スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

みかんの缶詰 体に悪い

【執筆者:編集部 井上ゆうこ】

みかんの缶詰は糖質が多く、食べ過ぎると太る可能性があるので体に悪いと言われます。

ほかにも、製造工程で使われる薬品や、缶の素材の危険性を心配する人もいるようです。

この記事では、健康を害することなくみかんの缶詰を食べられるように、次の項目を紹介します。

この記事を読むとわかる!
みかんの缶詰のこと

 

  • 体に悪いと言われる理由
  • シロップ(汁)は飲んでもいいのか
  • 適量はどのくらいか
  • 期待できる体へのメリット

食べ方次第でメリットもデメリットもあるので、ぜひ最後まで読んで上手な食べ方をマスターしてくださいね。

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
かきたねキッチン まずい

かきたねキッチンはまずい?美味しい?口コミや評判から徹底検証

マルシンハンバーグ まずい

マルシンハンバーグはまずい・体に悪い?口コミや評判から検証!

ルタオ ナイアガラ まずい

ルタオのナイアガラはまずい?美味しい?口コミや評判を徹底検証

毎日サバ缶を食べ続けた結果

毎日サバ缶を食べ続けた結果|肌・髪・血糖値は変わる?体に影響は

どくだみ茶 飲み続けた結果

どくだみ茶を飲み続けた結果|痩せた人はいる?癌や身体への影響

モンロワール まずい

モンロワールはまずい?チョコ・リーフメモリーの口コミ・評判は

デーツ 食べ続けた結果

デーツを毎日食べ続けた結果|副作用はある?糖尿病の人もOK?

高麗人参 飲んではいけない人

高麗人参を飲んではいけない人は|副作用で肝臓・高血圧に影響する?

マヌカハニー 食べ続けた結果

マヌカハニーを食べ続けた結果|毎日は良くない?健康への影響は

プロテインバー 食べ続けた結果

プロテインバーを食べ続けた結果|痩せた人はいる?体験談で検証

フラクトオリゴ糖 危険

フラクトオリゴ糖は危険でデメリットあり?良い点や選び方も解説

ごぼう茶を飲み続けると

ごぼう茶を飲み続けるとどうなる?効果はいつから?注意点も解説

ステビア アメリカ 禁止

ステビアはアメリカで禁止なの?血糖値が上がる?真相と危険性

200ルーメン 明るさ 目安

200ルーメンの明るさの目安は?500ルーメン・600ルーメンとも比較

アーモンド効果 飲み続けた結果

アーモンド効果を飲み続けた結果|効果なしの噂も?真相を検証

伊勢うどん まずい

伊勢うどんがまずいと言われる理由|トッピングや美味しい食べ方も

太白ごま油 危険

太白ごま油は危険?サラダ油との違いや注意点は?NGな使い方も!

チョコレート効果 食べ続けた結果

チョコレート効果を毎日食べ続けた結果|高カカオチョコの注意点は?

発芽玄米を食べ続けると

発芽玄米を食べ続けると痩せすぎる?食べ続けた結果を徹底検証!

キャベツスープ まずい

キャベツスープがまずい!味が薄い・物足りない理由は?解決策も

ごぼう茶 飲んではいけない人

ごぼう茶を飲んではいけない人とは?副作用や肝臓・腎臓への影響も

カスピ海ヨーグルト 危険性

カスピ海ヨーグルトの危険性|自家製は食中毒に注意?賞味期限は

ロウカット玄米 危険

ロウカット玄米は危険?毒性のヒ素を含むって本当?真相を解説!

マテ茶 飲み続けた結果

マテ茶を飲み続けた結果|便秘に効果的?痩せる?体験談も紹介

地球グミは体に悪い・気持ち悪い?着色料・添加物の安全性も検証

豆乳を3年半飲み続けた結果

豆乳を3年半飲み続けた結果は?毎日飲むのはNG?体験談や適量も

ブロッコリースプラウト 食べ続けた結果

ブロッコリースプラウトを食べ続けた結果|効果なしの口コミもある?

