PR

【ウォンバットが人懐っこいのはなぜ?】人間好きで甘えん坊な理由

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活関連

ウォンバット 人懐っこい なぜ

【執筆者:編集部 鳥越菜生】

「ウォンバットがこんなに人懐っこいのはなぜなの?」

「その愛らしさの秘密って何?」

「健康や幸福にも関係あるの?」

本記事では、このような疑問にお答えします。

ウォンバットのふわふわした外見と人懐っこさは、多くの人々を魅了してやまない特性です。

しかし動物である彼らが、なぜこれほどまで人間に親しみやすい性質を持っているか、ちょっと不思議ですよね。

実はウォンバットの「人懐っこい」という特性には背景に秘密があり、彼らにとっては健康や幸福にも影響することを知れば、よく理解できるでしょう。

記事前半ではウォンバットの特徴と生態や性格を、後半では人間との特別な関係やウォンバットを取り巻く現状や保護の必要性についても解説するので、じっくり読み込んでくださいね!

この記事を読むとわかること
  • 外敵の少なさから警戒心が薄い
  • 性格は寂しがり屋で甘えん坊
  • 人慣れすると人間とのふれあいを好む
  • 保護するには人からの適切な愛情とケアが必要
  • 人間と共生するための取り組みの重要性

ウォンバットの愛らしさは、外見が可愛らしいだけでなく生態や性格のほか、人間との関わりの必要性に深く関係しているようです。

この愛らしい生きもの・ウォンバットとの絆を深めながら共生していけるように、人懐っこさの秘密を理解しておきましょう。

   

こんな記事もおすすめ!
ワイヤレスイヤホン 充電器 代用

【ワイヤレスイヤホン充電器の代用はある?】なくした時の対処法

自転車パンク 修理キット 使わない方がいい

自転車パンクの修理キットは使わない方がいい理由|デメリットは

座り込み 意味 24時間

【座り込みを24時間する意味は?】抗議行動の背後に隠された理由

パーツクリーナー 代用

【パーツクリーナーの代用品】100均で代わりになりそうなものは

アイシングジェル 代用

【アイシングジェルの代用品】セリア・100均に売ってないときは

ヤモリの出る家 ゴキブリ

【ヤモリの出る家はゴキブリもいなくなる?】本当に食べるのか

スマホ ステッカー 挟む ダサい

スマホにステッカー挟むのはダサい?おしゃれでセンスのいいやり方は

ラミネート加工 どこでできる

ラミネート加工はどこでできる?ホームセンターやコンビニでは

鉄フライパン ゴキブリ

【鉄フライパンにはゴキブリが来る】やめたほうがいい理由と対策

シソ 植えてはいけない

【シソを植えてはいけない理由】庭で一緒に植えるのがNGな事例も

羽田空港 第一 第二 どっちが楽しい

羽田空港の第一と第二ターミナルはどっちが楽しい?目的別に紹介!

蓋 開かない プラスチック

【プラスチック容器の蓋が開かない】固い蓋の開け方をガイド!

発泡スチロール レンジ

発泡スチロールをレンジでチンして食べたけどOK?正しい方法は

アボカド 庭に植えてはいけない

【アボカドを庭に植えてはいけない理由】実がならないことも!?

共感覚 嘘を見抜く

共感覚は嘘を見抜く?思い込みもある?共感覚の人の特徴一覧

ナスカの地上絵 なぜ消えない

【ナスカの地上絵はなぜ消えない?】誰がどうやって書いたのか

カメムシ駆除 コーヒー

【カメムシ駆除にコーヒーが使えるのはなぜ?】コーヒースプレーで撃退!

ブルーレット 置かない方がいい

【ブルーレットを置かない方がいい理由】デメリットを解説

結婚祝い 親 100万 渡し方

結婚祝いに親から子へ100万円の渡し方!タイミングから祝儀袋まで

ゴキブリ 一匹いたら 嘘

【ゴキブリが一匹いたら100匹いる】は「嘘」とは言えない理由

【親が倒れた】と言って仕事を休む嘘は何故バレるのか?

ひな 名前 タブー なぜ

「ひな」という名前がタブーと言われるのはなぜ?隠語で別の意味も

風速5m どのくらい

【風速5mはどのくらい強い?】髪の毛・釣り・キャンプなどへの影響

風速7m どのくらい

【風速7mはどのくらい強い?】傘・釣り・キャンプなどへの影響

MyWing ブラックでも借りれる

MyWingはブラックでも借りれる?審査基準が緩いって本当?真相は

ガス止められた 勝手に開栓

ガス止められたとき勝手に開栓するのは違法性あり!訴訟リスクは

ドクター フィッシュ 集まりやすい人

ドクターフィッシュが集まりやすい人の特徴!寄ってくる7つの理由

個人事業主 自営業の妻が一番得する

【夫が個人事業主】自営業の妻が一番得するパート年収を解説

アハモ LINE通話 できない

アハモでLINE通話ができない?トラブル発生時の即効解決ガイド

amazon 迷惑メール 毎日くる

危険!Amazonを語る迷惑メールが毎日くるときの対処法を解説

スポンサーリンク

ウォンバットが人懐っこいのはなぜかの理由と生態

ウォンバット 人懐っこい なぜ

ウォンバットはふわふわした外見だけでなく、人懐っこさでも多くの人々を魅了しています。

オーストラリア原産の珍しい動物ですが、警戒心が薄く寂しがりやで甘えん坊な性格のため、人間と強い絆を築くことができると言われています。

ウォンバットがなぜそんなにも人懐っこいのか、背後にある理由や生態を深掘りしてみましょう。

警戒心が薄いという特徴は安全な生息地の影響

ウォンバットの人懐っこさの一因には、まず自然界でも外敵が少ないため、生まれつき警戒心が薄いことが挙げられます。

ウォンバットの生息地であるオーストラリアは、動物たちにとって外敵が少ないことで知られる地域です。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ウォンバットもコアラやカンガルーなど、オーストラリアに特有の動物たちと同じ有袋類ですよ。

安全な環境で暮らすことで、ウォンバットが本来持っている警戒心が薄くなったのではないか、と言われています。

動物園や飼育下では飼育員にまとわりついて離れない姿が見られたり、訪れる人々に自ら近づいていったりしますが、その特性はこのように野生のウォンバットにも見られるようですね。

このようなウォンバットを取り巻く環境は、人間に対しても親しみやすく開放的な行動を取る理由の一つです。

人間好きと言われるほど寂しがりやで甘えん坊な性格

ウォンバットの人懐っこさは、穏やかだけどとても寂しがりやで甘えん坊だと言われる性格も要因になっています。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
ウォンバットは、人に構ってもらえないといじけてしまうこともあるそうですよ。

また甘えることで寿命が伸びるとも言われており、人間に抱っこされることを好む理由の一つではないかと推測されています。

このような甘えん坊と言われる性格や行動の特性が重なり、ウォンバットの人懐っこさが強調されているようです。

警戒心が薄いうえに寂しがりやで甘えん坊な性格が加わり、人間との強い絆を築く大きな要因となっています。

より深く良好な関係を築けるように、ウォンバットの人懐っこさに秘められた特性をさらに深く理解していきましょう。

ウォンバットの健康と幸福に人とのふれあいが必要な理由

ウォンバット 人懐っこい なぜ

ウォンバットは人間とのふれあいを通じて精神的な健康を保ち、幸福感を得られると言われています。

人間との関わりが、どのようにウォンバットの健康や幸福に良い影響をもたらすのか、詳しく探っていきましょう。

人に甘えると寿命が伸びる?愛情と健康の関係

研究によっては、「ウォンバットは人間に甘えることでストレスを軽減でき、その結果寿命を延ばせる」とも言われています。

飼育下のウォンバットが野生のものより明らかに長生きする傾向にあるため、人間と積極的に交流できることが健康に良い影響を与えるのではないか、という意見です。

ウォンバットの寿命は野生では5~6年、飼育下では約20年にもなると言われています。
ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
しかし飼育下と野生では、交通事故や天敵などの健康を脅かす状況の有無といった、生育の条件が全く異なる点は忘れてはいけませんね。

とはいえ人間との接触がある場合は、愛情豊かな環境がウォンバットにとって、より健康的な生活を送るための大切な条件だとわかる事件もあったようです。

寂しさからうつ病になった例

ウォンバットは寂しがり屋とされる通り、飼育下で人間の注意や愛情が不足すると、ストレスからうつ病を発症するリスクが高まると言われています。

飼い犬用に抗うつ剤があることからもわかるように、ペットも心の病になることがあるそうです。

オーストラリアの自然保護区でうつ病を発症したウォンバット

2017年、オーストラリアの自然保護区の動物園で、体調を崩したあるウォンバットがうつ病と診断されたそうです。サイクロンの被害により余儀なくされた、約2か月の閉園中のことでした。

犬のように家庭で飼われているペットとは違うとはいえ、毎日のように人間とふれあっていたウォンバットにとっては、突然の環境変化がストレスになったのかもしれませんね。

ヨセミテ編集部・笑顔
ヨセミテ
編集部
私は「寂しいと死ぬ」といった噂のある動物といえば、ウサギを思い出しました。こちらは昔放送されたドラマの影響が大きいようです。ウサギは寂しがり屋でもなく、体の不調を隠すという小動物の性質やストレスにより突然死んでしまうことがあるため、人間が勝手に想像した結果のようですね。

人に構われるのを嫌がる動物もいる中、人に慣れたウォンバットにとって寂しさは深刻な問題になり、精神面の健康に大きなダメージを与える場合があるようです。

そのためウォンバットを飼育する際には、十分な愛情と注意を向けることが非常に重要になります。

たっぷりの愛情を受けた方がウォンバットは精神的な安定を得られ、より健康的な生活を送れるというわけですね。

人間とのふれあいでストレス軽減と幸福感向上

ウォンバットは人間とのふれあいを通じてストレスを軽減し幸福感を高められるため、人との交流を自然と楽しめる性質を持っています。

人間から抱っこされたり撫でられたりすることは、ウォンバットにとっても喜びで、安心感を得られる行為なのですね。

また人間との積極的な交流はウォンバットの社会的なスキルを向上させ、健康的な精神状態を保つのに役立ちます。

人間とのふれあいはウォンバットにとって不可欠な要素で、健康と幸福の維持・向上に直接つながっているのです。

安全で愛情豊かな環境があればウォンバットにとって長寿と幸福がもたらされ、人間にとっても価値ある関係を築ける場になります。

いじけるのも独特な愛情表現

ウォンバットは愛情を受け取ることで幸せを感じる一方で、注目を浴びないといじけてしまうことがあるそうで、それも独特な愛情表現の一つだと言われています。

この行動はウォンバットがただの野生動物ではなく感情豊かな存在であることを物語っており、どれだけ社会的な生き物であるかを示しているのです。

以上のようなウォンバットと人間との深い絆を知ると、自然とのつながりや共存の大切さをあらためて考えさせられますね。

しかし近年では野生下のウォンバットは生息地域が狭められ、交通事故や感染症の増加など、人間社会との共存が難しくなっているのが現状で、絶滅が危惧されています。

ウォンバットを取り巻く現状や保護活動についての理解も深め、この機会に野生動物の未来について考えてみましょう。

ウォンバットの保護活動の現状と共生に向けての取り組み

ウォンバット 人懐っこい なぜ

外見の愛らしさとは裏腹に、ウォンバットを取り巻く環境は決して楽観的なものではありません。

特に野生のウォンバットは生息地の減少や環境破壊による影響を受けやすいため、これらの問題はウォンバットの保護活動においても重要なポイントです。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
交通事故の多発により被害にあったウォンバットや、お母さんの袋の中で命が助かった赤ちゃんを救護し、人の手で育てて自然に返す取り組みもされていますよ。

また農地を荒らすとしてウォンバットが駆除対象になる場合もあったため、現在では保護動物とされ、駆除制限も行われています。

しかしウォンバットの保護に関しては、その繊細な性質が大きな課題です。

ストレスに弱いウォンバットは適切なケアがなされない環境では健康を害しやすく、人とのふれあいも必要とされます。

ウォンバット保護の課題や、人間との共生の可能性について理解を深めましょう。

人間とウォンバットの共生をめざし未来を守る活動

ウォンバットと人間の共生は、適切な理解とケアに基づくことが重要です。

ウォンバットが人懐っこい性質を持つ一方で、健康状態の維持には精神面の繊細な部分も理解し、適切な環境を提供できなければなりません。

保護施設や動物園での飼育下では、ウォンバットが人間とのふれあいを楽しみながらも、ストレスを感じにくい環境作りが求められます。

ウォンバットと人間が互いに豊かな関係を築けるように取り組んでいる施設は、実は日本にもありますよ。

ペットとして飼育できるかと日本でウォンバットに会える場所

オーストラリアではウォンバットが家庭で飼われているケースもあり、その愛らしさからペットとしての人気も高いようです。

残念ながら、日本ではウォンバットをペットとして飼育することは法律で禁じられています。

しかし日本でも、ウォンバットに会える場所はありますよ!

長野県の茶臼山動物園と大阪府池田市の五月山動物園では、ウォンバットの魅力を間近で感じることができて人気者になっているようです。

ウォンバットとのふれあいを通じて、保護の重要性や魅力をより多くの人々に伝えることを目指して飼育されています。

ウォンバットの愛らしい姿を見ながら、自然環境や野生動物への関心を高められる良い機会となるでしょう。

動物園や水族館でゆっくりと生きものとふれあい、自然を感じる時間を持つのは癒しの時間にもなりますよね。

ヨセミテ編集部・メモ
ヨセミテ
編集部
ちなみにウォンバットは四角いうんちをすることでも有名ですよ。

とても臭いに敏感な動物で、野生では転がりにくい四角いうんちを表札代わりに巣穴の入り口に置いて、マーキングに活用していることがわかったそうです。

興味のある人は、こちらの本もぜひ読んでみてくださいね。

まとめ | ウォンバットが人懐っこいのはなぜか理解し共生をめざそう

ウォンバットはふわふわとしたかわいらしい外見と人懐っこい性格で、世界中の人々を魅了し続けている希少動物です。

なぜ人懐っこいかの理由は、生息地に特有の自然環境に育まれた穏やかな性格のほか、人とのふれあいにより幸福感を感じられるからではないかとも言われます。

絶滅が危惧されるウォンバットの未来を守るために理解しておきたいことを、以下の箇条書きでまとめました。

この記事のまとめ
  • ウォンバットはオーストラリア原産の動物
  • 警戒心が薄く人に近づきやすい
  • 外敵が少ない環境で進化した
  • 寂しがり屋で人間の注意を求める
  • 甘えん坊で抱っこを好む
  • 人間とのふれあいでストレスが減少
  • 愛情を受けることで寿命が延びる可能性
  • 寂しさはうつ病のリスクを高める
  • 日本ではペットとして飼育禁止
  • 長野と大阪の動物園で観察可能
  • 保護活動がウォンバットの未来を左右
  • 人間との共生が彼らの幸福に寄与

ウォンバットとの共生は、互いの幸福に繋がる重要な関係を築くことになりますが、私たち人間の関わり方に大きく影響されます。

保護活動や適切なケアを通じて、ウォンバットが安心して生活できる環境を整えていくことが、これからの大きな課題です。

一人ひとりがウォンバットの魅力を知り、野生動物との共生の大切さを理解することで、より良い未来へと進む第一歩となるでしょう。

ウォンバットと人間が共に幸せな関係を築けるよう、自分にできることから考えていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

あわせて読みたい記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました