生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

親戚とはどこまでの範囲を言うの?親族との違いは?

      2017/10/14



私の主人は専業農家の家庭で育っており、親族のほとんどが近所に住んでいるような環境だから
 
親戚付き合いが濃厚です。なので大変なんですよ。お盆休み等になれば、挨拶しに行かなくちゃならない家がたくさん!!主人の家を訪ねてくる人もたくさん!!
 
これって、一般的なのかなぁ…?世間はもっと気軽に旅行に出かけていないか…?という疑問が、しばしば頭をよぎってしまいます。
 
そもそも親戚付き合いって、どのくらいの範囲で続けるものなんでしょうか?
 
 
ちなみに主人の実家では親戚だけでなく近所づきあいも濃厚ですし、お寺さんとの付き合いも熱心な状態が普通。そのため舅は結婚式に招待されることも多いですし、毎年誰かしらの法事・葬儀…時には五七日の法要にまで出かけていきます。
 
そんなにたくさんの家が付き合い必須の間柄なの!?と結婚当初はビビりましたよ(笑)
 
ただ少しずつ考え方も変わってきているようで、近頃ではお姑さん世代の方々が
 
「お寺さんもそうだけど、親戚付き合いはお金がかかって子どもたちが大変な思いをすることになるから、今後は多少減らす方向で調整していかないと…」
 
と相談をしています。
 
そう!親戚付き合いで気になるのは、やっぱりお金!!!
 
舅は毎年どこかしらの法事に呼ばれていますが、それって結構な出費です。香典にお供え、礼服のクリーニング代も馬鹿にできません。舅の親戚付き合いは近隣がほとんどなので車で移動していますが、人によっては遠方で出席が難しいからと、参列するか否かで迷うこともあるでしょう。
 
今回はそういった交際に関わる出費のことも念頭に置きながら、今後どの範囲で親戚付き合いを続けるべきなのかを調べてみることにしました。
 

  • 不幸があった時に知らせる範囲はどこまで?
  • 結婚式にはどこまで招待するべきなのか?
  • 結婚や出産のお祝いが必要な範囲は?
  • 生活保護を受けている親族の扶養責任があるのは?
 
といったお金が必要そうなお付き合いの場を中心に調べました。付き合いの範囲がわかれば、どの程度の金額を備えておけばいいのかも考えやすいですよね!
 
お付き合いに必要なお金って、あまり不躾に聞くわけにはいかないデリケートな疑問です。
 
でも”一般的なお付き合い”がどういうものか知っておけば、それを目安に気持ちのいいお付き合いができますよね。
 
まず最初は親戚付き合いを解説していくにあたって重要な言葉の説明から始めます。「親戚と親族って、違うの?」という素朴な疑問を解決していきましょう!
Sponsored Links