生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

降水量1mmってどのくらい?傘は必要?自転車やバイクは大丈夫?

   



週末に出かける予定を立てている時、かな~り気になるのが天気ですよね。雨の予報が出ると、出かけるのはやめた方が良いのかなぁと悩んでしまいます。

着いてしまえば雨はしのげるという場所だったり、少し雨がパラついたくらいでは中止にならないようなイベントが目的だったりすると、「少々の雨なら雨天決行にしよう」という判断もあります。

ですが、その”少々の雨”で済むかどうかを見極めるのが難しいんですよね…。


私はどしゃぶりの雨で中止になるよりも、「雨って言うから中止にしたけど、このくらいの雨だったら行けたね」という時の方が断然悔しいです。また予定というのは早めに決めておきたいものですし、実際に雨が降ってみない事には中止かどうかわからないようでは気持ちが落ち着きません。

かと言って、天気予報をじっくりと聞いていても、私には降水量の数字からは雨の激しさがどの程度なのかをイメージできません。

そこで今回は「降水量1mmってどのくらい?傘は必要?自転車,バイクは大丈夫?」というテーマで、きちんと調べてみることにしました。

  • 降水量1mmだと、雨天決行は可能?
  • 降水量1mmと2mmでは、これくらい違う!
  • レジャー中止か決行かの境界線!便利グッズで乗り切れそう?
 

という内容で、降水量1mmの雨について詳しく解説していきます。

雨の予報で中止にしようか悩んでいる予定はありますか?

「このくらいの雨なら平気」と思う雨の量は、人によって違うんじゃないかなーと思います。なので、これからご紹介する情報を目安に「自分にとって平気な量の雨かどうか」を判断してみてください。

「降水量1mmは中止か?決行か?」というだけでなく、キャンプなどで雨具を準備する目安になるなど、雨の様子が分かると今後のレジャー計画にも役立つこと間違いなしです。ぜひ最後までご覧くださいね。
Sponsored Links