PR

ラミネート加工はどこでできる?ホームセンターやコンビニでは

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連

ラミネート加工 どこでできる

【執筆者:編集部 田口菜月】

ラミネート加工ってどこでできるの?

コンビニやホームセンターでも可能ってこと?

料金や自宅での加工方法も知りたい!

この記事は、大切な書類や写真などをラミネート加工したい場合に、どこで加工が可能なのかという疑問を解決できる内容が書かれています。

記事前半では、ラミネート加工が可能な場所と、専門店でのサービス内容を、後半では100円ショップを活用した自宅でのラミネート方法とポイントを解説しているので、参考にしてください。

自宅での簡単な加工方法から、専門店を利用したプロフェッショナルなサービスまで、詳しく知ることが出来ますよ!

この記事を読むとわかること
  • コンビニでは加工不可
  • 専門ショップで加工可能
  • 専門ショップでのセルフ加工もできる
  • 材料があれば自宅加工も可能
  • 100円ショップのフィルムの使い方

ラミネート加工は、大切な文書や写真を長期間保護するために非常に便利なので、どこでこのサービスが受けられるのか、料金はいくらかかるのか、などの疑問がこの記事を読めば解決します。

自宅で出来る方法も意外と簡単なので、チェックしてくださいね。

   

こんな記事もおすすめ!
Google Earth インストール不要

【Google Earthはインストール不要】ブラウザ版の簡単な使い方

ボタン電池 CR2032 コンビニ

ボタン電池【CR2032】はコンビニで買える!価格が安いのはどこ?

白い蜘蛛 小さい

【めっちゃ小さい白い蜘蛛】種類や危険性は?家の中にいたら縁起もいい?

ワイヤレスイヤホン 充電器 代用

【ワイヤレスイヤホン充電器の代用はある?】なくした時の対処法

自転車パンク 修理キット 使わない方がいい

自転車パンクの修理キットは使わない方がいい理由|デメリットは

座り込み 意味 24時間

【座り込みを24時間する意味は?】抗議行動の背後に隠された理由

パーツクリーナー 代用

【パーツクリーナーの代用品】100均で代わりになりそうなものは

アイシングジェル 代用

【アイシングジェルの代用品】セリア・100均に売ってないときは

ヤモリの出る家 ゴキブリ

【ヤモリの出る家はゴキブリもいなくなる?】本当に食べるのか

スマホ ステッカー 挟む ダサい

スマホにステッカー挟むのはダサい?おしゃれでセンスのいいやり方は

鉄フライパン ゴキブリ

【鉄フライパンにはゴキブリが来る】やめたほうがいい理由と対策

シソ 植えてはいけない

【シソを植えてはいけない理由】庭で一緒に植えるのがNGな事例も

羽田空港 第一 第二 どっちが楽しい

羽田空港の第一と第二ターミナルはどっちが楽しい?目的別に紹介!

蓋 開かない プラスチック

【プラスチック容器の蓋が開かない】固い蓋の開け方をガイド!

発泡スチロール レンジ

発泡スチロールをレンジでチンして食べたけどOK?正しい方法は

アボカド 庭に植えてはいけない

【アボカドを庭に植えてはいけない理由】実がならないことも!?

共感覚 嘘を見抜く

共感覚は嘘を見抜く?思い込みもある?共感覚の人の特徴一覧

ナスカの地上絵 なぜ消えない

【ナスカの地上絵はなぜ消えない?】誰がどうやって書いたのか

カメムシ駆除 コーヒー

【カメムシ駆除にコーヒーが使えるのはなぜ?】コーヒースプレーで撃退!

ウォンバット 人懐っこい なぜ

【ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?】人間好きで甘えん坊な理由

ブルーレット 置かない方がいい

【ブルーレットを置かない方がいい理由】デメリットを解説

結婚祝い 親 100万 渡し方

結婚祝いに親から子へ100万円の渡し方!タイミングから祝儀袋まで

ゴキブリ 一匹いたら 嘘

【ゴキブリが一匹いたら100匹いる】は「嘘」とは言えない理由

【親が倒れた】と言って仕事を休む嘘は何故バレるのか?

ひな 名前 タブー なぜ

「ひな」という名前がタブーと言われるのはなぜ?隠語で別の意味も

風速5m どのくらい

【風速5mはどのくらい強い?】髪の毛・釣り・キャンプなどへの影響

風速7m どのくらい

【風速7mはどのくらい強い?】傘・釣り・キャンプなどへの影響

MyWing ブラックでも借りれる

MyWingはブラックでも借りれる?審査基準が緩いって本当?真相は

ガス止められた 勝手に開栓

ガス止められたとき勝手に開栓するのは違法性あり!訴訟リスクは

ドクター フィッシュ 集まりやすい人

ドクターフィッシュが集まりやすい人の特徴!寄ってくる7つの理由

スポンサーリンク

ラミネート加工はどこでできる?コンビニは不可・専門店は可

ラミネート加工 どこでできる

ラミネート加工は、おもに熱を利用してラミネートという透明なフィルムで、大切な文書や写真などを保護※してくれるので、長期保存するのにとても便利です。

※参照元:ラミネータ|J-GoodTech(ジェグテック)https://jgoodtech.smrj.go.jp/corp/info/JC0000000023109?preview=false&createdLocale=ja_JP&tabSelected=appeal

しかし、どこでラミネート加工ができるのか知らない人も多いので、この章では加工が可能な場所と、近くのラミネートしてくれる店を見つけるためのコツを紹介します。

ホームセンターやコンビニはラミネートできない

多くの人がよく利用する、コンビニやホームセンターでラミネート加工は行えません。

ラミネートに必要な機器やフィルムは売っている場合がありますが、加工サービス自体の提供はないのが一般的です。

そのため、ラミネート加工を希望する場合は、専門の印刷業者や特定のサービスを提供しているショップへの依頼が必要がとなります。

ラミネート加工サービスを提供している業者に、キンコーズやアクセアがあります。

持ち込んだアイテムのラミネート加工ができるので、とても便利です。

また、カメラのキタムラのような写真専門店でも、特定サイズの写真に対するラミネートサービスの提供があります。

ラミネート加工ができるショップを探す際は、以下の表を参考にしてください。

ラミネート加工ショップの探し方
サービス
提供業者の検索
インターネットで「ラミネート加工」と検索し、
地域にあるサービス提供業者を探す
サービス
内容の確認
加工可能なサイズや料金、納期など、
サービスの詳細を事前に確認

では、代表的な業者であるキンコーズについて、詳しく見ていきましょう。

キンコーズで利用できるラミネート加工

セルフラミネートと、店舗スタッフによるラミネート加工があり、取扱サイズや値段に違いがあります。

セルフラミネートとスタッフによる加工の違い
セルフラミネート 店舗スタッフによる
ラミネート加工
・店舗に行って自分で
ラミネート加工を行う
・名刺サイズ、写真サイズ、
A4、A3、B5の加工が可能
・A4サイズ 150円から
・A4からA0、B5からB0などの
様々なサイズが対応
・標準加工のA4サイズは350円
・UVラミネートや
マットな仕上がりなども選べる

ただし、持ち込み品を店舗スタッフが加工する場合には、1オーダーあたり2200円の加工料がかかるので注意してください。

カメラのキタムラのラミネートサービスは写真プリントのみ

カメラのキタムラは、全国に店舗がある写真プリントサービスを主とする業者です。

写真プリントしたものであれば、ラミネート加工をしてくれるので、写真を保存したい場合に利用できます。

持ち込みの紙ではラミネートしてくれないので、注意しましょう。

35ミクロンか100ミクロンから、厚さから選べるので、好みの仕上がりにを依頼できます。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
料金や納期は店舗によって異なるため、事前に確認しましょう。

また、コストを抑えつつ自宅で簡単にラミネート加工を行う方法もありますよ。

ラミネート加工は自宅でも可能!専用機器や100円のもので可

ラミネート加工 どこでできる

自宅でラミネート加工を行う場合は、専用の機械とフィルムを買うか、100円ショップで手に入るフィルムを使って、作業できます。

手間は少しかかりますが、コストを節約したい人は自宅でのラミネートがおすすめです。

頻繁にラミネート加工を利用する人は、購入を考えても良いかもしれませんね。

自宅で簡単にできるラミネート加工方法

ラミネート機はホームセンターや家電量販店、オンラインショップで購入可能で、価格は一般的に1万円以下です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
加工方法はシンプルで、加工したい素材をラミネートフィルムに挟み、ラミネート機で熱と圧力を加えてフィルムを密着させます。

機械を使うので、均一に熱と圧力が加わり、きれいに仕上がりますよ。

つぎに、100円ショップで見つかるラミネートフィルムの使い方と、それを使った自宅でのラミネート加工方法についてチェックしていきましょう。

100円で見つかるラミネートフィルムの使い方

100円ショップのセリアやダイソーでは、さまざまなサイズのラミネートフィルムを手軽に購入できます。

手作業で簡単に文書や写真を加工できるため、特別な機械を必要とせずにラミネートが可能

使用方法は簡単です。

  1. ラミネートしたいものを、フィルムとフィルムの間におく
  2. シワがよらないように、空気を押し出しながら挟んでいく
ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
わたしもよく使用しますが、空気をしっかり抜くために、ラミネートシート全体を均一に押していくのがポイントですよ。

この方法で、アイテムをしっかりと保護するラミネート層が作れます。

自宅で簡単にラミネート加工を行いたい方は、ぜひこの方法を試してみてください。

また裏技的な使い方ですが、100円ショップに売っているラミネート機専用のフィルムを、家庭用のアイロンで軽くプレスして使っている人もいるようです。

ただし、熱によりラミネートしたいものや、ラミネートフィルム自体が損傷する可能性もありますので、自己責任で試してください。

仕上がりや手軽さなど自分の希望に合わせて、最適なラミネート加工の方法を選択しましょう。

ラミネート加工はどこでできるか解決!専門ショップや自宅で可能

この記事のまとめ
  • コンビニやホームセンターではラミネート加工不可
  • 専門の印刷業者がラミネートサービスを提供
  • キンコーズやアクセアで加工サービスあり
  • カメラのキタムラはプリントアウト写真のラミネートが可能
  • インターネットで「ラミネート加工」を検索して業者を探す
  • サービス内容や料金、納期は事前に確認すると良い
  • 自宅でラミネート加工を行う方法もある
  • ラミネート機とフィルムはホームセンターで購入可能
  • 100円ショップでラミネートフィルムが手に入る
  • 自宅での加工はコストを抑えられる

大事な写真や文書などの長期保存に便利なラミネート加工は、専門ショップや自宅でできます。

この記事を通じて、ラミネート加工が可能な場所や自宅での加工方法について、理解を深められたでしょう。

専門ショップで加工サービスを利用するもよし、自宅で手軽におこなうもよし、希望する仕上がりやコストに合わせた方法を選んでください。

大切なアイテムや汚したくないものを、きれいに保存できるラミネート加工をぜひ活用してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました