生活の知恵袋 YOSEMITE

「役立つ話」「面白い話」「気になる話」を分かりやすく!

【おせち料理の意味、由来】7. れんこん(レンコン)、里芋、こんにゃく編

      2017/10/15



前回の記事【おせち料理の意味、由来】6. 海老(えび、エビ)、昆布巻き、ぶり、鯛編 では、
華やかな海の幸、「三の重」のご紹介が終わり、おせち料理にまつわるお話しも、そろそろ終盤になってきました。 

今回は、山の幸がいっぱいの「与の重」、そして「五の重」のご紹介といきましょう!
Sponsored Links

おせち料理の意味、由来!与の重編

一、二、三・・・と続いたので、
次は数字の「四」が出てくると思われますが、

四は「よん」もしくは「し」と発音し、
「死」を連想する忌み数字 とされているため

似たような発音である「与」を使い
「与の重(よのじゅう)」と呼ばれています。

これまでの重では、複数のお料理が入ることをご説明してきましたが、
与の重では「煮物(お煮しめ)」1品のみ を詰めます。

冬野菜・芋・こんにゃく・油揚げ・肉・魚 など、
入れる具材や味つけも地方や家庭によってさまざまです。

1
沢山の具材を煮しめていくため、家族が一緒に結ばれ、
絆が強まると言われている一品です。 

<里芋(さといも)>

里芋は、他のいも類と同様に、親株から分離した種芋を地面に植え、
小芋を育てる耕作が行われています。 


植えた種芋がやがて親株となり、地面の中で沢山の子芋を付ける事から、
子宝に恵まれ、


また、子供が大きく育つようにと、子孫繁栄を祈る野菜 です。

<レンコン>

レンコンを輪切りにすると、たくさんの穴が開いていますね。
内から外が見えるその姿を「先が見える」と捉え、


「将来を見通せるように」という願いをもつ野菜です。

また、レンコンは仏様のいる極楽の池に生息している
「けがれの無い綺麗な植物」とされているため、
神様に御節供として捧げる食材として最適だったと言われています。

2
【出典:cookpad】

<こんにゃく>

こんにゃくは、手綱に見立てて、結ばれた形が一般的ですね。
これは「手綱こんにゃく」と呼ばれ、

心を引き締め、戦いにそなえる心を養う
という意味があります。

また、「結び目」が「円満」や「良縁」に通じることから、
ご縁を結ぶという「縁結び」の願いをもっているのです。
Sponsored Links