栗の栄養成分と食べ過ぎによるデメリット|毎日の適量は何個まで?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

栗はビタミン・カリウムなどの栄養成分を豊富に含んでいますが、食べ過ぎると食物繊維の過剰摂取となり、腹痛や下痢などの原因になる可能性があるため注意が必要です。

さらに、栗を食べ過ぎると糖質やカロリーを摂りすぎて太る原因となったり、ニキビができる心配があります。

栗の栄養成分と食べ過ぎによるデメリット|毎日の適量は何個まで?

ただし、これらのデメリットは、食べ過ぎに注意していれば大きな心配はありませんよ。

この記事では、以下の項目について詳しく紹介しています。

甘くておいしい栗を食べ出すと止まらなくて食べ過ぎになりやすいので、何個までが許容範囲なのか知っておくことが大事ですね!

この記事を読むと、栗に含まれる成分のメリット・デメリットや、効果的に栄養を得る方法がわかるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こんな記事もおすすめ!
青のり 代用

青のりの代用品10選|あおさ・焼き海苔は代わりになる?磯辺揚げの代替レシピも紹介!

明太子 食べ過ぎ

明太子を食べ過ぎると病気になる?たらこも同じ?1日何本までOKか

白子 食べ過ぎ

白子の栄養素と食べ過ぎによる注意点|適量や効果的な食べ方も解説

パイナップル 食べ過ぎ

パイナップルの栄養と食べ過ぎによるデメリット|舌が痛くなるのを防ぐ方法は

エビ 食べ過ぎ

エビの栄養素と食べ過ぎによるリスクを解説|1日の摂取量は

れんこん 食べ過ぎ

れんこんの栄養と食べ過ぎるとどうなるか?適量や効果的な食べ方も紹介!

レタス 食べ過ぎ

レタスを食べ過ぎると下痢や病気の原因になる?1日の適量も解説

とうもろこし 食べ過ぎ

とうもろこしを食べ過ぎると腹痛や太る原因になる?1日の適量も解説

だしの素 代用

だしの素・和風だしの代用品15選!ほんだしや白だしとの違いは?

キウイ 食べ過ぎ

キウイを食べ過ぎると太る・腹痛などの原因に?1日何個までが適量か

ホタルイカ 食べ過ぎ

ホタルイカの栄養と食べ過ぎるとどうなるか?1日の適量も解説

茎わかめ 食べ過ぎ

茎わかめの食べ過ぎは下痢・腹痛の原因に?栄養素やダイエット効果は

ピーマン 食べ過ぎ

ピーマンの栄養と食べ過ぎによる体への影響|1日何個までOK?

しらたき 食べ過ぎ

しらたき (白滝) の食べ過ぎによるデメリット|1日の摂取量は

いくら 食べ過ぎ

いくらの食べ過ぎで痛風になる?プリン体の含量は?適量も解説!

ほうれん草 食べ過ぎ

ほうれん草を食べ過ぎると病気になる?1日の摂取量はどのくらいか

アスパラガス 食べ過ぎ

アスパラガスの栄養と食べ過ぎによるデメリット|1日の適量も解説

レモン 食べ過ぎ

レモンを食べ過ぎると腹痛・胃痛などの原因になる?1日の適量は

かぼちゃ 食べ過ぎ

かぼちゃの栄養と食べ過ぎによる太るなどのデメリット|1日の適量は

キャベツ 食べ過ぎ

キャベツの食べ過ぎで太る?死亡説は本当?1日の適量も解説!

きくらげ 食べ過ぎ

きくらげの栄養と食べ過ぎによるデメリット|1日の適量も解説

砂肝 食べ過ぎ

砂肝の栄養素と食べ過ぎによるデメリット|毎日食べるときの適量は

わさび 食べ過ぎ

わさびの食べ過ぎによる副作用は?死亡説は本当?1日の適量も解説

さつまいも 食べ過ぎ

さつまいもの栄養素と食べ過ぎによる太る・腹痛などの注意点|毎日の適量は

ラーメン 食べ過ぎ

ラーメンを食べ過ぎると病気になる?カップ麺も体に悪い?対処法も解説!

さくらんぼ 食べ過ぎ

さくらんぼの食べ過ぎは腹痛・下痢などの原因になる?1日の適量は

ネギ 食べ過ぎ

ネギの食べ過ぎは腹痛・下痢・胃痛などの原因になる?1日の適量は

ごぼう 食べ過ぎ

ごぼうの食べ過ぎは腹痛や下痢などの原因になる?1日の適量は

舞茸 食べ過ぎ

舞茸の食べ過ぎで腹痛・下痢などに?栄養素や1日の摂取量も解説

小豆 食べ過ぎ

小豆の栄養と食べ過ぎによる副作用は?ダイエット効果・毎日の適量も解説

栗の栄養成分とは?食べ過ぎずに摂取したときのメリット

栗には、ビタミン・カリウム・食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれています。

食べ過ぎずに栄養素を摂取すればお通じの改善や、日焼けを防ぐ作用、ストレスなどに対する抵抗力を高める作用が期待できます。

栗 食べ過ぎ

そこで、栗に含まれる栄養成分を食べ過ぎずに効果的に摂取したとき、得られるメリットや効能には、どのようなものがあるのかビタミンCから見ていきましょう。

ビタミンCが日焼けを防止しストレスへの抵抗力を高める

栗に豊富に含まれているビタミンCは、以下のはたらきが期待できます。(※1)

  • 日焼けを防ぐ作用
  • ストレスや病気などに対する抵抗力を高める作用
  • 毛細血管・歯・軟骨を正しく保つ作用
  • 抗酸化作用

抗酸化作用(身体を錆びにくくさせる)によって、細胞が老化することを防ぐこと、がんや動脈硬化を予防する作用が期待されているため、身体を内側から健康にする助けをしてくれます。

ただし、ビタミンCのサプリメントを飲んでいる方は、ビタミンCを過剰に摂取してしまい、下痢や吐き気などを引き起こす可能性があるため注意が必要ですよ。

ビタミンCは身体を内側からキレイにする作用が期待できることがわかりましたが、栗に含まれるカリウムには女性の大敵であるむくみ改善の働きが期待できます!

カリウムには浸透圧調整でむくみを改善する作用あり

栗に豊富に含まれるカリウムには、ナトリウムを排出することによってむくみを解消作用が期待できます。(※2)

体内のナトリウム量を調整することで、塩分の摂りすぎを防ぎ、調節する働きを助けてくれるため、食事バランスが崩れているときなど、特に積極的に取り入れていきたいですね。

ただし、腎機能が低下している方は、カリウムを含む食材を摂取するのは控えるべきであるため、自己判断せずに医者に相談するようにしてください。

さらに栗には、生活習慣病を予防し改善する作用が期待できるタンニンが含まれています!

渋皮のタンニンには強い抗酸化作用

渋皮に含まれるタンニンには、強い抗酸化性によって、生活習慣病を予防したり改善する作用が期待できるとされています。

その他にも、肌を引き締め、皮膚を保護して美白にする作用や下痢を改善する働きも期待できますよ!(※3)

栗の渋皮を美味しく食べるなら、渋皮煮がおすすめです。

栗 食べ過ぎ

栗を美味しく食べながら、身体が強く美しくなるのは嬉しいですよね。

さらに栗に含まれる食物繊維を摂取することで、お通じを改善する作用により、便秘を予防したり改善する働きが期待できますよ!

食物繊維にはお通じを改善する作用がある

食物繊維には、腸内環境を整えて便秘を予防して改善する作用や、生活習慣病の予防にも役立つことが期待できます。(※4)

栗 食べ過ぎ

特に女性は、ひどい便秘に悩んでいる人が多いですが、食物繊維を摂取することで便秘改善に役立ちますね。

しかし、食物繊維には、腸内環境を整えて便秘を解消する作用が期待できますが、食べ過ぎることによって腹痛や下痢などの症状を引き起こす恐れがあります。

他にも、ビタミンCやタンニンの摂り過ぎも下痢などの症状の原因となる可能性があるので、気を付けたいですね。

栗を食べ過ぎると下痢やニキビなどのデメリットがある?

栗を食べ過ぎると、食物繊維の摂りすぎによっては副作用で、下痢や腹痛を引き起こしたり、糖質やカロリーの摂りすぎでニキビができる、太るなどのデメリットが出る可能性があります。

栗 食べ過ぎ

適量なら身体に良い作用が期待できる栄養成分は、過剰摂取すると身体に悪い作用を起こす原因にもなります。まずは食物繊維の例から確認しておきましょう。

食物繊維が下痢や胃痛腹痛・おならの原因に

食物繊維は、過剰に摂り過ぎることによって、消化不良を起こし、下痢や軟便などの消化器症状を引き起こす場合があります。(※5)

編集部・高田
編集部・高田

お腹のハリに悩んでいる方が食物繊維を過剰摂取することで便がたまり、腹痛や胃痛(胸やけ)などの不調をきたす場合があるので注意が必要ですよ。(※6)

また、食物繊維の過剰摂取は腸内でガスを発生させやすくなる場合があり、結果としておならがたくさんでる可能性があります。(※7)

また、食物繊維の他にもビタミンCやタンニンの過剰摂取によって、下痢や便秘などの消化器症状が起こる場合があります。

ビタミンCやタンニンで下痢・嘔吐・便秘になることも

ビタミンCを食事からだけでなく、サプリメントなどから過剰摂取することによって下痢や吐き気・嘔吐などの消化器症状が起こる場合があります。

また、タンニンには下痢を改善する作用がありますが、過剰に摂取することで便秘になる場合があるので注意が必要ですよ。

とっても美味しい栗ですが、一度にたくさん食べすぎてしまわないように注意しましょう。

栗の食べ過ぎは、消化器症状が出るだけでなく、カロリーを摂り過ぎて太る原因になってしまうこともあります。

カロリーの摂り過ぎで太る原因になることも

栗はカロリーが多い食品なので、極端に食べ過ぎると太る原因となりえます。

栗の栄養成分含有量(可食部100gあたり)(※8)
カロリー炭水化物食物繊維
147kcal36.9g4.2g

栗を食べるときは、1つだけとはいかず、ついつい何個か食べることが多いですよね。

栗は中くらいのサイズ1粒が約16gなので、約6粒で100gになります。(※9)

1度に5~6個ほど食べることは容易なので、そうすると147kcal摂取することになりますが、それだけでは太るほどのカロリーではないでしょう。

また、調理法によってカロリーが大幅にアップしてしまう場合があるので注意が必要です。

シロップ漬けにすると、糖質やカロリーが高くなりすぎるので、注意が必要です。

一度にたくさん食べると太ってしまうので、ダイエットをしている方は特に気を付けた方が良いですが、ダイエット中でも調理法によっては栗を上手く取り入れることができますよ。

高カロリーで太る可能性があるのでダイエット中は注意!

栗は食べ過ぎると太る可能性があるため、栗を食べるダイエットはおすすめできません

栗 食べ過ぎ

ただし、調理法に気を付けて、食べ過ぎなければダイエット中に少量食べても問題はないでしょう。

太らない食べ方としては、砂糖などを加えず、茹でるか蒸して食べる方法が最もヘルシーで、本来の味を際立たせることができるためおすすめですよ。

また、市販品のむき甘栗は、原材料や食品添加物によってカロリーが多くなっていることがあるため、購入する際は成分表示をしっかりと確認するようにしましょう。

添加物や糖分が一切含まれていないこちらの商品なら、小分け包装となっており1袋が45gで85kcalとカロリー控えめなのでおすすめですよ。

栗は美味しいですが、一気に食べ過ぎないように注意しなければ、糖質の摂り過ぎでニキビができてしまうこともあります。

糖質の摂り過ぎでニキビが発生する

糖質の摂り過ぎは、ニキビを発生させる場合があるので注意が必要です。

栗 食べ過ぎ

栗は糖質を多く含んでおり、その糖質を分解するためには、多くのビタミンBが必要となります。

ビタミンBは、皮脂の量を調節する働きがあるため、過剰に摂取した糖質を分解するため、ビタミンBが大量に使われることによって、皮脂の量を調節することができなくなります。

その結果、皮脂の量が増えて、毛穴にニキビの原因菌である「アクネ菌」が増殖することでニキビができます。(※10)

これらのことを防ぐためには、ビタミンBを多く含む赤身魚やささみなどの脂の少ない肉、バナナや玄米などを食べるようにすると良いですね!(※11)

他にも、栗を食べるときはラテックスアレルギーに十分に注意が必要です!

栗アレルギーはラテックスアレルギーに要注意

栗を食べてアレルギー症状がでた場合、ラテックスアレルギーとの関係に注意が必要です。

ラテックスとは、天然ゴムの成分ですが、栗にも似たような成分があるため、ラテックスアレルギーの人は栗によってアレルギー症状が出てしまう場合があります。(※12)

栗のメリットや食べ過ぎによるデメリットや注意点が分かったところで、1日に食べる適量はどのくらいなのか知っておきましょう。

栗を食べ過ぎないための毎日の適量は何個まで?

栗が食べ過ぎにならない1日の適量は、成人で中くらいのサイズの栗10個程度子供ならその半分の5個程度とするのが良いでしょう。

栗 食べ過ぎ

一度に食べ過ぎたり、毎日食べていると太る可能性や腹痛やニキビなどを引き起こす場合があるため、適量を摂取できるようにしていきたいですね。

1日の適量は中サイズの栗で成人10個、子供5個程度が目安

食物繊維の摂り過ぎによって、腹痛や下痢などの症状がでたり、カロリーの摂り過ぎで太ったり、糖質の過剰摂取でニキビができることがあります。

毎日何個までなら食べられるということは、人それぞれ違うため一概には言えないので、あくまでも目安としての適量だと考えてくださいね。

栗の栄養成分を過剰に摂取しないために

  • 成人で中サイズの栗を1日最大10個まで(160~170g程度)
  • 子供で中サイズの栗を1日最大5個まで(80~90g程度)

これらを目安に考えると良いでしょう。

栗は栄養満点で、適量を摂取すれば健康に良い影響を与えることがわかりましたね。

栗の栄養成分の働きやメリットデメリットを知って、適量を把握することで利点を活かしながら食べることができます。

上手に生活に取り入れて、栗を美味しく効果的に食べていきましょう。

結論|栗は食べ過ぎに注意して適量を守ろう

栗の食べ過ぎは、腹痛やニキビの原因になったり太る可能性がありますが、適量を摂取することでお通じ改善や風邪やウイルスへの抵抗力を助ける働きが期待できます。

適量は中サイズの栗なら成人で10個程度、子供で5個程度で、市販品の栗を購入する場合は、無添加無加糖の商品を選ぶようにすると良いでしょう。

栗を適量食べて栄養成分を日々の食事に効果的に取り入れて、健康的な毎日を過ごしてくださいね。

 

▲目次へ戻る

スポンサーリンク

今あなたにおすすめの記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あなたにオススメ

スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

料理・食材
スポンサーリンク
今回の内容は少しでもお役に立てたでしょうか? 明日はもっと改善できるように努めます。
生活の知恵袋 ヨセミテ

 

こんな記事もよく読まれています
青のり 代用

青のりの代用品10選|あおさ・焼き海苔は代わりになる?磯辺揚げの代替レシピも紹介!

明太子 食べ過ぎ

明太子を食べ過ぎると病気になる?たらこも同じ?1日何本までOKか

白子 食べ過ぎ

白子の栄養素と食べ過ぎによる注意点|適量や効果的な食べ方も解説

パイナップル 食べ過ぎ

パイナップルの栄養と食べ過ぎによるデメリット|舌が痛くなるのを防ぐ方法は

エビ 食べ過ぎ

エビの栄養素と食べ過ぎによるリスクを解説|1日の摂取量は

れんこん 食べ過ぎ

れんこんの栄養と食べ過ぎるとどうなるか?適量や効果的な食べ方も紹介!

レタス 食べ過ぎ

レタスを食べ過ぎると下痢や病気の原因になる?1日の適量も解説

とうもろこし 食べ過ぎ

とうもろこしを食べ過ぎると腹痛や太る原因になる?1日の適量も解説

だしの素 代用

だしの素・和風だしの代用品15選!ほんだしや白だしとの違いは?

キウイ 食べ過ぎ

キウイを食べ過ぎると太る・腹痛などの原因に?1日何個までが適量か

ホタルイカ 食べ過ぎ

ホタルイカの栄養と食べ過ぎるとどうなるか?1日の適量も解説

茎わかめ 食べ過ぎ

茎わかめの食べ過ぎは下痢・腹痛の原因に?栄養素やダイエット効果は

栗の栄養成分と食べ過ぎによるデメリット|毎日の適量は何個まで?

ピーマン 食べ過ぎ

ピーマンの栄養と食べ過ぎによる体への影響|1日何個までOK?

しらたき 食べ過ぎ

しらたき (白滝) の食べ過ぎによるデメリット|1日の摂取量は

いくら 食べ過ぎ

いくらの食べ過ぎで痛風になる?プリン体の含量は?適量も解説!

ほうれん草 食べ過ぎ

ほうれん草を食べ過ぎると病気になる?1日の摂取量はどのくらいか

アスパラガス 食べ過ぎ

アスパラガスの栄養と食べ過ぎによるデメリット|1日の適量も解説

レモン 食べ過ぎ

レモンを食べ過ぎると腹痛・胃痛などの原因になる?1日の適量は

かぼちゃ 食べ過ぎ

かぼちゃの栄養と食べ過ぎによる太るなどのデメリット|1日の適量は

キャベツ 食べ過ぎ

キャベツの食べ過ぎで太る?死亡説は本当?1日の適量も解説!

きくらげ 食べ過ぎ

きくらげの栄養と食べ過ぎによるデメリット|1日の適量も解説

砂肝 食べ過ぎ

砂肝の栄養素と食べ過ぎによるデメリット|毎日食べるときの適量は

わさび 食べ過ぎ

わさびの食べ過ぎによる副作用は?死亡説は本当?1日の適量も解説

さつまいも 食べ過ぎ

さつまいもの栄養素と食べ過ぎによる太る・腹痛などの注意点|毎日の適量は

ラーメン 食べ過ぎ

ラーメンを食べ過ぎると病気になる?カップ麺も体に悪い?対処法も解説!

さくらんぼ 食べ過ぎ

さくらんぼの食べ過ぎは腹痛・下痢などの原因になる?1日の適量は

ネギ 食べ過ぎ

ネギの食べ過ぎは腹痛・下痢・胃痛などの原因になる?1日の適量は

ごぼう 食べ過ぎ

ごぼうの食べ過ぎは腹痛や下痢などの原因になる?1日の適量は

舞茸 食べ過ぎ

舞茸の食べ過ぎで腹痛・下痢などに?栄養素や1日の摂取量も解説

 

    タイトルとURLをコピーしました