症候群や血糖値スパイクなどの症状にも注意する必要があります。

ペットボトル症候群とは(※2)

正式名称は清涼飲料水ケトーシスで糖尿病の自覚がない人が糖尿病のように「喉の渇き」糖分を含むペットボトル飲料を大量に飲みケトーシスを起こす症状です。

糖分を多く含んだ炭酸飲料を摂取することで血糖値が急上昇しますが、それが続くと体内にケトン体が増え糖尿病と同じような倦怠感や意識障害などの症状が現れます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
また、食後の血糖値が急上昇や急降下することを血糖値スパイクといいます。スパイクとは「トゲ」の意味で血糖値のグラフがトゲのような形になるからといわれていますね。
血糖値スパイクが及ぼす影響

血糖値が急上昇すると血糖値を抑えるためにインスリンが大量に放出され、今度は血糖値は急降下します。血糖値の乱高下は血管にダメージを与えるため動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中などのリスクが高くなると考えられています。

血糖値スパイクは見逃されやすい「隠れ糖尿病」でもあり、健診の数値が正常な人でも起きている可能性があるため飲む量には注意が必要ですね。

炭酸飲料や清涼飲料水の500mlペットボトル1本には、角砂糖(1個4g)10個以上を含むともいわれています。

糖分の摂取目安

世界保健機関(WHO)では糖分の望ましい摂取目安は、1日の総カロリーの5%程度と発表しています。これは平均的な大人で約25g程度となり、炭酸飲料やジュースの摂取で超えてしまう可能性もあるため気をつけましょう(※3)

またジンジャーエールのような炭酸飲料に含まれる炭酸や糖分は、飲み方によっては口内環境や歯へ影響を与える可能性もあります。

スポンサーリンク

カフェインの含有量と酸や糖分による歯への影響

ジンジャーエールにカフェインは含まれていませんが、炭酸で糖分も含まれ酸性度が高いため、過剰摂取で口内環境や歯に影響を及ぼす可能性があります。

酸にはカルシウムを溶かすという特徴がありますが、炭酸飲料を飲んで歯や骨が溶けるのではなく、酸蝕症(さんしょくしょう)といって歯のエナメル質からリン酸カルシウムが溶けだすことがあります。

炭酸水は水に二酸化炭素を入れて高圧力をかけて溶かしたものですが、無糖でもpHは約5.5でこれに糖分や酸味が加わると酸性度が強くなります。

pH5.5以下で酸蝕症のリスクは高くなるので、飲む量には注意が必要ですね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
また糖分が虫歯リスクに直接関係しているわけではありませんが、炭酸飲料の過剰摂取は口内を酸性にしやすく、虫歯菌が好む糖類も含むため虫歯の原因となるプラークもつきやすくなります。
虫歯の原因

糖分を摂取する
⇒虫歯菌がその糖分を食べて酸を出す
酸がエナメル質を溶かし虫歯になる

甘い炭酸飲料を常に口に含んだ状態にしたり、就寝前に飲むとリスクが高まるので注意しましょう。

リスクを回避し炭酸飲料を楽しむためにも、飲み方を工夫することも大切ですね。

体に悪い影響がでないようにする方法|飲み方の工夫

血糖値・歯や口内環境への影響などを考え、飲み方を上手に工夫する良いですね。

体に悪い影響がでないようにするポイント
冷え・消化不良 ・過剰摂取に気をつける
・一気飲みをしない
・ゆっくり飲む
・空腹時を避ける
肥満・生活習慣病
血糖値への影響
虫歯や酸蝕症 ・常に口に含む状態にしない
・ストローで飲む
・飲んだら口をすすぐ
・寝る前に飲まない

ジンジャーエールの生姜にはうれしいメリットも期待できますよ。

   
スポンサーリンク
 

ジンジャーエールの生姜に含まれる体に良い栄養成分と健康効果

ジンジャーエール 栄養成分

生姜の辛味成分はジンゲロン・ジンゲロール・ショウガオールで、ざまざまなはたらきがあります。

生姜の辛み成分の特徴やはたらき(※4)
ジンゲロン ・殺菌作用
・胃の調子を整える
ジンゲロール ・生の生姜に含まれる
・酸化しやすく加熱に弱い
・血流を良くして発汗を促す
・免疫力をあげる
手足などの末端を温める
ショウガオール ・加熱によりジンゲロールから変化
・100℃近くの加熱が効果的
胃腸を刺激し体の芯から温める
ジンゲロールより体を温める力あり

ジンゲロールはファイトケミカルの一種でもあります。

ファイトケミカルとは(※5)

ファイトは植物、ケミカルは化学物質という意味で。植物が紫外線や有害なものから身を守るために作り出した成分です。色素・香り・苦味・渋味などのもとでもあり強い抗酸化作用があります。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
生姜のすり下ろしを使うしょうが湿布・しょうが風呂や、お寿司のガリなどは昔からのお手当や活用法ですね。
生姜を使うときのポイント
  • ジンゲロールを摂取:すり下ろしやスライスなど生で
  • ショウガオールを摂取:生姜シロップのように加熱する

生姜がしっかり入ったジンジャーエールもありますね。


体温と免疫力は密接に関係し、平均体温が1℃下がると免疫力が約30%低下するといわれるので生姜の成分を上手に取り入れたいですね。

ショウガオールを効率的に摂取|便利な生姜シロップ

ジンジャーエールの生姜や炭酸・糖分を自身で調整したい人や作ってみたい人に、便利な生姜シロップレシピを紹介しますね。

生姜シロップ

生姜シロップ

材料

しょうが:250g
三温糖:200g
レモン果汁:大さじ1
鷹の爪・シナモン
クローブなどを加えてもOK
※砂糖の量はお好みで調整してください

作り方
  1. 生姜をよく洗い、みじん切りかブレンダーにかけ細かくする
  2. 鍋に①と砂糖を入れよく混ぜ合わせ水分がしっかり出るまで3時間以上置く
  3. ②を火にかけ沸騰したら弱火から中火で10~15分程度煮る
  4. 火を止めレモン果汁を加え出来上がり
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
無糖炭酸で割る以外にもホットティーやホットジンジャーエールにしたりヨーグルトにかけたり、料理お菓子作りにもアレンジできますね。


市販品の生姜シロップをストックしておくのも良いですね。

ユウキ食品
¥1,445 (2023/02/02 17:01:41時点 Amazon調べ-詳細)

炭酸水は重曹とクエン酸を混ぜ二酸化炭素を発生させたあと水を加えるだけで簡単にできますよ。

生姜の成分が医薬品のように病気に対する効果・効能が期待できるものではありませんが生姜のメリットを上手に活用できると良いですね。

ほかの炭酸飲料についてはこちらの記事が役立ちます。

   
スポンサーリンク
 

結論|ジンジャーエールは体に悪いわけではなく飲み方を工夫する

ジンジャーエールのまとめ
  • 飲み過ぎは体が冷えて消化不良を起こすことも
  • カロリーや糖分の摂り過ぎは生活習慣病以外にもリスクあり
  • カフェインは含まないが酸+糖分で虫歯や酸蝕症の可能性も
  • 生姜の成分ジンゲロールは加熱するとショウガオールに変化
  • 量や頻度・飲み方の工夫でリスク回避し炭酸飲料を楽しもう

辛口のジンジャーエールは想像と違って「まずい」と思う人もいるかもしれませんが、いろいろな種類やタイプがあるので特徴や好みで選んでくださいね

炭酸や生姜・砂糖を自身で調整したい人やストックしておきたい人は、生姜シロップを手作りするのもおすすめです。

飲む量や飲み方を工夫すればリスク回避でき、炭酸飲料も楽しめるので参考にしてみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました