スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

豚足を食べ続けると体に悪い?実は美容やダイエットに効果的!体に良い食べ方とは

【監修者:管理栄養士 髙村恵美】

豚足を食べると体に悪い点より、豊富な栄養成分やコラーゲンで健康や美容効果が期待できることや、カロリーが比較的低くダイエット中も取り入れやすいなど、メリットがたくさんあります。

しかし食べ過ぎると脂質による消化不良が原因で下痢になったり、たんぱく質によって尿管結石になったりとリスクも潜んでいるため、適量を楽しむことが大切です。

豚足 体に悪い

豚足の1日の適量を知り、美味しく安全に食べられるように、以下の項目について調べてまとめました。

この記事を読めば、豚足の食べ過ぎによるデメリットと、適量を食べたときのメリットが分かります。

1日の適量も解説しているので、「ビールのおつまみについつい食べ過ぎちゃう」という方は要チェックですよ。

また食べ合わせると美容や健康効果がアップする成分や、美味しい食べ方も解説しているので、豚足について気になっている方はぜひ参考にしてください。

まずは豚足を食べ続けることで起きるデメリットについて解説していきます。

 

記事監修者・管理栄養士・髙村恵美先生記事監修・髙村恵美先生
管理栄養士・栄養士
管理栄養士フードスペシャリスト栄養教諭二種免許/ 給食会社では、献立作成・衛生管理・厨房業務・コスト管理・帳簿作成など一通りの給食管理業務を経験。子どもとの時間を増やしたいと思い、パートで病院の栄養相談業務に従事。その後、保育園にて園児と先生のために離乳食など食事作りに携わる。プライベートでは、3児の母として奮闘中。 Instagram

 
スポンサーリンク
 

こんな記事もおすすめ!
フルーツ缶詰 体に悪い

フルーツ缶詰は体に悪い説|シロップの危険性や栄養価を徹底検証

スキッピー 体に悪い

スキッピーは体に悪い?甘くないけど太るの?食べ過ぎの注意点は

辛ラーメン 体に悪い

辛ラーメンは体に悪い?発がん性物質の危険性について徹底調査

モンスターエナジー 体に悪い

モンスターエナジーは体に悪いし危険性あり?飲み過ぎはやばいのか

舞茸 水っぽい

舞茸が水っぽいけど食べられる?臭い・酸っぱいときの見分け方も

レモン 体に悪い

レモンは体に悪い説|食べ過ぎると危険?健康への影響を徹底検証

アラザン 体に悪い

アラザンは体に悪い?銀色の成分は?アレルギーの危険性も解説!

サンペレグリノ 注意

サンペレグリノに注意?体に悪い説や発がん性の有無を徹底検証

納豆のタレ 体に悪い

納豆のタレは体に悪い?成分や添加物を検証!からしにも要注意?

スッパイマン 体に悪い

スッパイマンは体に悪い説|太る?痩せるの?食べ過ぎの悪影響は

おやつカルパス 体に悪い

おやつカルパスは体に悪い・やばい説|検索してはいけない理由は

ウィルキンソン 炭酸水 体に悪い

ウィルキンソン炭酸水は体に悪い説|レモンやコーラ味も危険か徹底検証

ペリエ 体に悪い

ペリエは体に悪いのか|炭酸水の効果は?デメリットとメリット

梅ジャム 体に悪い

梅ジャムは体に悪いのか|青梅の毒性とは?食べ過ぎの注意点を解説

モッツァレラチーズ 体に悪い

モッツァレラチーズは体に悪い?毎日食べると太る?食べ過ぎの注意点

黒ごま 食べ続けた結果

黒ごまを食べ続けた結果|毎日食べたらどうなる?良い点と悪い点

ジンジャーエール 体に悪い

ジンジャーエールは体に悪い?良い?飲み過ぎによる健康への影響

蒲焼さん太郎 体に悪い

蒲焼さん太郎は体に悪い説|致死量はある?食べ過ぎの注意点は

ふき 体に悪い

ふきは体に悪い説|毒性があるって本当?食べ過ぎの注意点を解説

抹茶 体に悪い

抹茶は体に悪い?良いの?飲み過ぎのデメリットについて徹底検証

みかんの缶詰 体に悪い

みかんの缶詰は体に悪い・太る説|シロップを飲むのは危険なのか

ごま油 体に悪い

ごま油は体に悪い説|健康への危険性は?取りすぎのデメリットも

ポテロング 体に悪い

ポテロングは体に悪い・太る説|うますぎと言われる理由と注意点

メガシャキ 体に悪い

メガシャキは体に悪い?まずい?飲み過ぎの副作用やデメリットは

らっきょう 体に悪い

らっきょうは体に悪い?食べ過ぎると消化不良で胃痛に?注意点は

スティックコーヒー 体に悪い

スティックコーヒーは体に悪い?安全性や飲み過ぎによるデメリット

さけるチーズ 体に悪い

さけるチーズは体に悪い?毎日食べ過ぎたときのデメリットを解説

片栗粉 体に悪い

片栗粉は体に悪い?食べ過ぎるとどうなる?健康への影響や注意点

塩麹 体に悪い

塩麹は体に悪い?デメリット・危険性や身体への悪影響を徹底検証

厚揚げ 体に悪い

厚揚げは体に悪いのか|食べ過ぎによる健康への影響やデメリット


豚足を食べ続けると体に悪い?食べ過ぎた場合のデメリットとは

豚足を食べ過ぎると脂質が原因で下痢や胃もたれになったり、たんぱく質が原因で尿管結石になったりと体に悪影響が出る可能性があります。

豚足 食べ続ける

痛風や高血圧の方も、プリン体や塩分には気を付けなければいけません。

原因となる成分と食べ続けるとどうなるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

脂肪分の摂り過ぎは下痢や胃もたれの原因に

脂身の多い肉は消化が悪く胃腸に負担がかかるため、風邪やストレスなどで胃腸の調子が悪いときに食べ過ぎると消化不良を起こし下痢や胃もたれになる可能性があります。(※1)

日々のストレスが重なるとキリキリと胃が痛むことがありますよね。

そんなときに脂肪が多い豚足を食べ過ぎると胃痛や気持ち悪いなどの症状で苦しみかねません。

また血中の中性脂肪が多い状態だと血管が詰まりやすく、動脈硬化を促します。(※2)

管理栄養士 髙村恵美
管理栄養士
髙村恵美
豚足を食べ過ぎると脂の摂りすぎになって体に悪いので、生活習慣病(成人病)予防のためにも気をつけましょう。

脂質以外の三大栄養素の一つ、たんぱく質も悪影響を起こす原因になることがあります。

スポンサーリンク

たんぱく質が尿管結石の原因となったり腸内環境を乱す

豚足に含まれる動物性たんぱく質を摂り過ぎると、尿管結石や腸内環境の乱れの原因になることがあります。

動物性たんぱく質を摂取すると体内でシュウ酸が増えます。

基本的にはカルシウムと結合し、便や尿として排泄されますが、多すぎると尿管をつまらせて尿管結石を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

また過剰な動物性たんぱく質は腸内で悪玉菌のエサになるため、腸内細菌の乱れが起きやすくなることも。(※3)

豚足 食べ過ぎ

動物性たんぱく質の摂り過ぎには気を付けましょう。

また健康が気になる方は、次の成分にも注意が必要です。

スポンサーリンク

プリン体による痛風の可能性

豚足の食べ過ぎは、痛風のリスクを高める要因です。

豚足 プリン体

プリン体は動物性食品に多く含まれるほか、だし汁(煮干しや鰹節、干し椎茸)にも含まれており、体内で分解され最終的に痛風の原因である尿酸になります。(※4)

管理栄養士 髙村恵美
管理栄養士
髙村恵美
プリン体が気になる人は昆布を使ってだし汁を作ると良いですね。煮干し、鰹節、干し椎茸、昆布の中で100gあたりのプリン体含有量が少ないのは昆布です。(※5)
尿酸値が高めの方や痛風の方は、プリン体を多く含む豚足などの食べ過ぎに注意しましょう。

豚足の食べ過ぎによるリスクは、ほかにもあります。

塩分は高血圧やむくみの原因に

豚足の調理方法によっては塩分過多が懸念されるので、血圧が高めの方は味付けには気を付けましょう

また塩分の摂り過ぎはむくみにもつながります。(※6)

むくみが気になる方もしょっぱい味付けの豚足の食べ過ぎには注意が必要です。

豚足 体に悪い 高血圧

豚足は食べ過ぎると体に害を与えますが、適量であれば美容健康、痩せるためのサポートにも効果が期待できます。

体に良い成分や、1日の適量を解説していきますよ。

   
スポンサーリンク
 

豚足は体に悪いわけではない!美容やダイエットに効果的な理由

豚足自体は体に悪いわけではなく、むしろ美容やダイエット、健康にも役立つ食品です。

まずは豚足に含まれる栄養素とそのはたらきを解説します。

豚足の栄養成分とそのはたらき

豚足の栄養成分とはたらきは次の通りです。

豚足の栄養成分とそのはたらき
栄養成分(※7) はたらき(※8)
たんぱく質
(豚足100gあたり
20.1g)
・筋肉や臓器などの主成分
・酵素やホルモンのもとになる
脂質 ・エネルギー源となる
・細胞膜や血液の成分になる
・ヘモグロビンを構成する
→全身に酸素を運ぶ
・酵素の構成成分
→エネルギー代謝にかかわる
亜鉛 ・たんぱく質の合成に必要
・免疫機能の維持にかかわる
・味覚に関与している
ビタミンD カルシウムの吸収を促す
→骨を丈夫にする
ビタミンB2 代謝にかかわる
(たんぱく質、脂質、炭水化物)
ビタミンB12 ・代謝にかかわる
(たんぱく質、脂質、炭水化物)
・正常な血液の合成をサポート
※カロリーは豚足100gあたり227kcal
※廃棄率は40%

からだを作るたんぱく質や、からだの調子を整えるビタミンやミネラルが含まれています。

カロリーは100g当たり227kcalなので低めなのもうれしいですね。

代謝をサポートする栄養素が豊富なので、疲労回復や美肌にも良さそうです。

体に良い成分が含まれている豚足は、1日どれくらいの量を目安に食べたら良いのでしょうか?

豚足の1日の適量とは

豚足の1日の適量は200g程度が目安です。

管理栄養士 髙村恵美
管理栄養士
髙村恵美
豚足は1個200g程度のものが多いため、食べやすい量ですね。

200gというのは全体の重さのことで、可食部だけのことではありません。ご注意くださいね。

豚足 栄養素

たんぱく質は18~64歳の男性で65g、女性で50g以上の摂取が推奨されています。(※9)

100gあたりのたんぱく質含有量は20.1gなので、一つ200gのものには40.2g含まれているのですが、豚足は廃棄率が40%です。

実際に食べて摂取するたんぱく質は60%分の約24gとなり、豚足一つで1日の摂取量の半分近くを満たすことになりますね。

豚足だけで1日のたんぱく質量を満たすと栄養が偏るため、鶏肉や卵、大豆製品なども組み合わせて食べることをおすすめします。

ほかの食材からもたんぱく質を摂ることを加味して、1日の豚足の適量は200g程度と考えると良いでしょう。

豚足はビタミンなどの成分以外にコラーゲンが含まれており、美肌に効果が期待できそうです。

肌に良い?豚足に含まれるコラーゲンの美容効果とは

豚足にはコラーゲンが豊富に含まれており、酵素などで分解されたコラーゲンペプチドが肌の潤いを保つ機能があることが研究で認められています。(※10)

豚足 肌

こちらの口コミでは豚足を食べた次の日、肌の調子が良かったようですね。

以前テレビ番組でもコラーゲンが肌の再生に役立つ可能性について紹介されていました(※11)

管理栄養士 髙村恵美
管理栄養士
髙村恵美
肌荒れに悩んでいる人は豚足のコラーゲンを摂取すると、効果が期待できそうですね。

食べ方にもポイントがあり、記事後半で解説しています。

ダイエットにも役立つのでしょうか?プルプルのコラーゲンが美味しい豚足はカロリーが気になりますよね。

豚足は太る?ほかの肉とカロリーを比較

豚足はほかの肉と比べてカロリーは少なめなので、食事として適量を食べるのであれば太る可能性は低いといえます。

肉の種類ごとのカロリー比較は次の通りです。

肉の種類ごとのカロリー比較
肉の種類 100g当たりのカロリー(kcal)
牛肉(かた) 
(※12)
258
豚肉(肩ロース)
(※13)
237
鶏もも肉
(※14)
234
豚足 227

ただし3回の食事以外のおつまみとして食べ過ぎるとカロリーオーバーで太ることもあるので、ダイエット中は食べ過ぎるのは控えましょう。

豚足 ダイエット

豚足は食べ合わせを少し工夫するだけで美容や健康効果が高まることが期待されます。

また美味しく食べる方法も気になるのではないのでしょうか。

せっかくなら、効果的に美味しく食べたいですよね。

   
スポンサーリンク
 

豚足の体に良い食べ方は?栄養を効率よく摂取しよう

豚足は食べ合わせによって、美容や健康効果が高まります。

また美味しく食べる方法も解説しているので、「豚足はどうやって食べたら良いの?」と疑問に思っている方は参考にしてくださいね。

ビタミンCと食べ合わせる

豚足を食べるときは、ブロッコリーやキウイフルーツなどのビタミンCが多く含まれる食品を一緒に食べると美容や健康効果が高くなることが期待できます。

豚足 コラーゲン 効果

ビタミンCは、美肌効果が期待できるコラーゲンを体内で生成するために必要な栄養素だからです。(※15)

またビタミンCは尿酸の排泄を促すはたらきがあるといわれています。(※16)

管理栄養士 髙村恵美
管理栄養士
髙村恵美
「豚足が好きだけど痛風が気になる」という方にもうれしいですね。

豚足は調理が難しいイメージがありませんか?じつは色々なバリエーションがありますよ。

豚足の美味しい食べ方

豚足には、主に次のような食べ方があります。

豚足の食べ方
  • ボイルしてそのままたれをつける
  • 醤油で煮込む
  • 焼いて塩で味付けする

沖縄の定番料理「てびち」は、豚足を煮込んで味付けをしたものです。

管理栄養士 髙村恵美
管理栄養士
髙村恵美
プルプルしていて美味しいですよね。

豚足 食べ方

また下処理で使った煮汁にはうま味が出ているので、捨てずにスープなどに活用できます。

ただし豚足のだし汁にはプリン体が多く含まれているため、健康が気になる方は控えましょう。

豚足はインターネットでも購入できますよ。

華華百貨店【冷凍豚肉・鶏肉・羊肉類】
¥1,400 (2022/12/08 15:10:16時点 Amazon調べ-詳細)

臭みが気になる方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 
スポンサーリンク
 
 

結論|豚足は食べ過ぎなければ体に悪い食材ではない

豚足は適量であれば体に悪いということはなく、むしろ健康に良い食品です。

食べ過ぎによる弊害は脂質過多による消化不良やたんぱく質による尿管結石や腸内環境の乱れ、またプリン体による痛風のリスクなどがあります。

一方で適量を守って食べると、たんぱく質やビタミン、コラーゲンが豊富なため美容や健康、ダイエットに効果が期待できます

プリプリとした食感が美味しい豚足を生活に上手に取り入れて、「美味しさ」と「美しさ」の両方を手に入れてくださいね。

 

▲目次へ戻る

 

 

タイトルとURLをコピーしました