酒粕 食べ続けた結果

酒粕を毎日食べ続けた結果!デメリットは?食べ過ぎない摂取量も

消化にいい食べ物 うどん以外

消化にいい食べ物!うどん以外のおすすめ20選|外食・コンビニでは

麦ごはん 体に悪い

麦ご飯は体に悪い?太るの?デメリットとメリットを徹底検証!


みかんの缶詰を食べ過ぎると糖質過多で体に悪い|太る危険性も

みかんの缶詰 シロップ 体に悪い

みかんの缶詰は糖質が多いので、食べ過ぎると肥満や生活習慣病につながることがあります。(※1)

ほかにも、製造過程でみかんの薄皮(内果皮)を剥くのに使われる塩酸や、缶から溶け出すスズの危険性を心配する人もいるようです。

みかんの缶詰が体に悪いと言われる原因
肥満
生活習慣病
糖質の摂りすぎ
塩酸の残存 製造工程で使われる
(残存しないので、基本問題なし)
スズの溶出 缶から溶出
(品質保持に必要・基本問題なし)
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
みかんの缶詰は、品質を保持するために果肉を甘いシロップにつけてあるので、生のみかんよりも糖質が多く含まれます。

含まれる糖質量を知って、どのくら食べるのが適切かを考えてみましょう。

スポンサーリンク

果肉とシロップ(汁)それぞれの食べてもいい量を推察

みかん缶の果肉を適量食べるのは問題ありませんが、シロップは遊離糖類を多く含むので飲むのは控えた方がいいでしょう。

果肉とシロップ、それぞれの糖質量を確認しておきましょう。

生と缶詰のみかんの糖質量とカロリー
(100gあたり)
糖質 エネルギー
生のみかん 11.0g 49kcal
缶詰 果肉 14.8g 63kcal
シロップ 15.3g 63kcal
食品成分データベースより
糖質は炭水化物から食物繊維を差し引いた値

世界保健機関(WHO)のガイドラインは、健康維持のために、1日の遊離糖類摂取量を25g程度に抑えることを推奨しています。(※2)

WHOは、人が食品に加える糖類と、蜂蜜や果汁などに最初から存在している糖類を遊離糖類とし、生の果物・野菜・乳に元々存在する糖は健康に悪いという証拠がないため、対象としていません。

遊離糖類の定義を踏まえると、生のみかんに含まれる糖類は対象外ということになります。

そこで、缶詰の果肉中の糖質から、みかんに元々含まれる糖質を差し引いた値を、製造過程で添加された遊離糖類と推察します。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
缶詰の果肉100g中の遊離糖類は「14.8g-11.0g=3.8g」となりますね。

シロップの糖質は100%遊離糖類と考えられます。

具体的な商品で、果肉とシロップに含まれる遊離糖類を推測しました。

みかん缶に含まれる
遊離糖類(推測値)
商品例 遊離糖類
はごろもフーズ
朝からフルーツみかん
(内容量190g)
果肉(100g中) 3.8g
汁(90g中) 13.8g
サンヨー
みかん 4号缶
(内容量435g)
果肉(250g中) 9.5g
汁(185g中) 28.3g
汁の遊離糖類は表「生と缶詰のみかんの糖質量と
カロリー(100g当たり)」の数値より重量比で算出

190g缶の果肉100gを全て食べても、遊離糖類25gまでには余裕がありますし、カロリーも63kcalと間食の目安である200kcalより十分低いと言えます。(※3)

100g程度の果肉なら、糖質・カロリー過多を心配しなくてもいいでしょう。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
缶詰中の果肉は、190g缶でMサイズみかん3個分、435g缶に至っては13個分に相当します。

一度に一人で食べ切るなら、190g缶の果肉100g程度が現実的でもありますね。

容量の大きい缶は、100g程度を数回に分けて食べることをおすすめします。

一方シロップは、小さめの190g缶でも13.8gと、遊離糖類25gの半分以上を占めてしまいます。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
調味料や加工品など他の食品からも遊離糖類は摂取しているので、1日合計25g以下に抑えるのであれば、果肉を食べるついでにシロップも飲むのは控えた方がいいでしょう。

糖質以外に指摘される、みかんの缶詰の体に悪い点も確認していきましょう。

スポンサーリンク

缶の素材や製造工程で使われる塩酸の安全性

みかん缶のスズメッキと、製造過程で使われる塩酸の危険性を指摘する情報もありますが、どちらも基本的に安全なので心配する必要はありません。

みかんを含む果物の缶詰には、スチールにスズメッキを施したブリキ缶が使われます。

スズメッキの役割

貯蔵中、缶内部に溶け出る微量のスズは、実は果物の色や香りを保ち、品質劣化を防ぐ働きがあるのです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
溶け出たスズを口にしても蓄積されることなく排出されるので、体に害はありません。

みかんの缶詰はみかんの薄皮を剥いて作られますが、その際に塩酸と水酸化ナトリウムが使われます。

塩酸・水酸化ナトリウムともに食品衛生法基づいて安全性が確認された食品添加物です。

約0.5%の薄い塩酸で薄皮を溶かした後、約0.3%の薄い水酸化ナトリウムで中和、さらに50~60分水で洗うことで、最終的に薬品は完全に除去されるので、健康を害することはまずありません。

みかんの缶詰は、積極的に摂りたい栄養も含んでいるんですよ。

   
スポンサーリンク
 

みかんの缶詰は健康に役立つ栄養あり|注目の成分も

みかん 缶詰 健康
みかんの缶詰は、ビタミンCの補給に役立ちますし、β-クリプトキサンチンという抗酸化物質を摂取できます。

みかんの缶詰に含まれる
代表的な栄養素(※4)
ビタミンC 肌荒れや風邪予防
β-クリプトキサンチン がん予防の可能性
β-クリプトキサンチンとは

みかんの色素で、β-カロテンやリコピンと同じく、抗酸化作用を持つカロテノイドの仲間。他のカロテノイドと比べて体に吸収されやすく、留まりやすい特徴があります。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
β-クリプトキサンチンは、骨粗しょう症・リウマチ・糖尿病・動脈硬化になる危険性を下げる報告もある、注目の成分です。

缶詰にすることで、生のみかんよりも含有量が減りますが、4割近くは残っています。

生のみかんとみかん缶の栄養比較
ビタミンC β-クリプトキサンチン
生のみかん 32mg 1700μg
みかん缶(果肉) 15mg 640μg

缶詰ならみかんが手に入らない季節でも手軽に食べられるので、うまく活用したいですね。

日持ちする缶詰は非常食にも最適です。

スポンサーリンク

ストックしておけば災害時のビタミン補給にも

災害時の救援物資や非常食での食事は、パンやおにぎりなどの炭水化物が中心になり、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が不足しがちなので、みかん缶が重宝されます。

たんぱく質の補給には肉・魚などの缶詰が、ビタミン、ミネラル、食物繊維には缶詰のフルーツ・野菜ジュース・乾物などが役立ちます。

みかんの缶詰も備蓄しておくと安心ですね。

災害時は缶切りがないことも想定されるので、ストックするなら手だけで開けられるプル缶(プルトップ)がおすすめです。


フォークもついているこちらの缶詰なら、さらに便利ですよ。

いざという時のために、普段から備えておきましょう♪

   
スポンサーリンク
 

結論|みかんの缶詰は適量なら体に悪いわけではない

みかんの缶詰のまとめ
  • 1日に果肉100g程度なら健康を害することはない
  • シロップは飲まない方がいい
  • 缶詰に加工しても素材の栄養素は意外と残っている
  • 旬以外でも気軽に栄養を摂れる
  • 災害時のビタミン補給にも役立つ

みかんの缶詰は、季節に関係なく体にうれしい栄養素を摂れる便利な食品です。

糖質過多にならないよう、食べ過ぎには注意して活用しましょう。

災害時にも栄養バランスを保つのに役立つので、ストックしておくのがおすすめです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました