スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

納豆のタレ 体に悪い

【執筆者:管理栄養士 市沢淳美】

納豆のタレは成分の一部に添加物を含む商品もありますが、体に悪いわけではありません

健康のために毎日納豆を食べる人は、1回の使用量に気をつけないと塩分の過剰摂取になりやすく、健康に悪影響を与えるおそれがあるため注意しましょう。

この記事では、納豆のタレを安心して無駄なく使用するために、以下の項目について紹介します。

この記事を読むとわかる!
納豆のタレ のこと

 

  • 体に悪いと言われる理由
  • 付属のタレ・からしに含まれる成分や添加物の危険性
  • タレの代わりになる調味料
  • 余ったタレの使い道と保存方法

タレだけでなく、付属のからしについて知りたい人や、納豆の食べ過ぎによる危険性や適量を知りたい人もぜひ参考にしてください。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは

麦ごはん 体に悪い

麦ご飯は体に悪い?太るの?デメリットとメリットを徹底検証!


納豆のタレが体に悪いとされる理由は添加物と塩分

納豆のタレ 成分

納豆のタレには添加物が含まれていて体に悪いと考える人もいますが、適量であれば問題ありません

ただし、塩分の過剰摂取になりやすく、食べ過ぎると生活習慣病のおそれがあるため注意しましょう。

納豆のタレが体に悪いと言われる原因
食品添加物 健康への悪い影響
※基本的に問題ない
塩分の過剰摂取 生活習慣病のおそれ
※使用量に気をつける

食品添加物に対しては様々な考え方がありますが、安全性に配慮した国の基準について知っておくと、上手く付き合えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

付属のタレの成分を検証|添加物よりも塩分過多に注意

納豆のタレには食品添加物を含む商品もありますが、基本的に健康への問題はありません。

しかし塩分を多く含むため、摂り過ぎると生活習慣病につながるおそれがあり、使用量に注意が必要です。(※1)

納豆のタレに含まれる添加物・成分
果糖ぶどう糖液糖 でんぷんを原料とした甘味料
たんぱく質
加水分解物
たんぱく質を分解して作られ
うま味を加えるもの
調味料
(アミノ酸等)
うま味成分を合成・抽出したもの
塩分 1袋で約1g含む商品もある
(目標量から換算した1食分の約半量)
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 果糖ぶどう糖液糖は、他の砂糖と同様に摂り過ぎるとカロリーオーバーになり肥満のおそれがあります。しかし、納豆のタレに含まれている程度の少量であれば気にしなくても大丈夫です。

食品添加物は、毎日摂取しても健康への影響がないとされる量を国で定めています。

さらに、実際の摂取量は国が定めた基準よりも、大きく下回っている調査結果もあるため、過度に心配する必要はありません。(※2)

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 食品添加物は、安定しておいしい商品を作るための企業努力の一つとも言えますが、気になる人は別の調味料で代用してもおいしく食べられますよ。

納豆にはタレだけでなく、からしも一緒に入っていることがありますね。

からしの成分についても確認しておきましょう。

スポンサーリンク

からしの成分|添加物は含まれるが問題ない

付属のからしも食品添加物を含んでいることがありますが、基本的に健康への問題はありません

付属のからしに含まれる添加物・成分
酸味料(クエン酸) 糖蜜やでんぷんを発酵して作られる
着色料(ウコン) ウコンの根茎から黄色の色素を抽出

どちらの成分も、タレに含まれる添加物と同様に安全性へ配慮されています。

からしは納豆をおいしく食べるための工夫として、昔から使われてきました。

からしが納豆に付いている理由

納豆のからしは、臭いを軽減する役割があります。昔は品質管理が十分にできず、納豆の臭いが強かったことから、食べやすくするためにからしが使われていました。現在は品質管理が徹底されているため、おいしさのアクセントとして添えられています。

また、からしにも塩分は含まれていますが微量であるため、塩分は気にせず味の好みで使用するとよいでしょう。

付属のタレやからしについて詳しく見てきましたが、納豆の成分も見てみましょう。

健康に良いイメージがありますが、食べ過ぎると体に悪い影響を与える可能性もあります。

スポンサーリンク

納豆の食べ過ぎによる危険性

納豆は食べ過ぎるとお腹の調子が悪くなったり、婦人系疾患や痛風につながったりするおそれもあるため注意が必要です。

納豆の食べ過ぎによる健康への影響
腹痛や吐き気 納豆菌の摂り過ぎによる
腸内環境の乱れ
婦人系疾患 女性ホルモンに似ている
イソフラボンの摂り過ぎ
痛風 プリン体の摂り過ぎ
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
 「ワルファリン」という血液に関する薬を服用している人は、納豆に豊富なビタミンKによって薬の効き目が弱くなってしまいます。納豆を控えるか、病院や薬局で確認してくださいね。(※3)

適量であれば栄養豊富で健康に良い食べ物なので、体に悪い影響が出ない食べ方を確認しましょう。

体に悪い影響が出にくい納豆・タレの適量|代用できる調味料も

納豆と付属のタレで体に悪い影響が出るのを防ぐには、食べる頻度と量がポイントです。

栄養成分や塩分の摂り過ぎを防ぐため、納豆は1日1パック、付属のタレは1/2袋程度を目安にしましょう。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
適度に納豆を食事へ取り入れて、健康的な食生活を送ってくださいね!

付属のタレが半端になると使いにくいと感じる人は、別の調味料でも代用できます。

納豆のタレに代用できるおすすめの調味料
  • 醤油麹
  • ポン酢
  • めんつゆ

醤油麹は添加物が気になる人にもおすすめです。

発酵の力によって生み出された甘みやうま味が、納豆とよく合います。

さっぱりと食べられるポン酢は、特に減塩を意識している人におすすめです。

納豆には酸味がまろやかなタイプが合います。

ミツカン
¥566 (2023/02/03 15:05:54時点 Amazon調べ-詳細)

余った納豆のタレは正しく保存して、別の料理に活用しましょう!

   
スポンサーリンク
 

余った納豆のタレの使い道や保存方法

納豆のタレ 使い道

納豆のタレは甘みやうま味が強いため、めんつゆの代わりとして活用できます。

納豆のタレ活用例
  • ほうれん草の胡麻和え:茹でたほうれん草に、すりごまと納豆のタレを和える
  • 味付き卵:納豆のタレを倍量の水で薄めて、殻をむいたゆで卵を漬ける
  • 野菜炒め:野菜や肉を炒め、納豆のタレ・塩・こしょうで味付け
  • ディップソース:マヨネーズと納豆のタレを混ぜて、野菜スティックや温野菜に添える
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
卵かけごはんや冷奴にそのままかけてもおいしいですね!

様々な料理に使える納豆のタレを無駄にしないために、正しい保存方法や賞味期限を確認しましょう。

納豆と同様に冷蔵庫で保存|早めに使い切る

納豆のタレは、冷蔵庫で保存し早めに使い切りましょう。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
基本的には、添付されていた納豆と同じ保存方法・賞味期限が推奨されています。からしも同じく、冷蔵庫で保存し早めに使い切ってくださいね。

納豆のタレを長期間保存すると、味や風味が落ちるだけでなく、塩分がガラスやプラスチックのように結晶化する場合もあります。

冷蔵庫の中に小さいケースを付けておくと、奥に紛れ込むのを防げますよ。

   
スポンサーリンク
 

結論|納豆のタレは適量なら体に悪いわけではない

納豆のタレ のまとめ
  • 添加物は含まれているが適量なら毎日食べても問題ない
  • 塩分の過剰摂取になりやすく生活習慣病のおそれ
  • 納豆1日1パック・タレ1/2袋が適量
  • 付属のタレの代わりは醤油麹やポン酢がおすすめ
  • 余ったタレはめんつゆの代用として早めに使う

納豆のタレが体に悪いと言われる理由は、食品添加物への心配や、塩分の摂り過ぎによる生活習慣病への影響です。

食品添加物はしっかりと安全性に配慮されているため、過度に心配する必要はありません。

納豆のタレが余った場合は、ごま和えや味付け卵など様々な使い道があります。

品質が悪くならないように冷蔵庫で保存して、早めに使い切ってくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました